毎日20万人が読んでいるビジネスコラム 平成進化論

日本最大級・毎日20万人が読んでいるビジネスメルマガ
「平成進化論」のバックナンバーをご紹介しています。

メールマガジン「見本」はこちら

5280号 本気で人生を変えたいなら、環境を金で買うのが最短距離


■人生を本気で変えたいと思ったら

 「環境を買う」

 ことを心がけると良いでしょう。


 人間は

 「環境に規定される動物」

 であり、

 良くも悪くも、無意識のうちに今いる環境に
 自らを適応させてしまう存在だからです。



■そんな「私」を日常生活から引きはがし、

 未来に対して、より有効な投資を
 行おうとするならば、

 「環境に投資し、
  仕組みを整える必要がある」

 と、私(鮒谷)は考えてきました。



■例えば、先日の

 【丸一日、本当に大切なことだけに集中する会】

 においても、


 私(鮒谷)が足繁く、
 セミナーや講演に参加するのは

 「時間天引き・一人ミーティング」

 こそが最も生産性の高い時間の
 過ごし方であると理解しており、


 そうした場に時間を天引きして
 自身を強制参加参加させれば

 「学び、思索し、企画立案まで行う」

 ことができるから、


 とお伝えしましたが、これも一つの

 「環境を買う」

 行為といえるでしょう。



■他の例を挙げるなら、

 歩きながらでもストレスなく、
 事務所や関係各所に電話できるよう、

 「EarPods」を購入しました。

 これははなはだ費用対効果の高い投資でした。


 両手フリーで電話できるので、
 各所に電話をする億劫さがなくなったり、

 手ぶらの身軽さも手に入り、
 荒天時においても連絡がしやすい、

 といった様々なメリットを
 私にもたらしてくれました。


 これが通常の電話であれば、
 連絡するのが億劫になり、結果として

 「着想→行動」

 量は、今よりも間違いなく
 少なくなっていることでしょう。

 まさに最適な仕事環境を環境を
 カネで買ったわけです。



■あるいは、睡眠環境にこだわるのも

 「環境を買う」

 ことの、形を変えた姿です。


 (これはある方より
  プレゼントいただいたのですが)

 私は「エアウィーヴ」で寝ています。
 おかげさまで非常に快適です。



■それに加えて、


 「羽毛布団(それなりに高価でしたが、
  湿気も吸わないし、軽いし、暖かい)」

 「耳栓(米軍仕様?の200パックの箱入りを
  購入し、毎日使い捨てています)

 「テンピュールのアイマスク
  (完全遮光の睡眠環境が手に入ります)」

 「ブリーズライト(睡眠時、潤沢に酸素が
  供給されることとなります)」


 とともに眠りに就いています。



■さらに、冬場は

 「部屋全体を保湿するための加湿器」

 枕元を潤す

 「(ペットボトルを挿して使う)
  ミニ加湿器」

 そしてミニ加湿器は枕元に置いていて、
 布団が湿るので、それをガードするための

 「吸湿性抜群のバスタオル」

 といった一式を揃え、

 「環境を買う」

 ことによって深い眠りを手に入れました。

 (これによって風邪を引くこともありません)



■また、

 寝る直前、あるいは夜中、
 目が覚めた直後など、

 アイディアが出てきたときに
 いつでも瞬速でメモを取れるよう、

 枕元には大量のA4用紙と、

 「暗闇を照らすためのペンライト」

 を置いています。


 特にペンライトは、最もを使い勝手のいい

 (夜中につけてもまぶしくなく、
  適度な明るさで照らしてくれる)

 ものに巡り会うまでに3回買い換えました。
 医療用のペンライト。



■あるいはアイディアは
 いろんなところで降りてくるので、

 風呂場でもメモできるように

 「耐水性のメモ」

 も備え付けました。


 いずれもいずれも私にとっては
 着想を忘却せず、100%記録に留めるために

 「環境をカネで買った」

 という位置づけとなります。



■他には

 「職住近接(賃貸)」

 によって時間を購入していることも
 そうですし、

 「山手線の中における移動は
  原則すべてタクシーを用いる」

 ことも、より高い生産性をもたらす
 環境を購入するための投資です。



■あるいは、

 気分が最高潮に盛り上がり、アイデア爆発、
 一人でいてもサボる要素ゼロ、

 というテンションのときには

 「学んだり、思索したり、
  形にするためにホテルにこもる」

 こともあります。


 ホテルではお腹が空けば
 ルームサービスもとれるし、

 (騒音に対して
  神経質に過ぎる私でも大丈夫な)

 防音環境も完備されています。



■何かあってもホテルスタッフの人に
 お願いしたら対応してもらえるので、

 便利だし、何よりもやるべきことに
 集中できるのです。


 これも

 「環境を買う」

 一つの形態といってよいでしょう。



■以上に挙げたものは、

 私(鮒谷)が行っているほんの一例であり、
 まだまだあります。

 どこかで鮒谷流の生産性向上セミナーを
 したいくらいに。


 確かに相応のコストはかかりますが、
 こうした投資を行っていなければ、

 生産性は間違いなく

 「現在の10分の1以下」

 に減じられてしまうであろうことは
 間違いありません。


 だから以上に挙げたものは
 いずれも私にとっては

 「破格の買い物」

 だとおもっています。


 今日も人生とビジネスを楽しみましょう!


 【今日のピークパフォーマンス方程式】   ■人生を本気で変えたいなら「環境を買う」    ことを心がけると良いだろう。   ■人は無意識のうちに今いる環境に    規定されてしまう存在だからである。   ■環境を整え「仕組み化する」ことによって    人生に革命を起こすことすらできるのだ。   ■住居、移動手段を始め、睡眠環境、    メモを取る環境、電話のかけ方など、    環境改善できるポイントは無数にある。   ■特に自分一人で用意することが難しい、    「集中できる場」への投資は、    相応のコストはかかるけれども、得られる    リターンは計り知れぬほどのものとなる。

カテゴリ:



※現在、20万1602名が購読中。