毎日20万人が読んでいるビジネスコラム 平成進化論

日本最大級・毎日20万人が読んでいるビジネスメルマガ
「平成進化論」のバックナンバーをご紹介しています。

メールマガジン「見本」はこちら

5292号 鮒谷が行っている「書くネタ、話すネタが無尽蔵に湧いてくる秘密の方法」


■よく、

 「鮒谷さんは、

  毎日あれだけ大量の文章を書き、
  セミナーを行い、さらにはそれを音源化し、

  ネタが尽きないものですね」

 と言われることがあります。


 でも、私(鮒谷)としては


 【ネタが尽きる、どころか、
  生きれば生きるほどに、

  出し切れないネタが積もっていくけれども、

  (時間その他の制約条件から)

  発信しきれずに腐り、
  コンテンツが次々と朽ち果てていく、

  それが残念でならない】


 と思っています。



■ある方は、

 「1時間話すコンテンツのネタも出てこない」

 と言われる一方で、


 別のある人間は、

 「出しても出しても、

  コンテンツが蓄積されてくる
  量の方が多くて、

  出し切れずに、
  腐らせてしまうことがもったいない」

 と言います。



■こうした違いは、
 どこから生まれてくるのかというと、

 主として2つのところから
 生まれてくるのではないか、

 と考えています。


 ひとつは

 【純粋に新しいネタを拾いに行くための時間
  (緊急ではないけど、重要なことですね)

  にかけている時間の多寡】

 ではないかと思います。



■毎日同じことを繰り返して、

 発信するコンテンツが増大することなど
 あるはずがありません。


 日々、新しい経験をし、新しい人と出会い、
 新しい本を読み、

 新しい知識や情報をインプットすることで、
 それらが

 「既に持っているもの」

 と結びつき、

 脳内において小爆発や大爆発を繰り返しながら、

 【新ネタ(新しいコンテンツ)が創発】

 されてくるのです。



■もうひとつは、

 そうやって生まれてきたアイデア、発想も
 放置しておくと次々に揮発し、失われてしまいます。


 そうなってはもったいないので
 日々、新しく生まれ出る

 【ネタの種】

 を育てるつもりで、

 より細部まで作り込み、かつ、一貫した論理構成を
 持たせ、さらには他の人に伝わるように表現を整え、

 自分のためのみならず、
 他の人に伝えても価値を生み出せる

 「パッケージ」

 にすることを意識するのです。


 こうして「コンテンツの種」が、

 やがては(お金を頂戴してでも)人さまの前に
 供することができる品質へと昇華されるのです。



■前者(緊急ではないけど重要なことを行う)の
 ためには、

 「時間管理の能力」

 を意識して高める必要があるでしょう。



■後者(日々、気付きを増やし、都度、言語化する)
 のためには、

 「日記習慣(時々刻々に生まれ出るアイデアや
  発想を都度、言葉にして残す習慣)」

 を身につける必要があります。


 ※こちらについては、
  以下の音源も参考になるかと思います

  ---------------------------------

  【鮒谷周史の、圧巻!『物語』を自在に操れる者だけが、
   人生を思い通りに生きられる」放談会音源】
   https://shinkaron.buyshop.jp/items/6536488

  ---------------------------------



■この2つの習慣を我が物とするのは
 なかなかに大変なことではありますが、

 ひとたびに身につけられれば

 「一生モノの財産」

 となるでしょう。


 その財産を手に入れれば、あとは、
 歩くまま、旅をするまま、出会うまま、

 大小さまざまの「!」「?」が生まれ、
 それが都度、コンテンツ化され、蓄積されていく、

 そんな流れが日常の姿となるのです。



■ここに至って、

 「日々、生み出され続けるコンテンツを
  発信しても、発信しても、発信しきれない」

 という(嬉しい悲鳴の?)世界に出られることでしょう。


 私はある時期から、そんな

 「憑かれたような状態」

 に入り、


 それが現今の

 「コンテンツ量産・爆走態勢」

 につながることとなりました。



■ひとたび、この状態に入れば、

 「!」「?」

 が日常的に起こり続ける、
 刺激的な毎日になりますが、

 その世界に至ると金輪際、


 「退屈だなあ」

 「つまらないなあ」

 「なんか楽しいことないかなあ」

 「私がやるべきは、
  こんなことではないはずなんだけど、、」

 「情熱を燃やせる対象が見つからない」


 などといった言葉が出てくることは
 なくなるはず。



■生きて、見て、聞いて、感じたこと、

 それら一切が一連の流れとして、
 コンテンツ化されて外部に表出されていく、

 こととなるのだから、

 それは、経済的、あるいは非経済的な、
 様々な形での報いとなって、

 返ってきてくれることとなるのです。



■この状態に入ると、


 【毎日やりたいことをやり、
  楽しみたいことを楽しみ、

  そこでの気付きや学びや発見を他の人に
  おすそ分けしている(発信している)だけで、

  あらゆることに恵まれる】


 そんなエコな生活が現実化します。


 今日も人生とビジネスを楽しみましょう!


 【今日のピークパフォーマンス方程式】   ■世の中には楽しく生きているだけで、    コンテンツネタが次々に生まれ、発信して    も発信しても、枯渇しない人がいる。    反対に、発信するほど、ネタが尽きてくる    人も少なくない(むしろ、ほとんど)。   ■この違いは、以下の2つの習慣の有無に    起因しているだろう。    ▼日々、新しい経験をするための時間管理    ▼閃いたネタを時々刻々に記録する習慣   ■この二つの習慣が確立されれば、    生きているだけで自動的にコンテンツが    蓄積されていくこととなる。    それを次々に発信することによって、    経済的、非経済的、両方の側面において    恵まれた生活を送れるようになるだろう。

カテゴリ:



※現在、20万1602名が購読中。