毎日20万人が読んでいるビジネスコラム 平成進化論

日本最大級・毎日20万人が読んでいるビジネスメルマガ
「平成進化論」のバックナンバーをご紹介しています。

メールマガジン「見本」はこちら

5067号 【鈍器で殴り、鋭器で切り付ける】変容に必要な、2つの要素の最適配合


■私(鮒谷)が、

 メルマガ配信を行うにあたって、
 いつも心がけていることがあります。


 それは、

 (たとえは悪いですが)

 【鈍器で殴り、鋭器で切り裂く】

 そんな感覚で執筆、配信を行うということ。



■さらに、

 【両者の割合(配合比率)】

 についても意識しており、


 鈍器で打ち付けるのが、
 およそ8割から9割、

 鋭器で鋭い痛みを与えるのが
 1割から2割、

 くらいの比率で発信しているつもり。



■このメルマガでは、

 変化・変容を促すために、認識や信念など、
 深いところに作用すると思われるメッセージ、

 たとえば、

 「目標を掲げていなければ、そもそも
  何を基準に意思決定すればいいのか分からない」

 「人生は長期的な展望を持ち、
  生きるべきではないでしょうか」

 あるいは、

 「日々出会う、ひとりひとりの方々に
  小さなプラスの痕跡を残し続けることが大事」

 といったことを頻繁に記してきました。



■当たり前といえば、
 当たり前であるけれども、

 でも、改めて言われることによって思い出す、
 そんな

 【常に鈍い打撃を与えられ続ける
  (=鈍器で殴られ続ける状態を作る)】

 という環境をお渡しすることが
 お読みくださる方の変化・変容の一助となるのでは、

 と思っているのです。



■と同時に、

 それだけに終始していると、
 内容自体は当然といえば当然の話なので、

 どうにも刺激が足りず、
 退屈に覚えられることもあるかと思うので、


 ときに目を引く、

 (たとえば)超・具体的な情報発信の方法や
 タイムマネジメントのやり方など、

 懇切丁寧、微に入り細に入り、
 具体的極まりない、

 「鋭く切り裂き、切れば鮮血のほとばしる」

 そんな即効性がある発信も
 ほどよく混ぜ合わせることで、

 【退屈さを軽減させる工夫】

 も凝らしているつもり。



■とはいえ、多くの人は、ともすれば、

 自分自身について、
 あるいは自らがかかわる人に対して、

 【鋭利な刃物で切りつけられれば
  (=具体的なノウハウを聞けば)変われる】

 と思っている人も少なくないようです。



■けれども長年、人の変化・変容を
 ライフワークにしてきた私(鮒谷)が思うには、

 人の変化変容においては
 鋭利な刃物よりも、

 むしろ、鈍器(=退屈だが本質的なこと)を用いて

 【一定のリズム感を持って、
  打撃を与え続けること】

 こそが、

 長い時間をかけ、
 自らの思考習慣や行動習慣を形成し、

 さらには複利を味方につけ、継続的な変化を
 約束してくれることになるのではないか、

 と考えているのです。



■その地道な繰り返しが

 【思考と行動の鋳型を形成する】

 こととなるのですから、
 決して疎かにしてはいけません。

 そもそも人生やビジネスに向き合う姿勢が、
 一朝一夕で形成されることなど、

 あろうはずがありません。



■本日は

 (不適切極まりないたとえであることは
  重々承知の上で)

 とはいえ、直感的にイメージを
 つけてもらいやすいであろう、

 【鈍器で殴るか、鋭器で切り付けるか】

 のたとえをもって、

 変化・変容について思うところを
 お伝えいたしました。



■読まれる人によっては、

 「だからどうなの?」

 という話に思われるかもしれませんが、


 また別の、変わりたい、あるいは、
 誰かに変わってもらいたいと願われる方にとっては、

 何かしら、お役に立つ内容である、
 または思索のヒントとして頂ける内容である、

 と思っています。



■現在、当社にてご案内中の音源は、
 以下からお求め頂けます。


 -------------------------------------------

 <先週の売れ筋音源 BEST5はこちら
           ※7月16~7月23日・本数ベース>


 【1】鮒谷周史の、圧巻!『物語』を自在に操れる者だけが、
    人生を思い通りに生きられる」放談会音源
   https://shinkaron.buyshop.jp/items/6536488

   <当音源をお聴きくださった方から
    お寄せいただいた100ページにおよぶご感想紹介>
   http://ssdlfiles.s3.amazonaws.com/170627_testimonials_monogatari.pdf


 【2】鮒谷周史の圧巻!「転落続きの人生を、
   日記を書いて蘇生させた話」放談会音源
   https://shinkaron.buyshop.jp/items/5955812

   <当音源をお聴きくださった方から
    お寄せいただいた133ページにおよぶご感想紹介>
   http://ssdlfiles.s3.amazonaws.com/170630_testimonials_nikki.pdf


 【3】鮒谷周史の「圧巻!目標設定&目標達成」放談会
   &<フォローアップ編>&<Q&A>音源3本セット
   https://shinkaron.buyshop.jp/items/5162715

      <当音源をお聴きくださった方から
    お寄せいただいた370ページにおよぶご感想紹介>
   http://ssdlfiles.s3.amazonaws.com/170412_testimonials_mokuhyou.pdf


 【4】鮒谷周史の、圧巻!
   「極小リスク、ミドルリターン起業」放談会音源
    https://shinkaron.buyshop.jp/items/4931004

   <当音源をお聴きくださった方から
    お寄せいただいた80ページに及ぶご感想紹介>
   http://ssdlfiles.s3.amazonaws.com/170621_testimonials_kigyou.pdf


 【5】ブックライター上阪徹さん音源<聞く力&書く力編>
   https://shinkaron.buyshop.jp/items/5362691

   <当音源をお聴きくださった方から
    お寄せいただいた203ページに及ぶご感想紹介>
   http://ssdlfiles.s3.amazonaws.com/170704_testimonials_uesaka.pdf


  ▼その他の音源はこちらからお求め頂けます。
   https://shinkaron.buyshop.jp/


  ▼音源ダウンロード等でのトラブル、その他、
   ご不明な点については、どうぞお気軽に

   http://www.2nd-stage.jp/contact/

   あて、お問い合わせ頂ければと思います。

 -------------------------------------------




 今日も人生とビジネスを楽しみましょう!


 【今日のピークパフォーマンス方程式】   ■人の変容においては、    1、時間をかけての認識や信念に作用する      メッセージ(こちらの方がより重要)    と    2、すぐに役立てられる、実践的な方法論    の両者が、適切なバランスで伝達される    必要がある。   ■たとえは悪いけれども、    前者は鈍器で継続的に殴りつけ、    後者は鋭器で切り付ける、    そんなイメージと言ってよいだろうか。   ■自身の、あるいは他者の変容に関心を持つ    ならば、    以上のようなことを意識して取り組むと    よいかもしれない。

カテゴリ:



※現在、20万1602名が購読中。