毎日20万人が読んでいるビジネスコラム 平成進化論

日本最大級・毎日20万人が読んでいるビジネスメルマガ
「平成進化論」のバックナンバーをご紹介しています。

メールマガジン「見本」はこちら

5205号 【 見える人には見えていて、見えない人には何も見えない 】


■この10年ほど?の間に、
 急速に使われ出したものに

 「リテラシー」

 という言葉がありますね。


 この言葉の定義は、

 「読み書きをする能力や、
  与えられた材料から必要な情報を
  引き出し、活用する能力」

 といったものになるようですが、

 ※参考:コトバンク
     https://goo.gl/uxX8YE


 徐々に

 「◯◯リテラシー」

 という言葉が市民権を得つつある
 ようにも思われます。



■ぱっと思いつくだけでも、

 「メディアリテラシー」
 「ITリテラシー」
 「金融リテラシー」
 「科学リテラシー」
 「ヘルスリテラシー」

 などなど、以上は一例ですが、
 こんな風に、


 さまざまな分野における理解と、その分野に
 おける適切な意思決定を支えるための

 「リテラシー」

 が存在するわけです。



■これらと同様に、商売においても、

 「商売リテラシー」
 「起業リテラシー」

 が間違いなくあるように思います。


 ちなみに商売といっても
 ピンからキリまでありますが、

 特に私(鮒谷)にとっては


 「極小リスクで
  (過大なリスクを背負うことなく)、

  ほどほどの、といっても、
  平均的な所得の数倍から十倍、

  ないし、上限で数十倍程度の収益が上がる
  ビジネスを確度高く構築する」


 という分野において一定の自負があります。



■他の分野はいざしらず、
 ことこの分野においては、

 「一定の経験と知見(リテラシー)を
  持っている」

 と考えているということです。



■それぞれの世界における

 「リテラシー」

 について考えを巡らせるに、


 いずれの世界においても、

 「知っている人は知っているけれども、
  知らない人は全く知らない」

 あるいは、

 「見えている人には見えるけれども、
  見えていない人には全く何も見えていない。

  その上さらに、
  見えていないことに自覚がない」

 ということが往々にしてあるように
 思われます。



■たとえば、

 ITセキュリティの分野において、

 「見えている人」

 が当たり前のように行っていることでも、

 「見えていない人」

 は何の備えもなく、無防備のまま、
 ということがあるでしょう。



■健康の世界においても、

 「見えている人」

 にとっては、当然、行っていることも、

 「見えていない人」

 は様々な情報に振り回されて
 右往左往しているだけ、

 ということもあるかもしれません。



■金融リテラシーにおいても、

 「見えている人」

 は、

 期待値を見極め、高い利回りが期待される
 ところにのみ、厳選して投資し、

 着実にリターンを回収しているけれども、

 「見えていない人」

 は投機と投資の区別もつかず、

 投資のつもりで、ただギャンブルを
 やっているだけで、特に大損する、

 ということもありそうです。



■起業や商売の世界ににおいても
 全く一緒で、

 「見えている人」

 には、

 薄い氷の上を、
 飛び跳ねながら歩いている、

 そんな危なっかしいことをしている人が
 いれば、すぐにそれと分かるもの。



■逆に

 「見えていない人」

 は、その自覚なく、

 危険なところを飛び跳ねていて、
 たまたままだ踏み外してはいませんよ、

 というだけの話だったりするのです。

 (だから次の瞬間、バリンと氷が割れて、
  冷たい水の中に真っ逆さま、、、

  そんなこともあるわけです)



■昨日よりご案内させて頂いている、

 【鮒谷周史の圧巻!
 「極小リスク、ミドルリターン起業」放談会】

 は、起業志望者、起業入門者、
 起業初心者の方に向けて、


 「最低限、起業前に知っておかなければ、

  起業した瞬間、 即退場を命じられる、
  くらいに当たり前に知っておくべきこと、

  でも、学んでいない人は
  全く知らないこと」


 に特にフォーカスを当てて、

 長時間にわたり、思うところを徹底して
 お伝えしている放談会音源となります。



■これを聴くことによって、

 商売を一気に軌道に乗せる人も
 あるかもしれませんが、


 それよりもむしろ、
 こんなことさえ知らずに起業したら、

 「あっという間に死んでしまうんじゃね?」

 と思われる、

 「見えている人にとっては
  自明だけれども、

  見えていない人にとっては
  何も見えていない」

 そんな落とし穴について、

 これでもか、というくらいに
 お伝えしています。



■恐ろしいのは

 「見えていない人ほど自惚れ強い」

 それゆえ

 「見えていない人ほど、リスクを認識せず、
  暴走する傾向がある」

 というところ。



■あなたの専門分野においても、
 こうしたことが頻繁に起こっているのでは。

 なのに土俵(分野)を変えて、

 ど素人のあなた(ゴメンナサイ 汗)が
 起業するときには、

 それと全く同じことを、
 自ら、自覚なく行ってしまう、

 ということがあるのです。


 そんな陥穽にはまり込まないように、

 と、警鐘を鳴らしているのが
 今号のメルマガである、

 そんな風に理解して頂ければ幸いです。



■こうしたことを知らずに起業して
 ビジネス、ひいては人生を棒に振る、

 といった愚行(!?)を行われることなく、

 リスクを極小化し、
 リターンを最大にする方策について、

 ぜひ、この音源から
 学んでいただければと思っています。


 この音源を聴くことによって、
 最速で最低限の

 「起業リテラシー」

 を身につけて頂けること、請け合いです。



 -------------------------------------

 【鮒谷周史の、圧巻!
  「極小リスク、ミドルリターン起業」放談会音源】

 https://shinkaron.buyshop.jp/items/4931004


 ▼全収録時間:約282分(4時間42分)

 ▼価格:48,000円+税

  さらに、ご感想を頂戴できましたら、

  当社音源販売にてご利用いただける

  【 3,000円分の割引クーポン(6ヶ月間有効)】

  をご提供致します。


 <カード決済はこちらから>
 https://shinkaron.buyshop.jp/items/4931004


  <銀行振込でのお支払い、携帯オーディオプレイヤー版を
   をご希望の場合は、下記フォームからご注文願います>

 https://form.os7.biz/f/cb72cc22/


 【ご参考】
 <当音源をお聴きくださった方からお寄せいただいた
  80ページにおよぶご感想紹介>
 http://ssdlfiles.s3.amazonaws.com/170621_testimonials_kigyou.pdf

 -------------------------------------




 今日も人生とビジネスを楽しみましょう!


 【今日のピークパフォーマンス方程式】   ■どんな分野においても、    「リテラシー」を身につけているのと、    そうでないのとでは、    結果に大きな(時に致命的な)違いが    生まれるもの。   ■ある分野を理解し、実践するに際しては    「見えている人」    「見えていない人」    という両者が存在することを認識する    必要があるだろう。   ■その上で    「最低限、見えている人」    の側に入らなければ、行動を起こしても    ロクな結末にならない、    と理解しなければならないのである。   ■恐ろしいのは    「見えていない人ほど自惚れ強い」    というところ。    まずは当該分野のリテラシーを身につけて    から実践することで、    リスクを極小化し、    投資効果を最大化することを目指したい。

カテゴリ:



※現在、20万1602名が購読中。