毎日20万人が読んでいるビジネスコラム 平成進化論

日本最大級・毎日20万人が読んでいるビジネスメルマガ
「平成進化論」のバックナンバーをご紹介しています。

メールマガジン「見本」はこちら

5190号 【 お客さまの期待を裏切り続ける男(女)の末路はどうなるか 】


■私(鮒谷)はいつも、

 「顧客の期待を裏切り続けたい」

 と思っています。


 ここでいう

 「顧客の期待を裏切る」

 というのは、もちろん

 「(良い方に)裏切る」

 のであり、

 「(悪い方に)裏切る」

 ことではありません(念のため)。



■顧客の期待を良い方に裏切る
 (=顧客の期待を超える)

 ことを何度も繰り返すことに成功すると、


 やがてお客さまには

 「新しい商品を勧められるたびに
  購入することにしている」

 という状態に入って頂けるようになります。


 こうした

 「(やめられないとまらない~)
  かっぱえびせん状態」

 すなわち

 「(健全な)中毒状態」

 に入って頂くことこそが
 ビジネスの目的、

 といったら言い過ぎでしょうか。

 (それくらいまで徹底して、
  ハッキリとした価値をお渡ししたいもの、
  ということです)



■とはいえ、

 言うは易く行うは難し、で、
 この状態に入って頂くためには、

 「最低でも3~4回」

 くらいは、

 「顧客の期待を(良い方に)裏切り続ける」

 必要があります。


 この間にただの一度でも

 「顧客の期待を悪い方に裏切ってしまう」

 ことがあったなら、
 それまでの継続はゼロリセットされる、

 あるいは最悪の場合、
 二度と戻ってきて頂けなくなる、


 ことになるのです。



■だから、

 ビジネスを継続的に安定させようと
 思ったなら、


 一回一回の商品・サービス提供において
 真剣勝負で

 お客さまからの信頼を勝ち得て、
 関係性を深めていかなければなりません。



■そうした緊張感を持ち、

 のみならず、実際にお客さまに期待以上の
 価値を出し続けることを自らに課すのは、

 想像以上に大変なことではあります。


 もちろん私自身も、どこまで出来ているか
 甚だ心もとないところではありますが、

 その高い基準をクリアすることを目指し、
 それが実現されている限りにおいて、

 「安定的、さらには逓増的な
  売上が約束される」

 ことになると信じているのです。



■こうして

 「お客さまの期待を(良い方向に)
  裏切り続ける男(女)の末路!?」

 は、極めて明るいものとはるはずです。


 反対に

 「お客さまの期待を(悪い方向に)
  裏切り続ける男(女)の末路」

 は、

 常に新規を求め続けなければならず、
 それゆえひたすら疲弊することとなるでしょう。



■とはいえ、

 たとえ、そんな世界であっても
 身を置けるだけで幸せで、

 ほとんどの場合は、

 「ビジネスの世界から叩き出され、
  金輪際、帰ってこられなくなる」

 という厳しい幕切れを
 余儀なくされることでありましょう。


 商売に携わるもの全員が心すべきこと、
 ではないでしょうか。

 自戒を込めて。




 今日も人生とビジネスを楽しみましょう!


 【今日のピークパフォーマンス方程式】   ■お客さまの期待を裏切り続ける男(女)の    末路はどうなるか。   ■良い方向に裏切り続けられれば、    明るい未来が開けていくはずだ。   ■悪い方向に裏切り続ければ、    良くて、新規顧客開拓をひたすら追いかけ    続けるところから逃れられぬ生涯となり、    悪ければビジネスの世界そのものから    叩き出される、最悪の末路を辿るだろう。

カテゴリ:



※現在、20万1602名が購読中。