毎日20万人が読んでいるビジネスコラム 平成進化論

日本最大級・毎日20万人が読んでいるビジネスメルマガ
「平成進化論」のバックナンバーをご紹介しています。

メールマガジン「見本」はこちら

5227号 【 語ってみた。鮒谷がビジネス構築において意識している「3+1の観点」 】


■言わずもがなのことではありますが、
 商売、ビジネスの目的は

 「お客さまに価値を提供する」

 ことです。

 私(鮒谷)が価値提供を行うにあたっては、
 以下の4点をつねに意識しています。



■それは、

 --------------------------------

 1、解消しようとしている顧客の悩みの
   深さが相当程度、大きいものであるもの

   (=悩みが解消されたときの
     「救い」も大きいもの)

 2、商品を提供することによって
   悩みが解消される(潜在的な)人数が多い

 3、時間を経ても、陳腐化しない商品を作る

 4、標準化、パッケージ化が可能である商品を作る

 --------------------------------

 この4つの観点を意識しています。


 その目的を一言で表すなら

 【できるだけ深く、かつ、
  普遍的な悩みを捉え、

  それを極力、合理的・効率的に解消できる
  (=多くの方の深刻な悩みを解消できる)、

  そんな事業を組み立てたい】

 ということです。



■1~3の積が最大化される場所で、
 4によってレバレッジがかけられれば、

 「世の中の役に立ち、かつ、
  合理的・効率的に回る美しいビジネス」

 ができると考えて、
 その実現に向けて邁進してきました。



■ちなみに、

 上記の要因を切り分けると、
 「1~3」と「4」に分けられます。

 前者は商品作り、
 後者はマーケティング、セールス、

 に相当する話。


■前者、すなわち

 「真にお客さまの問題解決を
  助けることができる商品の開発」

 においては、

 「徹底した非合理の世界
  (現場主義、量稽古、地を這う努力)」

 を通り、理想的には

 「他の追随を許さないレベル」

 で、それを実現させることが必要だと
 私は考えています。



■実行するのはとてつもなく大変ですが、

 やり切った先には、多くの人が抱えている

 「多くの人に共通する、深い、
  そして最大公約数的な悩みを解消し、

  さらに時間の経過にも堪えうる
  (陳腐化しない)商品」

 を生み出せるようになるはずだからです。



■ここの世界に至るまでには、

 「リターンに見合わない、膨大な努力という
  一見して非合理ともいえる取り組み」

 が必要になるわけですが、
 ひとたび、その試練を乗り越え、

 「顧客の期待を超える、
  一定の閾値を超えた商品」

 を開発できれば、


 その商品の営業、販売において、

 「徹底した合理化・効率化を行い
  レバレッジをかけられる」

 ということです。



■これまでに何度か触れたこともありますが、
 私(鮒谷)が、

 膨大な件数の個別コンサルを行い
 (もちろん今も継続しています)

 その上で音源制作に入っていったのは
 以上のような理由から。



■最初に「1~3」を満たすための
 地道な努力を怠り、

 4だけを行っても
 ビジネスは最大化されません。

 (最悪、やればやるほど、
  悪評が立つこととなるでしょう)



■逆に1から3を徹底して行っても
 パッケージ化が行えず、

 永遠に個別コンサルティングを
 行っているだけでは、

 どうしても価値の提供先は限定されるので、

 より広く、多くのお客さまの
 お役に立つことができなくなるのです。



■だからこそ、

 これらの項目をしかるべき順番で
 推し進めることが大事と考えてきましたし、

 その考えは間違っていなかったと
 振り返ってみて思います。


 「戦略とは順序である」と言われますが、
 この順番でビジネスを進めていくことが、

 結果として盤石のビジネスを築く
 礎(いしずえ)になると考えてきたのです。



■言葉を換えれば、

 私(鮒谷)は不動産投資を、
 主たるビジネスとしては行っていませんが、

 こうしてリリースしていく各種音源が
 私にとっての

 「(安定的な収益をもたらしてくれる)
  不動産的なビジネス」

 となってきたということです。



■さらに別の言葉で説明するならば、

 「価値提供の基盤となる資産をリスクを取り、
  努力を重ねて作り出すことが、

  未来の安寧をもたらしてくれる」

 ということもいえるでしょう。



■より具体的に語るならば、もちろん

 「1~3の要件」

 を満たす商品として、

 これまでに、目標設定や日記、物語、
 極小リスク起業、

 などといったテーマについて放談した内容を
 音源化してリリースしてきました。



■今後、順次リリースしていく音源も
 原則として、

 上記の考えに従って
 ご案内をしていくこととなるはずです。

 あなたが今、ビジネスを行っている、
 あるいは今後、行おうとされているなら、

 以上を一つの考えるヒントとして頂ければ、
 との思いで今日のメルマガをお届けいたしました。




 今日も人生とビジネスを楽しみましょう!


 【今日のピークパフォーマンス方程式】   ■商売、ビジネスの目的はお客さまに    価値を提供することである。   ■この価値提供においては、    意識すべき4つのポイントがある。    1、解消しようとしている顧客の悩みの      深さが相当程度、大きいものである      (=悩みが解消されたときの        「救い」も大きいもの)    2、商品を提供することによって      悩みが解消される人数が多い    3、時間を経ても、陳腐化しない商品作り    4、標準化、パッケージ化が可能である      商品を作る   ■上記の1~3を満たした上で    4によってレバレッジをかけることで、    広く数多くのお客さまに    価値貢献ができるようになるだろう。   ■もちろんこれは一朝一夕に    可能になるものではないけれども、    ひとたび、こうした仕組みを構築できれば    将来に渡って価値を生む資産となる。

カテゴリ:



※現在、20万1602名が購読中。