毎日20万人が読んでいるビジネスコラム 平成進化論

日本最大級・毎日20万人が読んでいるビジネスメルマガ
「平成進化論」のバックナンバーをご紹介しています。

メールマガジン「見本」はこちら

5164号 【 そこにシワがあるから...エクストリームな人のエクストリームな日常 】


■世に

 「好事家」

 という言葉があります。


 ※「こうじか」と読む人が少なくないようですが、
  「こうずか」と読みます(念のため)。

 ※変わった物事に興味を抱く人。物好きな人。
  また,風流を好む人。

  「 -向きの品」 「 -の手になる研究」(三省堂大辞林)



■これからの世の中で評価され、
 活躍するためには

 「好事家的精神」

 が必要ではないかと考えています。


 今の世の中は、ネットの普及もあって

 「これ以上ないほど、
  能力その他の透明化」

 が進んでいるわけですが、

 そんな世の中になればなるほど、
 中途半端な人は評価されなくなる。



■ならば、

 徹底的に偏る、傾(かぶ)く、
 数奇者になる、傾奇者になる、

 的なこだわりがあっても良いのでは
 ないでしょうか。


 それによって目立つようになるし、
 希少性による評価もされるし、

 なにより当人にとって

 「三度の飯よりそれが好き」

 であり、同時に

 「他の人にとっては、とてもじゃないけど、
  あんなことはできない(し、やりたくもない)」

 という空間を見つけることができれば、


 まず当座の生活は安泰となるだろうし、
 それよりも幸福感に満たされながら、

 「仕事?遊び?」

 に没頭・没入できるのだから、
 いうことなさそうですね。



■今の時代にあっては、

 どんな「希少種」であっても、
 ネットがあるから、然るべき発信を行っていれば、

 たとえマニアックな趣味であったとしても

 「好事家は好事家同士で、
  やがては群れ集まる傾向にある」

 わけなので、

 たとえそれが少ない人数であったとして
 決して孤立することはありません。



■どころか、

 その傾奇具合や数寄具合によっては、

 思わぬほどの高い評価を受けたり、
 経済的に報われるようになるのも、

 珍しいことではありません。



■たとえば、その昔、

 「日経最終ページの文化面」

 において、松澤等さんと方の存在を知りました。


 (以下、ウィキペディアより引用)
 --------------------------------------


 松澤等(まつざわひとし・Hitoshi Matsuzawa、
 1969年1月8日 - )は、

 山などの自然環境下やスポーツなどに
 アイロン掛けを取り入れる新興系Xスポーツ

 「エクストリームアイロニング(Extreme Ironing)」

 の日本代表組織「エクストリームアイロニングジャパン
 (Extreme Ironing Japan)」の代表者かつ第一人者。

 千葉県船橋市生まれ。


 類稀なる身体能力を武器に、富士山頂や相模湾海底、
 サーフィン、カヌー、バンジージャンプ時などにおける、

 アイロンの熱源を確保した本格的なアイロン掛けを敢行。


 スポーツとの融合や、世界大会を意識した競技として
 行う派手でアクロバティックなアイロン掛けは、

 あくまでもこの行為をスポーツと認知してもらうための
 ひとつの手段に過ぎないと彼は考えている。


 本来は登山という行為にふりかけるスパイス的な要素として、
 日常の家事として行う普通のアイロン掛けを、

 自らの足で到達した山頂にて独り静かに行うことこそが、
 この行為における唯一の本質であると彼は主張している。


 現在、俳優の藤岡弘、を師と仰ぎ、アイロン掛けに
 武道の精神を取り込んだ

 「究極のアイロン掛け」

 の開拓・世間への浸透に取り組んでいる。

 家事をしない男に警鐘を鳴らす活動を通じ、世間への

 「男のアイロン掛け」

 という言葉の定着化を目指している。


 なぜそうまでしてアイロンを掛けるのかとの問いに

 「そこにシワがあるから」

 と語った。


 --------------------------------------
 (ここまで)



■なぜそうまでしてアイロンを掛けるのかとの問いに

 「そこにシワがあるから」

 と答えられたという下りにはグッときました。


 私と同じように、この記事に反応した人の
 ブログを見つけましたのでご紹介。


 <エクストリームアイロニング>

 http://t5blog.waveformlab.com/2008/03/296.html


 <YouTubeも!>

 https://www.youtube.com/watch?v=YbvaSudIiqE

 https://www.youtube.com/watch?v=mfmKkqLzHLk


 <こんなのも見つけた>

 http://www.keirin-saitama.jp/exiron/index.html



■笑っちゃいけないけど、
 思わず笑っちゃいました(ゴメンナサイ、、)。


 特にこの動画とか。
 https://www.youtube.com/watch?v=mfmKkqLzHLk


 ここまでやりきれば、
 耳目も集まり、人も寄ってくる。

 ※実際に私もこうして紹介しています



■こういう分野を開拓できれば、

 自分の趣味なのだから楽しく、
 かつ、社会的な評価(?)も得られ、

 経済的にも色んな形で報われてくるのでは、
 と思うのです。



■一人ひとりがこうした「ニッチ」を見つけ、
 あるいは創造することで、

 もっと毎日が楽しく幸せになれるのではないか、
 そんな風に思わずにおれませんでした。


 お会いしたことはありませんが、
 松澤さんのご活躍を知るにつけ、見るにつけ、

 私(鮒谷)など、まったく

 偏り方が足りん、
 傾(かぶ)き方が足りん、

 と大いに反省させられた次第です。




 今日も人生とビジネスを楽しみましょう!



 【今日のピークパフォーマンス方程式】   ■今の時代は、中途半端なオールマイティ・    プレイヤーよりも    「好事家」「傾奇者」「偏執者」    こそが耳目を集め、価値を生む時代。   ■その他大勢に紛れるくらいなら、    どんなニッチで極端な分野であっても、    自分が異常レベルで没頭でき、    他の追随を許さぬ世界を切り拓けば、    経済的にも報われ、幸福感もいや増す、    といったことも考えられないか。

カテゴリ:



※現在、20万1602名が購読中。