毎日20万人が読んでいるビジネスコラム 平成進化論

日本最大級・毎日20万人が読んでいるビジネスメルマガ
「平成進化論」のバックナンバーをご紹介しています。

メールマガジン「見本」はこちら

5075号 【 鮒谷周史の「親孝行プレイ!」 】


■ここ10年ほどの間、

 毎月一回、一度も欠かさず、
 大阪に帰って両親との食事会を開いています。


 今回は寿司がいいとか、
 鉄板焼きにしようとか、

 懐石のこの店に行きたいとか、
 久しぶりに天ぷらにしようとか、

 昔は毎冬ごとに太政でふぐ買って、
 鍋してたよね、なので、ふぐがいい、とか、

 最近は鰻にハマっているとか、
 シーズンだから鱧がいいとか、

 いろんな要望が出てきますし、
 何かとカネもかかります。



■でも、

 二人とも、今はそんな大きな刺激がある毎日を
 過ごしているわけではないので、

 非日常を楽しんでもらうために、
 全力で要望に応えるようにしています。


 合わせて、毎年、旅行にも行っています
 (一昨年は2週間ほどクルーズツアー、
  昨年は有馬温泉に二泊三日)。

 さらに数日に一度は、実家に電話を入れてます
 (母親の長電話にはときに閉口させられますがw)。



■なんとなれば、

 少年期から青年期にかけて、
 どれだけ親孝行しても返しきれないくらいの、

 心配や迷惑をかけてきたからです。


 特に母親の涙は何回みたかしれません

 (&父親にも高血圧+心臓が悪いのに、
  何度も激怒させてしまいました、、)。


 これで親が早逝していたりすれば、

 その原因のかなりの部分、
 あるいは少なく見積もっても何割かは、

 間違いなく私のせいであったでしょうけれども、
 おかげさまでいまだ両親とも健康、元気で、

 まずはそういった意味での後悔はしなくて済みそう、
 というくらいまでには長生きしてくれています。



■これで取り返しのつかない後悔はしないかな、
 と少なくとも今は思っていますが、

 実際のところはどうなるのでしょうね。

 もちろん、人生100年時代にあっては、
 まだまだ長生きしてもらうつもりですが。



■とはいえ、

 既にある程度の年齢になっているので、
 実は、一緒に食事をするときには、

 いつもこれが最後になるかもと、思い、
 こっそり会話をスマホで録音しながら食事しています。

 今が元気でも、翌日、何があるかわからない、
 というくらいの年齢にはなっていますので。


 会話の中に出てくる、家族のことや親族のこと、
 家のこと、昔の思い出話、

 そしてなんといっても親の肉声を記録しておきたいと
 思ってのこと。

 失ってしまってからでは手遅れだから。



■もちろん、末永くこれからも食事会、
 さらには旅行も続けたいと思っていますが、

 私(鮒谷)も含め、お互い、生身の人間なので
 いつまで続けられるかは分かりません。


 昔からそんな風に思っていて、

 みうらじゅん流に言えば「親孝行プレイ」に
 全力を尽くしてきたつもりですが、

 そんな気持ちをさらに強化してくれたのが、
 以下に挙げるいくつかの本でした。



■特に前二冊は読まれた方も多いと思いますが、

 いずれもいずれも、
 もしいまあなたの親が健在で、

 かつ未来に、満足のいく孝行をせず、いつか
 後悔することなど絶対にしたくないと思うのであれば、

 ぜひお読みいただきたい本です。

 私は親孝行に対する想いが格段に強化?されました。

 『東京タワー』『とんび』
 『親が死ぬまでにしたい55のこと』
 (&『親孝行プレイ』)



■『親が死ぬまでに~』には、


 「仮に親が現在60歳とすると、

  20年間(親の残された寿命)×6日間(1年間に会う日数)
  ×11時間(1日で一緒にいる時間)=1320時間、

 つまりあと55日しか残されていない」


 ということが記されています。


 こうした計算から導き出された
 「残された日々」は、

 幼少期から青年期にかけて無限に続くと思っていた
 親との時間が有限であり、

 どころか、いかに希少であるかに気づかせてくれ、
 気持ちが引き締まる思いがいたします。


 私の両親は60歳を、とうの昔に越えていますから、
 なおのこと。



■それにしても

 「いつまでもあると思うな 親とカネ」

 は幼少の頃から、父親が私に向かって、
 ことあるごとに言い聞かせ続けてくれた言葉ですが、

 振り返ってみると

 (どういう意図で発していたのかは
  定かではありませんが)

 結果として、この声掛けは間違いなく私の自立心を
 養ってくれたようにも思います。



■ということで、明日も日帰りですが、
 両親と食事(明日は天ぷら!)を食して帰ってきます。


 ...ところで、

 なぜ長々と親孝行の話について記してきたかというと、
 今日

 『母さん、ごめん。 50代独身男の介護奮闘記』

 という本を読み、改めて親との関係性について
 考える機会があったから。



■幸いなことに、

 両親とも要支援あるいは要介護の状態に
 あるわけでもなく、

 なんの問題もなく外出もできますが、
 改めて認知症も介護も他人事ではない

 (あるとき、突然、ことが起きる、ことがある)

 と思いました。



■介護(さらには認知症の親の介護)で大変な状況にある
 友人、知人、あるいはお客さまもいらっしゃり、

 そうした人から大変さはつとに聞いてきましたが、


 認知症と老化が一緒に進み、
 それを抱え込む現役世代が徐々に

 「共倒れ」

 に至る道のりの典型的な一事例が、
 この本には克明に記されていました。



■著者は外部の人たちや兄弟の協力もあり、
 すんでのところで共倒れは免れましたが、

 まさにこうしたことがこれからの日本の、
 あらゆるところで激増していくのであろう、

 他人事ではないリアルの物語である、
 と思わずにおれませんでした。



■特に現役世代で、
 さらに、元気で健康な親のいる人は、

 希望的観測を根拠とする

 「なんとかなるっしょ」

 的な無為無策で生きるのではなく、


 いざ、何が起きても腹をくくって対処する覚悟を持ち、

 平時のときだからこそ、
 万一に備えたシミュレーションを行い、

 準備しておく必要があるのではないかと思われます。



■ひょっとすると、孤立無援&経済的な準備も覚束ない、
 といった絶望感に囚われる方もあるかもしれません。

 でも、まずは直視しないことには始まりません。


 私もこの本を読んで、明日、
 両親と会うことになるわけですが、

 いつもとはまた違った思いを持ちながらの
 食事会ということになりそうです。


 追伸:今回は

    『母さん、ごめん。 50代独身男の介護奮闘記』

    という本を紹介しましたが、機会があったら

    『母さんごめん、もう無理だ
     きょうも傍聴席にいます 』

    この本もぜひ読んでみて下さい。

    人生、あるいは社会について、
    深く思索せずにはおれなくなるはずです。




■現在、当社にてご案内中の音源は、
 以下からお求め頂けます。


 -------------------------------------------

 <先週の売れ筋音源 BEST5はこちら
           ※7月23~7月30日・本数ベース>


 【1】鮒谷周史の、圧巻!『物語』を自在に操れる者だけが、
    人生を思い通りに生きられる」放談会音源
   https://shinkaron.buyshop.jp/items/6536488

   <当音源をお聴きくださった方から
    お寄せいただいた100ページにおよぶご感想紹介>
   http://ssdlfiles.s3.amazonaws.com/170627_testimonials_monogatari.pdf


 【2】鮒谷周史の圧巻!「転落続きの人生を、
   日記を書いて蘇生させた話」放談会音源
   https://shinkaron.buyshop.jp/items/5955812

   <当音源をお聴きくださった方から
    お寄せいただいた133ページにおよぶご感想紹介>
   http://ssdlfiles.s3.amazonaws.com/170630_testimonials_nikki.pdf


 【3】鮒谷周史の「圧巻!目標設定&目標達成」放談会
   &<フォローアップ編>&<Q&A>音源3本セット
   https://shinkaron.buyshop.jp/items/5162715

      <当音源をお聴きくださった方から
    お寄せいただいた370ページにおよぶご感想紹介>
   http://ssdlfiles.s3.amazonaws.com/170412_testimonials_mokuhyou.pdf


 【4】鮒谷周史の、圧巻!
   「極小リスク、ミドルリターン起業」放談会音源
    https://shinkaron.buyshop.jp/items/4931004

   <当音源をお聴きくださった方から
    お寄せいただいた80ページに及ぶご感想紹介>
   http://ssdlfiles.s3.amazonaws.com/170621_testimonials_kigyou.pdf


 【5】ブックライター上阪徹さん音源<聞く力&書く力編>
   https://shinkaron.buyshop.jp/items/5362691

   <当音源をお聴きくださった方から
    お寄せいただいた203ページに及ぶご感想紹介>
   http://ssdlfiles.s3.amazonaws.com/170704_testimonials_uesaka.pdf


  ▼その他の音源はこちらからお求め頂けます。
   https://shinkaron.buyshop.jp/


  ▼音源ダウンロード等でのトラブル、その他、
   ご不明な点については、どうぞお気軽に

   http://www.2nd-stage.jp/contact/


   あて、お問い合わせ下さい。

 -------------------------------------------




 今日も人生とビジネスを楽しみましょう!


 【今日のピークパフォーマンス方程式】   ■不測の事態はいつ起きるか分からない。    滅多なことは起こらないだろう、という    希望的観測から生まれる無為無策が、    後のとてつもない後悔につながることも    往々にしてあるものだ。   ■知らないし、知る必要もない、ではなく、    知らないからこそ、知りに行く、    テーマによっては、そんな必要もある    のではないだろうか。

カテゴリ:



※現在、20万1602名が購読中。