毎日20万人が読んでいるビジネスコラム 平成進化論

日本最大級・毎日20万人が読んでいるビジネスメルマガ
「平成進化論」のバックナンバーをご紹介しています。

メールマガジン「見本」はこちら

5424号 「実験狂騒曲」の渦の中に自らを放り込め


■あなたは毎日、どれだけの数、

 「新しいこと」

 に取り組んでいるでしょうか。


 よく私(鮒谷)は

 【静謐(せいひつ)の内に変化なし】

 という言葉を使うのですが、


 自分と自分を取り巻く環境を
 変えたいのであれば、

 【実験狂騒曲の渦の中】

 に自らを放り込まなければなりません。



■このメルマガもハッキリ言って、
 読まれている方からすれば、

 「むちゃくちゃじゃないか」

 「お前、ほとんど思いつきでやっているだろう」

 と思われるところも少なからず
 あると思います。


 そして、それは

 「おっしゃる通り」

 なのです。



■むちゃくちゃで結構、と思っているし、
 思いつき万歳、と考えています。


 常に前傾姿勢を取り、
 実験に次ぐ実験を繰り返し、

 その中で一定確率で当たる、
 うまくいったものを残すのです。



■そして、

 うまくいかなかったものを
 綺麗さっぱりと捨て去ることを重ねるために

 「むちゃくちゃ」
 「思いつき」

 あるいは

 「気づき発、即断経由、アクション行き」
 「即断即決即実行」

 といった言葉を脳内でぐるぐる回しながら、

 一見、デタラメに見えるくらい、
 意図的に

 【大量行動】

 を行っているのです。



■こうした無数の取り組みの中で、
 生き残った、ごく少数の

 【結果が出る方法論や習慣や、
  システムや仕組み】

 が順次、生まれてくるのです。


 それら複数の

 【成果を出すことに寄与する各種パーツが
  統合され、形となった「システム」】

 こそが、

 人生や生活やビジネスにおいて、

 安定的に成果を生み出すことを
 約束してくれることとなるでしょう。



■逆に言えば、大量行動をすることを

 「恥ずかしい」
 「格好悪い」
 「失敗したらどうしよう」
 「私のプライドが」
 「他の人が見たらどう思うだろう」

 などと思う人は永遠に、

 【成果を出すことに寄与する各種パーツが
  統合され、形となった「システム」】

 など作れるはずもありませんから、


 あえて言ってしまえば

 【死ぬまで、現状維持(=後退)が
  続くこととなる】

 可能性が高まることでしょう。



■私(鮒谷)は、
 そんな人生はまっぴらごめんだから、

 「恥ずかしい」
 「格好悪い」
 「失敗したらどうしよう」
 「私のプライドが」
 「他の人が見たらどう思うだろう」

 とか、

 「そんなもん、知るか」

 と思いながら、

 【恥も外聞もなく、
  圧倒的な行動量で前進し続ける】

 ことを自らに課しています。



■もし私が平均的な人よりも、

 多少なりとも変化する速度が早いと
 するならば、その理由は

 【恥も外聞もない、大量行動
  (ならびに、その振り返りと改善)】

 にあると思っています。


 ※来週末に開催する

  「コンサルノウハウ全開示放談会」

  もまさに、その繰り返しによって、

  「他者にノウハウを販売できるくらいの
   知見を短期間で蓄えられた」

  ことは間違いありません。



■こうして

 「毎日、繰り返している日常生活」

 が、日をおいて

 【安定して成果を出し続けるシステム】

 へと昇華することとなるのです。


 そして、そこに安住することなく、
 さらに自らに負荷をかけ、

 システムを毎日、
 少しづつ改良を加えていくとどうなるか。



■一日、一日では目に見える、
 大した変化は感じられなくても、

 数ヶ月ないし一年の単位で見た時には、

 【さらに全く新しいシステムへと
  変貌、変態を遂げている】

 こととなるでしょう。



■この

 【自らの変態性、あるいは、
  変態しつづける姿】

 をお見せするのが、

 変わり方(変化、変容の方法)を
 お伝えすることを使命としている、

 私(鮒谷)にとって最重要の使命であると
 位置づけています。


 そして、その姿をお見せすることこそが

 【何よりの営業活動】

 ともなるのです。



■口ではなんとでも言えますが、
 実際にやっている者の背後には

 【説得力が宿る】

 もの。

 こうして生まれた説得力こそが、

 【圧巻セールス】

 を支える土台となるのです。


 口先だけのセールストークを粉砕する、
 圧倒的な力は、実に

 【あなたや私の、大量行動と、
  そこから生まれるシステム】

 から生まれるのではないでしょうか。



■冒頭に

 【静謐(せいひつ)の内に変化なし】

 と記しましたが、

 十年一日の過去踏襲から、
 変化など生まれるはずがないではありません。



■「毎日実験→毎日変化→毎日検証→毎日思索」

 からの、再びの

 「毎日実験→毎日変化→毎日検証→毎日思索」

 このサイクルを鬼のような勢いで
 回し続けるのです。


 その速度感を持って生きて、
 人生が変わらないはずがありません。

 年間プログラムも個別コンサルも、
 各種放談会も各種音源を通して、

 ここまでに記してきたことを、

 通底するメッセージとして、
 お伝えしてきたつもりです。



■だから今日も私(鮒谷)は

 【音源・日替わりサマーセール】

 という名の

 「新しい実験」

 を始めました。

 この実験がうまくいくかどうかは
 正直、分かりません。



■最終的には

 「毎日実験→毎日変化→毎日検証→毎日思索」

 の結果、来年以降、

 【毎年夏の、風物詩】

 となるかもしれませんし、


 【一夏限りの儚い夢であり、

  来年以降は存在しなかったものとして
  扱われる黒歴史】

 となっているかもしれません。



■でも、そんなことはやってみないと
 分かりませんよね。

 だからこそ、

 【気づき発、即断経由、アクション行き】

 で、来る日も来る日も新しいことを
 やり始めます。



■闇に葬られた、
 これまでの多数の取り組みと引き換えに、

 今、現存している当社のビジネスには
 以下のようなものがあります。


 4、5年前から、本格的にコンサルビジネスに
 注力するようになりましたが、

 最盛期は毎月、1000万円超の売上げ
 (=ほぼ利益)が上がり続ける、

 圧倒的な収益をもたらす事業の軸となり、


 遂には、コンサルビジネスで大きな収益を
 あげるためのノウハウを

 「高額で外販」

 できるまでになりました。



■昨年頭から、本格的に各種音源のリリースを
 はじめましたが、

 一年強で当社ビジネスの主軸に成長しました。


 事業開始直後に、音源事業部において

 「月に3000万の売上目標」

 を掲げ、これはまだ未達ですが、

 音源の本数も増え、
 販売の方法も確立されつつあり、

 現在は、一歩一歩、目標達成に向けて
 歩みを進めているところです。



■こうして音源事業部がある程度、
 軌道に乗ってきたので、数ヶ月前から、

 「年間プログラム」

 の参加者を募るための大量行動を
 行うようになり、

 その成果が徐々に現れ始め、音源参加版を
 含めると結構な参加者数になりつつあります。



■年間プログラムに参加下さっている方は
 既にご存知の通り、

 「とりあえず、言うのはタダ」

 ということで

 「年間プログラム参加者100人計画」

 という中期目標を掲げています。



■その上で、私(鮒谷)が、
 いかにしてその目標を達成するのか、

 行動と、その裏側で行ってきたこと、
 (年間プログラム内で)すべてを開示しますので、

 「まあ、見とって下さい、
  必ずやりますから」

 というお話もして、


 一歩も逃げられないように
 自らを縛り上げながら、

 年間プログラムに参加下さる方が
 増えるよう、

 大量行動をしている最中です。



■こうした、

 【率先垂範の取り組みの姿を見せること
  そのままが、

  なによりのお客さまへの価値提供】

 であると確信しています。



■いまどき、知識を伝えることなど
 誰にでもできることなのだから、

 そこに力を入れてもしょうがありません。


 【これだけ頭を使い、
  これだけ体を動かし、
  これだけのスピード感で前に進んだら、

  あなたも、大体これくらいのことが
  できるようになりますよ】

 ということを、

 の自身の姿かたちを通してお見せし、
 変化・変容の具体的なイメージをお渡しすること、


 これこそが、お客さまにとっての

 【未充足の潜在ニーズを満たすサービス】

 であると考えているのです。



■そうすれば、

 「変化・変容が現実のもの」

 としてリアリティをもって
 感じられるようなるはずだから、

 きっとお客さまも安心されるし、

 自分も頑張ろう、というやる気も
 かき立てられるのではないでしょうか。



■もちろん、大量の行動をしたら、

 バカにしたり、見下したり、
 揚げ足を取ったり、非難したり、
 攻撃したりしてくる人も、

 現れたりするものですが、


 以上のような信念のもと、
 生きていると

 「まあ、そういう人もいるよね、、」

 くらいの感じで、

 ほとんど気にもならなくなり、
 毎日を生きていけるようになります。



■「ブレない軸」が確立されると、

 人生に意義を感じられるし、
 豊かに生きられるものですね。

 そして、「ブレない軸」は
 大量行動からしか生まれません。


 毎日、じっと、ひとつところに留まって、
 軸が形成されるはずなどありません。

 独楽(コマ)は動き回って、やがて
 動きが安定するじゃないですか。

 あれと同じようなものですね。



■今日も明日も明後日も

 【お客さまの潜在ニーズを満たすために、
  狂ったような大量行動のお手本】

 をお見せし続けようと思います。




 今日も人生とビジネスを楽しみましょう!


 【今日のピークパフォーマンス方程式】   ■あなたがもし、本当に自分を変えたい    のであるならば    【実験狂騒曲】    の渦の中に自らを放り込む必要がある。    静謐の内に変化はないからだ。   ■大量行動の中、成果を出した取り組みだけ    を残していくとやがて    【普通に生きているだけで     成果が現れ続けるシステム】    へと昇華される。   ■早くそのシステムを手に入れたいのなら、    恥も外聞もなく、大量に行動する、    ことを自らに課す必要があるだろう。

カテゴリ:



※現在、20万1602名が購読中。