毎日20万人が読んでいるビジネスコラム 平成進化論

日本最大級・毎日20万人が読んでいるビジネスメルマガ
「平成進化論」のバックナンバーをご紹介しています。

メールマガジン「見本」はこちら

5113号 【 城主が城ごと放り出し、敵前逃亡してしまう話 】


■人間、いったん

 「サボり癖」

 がつくと、とことんまで堕ちていってしまうもの。


 ときおり、
 起業志望のサラリーマンの方から


 「独立しさえすれば、サボり癖もなくなり、
  全身全霊、仕事に打ち込めるはず。

  早く独立したいです!!」


 みたいな勘違いの決意?を聞くことがありますが、
 ハッキリ言っておきますね。


 【独立したら、サボり癖がなくなるなんて
  ただの妄想。

  むしろ、より強くサボり癖が発動するでしょう】

 と。



■独立したら、サラリーマン時代より、
 はるかに自己管理が難しくなります。

 なぜなら、自分を縛ってくれる存在が
 一切、なくなるから。


 会社勤めのときは、いちおう、会社があって
 上司がいて、同僚がいて、部下もいて、

 といった形で、

 【バックレたくてもバックレられない】

 強制力が働いています。


 いくら会社が嫌でも(基本的には)
 バックレずに会社に足を運ばざるを得ないもの。



■もちろん、とはいえ、世の中には、
 いろんな「バックラー」がいるものではありますが(↓)

 http://www.pojihiguma.com/entry/bakkure-kopipe


 私(鮒谷)も学生時代、アルバイト先に
 「会心の一撃」レベルでダメージを与える

 (このランキング表でいうところの)
 「B級」をやってしまったことがあります、、


 当時の上司だった、
 そしてとても可愛がって下さっていたK内さん、

 今さらの話ですが、
 改めて本当に申し訳ございませんでした、、



■それはともかくとして、
 独立したら誰もが憧れの(?)

 「一国一城の主」

 となるわけですが、


 こう聞くと、聞こえはいいですが、要は

 「管理者がいない」

 わけですから、
 よほど厳しく自己管理しないと

 (私のようなB級バックラーですら、
  驚くほどの)

 【バックレ放題】

 になるわけです。



■長い間、

 本来、やるべきことからバックレ続けて、
 結局、

 「一国一城の主」

 には向いていないと悟って、

 「城主自ら、城からバックレ、
  会社員に戻ってしまう人も後を絶たず」

 というのが実際ですから、
 起業を甘く見ないほうが良い。



■それくらい自己管理、自己節制が重要です。

 ぶっちゃけ、能力とか知識とかスキルとか、
 それらはもちろん、

 「独立する上で必須」

 ですが、

 それはパソコンやスマホ上における
 「アプリケーション」のようなもの。



■いくらアプリをたくさんインストールしていても、
 肝心の、アプリを稼働させる土台となる

 「OS(オペレーティングシステム)」

 が不安定なら、

 すぐに落ちるから、
 アプリを安心して使ってはいられません。



■つまり何を言いたいのかというと、


 (ある人がいくら優秀でも)

 その能力を安定的に発揮するための土台、

 すなわち、やる気を落とず、
 継続的に続けられる力、


 言葉を換えれば

 「生活習慣や、
  モチベーションの管理の方法論」

 を確立できなければ、
 所詮は独立前に期待していたアウトプットは

 「理論値」

 に過ぎず、


 実際に独立してから発揮するパフォーマンス、
 つまり

 「実測値」

 は散々、といったことが起こるということです。



■だからこそ、

 起業志望者はもちろん、
 すべてのビジネスパーソンは、


 自らの能力伸長に意識を向けるのは
 当然のこととして、

 どんな環境にあっても、
 自らを鼓舞し続け、奮い立たせるための

 【ビジネスOSたる、良き生活習慣】

 を身に着けることについて、


 もっと、もっと、もっと、もっと、

 (おそらくは平均的な人が考えている、
  10倍、20倍、くらいの感覚で)

 意識を向けるべきであると考えています。



■ウサギと亀の話ではありませんが、

 ビジネスパーソンとして大きな成果を
 発揮したいと思うのならば、


 ましてや独立起業したいのであるならば、

 【高い能力を持ち、瞬発力を重視】

 よりも


 【そこまでの能力ではなくても、
  持続力、継続力重視】

 であるべきでしょう。



■始めた当初には、
 大した能力がなかったとしても

 倦まず弛まず続けているうちに、必ず

 【継続することによって、
  いずれ抜きん出た能力が獲得される】

 こととなるからです。



■つまり、ここでの主張は

 【ビジネスの常識 = 能力伸長原理主義
  ※能力さえ高めればなんとかなる】

 という思想に対する疑義、

 ということになりますね。


 これが正しいかどうかの判断は、
 お読みになる方に委ねますが、

 私(鮒谷)は確信を持って、
 ここまでに記してきたことは正しい、

 そんな風に考えています。



 ※ビジネスOSを自らにインストールしたい方が
  いらっしゃれば、ぜひ以下の音源をお聴き下さい。

  今日記したようなことが身体知化されていなければ、
  いくら勉強しても成果には何の役にも立ちません。

  以下の当音源には身体知化させるヒントが
  満載されているので、費用対効果抜群です。

 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 【鮒谷周史の「圧巻!目標設定&目標達成」放談会
  &<フォローアップ編>&<Q&A>音源3本セット】
  https://shinkaron.buyshop.jp/items/5162715


 【鮒谷周史の圧巻!「転落続きの人生を、
  日記を書いて蘇生させた話」放談会音源】
  https://shinkaron.buyshop.jp/items/5955812

 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




 今日も人生とビジネスを楽しみましょう!


 【今日のピークパフォーマンス方程式】   ■仕事で成果を残せる存在になりたいのなら    「能力の伸長」よりもむしろ、    「継続できる力」にこそ注力すべき。   ■せっかく高い能力を持っていても、    安定してその能力を発揮できなければ、    「宝の持ち腐れ」    となるのだから。   ■このことを理解していない人が    うっかり独立などしてしまうと、    「城主(事業主)が城ごと放り出し、     敵前逃亡してしまう」    といったような漫画のようなことまで    起こってしまったりするのである。

カテゴリ:



※現在、20万1602名が購読中。