毎日20万人が読んでいるビジネスコラム 平成進化論

日本最大級・毎日20万人が読んでいるビジネスメルマガ
「平成進化論」のバックナンバーをご紹介しています。

メールマガジン「見本」はこちら

5237号 【 「伝える力」は体験を増やすことによって強化可能な能力 】


■伝える力を強化するための方策として、

 「体験を増やす、
  見聞きする情報量を増やす」

 ことは一つの有効な手段となるでしょう。


 それらをストックしておくほどに、
 何かを伝えようとする際の

 「比喩創造能力」

 が増えるからです。



■自分自身の経験がベストですが、

 (それだけでは時間の制約があるので)

 他人の経験も、書籍や講演、
 あるいは他者との会話や対話を通して、

 「疑似的な体験」

 も貪欲に行っていくべきでしょう。


 こうした体験の蓄積によって、

 「(言いたいことがきちんと伝わるように)
  伝える力」

 が強化されていくのです。



■たとえば、昔のメルマガで


 <2344号 「形のない大学」を持つと学びが加速する>


 <2781号 フジツボを、こそげ落とす>


 <3640号 北斗の拳モードを発動できる場所を探せ>


 <4529号 「マスターベーション職人」と
  「本物の職人」の簡単な見分け方>


 <5230号 【 情報発信者は「ラーメン店主」のごとくであれ 】>


 といった記事を書いたことがあります。



■一番上の

 『「形のない大学」を持つと学びが加速する』

 という記事では、

 各分野のプロフェッショナルから
 直接教えを請うことが最高の学びである、

 ということについて伝えるために
 「形のない大学」という比喩を使っています。


 2番目の

 『フジツボを、こそげ落とす』

 という記事でいうならば、

 人間、安定してくると守りに入り、
 行動速度が鈍りがちである、

 という概念を伝えるために
 「フジツボ」という比喩を使っています。


 それ以降の記事についても詳述はしませんが
 同様の構造になっています。



■ここで重要なのは、

 概念や論理はそのままでは
 相手に咀嚼されにくいものでありますが、

 「五感で想像することのできる比喩は
  身体感覚を伴う」

 ため、より強い臨場感を持って、
 イメージしやすくなるので、

 理解が早くなるのです。



■言葉を換えれば、

 五感で想像できる比喩を生み出すためには
 自分が多様な経験をしたり、

 たくさんのことを見聞きする必要がある、
 ということです。


 学校に行ったことがあるから

 「形のない大学という比喩」

 を生み出せるし、


 フジツボを見たことがあるから

 「フジツボのたとえ」

 を作ることができるし、


 北斗の拳を見たことがあるから

 「北斗の拳のたとえ」

 を作れるし、


 マスターベーションを(以下自粛w)

 「マスターベーションのたとえ」

 を作れるし、


 ラーメン店に入ったことがあるから、

 「ラーメン店主のたとえ」

 を作ることができます。



■このくらいの話なら、

 そんなに珍しくもないし、
 みんな経験しているだろう、

 というたとえですが、

 (あえてそういう例を出しました)

 よりインパクトのあるたとえを作ろうとしたら

 普通の人がしていないような経験を
 している必要がある、

 ということです。



■こうして臨場感を伴わせる比喩を
 用いることができるようになれば、

 受け手により深い理解や共感をお渡し
 できるようにもなるでしょうし、

 そのメッセージを自分自身に向ければ、

 「『その気』を促す」

 という効果を得ることもできるでしょう。



■いつも私(鮒谷)は、
 このメールマガジンにおいて、

 「言葉の持つ力」

 についてお伝えしてきましたが、

 ある程度、抽象度の高い概念であっても
 比喩を用いた強力なイメージを渡すことで、

 感情を動かし、行動を促す力を
 生み出すことができるのです。



■私は、

 時々刻々につけている日記や
 日々、お送りしてきたメルマガにおいても、

 こうしたことを意識的に行っています。


 継続する、こんな取り組みによって

 「伝える力が強化されることとなる」

 と考えているからです。


 (繰り返しになりますが、
  上に5つ挙げたバックナンバーは

  そうしたいくつかの例と思って頂いて
  差し支えありません)



■以下の音源


 【鮒谷周史の圧巻!「転落続きの人生を、
  日記を書いて蘇生させた話」放談会音源】

 https://shinkaron.buyshop.jp/items/5955812


 においては、日記の書き方について

 「初級編、中級編、上級編」

 分けてお伝えいたしましたが、


 本日は、特に「上級編」でお伝えしたことの
 補足、あるいはフォローアップとして、

 本日のメールマガジンを
 認(したた)めさせて頂きました。



■既に音源をお聴き下さった方は、
 音源の内容を思い出しながら、

 今回の内容をお読み頂くと、理解がさらに
 深まるのではないかと思います。




 今日も人生とビジネスを楽しみましょう!


 【今日のピークパフォーマンス方程式】   ■伝える力を強化したいのならば、体験    (や疑似体験)を増やしてみてはどうか。   ■新たな体験をすればするほど、それだけ、    比喩創造能力が高まるからである。   ■五感に紐付いた比喩は高い臨場感をもって    イメージしやすくなるため、    より分かりやすく物事を伝えられる。   ■また、自らに対して比喩を用いると、    「『その気』の促進」    につながり、行動を促せるようにもなる。

カテゴリ:



※現在、20万1602名が購読中。