毎日20万人が読んでいるビジネスコラム 平成進化論

日本最大級・毎日20万人が読んでいるビジネスメルマガ
「平成進化論」のバックナンバーをご紹介しています。

メールマガジン「見本」はこちら

5140号 【 仕事を苦役、作業と捉えてしまっている人が行うべき、たった一つのこと 】


■先日、何だったかの本で、仕事には

 「labor」

 と

 「work」

 と

 「play」

 の3種類がある、という話を読みました。

 なるほど、です。



■同じ仕事でも、


 「苦役(奴隷仕事)」

 と

 「作業(割り当てられた仕事)」

 と

 「遊び(当人は遊んでいるつもりの仕事)」


 の3つがあるということですね。



■自分が今、行っている仕事が
 どの種類の仕事であるのか、

 この視点から一度、
 考えてみられても良いかもしれません。


 そして目指すべきは

 「play(遊び)」

 としての仕事ではなかろうかと。



■生活のために働く、
 という目的では主体性が発揮されず、

 自分の潜在能力が120%、
 開花されるということはありえません。


 「人生をかけた遊び」

 だからこそ、

 「もっと、もっと、もっと、もっと、、、」

 という飽くなき向上心も湧いてくるし、

 その向上心が創意工夫や努力を促し、
 忍耐力を涵養してくれるのではないでしょうか。



■私(鮒谷)はおかげさまで、
 起業してこの方、十数年ずっと、

 「人生をかけた遊び」

 を続けられてきたと思っています。


 例えるならば、

 「毎日、背伸びし続けてきたようなもの」

 です。


 どんなポテンシャルに乏しい人間であっても、

 それなりの年数、
 ずっと背伸びし続ければ、

 「否応なく、成長を遂げざるを得なくなった」

 というのは間違いないように思います。



■そんな

 「仕事を遊びモードで楽しむ」

 ようになるためには、


 やっぱり

 「人生における目標」

 がなければならず、

 目標達成のために、
 可処分時間のかなりの部分を投じている仕事を

 「個人的な目標達成に紐付けて、
  創意工夫と継続力を味方につけて邁進する」

 ことが必要になるのではないでしょうか。



■ここにおいて、

 どんな仕事からでも学びを得ようとする
 心的態度も生まれるし、

 実際にその姿勢から

 「一を聞いて十を知る」

 高速学習が始まるようになるのです。


 (目標を持たぬ人は、何の問題意識も生まれないから、

  「十を聞いて一も知ることができない」

  ことになる)



■つまるところ

 「人生を賭けるに足る目標」

 を設定するところから

 「人生、仕事を遊び化する」

 ことが始まるのではないかと思いますし、


 逆に言えば、

 目標(大志、待望、野望、野心)がなければ、
 どこまでいっても

 「受け身、受動的な人生や仕事」

 にしかなりませんから、
 どうしたって

 「labor」「work」

 にしかならぬのは理の当然。



■もし仮に、

 「仕事がつまらない」

 と言っている人があったとするならば、
 それは今の仕事がつまらないのではなく

 「今、行っている仕事と自分の人生に
  リンクを張ることができず

  (=意味づけることができず)

  やらされ感しか感じられないから、
  仕事が楽しくないだけの話」

 です。



■可処分時間の5割も6割も、
 人によっては7、8割も投じている仕事に対して

 「つまらない」

 という感情を持ってしまっているとするならば、
 そもそもまず、

 「自分が人生をかけて向かうべき目標が
  明確に定まっているか」

 を自問自答するべきでありましょう。



■これがなければ、

 「浮草のような人生」
 「流れ流されの人生」
 「成り行き任せの人生」

 となり、主体性も発揮しようがなく、

 「やらされ感しか出てこない」

 から仕事が楽しくなくなるのです。



■なので、

 仕事を遊びのごとくに
 楽しめるようになりたいのであるならば、


 【鮒谷周史の「圧巻!目標設定&目標達成」放談会
  &<フォローアップ編>&<Q&A>音源3本セット】

  https://shinkaron.buyshop.jp/items/5162715


 こちらをお聴き下さい、と
 以前よりお伝えしてきたわけでありました。


 ※以下はご参考までに。

 <目標設定音源 本編をお聴きくださった方から
  お寄せいただいた377ページにおよぶご感想紹介>
 http://ssdlfiles.s3.amazonaws.com/170412_testimonials_mokuhyou.pdf

 <目標設定音源 フォローアップ編をお聴きくださった方から
  お寄せいただいた80ページにおよぶご感想紹介>
 http://ssdlfiles.s3.amazonaws.com/170714_testimonials_mokuhyou_fup.pdf

 <目標設定音源 Q&A編をお聴きくださった方から
  お寄せいただいた78ページにおよぶご感想紹介>
 http://ssdlfiles.s3.amazonaws.com/170714_testimonials_mokuhyou_qa.pdf




 今日も人生とビジネスを楽しみましょう!


 【今日のピークパフォーマンス方程式】   ■仕事には    「labor」「work」「play」    の3種類がある。   ■仕事を苦役、作業にしてしまうのは    ひとえに当人の問題意識から。   ■同じ仕事を苦役と捉える人もあれば、    遊びと捉える人もある。    遊びと捉えたほうが楽しいし、加速度的に    成長を遂げられる。   ■仕事が遊びになるためには、人生における    目標が明確化されていなければならない。    その目標に仕事が紐付けられたときから    可処分時間の多くを投入している仕事が、    そのまま人生の目標に近づくための、    効果的な手段となるから全身を傾けられ、    遊ぶように働けるようになるのである。

カテゴリ:



※現在、20万1602名が購読中。