毎日20万人が読んでいるビジネスコラム 平成進化論

日本最大級・毎日20万人が読んでいるビジネスメルマガ
「平成進化論」のバックナンバーをご紹介しています。

メールマガジン「見本」はこちら

5169号 【 お客さまの「お金がない」の言葉は信用すべからず 】


■商売において、
 留意したいことがあります。


 それは、お客さまが言われる

 【お金がない】

 は、

 そのまま受け止めるのではなく、
 一旦、留保して

 【お金を出す気にならない】

 だけではないか、

 と疑うべきであるということです。



■もちろん、本当に経済的に厳しく、

 「買いたくても買えない」

 という方が一定割合でいらっしゃるのは
 いうまでもありません。


 ただ、実はそれよりも、
 お金がないわけではないのだけれども、

 自社が提供しているサービスに対する
 優先順位が低く、

 (=自社サービス以外の
  さまざまな優先すべき支払先があり)

 後回しにされてしまって

 【お金がない】

 と言われているだけ、

 ということが往々にしてあるのです。



■商売とは、そもそもが

 「お客さまのニーズに合致した
  商品・サービスを提供する」

 営み。


 とはいえ、

 既に顕在化しているニーズを取り合うのは
 血まみれ血みどろのビジネスとなるから

 「愚の骨頂」

 です。



■なにより、そんな商売をしていては
 誇りも何も生まれません。

 そもそもが
 差別化できない商品なのだから、

 営業活動を行うほどに、自尊心が
 毀損されてい一方となるでしょう。



■決してそんな世界で戦ってはならず、

 お客さま自身が気づかれていない
 潜在需要を掘り起こし、

 自社の商品がその需要に対して、

 どのような役割を満たせるかの
 説明責任をきっちりと果たし、


 期待値を高め、
 優先順位を引き上げ、

 最後には、他の商品やサービスの購入を
 差し置いても買わずにおれなくなるところまで、

 感情を導くことができたとき、
 そこではじめて売り上げが立つのです。



■以下、一例を挙げてみますね。

 昨日のメルマガで

 ----------------------------------------

 【3日間セミナーフォローアップ音源・全6巻セット
  (本日23時までの期間限定で10%OFF)】

  https://shinkaron.buyshop.jp/items/5005270

 ----------------------------------------

 この音源を販売するために
 お届けした内容を、

 簡潔にまとめると以下の流れとなります。


 (ここから)
 --------------------------------------


 【圧巻の成果を上げるためには
  膨大な行動量が必要で】

 膨大な行動量を生み出すためには

 【大小織り交ぜての、膨大な試行錯誤を行う
 「行動のタネ」となるアイデアの創出】

 が必要となる。


 そのためには

 【優秀な外部の知恵に「触媒的な役割」を与え、
  活用することによって

  自らの内に眠っている、
  各種資源のポテンシャルを顕在化され、

  アイデアが陸続と生まれてくる】

 そんな環境を用意する必要がある。


 →そのためには、たとえば「音源」を
  活用するのも一つの手かもしれませんね。

  音源は「外部の知恵としての触媒」の
  役割を果たすものとしても機能します。

  音源を聴いて、大量にアイデアを創出し、
  あなたも大量行動で圧巻成果を出しましょう。


 --------------------------------------
 (ここまで)


 これなどはまさに


 「お客さま自身が気づかれていない
  潜在需要を掘り起こし、

  その需要を満たす自社商品
  (この場合は音源)がありますよ)」


 という説明責任を果たしたことも、

 「価値創造の一例」

 として挙げられるかと思います。



■間違いなく、こんな価値

 (音源を、具体的なタスクを創出するための
  外部刺激として活用できるというかち)

 は、

 売っている側から言われないと
 絶対に気づけない、

 【(未だ顕在化していない)潜在ニーズ】

 です。



■だからこそ、

 売っている側が積極的に、
 自社商品に内蔵されている

 【(未だ顕在化していない)
  潜在ニーズを満たす機能】

 を一つ、また一つと
 説明していく必要があるし、

 そのたびに、
 みんながみんなではないにせよ、

 【その価値に気づかれた一部の方が
  気づいた都度、お求めになられていく】

 ことともなるのです。


 この流れ、成り行き、営みこそが

 「マーケティングの本質」

 であると考えています。



■こうした

 「売るために売る(=押し売り)」

 ではない、

 「説明責任を通しての販売」

 が永続的に行われるようになれば、

 【もはや、売っているのではなく、
  売れている】

 そんな状態に入ることでしょう。



■だからこそ、この音源

 ----------------------------------------

 【3日間セミナーフォローアップ音源・全6巻セット
  (本日23時までの期間限定で10%OFF)】

  https://shinkaron.buyshop.jp/items/5005270

 ----------------------------------------

 も、以上の流れに響いたお客さまが
 自らの意思で、

 陸続と!?お求め下さっているわけです。

 ※あと7時間でキャンペーンは終了するわけですが。



■、、、こうした状態を作るのが本当の仕事であり、

 ここまでやってこそ、お客様に対する
 真の価値創造といえるでしょうし、

 日々、こうした活動に邁進することこそが
 仕事をする上での最大の喜びともなるのです。



■いつも書いている通り、

 「どうやって売ろうか」

 ではなく、

 「どうやったら、お客さまが
  買わずにおれなくなるだろう」

 この問いを徹底的に追及することが、


 お客さまにとっての

 「買ってよかった」

 の価値創造の源となる、ということですね。


 ぜひ、こうした考えを、今後のあなたの
 ビジネスに活かして頂ければと願っております。



■ちなみに、ここに記したような

 【商売における基本中の基本】

 は、以下の起業音源においても
 徹底的にお伝えしておりますので、


 もし、まだ、万一(!)
 お聴きになられていない方がいらっしゃれば、

 こちらも合わせて
 参考にしていただければと思います。

 ----------------------------------------

 【鮒谷周史の、圧巻!
  「極小リスク、ミドルリターン起業」放談会音源】
  https://shinkaron.buyshop.jp/items/4931004


 <当音源をお聴きくださった方から
  お寄せいただいた80ページに及ぶご感想紹介>
 http://ssdlfiles.s3.amazonaws.com/170621_testimonials_kigyou.pdf

 ----------------------------------------




 今日も人生とビジネスを楽しみましょう!



 【今日のピークパフォーマンス方程式】   ■お客さまの「お金がない」の言葉を    必要以上に信用してはならない。   ■なぜなら、あなたが販売している商品より    優先順位の高い商品があり、    その商品の購買のために、手元のお金が    引き当てられているだけ、    というケースが往々にしてあるからだ。   ■もし、あなたの販売している商品に、    他社商品を上回る高い価値があり、    それをあなた自身が確信しているのに    お金がないと言われたら、    多くの場合、それはただ、説明責任を    きっちりと果たしていないだけである。   ■きっちりと「なぜ、あなたはこの商品を    買わなければならないか」を理解頂ければ    商品は、販売しなくても自ずから売れて    いくものだ。   ■重要なのは、未だお客さまも気づいて    いない潜在ニーズを発掘し、    そのニーズを過不足なく満たす商品は    ここにしかない、    と分かってもらえるように説明すること。   ■これを無意識で実行できるようになれば、    あなたも圧巻セールスの仲間入り。

カテゴリ:



※現在、20万1602名が購読中。