毎日20万人が読んでいるビジネスコラム 平成進化論

日本最大級・毎日20万人が読んでいるビジネスメルマガ
「平成進化論」のバックナンバーをご紹介しています。

メールマガジン「見本」はこちら

5350号 「先送り癖」が治りにくい理由をサルでも分かるように詳述する


■日々、

 【題名のない放談会音源】

 を聴かれてのご感想を頂戴いたします。


 ご紹介が全く追いつかず、せっかく
 お送り下さった方に申し訳ない思いで一杯です。



■今日はTさんよりお送り頂いたご感想を
 ご紹介し、そこから敷衍して

 【「先送り癖」が治りにくい理由を
  サルでも分かるように詳述】

 してみたいと思います。


 (ここから)
 ---------------------------------


 私には病的な先送り癖があるので、
 第2領域の話の前に、

 すぐ手をつけなければいけないものを、

 優先順位をつけてこなしていく習慣を
 徹底しなくてはなりません。


 その後に、第2領域を考えていきたいと
 感じました。


 第2領域をやった後の快感があって、
 その快感を覚えた人はそう多くはないであろう、

 というお言葉が印象に残り、
 自分もその域に達してみたいと思いました。


 結果が第2領域に比べて短期で出るものを
 こなしているだけでは、

 仕事に対する思考、
 何のためにやっているか、

 とか本質的なところに到達できないと
 感じております。


 コンサルをやっていて多くの人を見ていると、
 人の課題がわかる。ニーズが顕在化する。

 お客様と接しないとニーズがわからない。

 理論では人は動かない、
 相手をその気にさせるのがコンサルの極意である、

 と鮒谷さんのお言葉から強く感じました。


 書き出してみて、

 頭が整理出来ていないことを強く感じましたが、
 まずはアウトプットとして。

 ありがとうございました。

         (会社員 R.T さま)


 ---------------------------------
 (ここまで)


 Tさん、ありがとうございました。


 ご感想の中で、音源中で述べている

 【第2領域をやった後の快感があって、
  その快感を覚えた人はそう多くはないであろう】

 という言葉を引用下さっていますね。



■人はなぜ、先送りをするのか、の答が
 ここに記されているかと思います。


 つまり、先送り癖の実態は、

 【無意識のうちに、

  「目先の怠惰(ラク)」と、
  「将来の果実」をはかりにかけて、

  前者に転ぶことが習慣化された姿】

 なのです。


 言葉を換えれば、

 【怠惰による、
  目先の果実は味わい慣れているけれども、

  今の努力によって、将来に果実が得られる実感は
  ほとんどなく、確信も持てないから、

  ついつい前者に走ってしまう姿】

 こそが先送りの実態である、
 ということです。



■そうと分かれば、

 先送り癖を克服するためには


 【無意識のうちに、

  「目先の怠惰(ラク)」と、
  「将来の果実」をはかりにかけて、

  後者に転ぶことが習慣化された姿】


 に脳内回路を書き換えてやる必要が
 あるということもご理解頂けるでしょう。



■ところが、言うは易く行うは難し。

 【目先の怠惰(ラク)】

 は、原因と結果の関係が明白です。


 今、怠惰に走れば、
 即座に、面倒ごとから逃れられる。

 (あとで報いを受けるにせよ)



■反対に、

 【将来に向けての努力(種まき)】

 は、今、頑張っても、
 その頑張りの結果(果実)を享受できるのは、

 ほとんどの場合、

 「数日後」「数週間後」「数カ月後」
 「数年後」

 場合によっては

 「十数年後」「数十年後」

 というタイムラグが存在しているから、

 【因果関係が分かりにくい
  (=脳にとって理解されにくい)】

 のです。



■こうした

 【分かりやすい因果関係
  (今、横着すれば、すぐに楽になれる)】

 と

 【分かりにくい因果関係
  (今、努力しても、報いはかなり先)】

 が脳内対立したときに、


 よほど強固なロジックや、物語から
 もたらされる

 【前倒ししたくなる強烈な感情と、
  自らを躾けようとする信念】

 がなければ、
 必ず前者(怠惰)が打ち勝ってしまうのです。



■そしてほとんどの人は、

 【前倒ししたくなる強烈な感情と、
  自らを躾けようとする信念、

  をもたらす、ロジックも物語も
  所有していない】

 のだから、

 【ほとんどの人が、
  先送り癖に悩まされることとなる】

 のも、むべなるかな。


 こうして、まずいまずいと思いながらも

 【目先の快楽】

 に転んでいってしまうのです。



■先のメルマガにおいて

 --------------------------------

 「あなたの考えるところの

  『意思決定&行動の移し方』

  について、小一時間話をして下さい」

  と問われて、
  3分で話が終わってしまうようなら、

 【意思決定&行動の移し方についての
  論も説も持っていない】

 ということになるのではないかと
 思われます。

 --------------------------------

 と記したのは、
 ここまでの話と深い関係があります。


 【脳を躾けるための質の高い言語】

 を持っていなければ、目先の欲望に
 流されるより他ないのだから、100%、

 【面倒なことは先送りする習慣】

 が身についてしまうのは
 当たり前のことなのです。



■それぞれの世界において成果を出している人は
 当然のことながら

 【眼の前の欲求(怠惰)を退け、
  将来のために、今の己を殺している人】

 ですが、こうして自らを躾けている人は、

 【例外なく、質の高い言語を、
  脳内で回し、さらには発言している】

 わけですが、そういうこと、なのです。



■もし、あなたが

 【即断、即決、即実行の筋力】

 や

 【すべての行動は前倒し、という筋力】

 をこれまで鍛えてこず、
 先送り習慣に悩まされているのなら、

 これを機に「前倒し筋」を徹底強化し、

 【貯筋】

 しておかれることをお勧めします。



■どんな習慣もそうですが、

 【後になるほど、矯正困難】

 【今日が人生において、一番若い日】

 なのですから。


 そのための筋トレ教材として、
 渾身の力を込めてお届けするのが、

 以下の音源です。



■あなたがもし、
 「骨絡みの先送り」に悩まされている、

 とするならば、お求めは今すぐ。


 --------------------------------

 【鮒谷周史の、圧巻!
  「題名のない放談会(平成30年4月8日開催)」音源】


 ▼収録時間:約152分(2時間32分)


 ▼価格:定価19,800円+税

   ご感想を下さった方には
   【3,000円分の割引クーポン(6ヶ月間有効】

   をご提供中です。


 <カード・コンビニ決済はこちらから>
 https://shinkaron.buyshop.jp/items/10797668

 <銀行振込でのお支払い、携帯オーディオプレイヤー版を
  をご希望の場合は、下記フォームからご注文願います>
 https://form.os7.biz/f/859756b2/

 -------------------------------------



■詳細な、音源内容の詳細は以下の通りです。


 (ここから)
 -----------------------------------------------


 【鮒谷周史の、圧巻!
  「題名のない放談会(平成30年4月8日開催)」音源】

  ~鮒谷の長年の学びと経験から得られた、
   成果を出すための53の気づき


 1、はじめに


 ▼鮒谷が自社のサービスで必ず意識していること

 ▼セミナー参加者の反応が良くなる、
  ある事前準備とは

 ▼この音源で学んでもらいたい、
  たった一つのこと


 2、あなたを変える「目標」の立て方


 ▼よりよい人生を送るには2種類の目標が必要な理由

 ▼なぜ、最低限、生活できるくらいには収益を
  上げられるようになった鮒谷が尚、頑張れるのか?

 ▼あなたのBeing目標に必要なもの

 ▼鮒谷がありたい姿について語ってみた

 ▼即断するために何が必要か

 ▼理想と現実のギャップを埋めるには何をすべきか

 ▼日々、変わる人と、いくら勉強しても、
  一日千秋、全く変わらない人の違い

 ▼結果の出ないあなたに足りないもの

 ▼変わるために必要な2つのもの

 ▼荒唐無稽な目標を立てると見えてくる世界とは

 ▼運命を好転させたいなら増やすべきもの

 ▼新しい表現が自然と生み出される環境



 3、あなたのビジネスを将来に渡り収益を生み出す
   ものに変える、「第二領域」への取り組み


 ▼「集中する会」開催でわかった潜在ニーズとは

 ▼第二領域に取り組む際に理解しておきたい、
  2つの概念

 ▼鮒谷の取り組んでいる「仕事」とは

 ▼お客さまの声を大量掲載すると起きてくること

 ▼熟柿営業の実例

 ▼当人不在でも売上が立つビジネスの構築事例

 ▼鮒谷がメルカリから着想を得て実行したこと

 ▼即断即決即行の際に意識したいスタンス

 ▼あなたも未来の資産を生み出せるように
  なる、ある問いとは

 ▼人に「刺さる」コンテンツの見つけ方

 ▼あなたの生産性を大きく高める、
  たった一つの決意

 ▼矛盾を両立させる「解」の見つけ方

 ▼顧客接点を増やす際に心がけたいこと


 4、成果が出る!行動の作法


 ▼必ず成果を出せる、鮒谷流セミナーの受け方

 ▼PDCAでは遅い!成果を出すための行動方法

 ▼人を動かすには、まず、ここを動かせ

 ▼考える「だけ」の人から行動する人に変わるには


 5、「行動→挫折」を防ぐ事前知識


 ▼行動初心者が折れないために意識すべき、
  たった一つのポイント

 ▼確度高く成果を出したいなら、
  水先案内人を雇うべき理由

 ▼賢くても成果を出せない人に勧めることは

 ▼学びに偏ると生じること

 ▼動きたくとも動けないなら心がけたい、2つのこと

 ▼同じ話を繰り返し聴くことに秘められた効能とは

 ▼第二領域に取り組みやすくなる、ある一つの解釈

 ▼継続して成果が得られる、第二領域の取り組み方

 ▼鮒谷の考える、人工知能時代の人間の武器とは?


 6、変わり続けられる「体質」になる方法


 ▼人生を好転させる、あることの習慣化

 ▼10決断して、全て行方不明になる人と、
  全て実行できる人の違い

 ▼生きてるだけで成果が出る!
  そんな体質になるための秘訣とは

 ▼気付きが雪だるま化する、ある習慣

 ▼書き続けることで蓄積されるもの

 ▼ハンマー投げの鉄人、世界トップレベルの
  プロゲーマーが共通して語る、
  変わるために必要不可欠なこと


 7、鮒谷流、成果にコミットする学び論


 ▼鮒谷の考える、効率的な学び方

 ▼学びを成果につなげる上で最も重要な感覚とは?

 ▼人生を好転させたいなら、学び方を学ぶべき理由

 ▼変わったかどうかの判定基準

 ▼スランプに陥ってしまったらどうしたらいいか?

 ▼変わり続けられる人がスランプを歓迎する理由


 -----------------------------------------------
 (ここまで)



■お求めは、以下よりどうぞ。


 --------------------------------

 <カード・コンビニ決済はこちらから>
 https://shinkaron.buyshop.jp/items/10797668

 <銀行振込でのお支払い、携帯オーディオプレイヤー版を
  をご希望の場合は、下記フォームからご注文願います>
 https://form.os7.biz/f/859756b2/

 --------------------------------

 <当音源をお聴きくださった方から
  お寄せいただいたご感想紹介>
 https://ssdlfiles.s3.amazonaws.com/180411_testimonials_no_title.pdf




 今日も人生とビジネスを楽しみましょう!



 【今日のピークパフォーマンス方程式】   ■「先送り癖」がなかなか治らない理由は    【目先の怠惰(ラク)】    はすぐに結果を享受できるのに対して、    【将来に向けての努力(種まき)】    は結果が現れるのに、一定の時間がかかる    (=タイムラグがある)から。   ■人間の脳は因果関係が分かりやすい方向に    流れるようにできている。    これまで形成されてきた脳内における    「因果の回路」を書き換えるためには、    【強靭なロジックや、感情を動かす物語】    を持ち、さらに何度も何度も、反芻し、    脳の矯正(=躾)を行う必要がある。   ■こうした繰り返しによってようやく    【フットワークの軽い、前倒し癖】    の回路が形成されることとなるだろう。

カテゴリ:



※現在、20万1602名が購読中。