毎日20万人が読んでいるビジネスコラム 平成進化論

日本最大級・毎日20万人が読んでいるビジネスメルマガ
「平成進化論」のバックナンバーをご紹介しています。

メールマガジン「見本」はこちら

5346号 鮒谷の考える「仕事ができる、筋の良い実践者」とは


■上述の通り、昨日は、

 (3日後に迫った)
 ゴールデンウィーク最終日の

 【5月6日(日)の午前10時から午後6時】

 に開催する、


 【丸一日、本当に大切なことだけに
  集中する会(第5回)】

 のご案内をいたしました。



■ご案内をした私(鮒谷)が
 こんなことをいうのもどうかとは思いますが、

 この企画に参加者がどれだけ
 お集まり下さるかかどうかは、

 【実は私(鮒谷)にとっては
  ほとんど関係ないし、興味もない】

 のです。



■どういうことかというと

 【参加者が来られても、来られなくても、

  どちらに転んでも私(鮒谷)にとって
  プラスしかない】

 状態だからこそ、
 どんな結果となっても喜べる、

 そんな安定した精神で
 淡々とご案内できるのです。


 そして、

 【この状態は「仕組み」からもたらされ、
  仕組みを作ることこそが「仕事」である】

 と知るべきです。



■これだけだと分かりにくいと思いますので
 もう少し詳しく記しますね。


 私が今回の企画の案内をして、

 --------------------------------

 <お客さまがたくさん来られる>

 →参加人数×1万円分の利益が生まれる

 →初めての方なら、そこで
  新たな関係性が生まれる

 →久しぶりの方なら、そこで
  旧交を温められる

 →日頃からお会いしている方なら、
  さらに関係を深められる


 <お客さまが全く来られなかった>

 →一人もくもくと、未来を生み出すための
  「仕事」に集中できる

 --------------------------------


 どちらに転んでも

 【ゴールデンウィーク中に

  「家でゴロゴロして、
   GW終了後に案の定、後悔する」

  よりも素晴らしい展開】

 となりそうです。



■このゴールデンウィークにおいては、

 急な予定が入ることに備えて
 最終日を丸一日、

 「予備日(バッファ)」

 として確保していましたが、


 昨日時点で、GW期間中のおおよその
 予定が見えてきて、

 「予定の追加投入をしても大丈夫そう」

 という確信が持てました。



■そこで

 【気付き発→即断経由→アクション行き】

 の回路を発動させて、即時に

 【丸一日、本当に大切なことだけに
  集中する会(第5回)】

 の募集を行いました。


 ※この「回路」については、
  以下の音源について詳述しています。

  フットワークが重くて、体がいうことを
  聞いてくれない、

  との自覚ある方の特効薬となるでしょう。
  ぜひ何度も繰り返しお聴き下さい。


 --------------------------------


 【鮒谷周史の、題名のない放談会音源
       (平成30年4月8日開催)】

 ▼収録時間:約152分(2時間32分)

 ▼価格:定価19,800円+税

   ご感想を下さった方には
   【3,000円分の割引クーポン(6ヶ月間有効】

   をご提供中です。


 <カード・コンビニ決済はこちらから>
 https://shinkaron.buyshop.jp/items/10797668

 <銀行振込でのお支払い、携帯オーディオプレイヤー版を
  をご希望の場合は、下記フォームからご注文願います>
 https://form.os7.biz/f/859756b2/

 --------------------------------



■少し話がそれましたが、
 もう一つ、例を挙げましょう。


 たとえばこのメルマガで私は、
 日々、

 「いろんな商品やサービスのご案内」

 を行っています。


 でも本当のところを言えば、

 その案内で商品をお求め頂いても、
 頂かなくても、先の例と同様、

 【実は私(鮒谷)にとっては
  ほとんど関係ないし、興味もない】

 のです。



■なぜなら、

 商品をご案内することによって


 --------------------------------

 <商品が売れる>

 →純粋に売上が上がり、利益がもたらされる


 <商品が売れなかった>

 →私(鮒谷)にとってメルマガを書く
  一番の目的であり、喜びは、

  思考の言語化を進めて、その内容を
  記述し、記録に残すことであるから、

  すでに主たる目的は果たせている

 →その上、さらに、

  どんな記述が読者に刺さり、
  どんな記述が刺さらないか、

  を毎日の実地のテストを通して、
  身体レベルの理解が進む

  そのテストのためには売れないことを
  恐れず、いろいろ試すことが重要で、
  すべては「データ」としても蓄積される

 --------------------------------


 なのだから、ぶっちゃけ、

 【どちらに転んでも私(鮒谷)にとっては
  価値しか生まれない】

 のです。



■あるいは、
 もう一つだけ例を挙げておくと

 「私(鮒谷)が入れなくても問題のない
  会食を予定を詰めてわざわざ入れる」

 ことなんかもそうですね。


 縁があった人に積極的に会食を
 お誘いすることによって


 --------------------------------

 <会話が弾む人との会食となった>

 →仲良くなって、将来につながる
  人間関係が構築できる


 <全く会話が弾まない人との会食となった>

 →コミュニケーション能力を高めるための
  実地訓練(量稽古の一環)となる

 →いつも以上に「気を入れて」話をしないと
  話が広がっていかないから、

  価値提供に集中してコミュニケーションを
  行う、自分に対する「躾」となる

 --------------------------------


 のだから、これまた

 【どちらに転んでも私(鮒谷)にとっては
  価値しか生まれない】

 のです。



■もしあなたが、
 人生や仕事のすべてをこうした

 【どちらに転んでも「あなた」にとって
  価値しか生まれない】

 もので埋め尽くせたとすれば、


 あなたの人生は

 これから良いものとなっていくのか、
 あるいは、悪くなるのか、

 どちらになると思われるでしょうか。



■さらに、こうした


 【行えば行うほど、未来が開けていく
  取り組みは何かだけを考え、

  そのアイデアを、人生・生活・仕事に
  実装することのみを

  「仕事」

  と定義し、取り組んでいる】


 そんな日常になったとすれば、
 あなたの人生は、

 これから良いものとなっていくのか、
 あるいは、悪くなるのか、

 どちらになると思われるでしょうか。



■私(鮒谷)は人生において、
 ここまでに記したような

 【どちらに転んでも私(鮒谷)にとっては
  価値しか生まれない】

 ことしかやらないと決めています。


 こうして取り組みを日々、行っていると
 それはやがて、

 【安定的、継続的に
  成果がもたらされるシステム】

 へと昇華していきます。



■種明かしをすると、

 今年に入って、行うようになった
 以下の企画もまた、

 私(鮒谷)が新しく自社のビジネスに
 実装した

 【何をどう行っても、安定的、継続的に
  成果がもたらされるシステム】

 の一つなのです。


 --------------------------------

 【鮒谷周史の、題名のない放談会音源
       (平成30年4月8日開催)】

 ▼収録時間:約152分(2時間32分)

 ▼価格:定価19,800円+税

   ご感想を下さった方には
   【3,000円分の割引クーポン(6ヶ月間有効】

   をご提供中です。


 <カード・コンビニ決済はこちらから>
 https://shinkaron.buyshop.jp/items/10797668

 <銀行振込でのお支払い、携帯オーディオプレイヤー版を
  をご希望の場合は、下記フォームからご注文願います>
 https://form.os7.biz/f/859756b2/

 --------------------------------


 あえて言ってしまいますが、
 この企画って、


 【参加者が集まれば、お金をもらえ、
  集まらなくても、超・集中環境が手に入る】

 という

 【最高の二者択一】

 ですよね。



■もし仮に20名の方に集まって頂ければ、

 ショートコンサルによって
 私(鮒谷)の自由時間は取れなくなるけれど、

 20万円をもらいつつ、
 20人の人と仲良くなれる。


 10名だと、10万円もらいながら
 半分の時間は集中できるし、10人と仲良くなる。

 1名であればあったで、1万円もらいながら、
 残りの大半の時間を超・集中できる。



■参加者ゼロ、以外であれば
 (そしてそれは、おそらくありえないので)

 【衆人環視】

 が働くので、私が得られるメリットは

 「利益のほうに偏るか、
  集中環境のほうに偏るか」

 のいずれかとなりますが、

 【どちらに転んでもメリット】

 しかありません。



■さらに、正直に書いておくと


 この企画に参加下さった方が、

 【追加的に、なにがしかのサービスを
  お求め下さる】

 ことが確率的にどの程度であるのか、

 ということも4回開催し、
 PDCAを回したことで既に分かっています。



■20万円もらいつつ、10万円もらいつつ、
 1万円もらいつつ、

 さらに、その後、それをはるかに上回るものを
 もらえるのですから、

 【空き時間が生まれるたびに
  当企画を開催する(やらない手はない)】

 という仕組みが、

 【幾たびかのPDCAを回すことによって
  確立・実装】

 されることとなったわけです。



■こうした仕組みを人生、生活、仕事に
 一つ、また一つ、とガンガン組み込むこと、

 それだけを

 【仕事】

 と定義してみられてはどうでしょう。

 文字通り、人生が変わると思います。



■そのためには、

 常に考え、そこから着想が生まれ(気づき)、
 行動し続ける必要があります。

 これを繰り返している内に

 【身体的にも精神的にも経済的にも
  どんどん楽になっていく】

 のです。



■私(鮒谷)が日々、実践している、
 こうした考え方や具体的な実践について、

 以下の音源

 --------------------------------

 【鮒谷周史の、題名のない放談会音源
       (平成30年4月8日開催)】

 <カード・コンビニ決済はこちらから>
 https://shinkaron.buyshop.jp/items/10797668

 <銀行振込でのお支払い、携帯オーディオプレイヤー版を
  をご希望の場合は、下記フォームからご注文願います>
 https://form.os7.biz/f/859756b2/

 --------------------------------

 において、

 かなり詳しくお話をしているので、
 よろしければぜひ聴いてみて下さい。



■さらに補足しておくと、そんな

 【私(鮒谷)の、
  思索と実践の成果物(システム)】

 たる


 【丸一日、本当に大切なことだけに
  集中する会(第5回)】

 に、ここまでに記したような観点を持ちながら
 参加してみると面白いでしょうし、

 いろんなことに気づかれるかも
 しれません。



■ハッキリ言えば、

 【よく出来ている仕組み】

 を目の当たりにすることで

 「こいつ、うまいことやってんなー」

 という思い(感情の揺れ)を
 自らに渡すことが

 【思索と着想と実践の原動力】

 となるでしょう。



■今回の参加者名簿を眺めていると、
 きっと、

 (集中する目的で参加されるとともに)

 【こいつ、うまいことやってんなー】

 という感情の揺れを手に入れ、


 同時に

 【その背景にある思考や仕組みを
  見てやろう】

 という思いで、現場のオペレーションを
 観察するために、

 参加下さっているのだろうなあ、

 と想像される方もいらっしゃいます。



■そういう方は、大きな成果を
 出している人であり、


 私から見てもやっぱり

 【着眼点とフットワークの軽さが
  さすがの人】

 であり、だからこそ、


 【仕事のできる人】

 であり、

 【筋の良い実践者】

 であるように思われます。



■そしてもし、

 私(鮒谷)がこのメルマガ読者で
 あったとしても、やっぱり

 【こいつ、うまいことやってんなー】

 【背景にある思考や仕組みを見てやろう】

 と好奇心一杯で見に行くと思います。



■成果を残す人というのは、こういう

 【平均的な人が価値だと感じていない
  ところにこそ、価値を見出す】

 人なのだと思います。


 つまり、

 【丸一日、本当に大切なことだけに
  集中する会(第5回)】

 という案内を見て、

 「ただ、集中するために参加しよう」

 と思われるのも大事なことですが、


 と同時に、

 【その裏側で何が行われているのか】

 【そもそも、この企画を立てた奴は
  どんな思考でそれを行ったのか】

 【自らの感情がどの程度、揺さぶられるか、
  まずは見に行こう、体験してみよう】


 と類推、推測、洞察の機会を手に入れ、

 行動するきっかけを得るために
 足を運ぶ、

 こういう

 【一石二鳥的にモノを考えられる人】

 が成果を残せる人なのです。



■お互い、

 【表面だけを眺めているだけでは
  まだまだ】

 であり、

 【ある事象に対して、360度の角度から
  捉えることを意識し、

  そのためには、一にも二にも、
  現場に足を運ぶことが重要】

 であると肝に銘じたいところですね。



■あなたの推測、類推、洞察、
 そして行動のきっかけのための、

 貴重な機会となるであろう、

 【現場】

 はこちらとなります↓


 --------------------------------

 【鮒谷周史の、題名のない放談会音源
       (平成30年4月8日開催)】

 ▼収録時間:約152分(2時間32分)

 ▼価格:定価19,800円+税

   ご感想を下さった方には
   【3,000円分の割引クーポン(6ヶ月間有効】

   をご提供中です。


 <カード・コンビニ決済はこちらから>
 https://shinkaron.buyshop.jp/items/10797668

 <銀行振込でのお支払い、携帯オーディオプレイヤー版を
  をご希望の場合は、下記フォームからご注文願います>
 https://form.os7.biz/f/859756b2/

 --------------------------------


 人生も、ビジネスも、仕事も、

 【オモテもウラも透徹した目線で
  眺められる人】

 だけが成果を出せるのですから、

 【集中しつつ、裏も見てやろう】

 そんな視点で足をお運び頂くのも
 また一興、

 ではないでしょうか。



■繰り返しますが、私(鮒谷)がなぜ、

 わずかな期間に、
 この企画を5回も行ってきたのか、

 の理由や背景については、


 今回の企画に参加し、
 合わせて以下の音源を聴かれると、

 【現象(鮒谷の実践)と構造(鮒谷の思索)】

 がお分かり頂けるかと思います。



■それをそのまま、自分の人生や生活やビジネスに
 転用されれば良いのです。

 --------------------------------

 【鮒谷周史の、題名のない放談会音源
       (平成30年4月8日開催)】

 <カード・コンビニ決済はこちらから>
 https://shinkaron.buyshop.jp/items/10797668

 <銀行振込でのお支払い、携帯オーディオプレイヤー版を
  をご希望の場合は、下記フォームからご注文願います>
 https://form.os7.biz/f/859756b2/

 --------------------------------



■現場に足を運び、背景を知り、
 考え、着想し、実践する、

 ところからしか、

 人生においてもビジネスにおいても
 成果を出せるはずがない、

 学ばざるもの食うべからず、

 私(鮒谷)はそう考えています。


 (お申込みはこちらから)
 --------------------------------

 【丸一日、本当に大切なことだけに
  集中する会(第5回)】

 <カード決済を希望される方はこちらから>
 https://shinkaron.buyshop.jp/items/11228831

 <銀行振込を希望される方はこちらから>
 https://form.os7.biz/f/29727553/

 --------------------------------


 【かつて「集中する会」にご参加頂いた方から頂戴した、
  熱いご感想集】
  https://ssdlfiles.s3.amazonaws.com/180224_testimonials_mokumoku.pdf




 今日も人生とビジネスを楽しみましょう!


 【今日のピークパフォーマンス方程式】   ■結果を出す人、筋の良い実践者は、    「表面の後ろ側にある背景・構造」    にこそ意識を向けているものだ。   ■現象を見て、構造やパターンや背景や    文脈を掴もうとする、    これこそが成果を残す人に共通する    パターン。   ■背景理解は活字を追うことのみでは    行えず、    必ず実地、現場の観察が必要になって    くるのである。   ■これが分かっている人は行動力が伴い、    分からない人は永遠に座学を続ける。

カテゴリ:



※現在、20万1602名が購読中。