毎日20万人が読んでいるビジネスコラム 平成進化論

日本最大級・毎日20万人が読んでいるビジネスメルマガ
「平成進化論」のバックナンバーをご紹介しています。

メールマガジン「見本」はこちら

【私がやったことの大半は、他人の模倣である】模倣から生まれる、模倣不可能なビジネス


■こんにちは、鮒谷です。


 先日、当社(昨年8月に新規に設立した法人)の
 決算数字が確定しました。

 この会社が本格的に稼働し始めたのは
 昨年12月から。


 そこから今年7月(先月)末で締めるまでの、
 実質、おおよそ半年強の間に、

 おかげさまで億単位の売上が上がり、
 さらに経常利益率は8割、

 という1期目の企業としてはまずまず、と言って
 差し支えないであろう数字を残せました。

 ※自社サイトすらない会社ですがw



■私(鮒谷)が100%株主の会社ですので、
 役員報酬まで利益に含めると、

 実に、実質9割近くの利益率を叩き出す会社、
 ということになります。


 ちなみに正社員は1名。
 オフィス賃料は6万弱。

 冗費を削減し、徹底した固定費極小化、

 ならびにあらゆる経費の変動費化を
 推進してきたから、

 というのも一つの理由でしょう。



■ただ、

 零細企業であるとはいえ、
 そこそこ芸術性の高い事業を生み出せた、

 その根本的な理由は

 【徹底した、模倣に次ぐ模倣】

 にあったと認識しています。



■近いところ(小手先でできる模倣)から、

 遠いところ(異業種、異世界のモデルを
 一旦抽象化し、そののち、自社に応用して具現化する)

 まで、大小合わせて、少なく見積もっても
 100以上の模倣を繰り返し、

 実現できた数字だと考えています。


 ところで先日、当社にて、

 早稲田大学商学学術院教授の井上達彦先生を
 お招きしてご講演頂きました。



■その井上先生の著作の中に、
 フランスの作家、シャトーブリアンの

 「独自な作家とは、誰をも模倣しない者ではなく、
  誰にも模倣できない者である」

 という言葉が引用されています。


 さらに

 「独自の作風を持った小説家であっても、
  かけだしの頃には他の作家を模倣していることもある。

  模倣と、それに伴ういろいろな試行錯誤を
  積み重ねるうちに、誰にも真似されないような
  作風へと発展していくものだ。

  (中略)

  模倣できない仕組みが模倣によって生まれるという
  『模倣のパラドックス』である」

 とも記されています。



■私(鮒谷)もこの主張に120%、同意です。

 実際、私(当社)自身、徹底して、
 外の世界(異業種、異世界)に遊び、交わり、

 細部に至るまでの観察、ならびに抽象と具象の往還、
 さらには自社ビジネスへの実装、

 を繰り返すことによって

 【模倣困難性を手に入れ、
  さらには代替不可能性を獲得した】

 という自負も自覚もあるからです。



■かなり前の話となりますが、メルマガにおいて

 「徹底した模倣こそ肝要」

 という話を書いたことがあるのですが、
 この号を発信してすぐに、

 「模倣とは何ごとか!(怒)」

 という感想が届きました。

 「お前はバカか。

  そんなことを言っているから、
  日本企業の創造性が衰え、国力も落ちるんだ。

  一から十まで創造性が大切なんだ」

 というお叱りのメールです。



■ただ、この感想を拝見したときの、
 率直な感想は、

 「でも、ぶっちゃけ、
  模倣なしの創造ってあるんですかね?」

 というものでした。


 この私の感想は(私が勝手に)

 「井上先生の問題提起の本質と同一」

 ではなかったかと思っているのですが、

 きっとこうした指摘を下さった方は

 「模倣から始まる創造、
  模倣から始まるイノベーション」

 という意味が理解できなかったのでしょう。



■こうした、一般的にはネガティブなイメージを
 持たれることも多い

 「模倣」

 を自らの中で、全肯定しきることができたと
 するならば、

 どのような変化がもたらされると
 想像されるでしょう。


 【模倣に次ぐ、模倣】

 によって人さまが10年かかって手にする
 果実を、

 1年もかからずに、手に入れることが
 可能になるかもしれませんし、

 どころか、より一層遠いところ(異業種・異世界)
 からの模倣(=換骨奪胎)に成功すれば、

 【未だ存在しなかった、
  まったく新しい業態や市場の創造】

 すら実現可能になるのです。



■そんなとてつもない可能性の扉を開いてくれるのが

 【(お作法に則った)模倣】

 であり、

 井上先生のセミナーは「模倣のお作法」を、

 たくさんの事例を通して、
 誰にでも分かるように、平易に、しかも面白く、

 夢中になれる形で、お話し下さいました。



■だからこそ、本日よりご案内を開始する、

 このセミナーの音源を収録した、
 井上先生の


 【「模倣の経営学」から読み解く
  イノベーション思考法セミナー音源 】

 https://shinkaron.buyshop.jp/items/7839881


 は、

 跳躍を志向される全ての経営者、
 個人事業主、あるいはビジネスに携わる
 優秀なビジネスパーソンにはぜひ、

 お聴き頂きたいと願っております。



■当セミナーに参加くださった方から、
 たくさんのご感想を頂戴していますが、

 以下に一部をご紹介させて頂きます。


 (ここから)
 -----------------------------------------


 昨日の井上達彦先生のセミナー、

 終始、僕の知的好奇心をくすぐられ、
 震わされ続けたセミナーでした。

 今も静かな興奮が続いています。


 当日はセミナーを楽しみにしていた余り、
 会場に早く着きすぎてしまい、躊躇していたところ、

 受講生かなと思われる方が迷いなく
 エレベーターに乗られて行こうとされていたため、

 便乗して会場入りしたところその方が
 井上達彦先生でした。汗


 セミナー参加の目的は

 ○『模倣の経営学』著者の井上先生から
   そのエッセンスを生の肉声で聞くこと。

 ○イノベーションを起こすことは自分にも
  可能なのだろうか。

  その手法は学習とその実行によって
  身に付くものだろうか。

 他にもありましたが主にこの2点でした。


 セミナーは井上先生の陽気なお人柄と
 イノベーション思考法を身につけるための
 多くのワークと共に進んでいったので、

 終始、リラックスして聞くことができました。


 特に自分の中に深く刻み込まれたのは

 「守・破・離の守から破に行く過程においては
  できるだけ遠い業界、違う世界から模倣できる
   仕組みやヒントを持ってくること。」

 そして

 「模倣できない仕組みをコツコツと
  虎視眈々と非競争によって10年かけて
  模倣によって築いていく。」

 ということでした。

 これから起業を予定しているため
 この学びと気付きは本当に大きい・・・。

 おそらく今後、10年、20年で数百倍から
 数千倍以上の価値があったと感じております。


 井上先生のイノベーション思考法は、

 多くのイノベーションを遂げた企業が
 意識的か無意識的かに関わらず実践してきた
 手法のみならず、

 日本の伝統的な「守破離」の作法や、
 ヘーゲルの弁証法など歴史的な思想・哲学に裏打ち
 されているところも素晴らしいと思います。


 そしてこのイノベーション思考法であれば、

 自分も実践できるしPDCAを回しまくることが
 できると実感できるセミナーでした。

 これまで鮒谷さんの音源
 「目標設定」「日記」「物語」そして「起業」を聞き、

 まさにシームレスに

 「お前はすでに買っている」

 状態でしたが井上先生のセミナーは
 とどめでした。(笑)


 僕が鮒谷さんの音源等を購入するのは

 そのコンテンツが決して期待を裏切らない、
 そう感じているからです。

 同じようなことを思われている方も
 少なくないと思います。

 それは・・・
 あえて言語化するのはやめておきますね。(笑)


 気付けば間もなく20年以上続いたサラリーマン生活に
 別れを告げて、

 人生100年時代のキャリア形成の進化のために
 起業する予定です。


 遠回り、回り道を恐れずに楽しみ、
 今回、学んだイノベーション思考法を実践し続け、

 目標設定を書き変え続け、人生を楽しみ続け、
 気付けば模倣できないレベルまで、

 ビジネスも自己も高めていきたい。
 そう実感させてくれたセミナーでした。

 井上先生、鮒谷様、そしてスタッフの大塚様、
 本当にありがとうございました。

 今後ともよろしくお願い致します。

               (Y.S 様)

 -----------------------------------------
 (ここまで)


 Sさん、長文のご感想ありがとうございます!

 いよいよ独立なされるのですね。

 ぜひ過去の音源、ならびに当セミナーでの
 学びを活かして

 「垂直立ち上げ」

 を実現して頂ければと願っております。



■ちなみに、この音源では、

 井上先生のお話を受けて、
 その後、私(鮒谷)が

 「たかがメルマガ、されどメルマガ」

 で、

 メールマガジンを主たるツールとして、
 模倣困難、代替不可能なビジネスを構築するために、

 どれほど徹底的にいろんな模倣対象を見つけてきては
 模倣し続けてきたのか、

 めちゃくちゃ生々しい話も含めて、
 放談している音源も特典(?)として入っております。

 (正直、関西人ノリが発動し?、口の悪さも含め、
  ちょっと話し過ぎたと反省しております 汗)



■でも、

 【理論+リアルな実践事例】

 として、ぜひこちらも合わせて
 お聴き頂ければ、

 いろいろな気づきや示唆も手に入るかと
 思います。

 ※ご自身でメディアを運営しているなら、
  なおさらのこと。



■当音源はこの低金利下にあって、

 「超高利回りの投資対象」

 として捉えられると良いかと思います。

 上述のSさんも

 「おそらく今後、10年、20年で数百倍から
  数千倍以上の価値があったと感じております」

 とおっしゃって下さっておりますが、
 たかが数万円で、

 【模倣を創造に変える
  イノベーションの王道】

 についての方法論を購入できるとするならば、
 買わない手はないだろう、

 としか思えない、
 価値ある音源と断言して良いかと思います。


 <セミナー音源のお求めは、
  以下よりお願いいたします>


 【井上達彦先生「模倣の経営学」から読み解く
  イノベーション思考法セミナー収録音源】

 収録時間:約240分(4時間0分)
 ※価格:31,000円+税【実質28,000円+税】

 お申込みはこちらから。
 https://shinkaron.buyshop.jp/items/7839881


 ※万一、内容にご不満のある方は、

  理由のいかんを問わず、
  全額返金させて頂きますので、

  ご遠慮無くお申し出下さい。
  それだけ素晴らしい音源です。


 ※この販売価格はいつものごとく、
  期間限定の割引価格です。

  「発売早期お申込みの特典期間」が
  終了し次第、

  無慈悲にw価格改定させて頂きます。

  買うか、買わざるか、どうせ悩み続けることが
  分かっているのなら、

  悩む時間がもったいないので、
  今、お求めになられるのがよろしいかと(笑)


 ※本当は「39,800円+税」にて販売しようと
  考えていたのですが、


  -----------------------------------------

  当音源はセミナーの進行上、
  途中で講師とマイクとの距離が離れることがあり、

  また使用したプロジェクタの関係もあって、
  若干のノイズが混じっております。

  ノイズ除去の処理を外部の専門業者に依頼した音源を
  使用しておりますので、

  お聴きいただく分には問題ございませんが、その点のみ、
  あらかじめご承知おき下さいますよう、お願い申し上げます。

  -----------------------------------------


  といった事情があり、中身(コンテンツそのもの)は
  本物ですが、

  販売予定価格より少しお安く
  ご案内しておりますので、

  むしろこれはさらなる「買い要因」の一つでは
  ないかと思っております。

  お聴き頂く分には問題なくご利用頂けますので
  念のため。



■あなたさまからのお申込みをお待ちしております。


 <今日の格言>

 他社から学ぶことこそ成功への近道。
 私がやったことの大半は、他人の模倣である。

 (サム・ウォルトン
  世界最大の小売業、ウォルマート創業者)


 ※みんなが休んでいる夏休みこそが、
  大きな差をつける一大チャンスです。

 【井上達彦先生「模倣の経営学」から読み解く
  イノベーション思考法セミナー収録音源】

 お申込みはこちらから。
 https://shinkaron.buyshop.jp/items/7839881



                 鮒谷周史拝

カテゴリ:



※現在、20万1602名が購読中。