毎日20万人が読んでいるビジネスコラム 平成進化論

日本最大級・毎日20万人が読んでいるビジネスメルマガ
「平成進化論」のバックナンバーをご紹介しています。

メールマガジン「見本」はこちら

5072号 何もなければ平穏無事に、何かあってもまた一興

■営業の世界では

 【拒絶を受ければ受けるほど、
  成約に一歩づつ近づいていく】

 と言われます。


 これは本当にその通り。



■私(鮒谷)は5000日以上(14年以上)、

 一日も欠かさず、
 メールマガジンを配信してきましたが、


 自分の考えや主義・主張・信念を
 大勢の方に向けて発信していると、

 そのぶんだけ、否定・非難・攻撃を受ける
 機会も増えることとなります。


 実際にそのようなメール等を頂くと、
 私(鮒谷)も切れば血の出る人間ですから

 【人並み(あるいは人並み以上に)
  いたく傷つき、悲しみ、ダメージを受ける】

 ものです。



■けれども、

 それで終わってしまったら、
 「打たれ損」になるので

 【転んでもただでは起きない】

 と決めている私は、


 【打たれるほどに得をして、
  どんどん元気になっていく】

 という新たに物語を創造し、

 時々刻々、しかるべき言葉で自らを躾け、
 律することにより、

 解釈装置を整え、
 体制を立て直す必要があるわけです。



■では、私(鮒谷)はどのように体制を
 立て直しているかというと、


 冒頭に紹介した

 【拒絶されるほど一歩成約に近づく】

 ならぬ、

 【否定・非難・攻撃の言葉を浴びるたびに、

  売り上げが上がるのだから、
  そこをこそ、喜ぶべきである】

 というように物語を編みかえ、


 それを「日記(時々刻々の記)」に記すことを通じ、
 自らにこうした考えを徹底し続けることで、

 (先日のメルマガのたとえでいえば「鈍器」で
  殴り続けることによって)

 その思いを信念のレベルにまで、
 昇華させられました。



■より具体的には、どのように解釈装置が
 アップデートされたかというと、


 【発信すれば、いろんなことが起きるのは
  当然のこと。


  なのに、

  ほとんどの人は、たった一人からの、
  たった一通の非難・攻撃を恐れるあまり、

  人前で意見を発信しない。


  それがとてつもない障壁になっているため、

  ハードルを乗り越えられたものには
  肥沃、かつ、広大な地平が広がり、

  さらに、独占ないし、寡占の状態で
  その土地を果実を手に入れることができる。


  それはひとえに、どんな人に対しても、
  非難・攻撃する人が、一定の割合であるからだ。

  こうした人の存在があるから、
  みな、恐れて前進することができず、

  その中、前進している私は果実を教授できるのだ。

  だからこそ、こうした人の存在は、
  実にありがたい。

  ああ、ありがたや、ありがたや】


 という物語を創造し、
 その物語を生きることによって、

 「非難される」

 という状況に対するネガティブなイメージが
 雲散霧消することとなりました。



■ここまで書いて、

 その昔、優秀な商売人をたくさん輩出してきた
 江州(近江)の商人が、

 険しい山を越えて、
 商品を届けようとしたときに、

 たまたま、他国の商人と道中一緒に
 なったときの話を思い出しました。



■他国の商人が、

 「この山が低ければ、楽に山を越えられ、
  もっと楽して儲けられるのにのう」

 と、言ったところ、


 近江の商人は呵々大笑して、

 「いやいや、ワシは、この山がもっと高く、
  もっと険しいほうがいいと思っている。

  なぜならば、山が険しければ険しいほど、
  この山を越えて隣国へ行く者が減り、

  それゆえ、競争相手が少なくなるから、
  大きな利益を手に入れることができるのだ」

 と言った、そんな話です。



■これと全く同じことで、

 割合にしたら、
 100人に一人、あるいは1000人に一人、

 といった人から受ける否定的なフィードバックを
 恐れるのあまり、


 多くの人は情報を発信せず、
 あるいはしても、

 「今日は、ラーメン食べました。
  美味しかったっす」

 みたいな人畜無害な発信しか、
 しなかったりするのです。



■けれども、

 毒にも薬にもならない発信は
 マイナスの反応をもたらさぬと同時に、

 誰の心にも刺さらず、
 発信は単なる時間の無駄にしかならない、

 ということにもなり得ます。



■反対に、

 毒にもなるし、薬にもなる、
 刺激的な内容であればあるほど、

 (返り血を浴びる可能性も高まりますが)

 その分、刺さる人にはぶっ刺さり、
 様々なリターンが生じるようになるのです。



■こうした経験を繰り返すと、

 【返り血を恐れずに、切り込んでいくことが
  有形・無形資産形成の源泉となる】

 と心の底から思えるようになってくるし、


 さらにその状態が続くと、

 【今度はどのような角度から、
  どのような矢が飛んでくるのだろう】

 と楽しみになるようにさえ、なるのです。


 (解釈装置のソフトウェアが
  バージョンアップすると、

  驚きの世界が生まれるわけですが、
  まさにこれこそがパラダイムシフトです)



■こうなれば、しめたもので

 【何もなければ平穏無事に、
  何かあってもまた一興】

 【晴れてもいいし、降ってもいいし】

 という心境になるわけです。


 これが「物語を編む力」であり、

 時々刻々に言葉を刻み続け、信念を固めていく、
 具体的実例といってよいでしょう。



■ここまで記したことは、
 机上の空論として述べたことではなく、

 5000日以上、実際に人の前に立ち続け、
 自らの意見を主張し、

 相応に非難や攻撃を受け、
 それなりの量の(というか大量の)返り血を浴び、

 そのうえで至ることができた境地です。


 その境地に到達したのと、
 ときを同じくして

 【実践に裏打ちされた、精神的な安寧ならびに、
  (はっきり書いてしまいますが)経済的な安定】

 いずれをも手にすることができました。



■これはあくまで一つの事例に過ぎませんが、
 こうした変容をメタ的に捉え、

 我とわが身に、
 艱難辛苦が押し寄せてきても、

 それらを自らの文脈のうちに咀嚼し、
 さらには飲み込むための方法を身体知化できれば、

 「人生はもっと楽しく、楽ちんに
  生きていけるようになる」

 と思わないでしょうか。


 そして実際に、それは可能なのです。



■そんな風に

 【何もなければ平穏無事に、
  何かあってもまた一興】

 【晴れてもいいし、降ってもいいし】

 の心境で生きていくヒントが満載の、
 以下、2つの放談会音源は、

 きっと、いろんな困難にぶつかっては
 くじけたり、立ち止まってしまう、

 そんな傾向にある方にとっては、
 極めて有用な道具になるし、

 「一生ものの財産」

 となるであろうことを確信しております。


 -----------------------------

 【鮒谷周史の、圧巻!『物語』を自在に操れる者だけが、
  人生を思い通りに生きられる」放談会音源】

  https://shinkaron.buyshop.jp/items/6536488


 <当音源をお聴きくださった方からお寄せいただいた
  100ページにおよぶご感想紹介>

 http://ssdlfiles.s3.amazonaws.com/170627_testimonials_monogatari.pdf

 -----------------------------

 【鮒谷周史の圧巻!「転落続きの人生を、
  日記を書いて蘇生させた話」放談会音源】

  https://shinkaron.buyshop.jp/items/5955812


 <当音源をお聴きくださった方からお寄せいただいた
  133ページにおよぶご感想紹介>

 http://ssdlfiles.s3.amazonaws.com/170630_testimonials_nikki.pdf

 -----------------------------



■物語の編み方には流儀、お作法、方法論、
 といったものがあるわけで、

 これを身体知化している人は、
 どんどん人生が楽しいものとなっていき、


 反対に、物語をうまく編めない人
 (解釈装置を書き換えられない人)は、

 困難に出会うたびに立ち止まったり、
 苦しんだりして、一向に前に進めない。



■ということは、

 物語創造能力、あるいは解釈装置の
 バージョンアップは、

 (いろんな知識を学んだり、スキルやノウハウを
  手に入れるよりも前に行うべき)

 【人生における最優先のテーマ】

 と言っても言い過ぎではないような
 気がしています。


 ※だって、どれだけ能力やスキルがあっても、

  いちいち、些細なことで悩んでビビって、
  立ち止まってたら、

  何ごとかを為すことなんか、
  できるはずがないじゃないですか。


 -----------------------------

 【鮒谷周史の、圧巻!『物語』を自在に操れる者だけが、
  人生を思い通りに生きられる」放談会音源】

  https://shinkaron.buyshop.jp/items/6536488

 -----------------------------

 【鮒谷周史の圧巻!「転落続きの人生を、
  日記を書いて蘇生させた話」放談会音源】

  https://shinkaron.buyshop.jp/items/5955812

 -----------------------------


 以上の両音源をセットでお求めになり、
 一気に、そして何度か重ねて聴かれると、

 【あらゆる事象をバリバリ噛み砕き、咀嚼し、
  飲み込み、自らの力に変えられる、一生ものの身体習慣】

 として、物語を編む力が身につくはず。


 ※その力が身につかない、というのなら、

  その旨、おっしゃって頂ければ、
  理由の如何にかかわらず、全額返金いたしますので、

  安心してお申し出下さい。

  昔からそのようにお伝えしてきましたが、
  未だかつて、一人もいらっしゃいません。

  あなたが最初の一人になっても、
  もちろん結構です。

  くだらなく、使えない内容だと思われたなら。



■現在、当社にてご案内中の音源は、
 以下からお求め頂けます。


 -------------------------------------------

 <先週の売れ筋音源 BEST5はこちら
           ※7月23~7月30日・本数ベース>


 【1】鮒谷周史の、圧巻!『物語』を自在に操れる者だけが、
    人生を思い通りに生きられる」放談会音源
   https://shinkaron.buyshop.jp/items/6536488

   <当音源をお聴きくださった方から
    お寄せいただいた100ページにおよぶご感想紹介>
   http://ssdlfiles.s3.amazonaws.com/170627_testimonials_monogatari.pdf


 【2】鮒谷周史の圧巻!「転落続きの人生を、
   日記を書いて蘇生させた話」放談会音源
   https://shinkaron.buyshop.jp/items/5955812

   <当音源をお聴きくださった方から
    お寄せいただいた133ページにおよぶご感想紹介>
   http://ssdlfiles.s3.amazonaws.com/170630_testimonials_nikki.pdf


 【3】鮒谷周史の「圧巻!目標設定&目標達成」放談会
   &<フォローアップ編>&<Q&A>音源3本セット
   https://shinkaron.buyshop.jp/items/5162715

      <当音源をお聴きくださった方から
    お寄せいただいた370ページにおよぶご感想紹介>
   http://ssdlfiles.s3.amazonaws.com/170412_testimonials_mokuhyou.pdf


 【4】鮒谷周史の、圧巻!
   「極小リスク、ミドルリターン起業」放談会音源
    https://shinkaron.buyshop.jp/items/4931004

   <当音源をお聴きくださった方から
    お寄せいただいた80ページに及ぶご感想紹介>
   http://ssdlfiles.s3.amazonaws.com/170621_testimonials_kigyou.pdf


 【5】ブックライター上阪徹さん音源<聞く力&書く力編>
   https://shinkaron.buyshop.jp/items/5362691

   <当音源をお聴きくださった方から
    お寄せいただいた203ページに及ぶご感想紹介>
   http://ssdlfiles.s3.amazonaws.com/170704_testimonials_uesaka.pdf


  ▼その他の音源はこちらからお求め頂けます。
   https://shinkaron.buyshop.jp/


  ▼音源ダウンロード等でのトラブル、その他、
   ご不明な点については、どうぞお気軽に

   http://www.2nd-stage.jp/contact/


   あて、お問い合わせ下さい。

 -------------------------------------------




 今日も人生とビジネスを楽しみましょう!


 【今日のピークパフォーマンス方程式】   ■困難に当たる機会が増えるほど、    困難を困難と感じさせない、さらには    困難こそが喜びと感じられるようになる、    そんな物語を編めるようになるべきだ。   ■物語の編み方には流儀、お作法、方法論、    といったものがあるわけで、    これが身体知化されている人は、    どんどん人生を楽しいものとしていき、    物語をうまく編めない人(解釈装置を    書き換えられない人)は、    困難に出会うたびに立ち止まったり、    苦しんだりして、一向に前に進めない。   ■ということは、    物語創造能力、あるいは解釈装置の    バージョンアップは他に先んじて行うべき    人生における最優先のテーマと言える    のではないだろうか。

カテゴリ:



※現在、20万1602名が購読中。