毎日20万人が読んでいるビジネスコラム 平成進化論

日本最大級・毎日20万人が読んでいるビジネスメルマガ
「平成進化論」のバックナンバーをご紹介しています。

メールマガジン「見本」はこちら

5089号 【 楽しんで仕事をしている人は、そうでない人と何が違うのか 】


■仕事を面白く取り組んでいる人は、
 例外なく、以下のサイクルが回っているはずです。


 (ここから)
 -------------------------


 【改善の工夫をする】

 → 首尾よく狙って結果が出れば、
   その改善をビジネスや個人の習慣に実装する

   (=仕組み化・システム化)

 → 一旦、仕組みに組み込みさえすれば、
   あとは普通にやっているだけで、

   (自動的に・勝手に)結果が出る

  → 嬉しい!


 【嬉しくなって、さらに次の改善の工夫をする】

 → これもうまく結果が出たら、
   その改善をさらに実装する

 → 普通にやっているだけで
   (自動的に・勝手に)より一層の成果が出る

 → さらに嬉しい!


 【さらに嬉しくなり、
  ますますの改善の工夫をする】

 → またまたうまくいったら、
   その改善もまた、実装する

  → 普通にやっているだけで
   (自動的に・勝手に)かなり大きな成果が出る

 → めちゃくちゃ嬉しい!(脳汁がドバドバ)


 【以下、加速度がつきつつ、繰り返し】


 -------------------------
 (ここまで)



■仕事を楽しんでいる人が、
 なぜ仕事を楽しめているのかというと、

 (上に記したような)

 「仮説検証のサイクル」

 が、いい具合に回っているからです。



■仮説検証のサイクルは


 こうすれば、もっと時間を短縮できるのでは、
 こうすれば、もっと売上が上がるのでは、

 こうすれば、もっと客数が増えるのでは、
 こうすれば、もっとラクできるのでは、

 こうすれば、もっと自動化できるようになるのでは、
 こうすれば、もっと単価をあげられるのでは、

 こうすれば、もっと便利になるのでは、
 こうすれば、もっと自由になれるのでは、


 といった

 【こうすれば、もっと、、、になるのでは】

 という仮説を、まずは頭を使って立ててみて、

 さらにはその仮説が正しかったのか、
 実践するところから始まります。



■一度試して、うまくいったら、
 仮説検証から生み出した

 「成果を出せるフォーマット」

 を、現実の仕事に組み込む(実装する)のです。


 これによって、

 うまくいった成果を、より安定的、継続的なものへと
 転換させることができるようになるでしょう。



■いったん、仕組みとして組み込んだら、
 あとは何も考えなくても、

 【システムが成果を生み出し続けてくれる】

 こととなります。


 ここから生まれる余裕

 (時間的余裕の場合もあれば、
  精神的余裕の場合もあれば、
  経時的な余裕の場合もあり)

 を、次のシステムづくりに再投資したら
 どうなるか。



■試行錯誤しながらも、
 次の仮説検証がうまくいったら、

 その成果物をまた実装すると、
 さらなる成果物が、

 何も考えずに、自動的に、
 生み出されていくことになります。



■このサイクルを、
 高速かつ継続的に回し続けている人と、

 言葉は悪いですが、十年一日で、
 昔から何も変わらず、同じことを続けている人、

 とてつもない差となって現れる、

 ことにもなるでしょう。



■仕事が楽しいと言っている人は
 前者の人であり、

 仕事がつまらないと思っている人は
 後者の人である、

 といって、おおよそ間違いありません。


 そして前者の人、つまり仕事を楽しめる人に
 なりたいのであれば、

 どうしたって必要なのが

 【当事者意識】

 です。



■仕事に対し、他人事として、
 やらされ感を持って向き合っていては、

 超速でPDCAを回すことはできません。


 仕事を、

 【どうすれば、安定して成果を出し続けられる
  フォーマットを作れるか(そして実装させるか)】

 といった、ある種のゲームに見立て、
 つねに自問自答し続け、


 【フォーマットを生み出すたびに、
  実際の仕事の現場にインストールしていく】

 ことで、

 仕事が日々、より良くなっていく実感が生まれ、
 実際に成果も出るし、

 それが喜びに変わり、
 仕事が楽しめるようになるでしょう。



■本当に仕事ができる人は、

 この成果を出すレシピ(=フォーマット)を
 言語として記述し、

 いつでも他の人に渡せるように
 しているはずであり、

 (そうでなければマネジメントできない)


 さらにその数は、大小合わせると、
 数十や数百どころではないレベルで持っているはずです。



■え、私?厳密に数えたわけではありませんが、

 営業、マーケティング、文章執筆、タイムマネジメント、
 コミュニケーション、モチベーション管理、
 学習術、人前で話す技術、などの分野において、

 すくなく見積もっても数千個の

 「フォーマット」

 は持っているはずです。



■嘘だと思うなら、

 セミナーでも、年間プログラムでも、
 コンサルでも、音源でも、

 なんでもいいので、ぜひ一度、私の話を聴いて頂ければと
 思います。

 ちなみにお伝えしておくと、
 私(鮒谷)のことを

 「書くことが得意な人間」

 と勘違いしている方も多いようですが、
 本当のところは、

 「話すことのほうが、はるかに得意な人間」

 です。



■それが本当かどうかは、

 ぜひ、以下の音源、一つでも二つでも、
 お聴き頂き、ご判断下さればと。


 もし内容にご不満があれば、
 どうぞご遠慮なくお申し出下さい。

 理由のいかんにかかわらず、
 全額返金させて頂きます。


 お伝えしている話はすべて実体験に基づいており、
 パンチ力、破壊力が違う、

 そんな圧倒的な自信と自覚と自負を持ち、
 お届けしていてきました。



■現在、当社にてご案内中の音源は、
 以下からお求め頂けます。


 -------------------------------------------

 <先週の売れ筋音源 BEST5はこちら
           ※8月14~8月20日・本数ベース>


 【1】早稲田大学商学学術院 井上達彦教授の
   『模倣の経営学』から読み解くイノベーション思考法

   ~あなたのビジネスを一大飛躍させるための、
    模倣についての19のヒント
   https://shinkaron.buyshop.jp/items/7839881


 【2】鮒谷周史の、圧巻!『物語』を自在に操れる者だけが、
    人生を思い通りに生きられる」放談会音源
   https://shinkaron.buyshop.jp/items/6536488


 【3】鮒谷周史の圧巻!「転落続きの人生を、
   日記を書いて蘇生させた話」放談会音源
   https://shinkaron.buyshop.jp/items/5955812


 【4】鮒谷周史の「圧巻!目標設定&目標達成」放談会
   &<フォローアップ編>&<Q&A>音源3本セット
   https://shinkaron.buyshop.jp/items/5162715


 【5】鮒谷周史の、圧巻!
   「極小リスク、ミドルリターン起業」放談会音源
    https://shinkaron.buyshop.jp/items/4931004


 【6】ブックライター上阪徹さん音源<聞く力&書く力編>
   https://shinkaron.buyshop.jp/items/5362691


 【7】鮒谷周史が16時間、語り続けた
   セミナーフォロアップ音源集(全6巻)
    https://shinkaron.buyshop.jp/items/5005270


  ▼その他の音源はこちらからお求め頂けます。
   https://shinkaron.buyshop.jp/

  ▼音源ダウンロード等でのご不明な点、トラブル、
   その他どんなことでも、どうぞご遠慮なく

   http://www.2nd-stage.jp/contact/

   あて、お問い合わせ下さい。

 -------------------------------------------




 今日も人生とビジネスを楽しみましょう!



 【今日のピークパフォーマンス方程式】   ■仕事を楽しんで行っている人はみな、    仮説検証のサイクルを超高速で回し、    「どんどん◯◯になっていく実感」    ※◯◯=時間ができる、売上が上がる、     自由になれる、効率化できる、など    を感じている。   ■体感できるメリットを感じているからこそ    継続してPDCAを回し続けられるのだ。    これを繰り返すうちに、成果も出てきて、    評価も高まり、ますます「中毒化」する。   ■仮説を立てては、試してみて、    うまくいったら即、実装。    このサイクルを高速で回すうちに、仕事が    楽しくて仕方がなくなってくるだろう。

カテゴリ:



※現在、20万1602名が購読中。