毎日20万人が読んでいるビジネスコラム 平成進化論

日本最大級・毎日20万人が読んでいるビジネスメルマガ
「平成進化論」のバックナンバーをご紹介しています。

メールマガジン「見本」はこちら

5453号 気づく力、洞察力の差が1対100、1対1000の差をもたらす


■同じことを見聞きしても、
 受け止め方は十人十色、千差万別です。

 そこから得られる学びの質、量も、
 全く異なります。


 誇張ではなく、本当に

 【1を聞いて10を知る人】

 と

 【10を聞いて1を知る人】

 とに分かれてくるのです。



■ちょっと計算すれば分かりますが、
 両者の差は100倍、です。

 10倍ではありません、
 計算、大丈夫ですよね(笑)


 この世には、

 【一つの事象を見たときに、
  100学べる人と、1しか学べない人の両方が
  存在する】

 ということです。



■これが

 【気づく力(気づける力)】

 です。


 さらに気づきのレベルが高まり、

 【とてつもない波及効果を生み出す気づき
  (人はこれを「洞察」と呼ぶわけですが)】

 を継続的に得られるようになると、
 無敵モードに入るわけです。



■大量に気づき、その中の一定割合で、

 【洞察=抽象化され、普遍性、汎用性高く、
     編み直された方程式】

 まで手にいられる人は、

 【平均的なそれ(気づきの質・量)の人】

 と比べて、

 【とてつもない差】

 が生まれることとなるはずです。



■なぜならば、冒頭にも記した通り、


 気づきの量に100倍の差があり、
 さらには、

 【とてつもない差をもたらす、
  イノベーション的気づき(洞察)】

 をも、不定期ではあっても、
 継続的に得られる人があったとすれば、


 そうでない人と比べて、

 【破壊的、壊滅的なまでの差
  (1対100どころではなく、
   1対1000!?くらいの差)】

 が生じるのも、
 ごくごく自然なことと言えるでしょう。



■当然ですが、

 【気づかない限り、実行に移せない】

 わけですから、


 【日々、生活をしていて、何も気づけない人は
  平々凡々な毎日を過ごすしかなく、

  反対に、圧巻の質・量で気づき続けられる人は、
  次々と気づいたことを形にしていく】

 こととなるからです。



■では、気になる

 【気づきの質・量の差】

 はどこからもたらされるのか、
 ということですが、


 これはもう、

 【目標の有無、さらには高低によって
  決定づけられる】

 ことに間違いありません。



■分かりやすい例でいえば、


 小学生の頃から「甲子園に出たい!」と
 強い情熱とともに願い続けたAくんと、

 暇つぶしに野球でもやるか、と
 なんとはなしに思っているBくん、

 どちらの気づきが多く、
 さらに質の高いものとなるでしょう、


 ということです。



■答えは言うまでもありません。


 Aくんは、その情熱を失わぬ限り、
 ひたすら

 「どうすれば甲子園に出られるか」

 という自問自答を繰り返し、

 (場合によっては、そこで得られた気づきを
  記録に残し、さらには一層の精緻化を図り)


 そこから生まれた言葉にしたがって
 行動を起こし続けるがゆえに、

 【どんどん甲子園出場へと近づいていく】

 こととなるでしょう。



■対するBくんは、、、言わずもがなですね。


 「甲子園出場」についての
 あれこれについて、

 気づきようもないし、当人自身が
 気づきたいとも思っていないわけだし、


 結果として、何も気づかず、
 何もアクションを起こさず、

 最終的には、

 【甲子園出場とは無関係の人生となっていく】

 のは当然のことでしょう。



■つまり、

 【目標を立てずして、
  気づきもなければ、行動もあるはずがない】

 ということです。


 にもかかわらず、驚くべきことには

 【人生変えたいんです!】

 と言われる方の、少なからぬ方がなんと

 【何の目標も立てていない】

 のです。



■ぶっちゃけ、

 「そりゃ、そうなりますよね」

 としかいいようがありません。


 もし、本気で今の人生を作り変えたいのなら、

 【大量の気づきをもたらし、
  さらには質の高い気づきを促す、

  高い次元の目標を
  掲げなければならない】

 ということが、

 ここまでお読み下さったあなたであれば、
 すでにお気づきのことと思います。



■もし、あなたがここまでの話を読み、
 同意、あるいは共感され、

 それでいて、いまなお、

 目標を立てていないし、
 適切な目標の立て方も分からない、

 とするならば、騙されたと思って
 以下の音源を聴いてみて下さい。



■さまざまな疑問が氷解し、

 「嗚呼、私が変われなかったのは、
  こういう理由からだったのか」

 と深く理解されることでしょう。


 もし、そうならなければ、
 ご遠慮なく返金申請願います。

 速やかにご返金いたしますので
 リスクフリーでお求めいただけます。


 ---------------------------------------------

 【鮒谷周史の「圧巻!目標設定&目標達成」放談会
  &<フォローアップ編>&<Q&A>音源3本セット】
   https://shinkaron.buyshop.jp/items/5162715

 ---------------------------------------------



■さらに、当音源をお聴き下さった方の中でも、


 【目標の書き方は分かったし、
  実際に書いてみた。

  でも、これで本当にいいのか、
  ちょっと自信がない。

  さらに、この目標では
  まだまだエネルギーが湧いてこない】


 という方がいらっしゃるようでしたら、

 どこかボトルネックになっているのか、
 疑問を解消するための

 【単発の個別コンサル】

 をお受け頂くことをお薦めいたします。



■ただ、

 私(鮒谷)の時間には限りがあるので、
 単発コンサルは

 【毎月5枠のみ(東京ならびに大阪合わせて】

 といたします。

 (8月分の枠は既に埋まっているので
  9月分以降の枠を順次、受け付けます)


 せっかく目標まで立てられたのに、
 なかなか前に進めない、

 そんな方にブレークスルーがもたらされる
 コンサルとなるはずです。



■合わせて今回は、

 【目標の立て方は果たしてこれでよかったのか、
  心配だ、あるいは、もっと磨き上げたい】

 とお考えの方限定で、


 【既に目標を設定されている方に限って】

 以下の特別のご案内をいたしますので
 この機会にぜひお申し込み下さい。



■通常は

 「1時間12万円(+税)」

 を頂戴しているコンサルフィーですが、
 9月度は先着5名様のみ

 【2時間12万円+税】

 で受付いたします。

 (9月の東京、大阪にて行います、
  日程調整はお申し込み後に)



■ちなみに、

 今回、お申し込み頂けるのは、
 ここまでの文章を読んで

 【自分の人生、このタイミングで、
  真剣にどうにかしたい】

 とお考えの方のみとさせて下さい。



■このままじゃ、まずい、
 個別コンサルの助けを借りて、

 まずは明確な目標を設定し、
 日々の生活を振り返る仕組みを導入し、

 最短で起動スイッチを入れ、
 変化・変容の歩みを進めよう、


 と本気で思われた方からのお申込みのみ、
 お待ちしております。



■お申込みは以下のフォームよりお願いいたします。


 <お申込みはこちらから>
 http://www.2nd-stage.jp/contact/


 必要事項を記入の上、
 お問い合わせ内容欄に

 「特別案内を見て、個別コンサルを希望」

 と記載の上、ご連絡下さい。

 追って、当社スタッフより、
 詳細のご案内を差し上げます。


 ---------------------------------------------

 ※海外在住の方は、

  assistant@2nd-stage.jp

  あて、メール願います。
  (@は半角に変更してお送り下さい)

 ---------------------------------------------



■ご検討下さる方は、

 いまだ、全てはまとめきれていませんが、
 以下のご感想集を参考にして下さい。

 (合計700ページ以上に及ぶ、
  大部なご感想集となっておりますが)


 ---------------------------------------------

 <「個人のキャリア開発・独立起業」等に関するご感想>
 https://ssdlfiles.s3.amazonaws.com/171106_testimonials_consulting_career.pdf

 <「企業経営・売上増進・利益拡大」等に関するご感想>
 https://ssdlfiles.s3.amazonaws.com/171107_testimonials_consulting_manager.pdf

 ---------------------------------------------


 今日も人生とビジネスを楽しみましょう!


 【今日のピークパフォーマンス方程式】   ■気づく力、洞察力の差が    1対100、1対1000の差をもたらす。   ■気づき、あるいは洞察する人は、    その数と質に応じて実践し、    その行動に応じた成果を受けとるから。   ■気づかず、ましてや洞察することなど    皆無の人は、    行動することもないし、結果として    何の成果も生まれない。   ■前者を選ぶも、後者を選ぶも当人次第。    ただ、気づき、洞察し、行動し、100倍、    1000倍の成果を上げたいのなら、    まずは的確で、極めて高いレベルの目標を    掲げないことには始まらない。

カテゴリ:



※現在、20万1602名が購読中。