毎日20万人が読んでいるビジネスコラム 平成進化論

日本最大級・毎日20万人が読んでいるビジネスメルマガ
「平成進化論」のバックナンバーをご紹介しています。

メールマガジン「見本」はこちら

5181号 【 「会の主催」は高いテンションを保つためのシステム 】


■やる気、テンションを高める
 一つの方策として

 「会の主催者になる」

 ことが挙げられます。


 参加人数の多寡にかかわらず、
 会の主催者になるとは、

 「定期的に人前で話す」

 そんな機会を自らに設けることとなります。



■人前で話す、
 定例化された機会を設定すれば、

 以降、自らの意思と無関係に
 開催せざるを得なくなるから、


 もはや、

 「逃げられないイベント
  (=システム)」

 となります。



■人さまを迎える手前、

 やる気のない状態、
 テンションの下がった状態、

 で当日を迎えるわけにはいかないので、


 その日が近づいてきたら、否応なく、
 やる気、テンションを高めざるを得ないし、

 もちろん当日には、

 最大限のやる気を漲らせざるを
 得なくなるでしょう。



■こうしたことを実際に、日常的に
 行っている人は分かると思いますが、

 まさに、やる気、テンションが
 注入される感覚を覚えるもの。


 そんな機会を適切な頻度で
 設定することによって

 「(やる気、テンションが)
  落ちなくなる、さらには高まる」

 という状態を生み出せるようにも
 なるでしょう。



■私(鮒谷)であれば、

 日々、継続のコンサルやらセミナーやら、
 個別コンサルが、

 「波状攻撃のごとくに(!)」

 訪れるので、

 やる気、テンションを落とそうと思っても、
 落ちる暇がありません。



■ここまで読まれて、

 なるほど、
 自分もやってみようかな、

 と思われたあなたは、今、この瞬間に

 「エイヤ!」

 の気持ちで、

 小さな規模でも良いので、
 会を主催する決意を固め、

 のみならず、そのための第一歩を踏み出して
 みられてはいかがでしょう。



■どこかの段階で一歩踏み出さなければ、
 永遠にこうした環境を作ることはできません。

 こうした環境は自ら積極的に
 名乗りを上げなければ、

 永遠に手に入れられることはないのです。


 小さくてもいいので、
 まずははじめの一歩を踏み出してみる。

 その一歩が、やがて

 「自らのテンションを継続的に
  引き上げ続けてくれるシステム」

 へと発展していくことになるでしょう。




 今日も人生とビジネスを楽しみましょう!



 【今日のピークパフォーマンス方程式】   ■やる気、テンションを高めるためには、    人前で話す機会を定期的に設定するのが    最も効果がある。   ■こうした機会を定期的に設定することで、    やる気、テンションが高い状態で安定し、    落とそうと思っても、落ちなくなる    「システム」へと昇華されるのだ。   ■もし、そういった状況を手に入れたいなら    まずはどんな小さなものでもいいので、    今すぐ、人前で定期的に話す会を、自ら    設定してみてはどうだろう。   ■そんなはじめの一歩が、やがて    「自らのテンションを継続的に     持ち上げ続けてくれるシステム」    へと発展していくこととなるだろう。

カテゴリ:



※現在、20万1602名が購読中。