毎日20万人が読んでいるビジネスコラム 平成進化論

日本最大級・毎日20万人が読んでいるビジネスメルマガ
「平成進化論」のバックナンバーをご紹介しています。

メールマガジン「見本」はこちら

5270号 「一回の労働に、繰り返しの価値を生ませる」この発想を持っていると...


■仕事をする上で大切にすべきは

 【一回の労働が、繰り返しの価値を
  もたらすシステム】

 を作ること。


 この観点を持ち、「正しく」仕事をしていくと

 【時間の経過とともに
  だんだんと楽に成果を出せる】

 ようになっていくでしょう。



■こうしたシステムの集積が
 ビジネスを強靱にし、

 あるいは個人の人生や生活を
 安定的なものにしてくれるのです。



■ひとつ、例を挙げるならば、


 私(鮒谷)は、この1年強の間に、

 自身のコンテンツを一つ、また一つと、
 ちまちま(?)積み上げてきました。

 加えて外部の講師の方にも講演をお願いし、
 その音源化も進めてきました。

 (まだリリースしていないものも
  複数あります)



■こうした考えを持ち、
 商品を作り、案内ページを制作し、

 あわせて、

 その商品の購入をご案内するための
 複数の(十数通から、ときに数十通に及ぶ)

 【なぜあなたがその音源を買うべきであるのか】

 をさまざまな角度から説明している
 商品案内のメールコンテンツ、

 これらを一つのパッケージとして、
 「量産」してきたということになります。



■わずか一年数ヶ月前から取り組み始めましたが、
 すでにこれくらいのコンテンツ総量(↓)になりました。


 <『平成進化論』セミナー音源ご案内ページ>
  https://shinkaron.buyshop.jp


 ※セット商品もあるので、一部重複はありますが、
  ここに出ているもので25商品あります


 こうして販売コンテンツを積み上げていくと、

 例えばここ数日のように、
 目標設定音源(第2部&第3部)を販売すると、

 それらの音源をお求めいただくのは
 ありがたいのことなのですが、同時に

 【合わせ買い、ついで買い、まとめ買い】

 的な購買を下さる方も現れます。

 (ありがとうございます!)



■言うまでもありませんが、こうした現象?は

 「販売している音源のみならず、
  他の音源も存在している」

 からこそ、起こること。

 (単一の音源しかなければ、まとめ買いなど
  起こりようがありませんね)



■ということは、逆にいうと、

 販売するコンテンツを
 時間をかけてコツコツ積み上げていけば、


 冒頭に記したように

 「一回の労働が、繰り返しの価値を
  もたらすシステム」

 へと進化し、


 さらには数ヶ月後、一年後、
 あるいは数年の後になっても、

 一度作った商品は、一定の割合で
 購入され続ける、

 「超安定したビジネス基盤」

 が構築されていくこととなるでしょう。



■このシステムをさらに強固にするために、

 例えば以下の

 「21日間メールセミナー」

 を作成いたしました。


 ---------------------------------

 <「あなたが今すぐ、音源販売しなければならない理由」
  21日間メールセミナー>

 ※ご登録はこちらから
 https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=IRnMgimcylT

 ---------------------------------


 もうすでに登録下さっている方もあれば、
 まだ登録されてない方もあるかと思いますが、

 一度、登録頂くと、登録された日を
 起点にして、21日間かけて、

 毎日1通づつ、メール形式のセミナーで

 【あなたがなぜ音源販売しなければならないか】

 の理由をお伝えしていくこととなります。



■こうしたメールセミナーも、

 一度作ったら、来年、登録くださった方も、
 一話目から順に送付されるという

 【一回の労働が、繰り返しの価値を
  もたらすシステム】

 です。


 こうしたシステムを準備しておいた上で
 もし、

 「私も音源販売を始めてみよう」

 と思われる方がいらっしゃったら、

 そのメールセミナーに記載されている
 下記サイト、


 ---------------------------------

 【鮒谷周史の「圧巻!あなたが今すぐ、
  音源販売をしなければならない11の理由」セミナー音源
  (ショートコンサル付き)】

  https://shinkaron.buyshop.jp/items/9700274

 ---------------------------------

 【鮒谷周史の「圧巻!あなたが今すぐ、
  音源販売をしなければならない11の理由」セミナー音源
  (コンサルなしの、音源のみ)】

  https://shinkaron.buyshop.jp/items/6332255

 ---------------------------------



 を登録頂ければ、

 「読み進めていくうちに、その気になり(笑)
  お求め下さる方も出てくる」

 という形になるわけです。



■こうして一つの音源を作り、
 販売サイトを制作し、

 その商品の購買を誘発する案内文を
 完成させれば、

 これはもはや一つの

 「収益をもたらし続けるシステム」

 となるでしょう。



■音源販売を始めてからのメルマガは
 いずれもいずれも

 「各音源についてのメールセミナーに
  展開するためのコンテンツ」

 というつもりで書いてきましたので
 やがては販売する全ての音源について

 「十数通から数十通、ときに百通を
  超えるであろうメールセミナー化」

 がされることとなります。



■この態勢を整えた後に
 メールセミナー登録を促す広告を行うと、

 最終的には、ビジネスが完全自動化され、

 私(鮒谷)が死ぬまで、
 いや、下手をしたら死んでも!?

 収益をもたらし続けてくれる
 こととなるはずです。

 (音源ビジネスのゴールイメージです)



■しかも、たとえば、

 同じく継続的な収益をもたらしてくれる
 不動産投資には、

 莫大な初期費用がかかりますが
 (なので不勉強な素人がノリで始めるのは危険)

 このシステムは

 「初期費用は限りなくゼロ、
  リスクは極小で、リターンしかない」

 ビジネスです。

 広告を打つといったって、音源の売り上げを上限と
 する原資とすれば、リスクゼロ。



■私は大々的に不動産投資ができるほどの
 財力もないので(泣)

 これを私はこれから

 「音源販売システム」

 を一つ一つ、ちまちま作り上げては、
 積み上げて、最終的には

 「100の単位の音源販売システム」

 を作りあげるつもりです。



■分かりやすいように、
 (僭越ながら)私個人の例をお伝えしましたが、


 こうした思いを持って、
 意識して仕事を続けていく人と、

 システム作りの発想を持たず、
 ただ漫然と目の前の仕事に取り組んでいる人、


 との差は自ずから大きく開いていくことが
 なんとなくでもお分かりいただけないでしょうか。



■ここまでお読み下さり、

 「それはまずい!」

 と思われた方がいらっしゃったなら、


 下記の音源(↓)をお聞きいただければ、

 (あなたが音源販売をされる、されないに
  かかわらず)

 こうしたビジネス的な発想も
 磨かれるのではないかと思っています。


 ---------------------------------

 【鮒谷周史の「圧巻!あなたが今すぐ、
  音源販売をしなければならない11の理由」セミナー音源
  (ショートコンサル付き)】

  https://shinkaron.buyshop.jp/items/9700274

 ---------------------------------

 【鮒谷周史の「圧巻!あなたが今すぐ、
  音源販売をしなければならない11の理由」セミナー音源
  (コンサルなしの、音源のみ)】

  https://shinkaron.buyshop.jp/items/6332255

 ---------------------------------




■ちなみに、当音源をお聴きくださった、

 アンサーズ法律事務所を経営されている
 弁護士の荒木俊和さんから、

 以下のようなご感想を頂戴いたしました。

 ※音源販売される予定もないのに
  お求めくださったとのことでした(笑)


 ぜひ音源の内容をイメージするための
 ご参考としていただければと思っております。


 (ここから)
 ---------------------------------


 この度は

 「あなたが今すぐ、音源販売を
  しなければならない11の理由」

 を購入させて頂きまして
 ありがとうございました。


 最初この音源のご案内を頂いたときは
 音源を販売するような予定も考えもなかったため、

 「特に必要ないな。」

 と思っていたのですが、

 パブロフ化されてしまってせいか(笑)、
 ついつい購入してしまいました。


 さはさりながら内容を拝聴すると
 単に音源販売に特化しただけの内容ではなく、

 コンテンツ制作や営業にまつわる気づきを
 多く得ることができました。


 まず、コンテンツ制作にあたっての
 基本的な考え方においては、

 「世界観から処世訓につなげる」

 というお話をされていました。


 これを言い換えるとすれば

 「テクニック論だけでは
  ニーズが十分に開拓できないものであり、

  その背景にある考え方を持ったコンテンツを
  作る必要がある」

 ということと理解しました。


 これまでセミナーなども何度か開催していましたが、
 この点が十分に意識できておらず、

 専門的な内容のみをお伝えしていたような
 ところもあったため、

 今後のコンテンツ制作にあたっては世界観を
 伝えることも意識していきたいと思いました。


 また、単価の設定にあたっては

 「抽象度の高いコンテンツは高額になり、
  具体的な内容のコンテンツは安くなる」

 という発想も新たな気付きでした。



 営業(販売促進)に関するお話としては、

 「安いと思っているものを
  高く売ろうとするのではなく、

  高いと思っているものを
  安く売ろうとする」

 という基本的な考え方を持つべきである、
 という部分が印象に残りました。


 その前提としては自分のやっている仕事や
 自分の持っている知識や知恵が、

 どの程度の価値を持つものであるか再評価する、
 客観的な基準を持つ必要があることになります。

 これはコンテンツビジネスに限ったことではなく、
 日々の業務にも意識していかなければ
 ならないことだと感じました。



 音源の売り方に関しては、

 「花が動いてどうする、待つの!」

 というお話が心に刺さりました。


 どんなものでも人に売るということは簡単ではく、
 当初想定していたスタイルを崩して値下げしたり、

 販売の対象をむやみに広げて
 売りに行ったりすることをしがちですが、

 それをやってはならないことを
 再認識しました。


 コンテンツのコンセプトを確立させて
 その説明を尽くし、

 あとは「待つの!」の心構えを
 持たなければならないのだと思いました。



 今回の音源を拝聴して
 音源を販売してみたいと思い始めたところ、

 運よく近いところでセミナーを
 開催する予定があったので、

 試しにこのセミナーで録音を行い
 音源販売をやってみようと思います。


 この度は数々の気づきを頂きまして
 ありがとうございました。

 今後も新しい音源を楽しみにしております。


 (アンサーズ法律事務所 弁護士
           荒木 俊和さま)


 ---------------------------------
 (ここまで)


 荒木さん、長文のご感想、ありがとうございます!



■荒木さんがお書き下さっている通り、
 当音源は

 「具体的な音源販売の方法の伝達」

 に留まらず、というよりもむしろ、

 「商売の本質」

 についても、熱く語っていますので、


 本当のことを言えば

 「音源販売と無関係だし、
  そんなビジネスは行うつもりがない」

 という方であってでも、
 十二分に学びを得て、元を取って頂ける、

 そんなコンテンツであると確信しております。



■あなたも

 【一回の労働が、繰り返しの価値を
  もたらすシステム】

 を作り、

 【時間の経過とともに
  だんだんと楽に成果を出せるビジネス】

 を構築したいと思いませんか?


 もし、そのように思われるなら、
 きっと以下の音源がお役に立つはずです。


 ---------------------------------

 【鮒谷周史の「圧巻!あなたが今すぐ、
  音源販売をしなければならない11の理由」セミナー音源
  (ショートコンサル付き)】

  https://shinkaron.buyshop.jp/items/9700274

 ---------------------------------

 【鮒谷周史の「圧巻!あなたが今すぐ、
  音源販売をしなければならない11の理由」セミナー音源
  (コンサルなしの、音源のみ)】

  https://shinkaron.buyshop.jp/items/6332255

 ---------------------------------




 今日も人生とビジネスを楽しみましょう!


 【今日のピークパフォーマンス方程式】   ■一回の労働がその一回限りで終わらず、    繰り返しの価値をもたらすシステム、    を作ることを意識して仕事することが    大切だ。   ■こうした発想を持って仕事をする人と、    そんなことを一切考えることなく、ただ、    目の前の仕事をこなすだけの人とは、    自ずからその差は大きく広がっていく。   ■繰り返し価値をもたらすシステムを    積極的に作り、増やし続けていくことで、    ビジネスはさらに強靱になり、個人の    人生や生活も安定的なものとなるだろう。

カテゴリ:



※現在、20万1602名が購読中。