毎日20万人が読んでいるビジネスコラム 平成進化論

日本最大級・毎日20万人が読んでいるビジネスメルマガ
「平成進化論」のバックナンバーをご紹介しています。

メールマガジン「見本」はこちら

5256号 【 人生100年時代においては、今すぐ日記をつけるべし 】

■お客さまよりお寄せ頂く感想が

 「当社ビジネスの生命線」

 であると思っています。


 この量、ならびに、
 そこに込められている思いから、

 「当社が世の中に提供している
  (定量的&定性的な)価値の計測」

 ができると考えているからです。



■マーケティングの勉強をしてきた方であれば、
 きっと一度や二度は

 「お客さまの声」

 を集めたら、
 ビジネスが上手に回るようになりますよ、

 といった話を聞くことがあったと思います。


 もちろん、それはそうなのですが、

 「ただ、とりあえず、
  客の声さえ集めておけば良いんだろ」

 的な理解では良くないよ、

 ということは声を大にして
 お伝えしておきます。



■確かに、

 「お客さまの声」

 を集めたら、
 ビジネスは上手に回るようになるでしょう。


 でもそれは、

 「ただ、それを集めれば、そうなる」

 ということではなく、


 「熱いご感想を、

  圧巻のボリュームで頂戴できるくらいに、
  お客さまに価値提供できれば、

  結果として、
  お客さまの声を頂戴できるようになる。


  こうして頂戴したお声を未だ、
  当社とご縁のない方にお届けすれば、

  それは能力や実績や価値を理解頂くための
  何よりの証拠、証明となり、

  より一層、ビジネスが回るようになる」


 ということです。



■もちろん

 「お客さまの声を集めれば、
  商売繁盛する」

 のは正しいことですが、

 大切なのは、その後ろ側でどういう
 メカニズムが働いて、

 商売につながっていくのかを理解すること、

 なのではないでしょうか。



■ちなみに私(鮒谷)は、

 「音源を販売したら、ハイ終わり!」

 「売り上げ上がって、ハッピー!ラッキー!」

 で終わらせるつもりはなく、


 お求め下さった方に対して、

 (物理的な制約はあるかもしれませんが、
  資源の許す限り)

 死ぬまで、価値提供していきたいと
 考えています。


 もちろんこのメルマガも、そうした思いを
 具現化させる取り組みの一環です。



■そんな思いから、

 約1年前の発売日より、
 3ヶ月前までに

 「日記放談会音源」

 をお求め下さった方に対して、


 「音源を聴き、日記を書き始め、
  その後の変化はいかがでしたか?

  そして実践を通して出てきたご質問は
  ありますか?

  あれば、その全てに対して回答いたします」


 というご案内をお送りさせて頂きました。



■、、、すると、

 驚くほどの数の、
 熱いご感想を頂戴することとなりました。

 (皆さま、ありがとうございました!)


 以下がそのご感想となります。


 ---------------------------------

 【鮒谷周史の、

  「圧巻!転落続きの人生が、
   日記を書いたら蘇生した話」

 音源をお聴きになり、
 3か月~1年経過してのち、頂戴したご感想集】

 https://ssdlfiles.s3.amazonaws.com/180131_testimonials_nikki_after.pdf

 ---------------------------------


 熟読したら、ゆうに1時間はかかるであろう
 くらいの膨大な分量がありますが、

 ぜひ、ご覧(というか、熟読)してみて下さい。


 私(鮒谷)がメルマガで、
 下手なことをあれこれ話をするよりも、

 実体験を伴う、臨場感あふれる記述から
 たくさんの気付き、学びが得られるはず。



■合わせてご質問もたくさん頂戴しております。

 https://ssdlfiles.s3.amazonaws.com/180202_nikki_questions.pdf


 その数、実に100個ほども。

 (想定外の多さで、
  どうしようかと思案しています)


 一つの質問に1分づつでも約2時間、
 3分づつなら6時間ほどもかかってしまいます(汗)

 お送りくださった皆さま、必ずお答え
 いたしますので、今しばらくお待ち下さいませ。



■これを読んだら、日記を書いていない方は、

 「日記を書いていないことによって
  自身の気づかぬところで、

  知らず知らずのうちに、
  とてつもない損失を蒙り続けていた」

 という事実を知ってしまって、
 愕然とされるかも、、、



■まさか、メルマガをお読み下さっている方に
 そんな方はいらっしゃらないと思いますが、

 万一、いまだ日記を書いていないよ、、

 という方がいらっしゃたら、
 遅くはありません。

 なんといっても今日が一番、
 若い日なのだから。

 仮に100まで生きたなら、
 あと何年ありますか?



■この音源

 【鮒谷周史の圧巻!「転落続きの人生を、
   日記を書いて蘇生させた話」放談会音源】
  https://shinkaron.buyshop.jp/items/5955812

 を聴いて、

 ぜひ今日から、あるいは明日からでも、
 日記をつけてみて下さい。



■ちなみに、
 このご感想集に登場されている皆さまは、

 (一部、例外の方(=それよりも前から、個人的に
  日記を記されていた方)はいらっしゃいますが)

 ほとんどが日記を書き始めて
 3ヶ月ないし1年ほどしか経過していない方。


 そのくらいの期間、日記をつけるだけで、

 「かくも大きな変化が起きるのか」

 とご理解頂けると思います。



■ということは、あなたが今日、これから
 適切な形で日記をつけ始められたら、

 「3ヶ月ないし1年の間」

 には、必ず、同様の変化を自らの内に
 体感されることになるはずです。


 ※25年間、日記を書き続け、日記研究を重ねてきた
  私(鮒谷)が考えるところの、

  「適切な形での日記の書き方」

  は、以下の音源に、細大漏らさず、包み隠さず、
  お伝えしております。



■ことによると、

 あなたの人生を大転換させる、

 「これまでの人生において最大にして、
  最高の投資」

 になるのでは、
 とすら考えています(本気です)。


 ※お求めは以下より、ご購入後、
  すぐにお聴きいただけます。


 【鮒谷周史の圧巻!「転落続きの人生を、
  日記を書いて蘇生させた話」放談会音源】

 https://shinkaron.buyshop.jp/items/5955812




 今日も人生とビジネスを楽しみましょう!


 【今日のピークパフォーマンス方程式】   ■「お客さまの声」を頂戴することは    ビジネスの生命線と考えてみてはどうか。   ■熱い、たくさんの量のご感想を頂くことを    決意し、価値提供に邁進するからこそ、    お客さまの期待を超え続けるための努力を    惜しまなくなるだろう。   ■こうして実際に、質・量ともに充実した    ご感想を頂けるようになると、    それを見られた、未だお客さまになって    いない方も顧客化されていくこととなる。   ■これが最も正しく、美しく、無理のない、    ビジネスのあるべき姿ではなかろうか。

カテゴリ:



※現在、20万1602名が購読中。