毎日20万人が読んでいるビジネスコラム 平成進化論

日本最大級・毎日20万人が読んでいるビジネスメルマガ
「平成進化論」のバックナンバーをご紹介しています。

メールマガジン「見本」はこちら

5058号 【苦しみながら、楽しむ】分からないからこそ点を打ち続けてみては


■成果を出せない人と、
 出せる人との決定的な差は、


 【分かっていることのみをやるか、

  分からないこと、確信の持てないことにも
  積極的にチャレンジしていくのか】


 の差から生まれると言ってよいでしょう。



■いつまで経っても成果を上げられない人は、
 端的に言えば

 【分かったことしかやろうとしてない】

 のです。


 分かったことしかやらないのだから、

 失敗はしない代わりに、
 同じことの繰り返しになるだけです。



■反対に、

 成果を上げ続けられる人は、

 知らないこと、分からないこと、
 確信の持てないことについても引き受け、

 積極的にチャレンジしていきます。


 はじめは分からないことであっても、
 やり続けることによって

 【事後的に、分かることへと転換される】

 ことを身体で理解しているからです。



■言葉を換えると、

 成果を上げられない人は失敗を恐れ、
 成果を上げ続けられる人は失敗を楽しむ、

 と言ってもよいでしょう。


 成果を上げ続けられる人は、

 一見、失敗に見えることの積み重ねが
 最後に

 【大輪の花(=大きな成果)を咲かせる】

 ことを身体で知っているから、

 【失敗を苦しみながら、楽しむ】

 術(すべ)を心得ているのです。



■新しいことにチャレンジし、

 表面的には失敗したり、
 うまくいかなかったりする姿を見ると、


 外野は、


 「そら見たことか、
  失敗するに決まってるじゃないか」

 「手を広げ過ぎなんだよ」

 「知見のない世界に手を出すから、
  そのようなことになるのだ」

 「リスクが大きいのは初めから分かっていただろう」

 「俺は(私は)初めから先行きが分かっていた」

 「ザマア(ざまあみろ)」


 等々、さまざまな言葉で非難するものです。



■しかし、そんな非難を受けることは、

 成果を出し続ける人にとっては
 既に織り込み済みのこと。

 そしてなんにも気にしません。


 新しい世界に小さな一歩を踏み出し、

 失敗を積み重ねて、
 わずかの知見や土地勘を得つつ、

 時間をかけて、

 【無数の小さな点
  (=知見やノウハウや経験や土地勘)】

 を増やし続けていくことこそが、

 遠回りに見えて、大きな成果を出すための、
 最短にして唯一の道、

 と分かっているからです。



■そういった無数の小さな点は、

 やがて思わぬところで
 互いにつながり合い、

 そこで思いもよらなかった価値を
 生み出し始めることとなるでしょう。


 けれども、

 【無数の小さな点】

 を増やしていく過程においては、

 将来、どの点とどの点が結びついて、
 一大飛躍を起こしてくれることになるのか、

 当の本人も分かりません。



■けれども、

 【無数の小さな点】

 を打ち続けると、
 何かと何かが結びつくことだけは間違いない、

 と確信しているのです。


 (どういう風につながるかは分かりませんが、
  どういう形でかで必ずつながります。

  それが信じられるから、
  点を打ち続けられるのです)



■こうして「点」を一つ、また一つと
 打ち続けているうちに、

 やがてある時、ゆっくりと、本当にそれらが
 つながり始めていることに気づきます。


 そこから先は、

 加速度的に過去に蓄積してきた
 無数の点がつながり始め、

 やがて

 【向こう側の世界に、
  一気に持っていかれる感覚】

 を覚えることになるのです。



■すなわち、

 最初は打っても打っても
 なんら結果をもたらさなかった

 「点(行為、種蒔き)」

 が、最初はぽつりぽつり、


 やがて、ぽつぽつと、最後には
 ドドドドド...というような音を立て、

 つながることとなるでしょう。



■こうして、過去に打ってきた無数の点が、

 自分の人生、あるいはビジネスの文脈に
 組み込まれたときに、

 【人生やビジネスが
  質的な変化・変容を遂げる】

 のです。



■この世界を一度でも体感したことのある人は

 もう一度、と言わず、
 何度でも経験したいから、

 (一見、意味のないと思われる)

 新しい小さなチャレンジも次々と行えます。


 彼や彼女の

 【遠大な計画(?)】

 が分からない人はそれを嘲笑したり、
 バカなことをやっている、

 と非難するわけですが、

 それはただ、その人が、相手の長期的展望や
 文脈を理解できないだけの話。



■小さなチャレンジを行い続けている人は、

 3年、5年、10年ないし、
 数十年先を見据えて行動をしているから、

 目先の小さな損失や失敗など、
 痛くも痒くもないと思って、

 粛々と無数の点を打ち続けているだけです。



■こうして、


 【短期的視点しか持たず、

  一つ一つの打ち手に
  過度の意味を持たせようとしている人】


 と、


 【長期的視点を持ち、

  一つ一つの小さな点には
  そこまで大きな意味は持たせず、

  ただひたすらに大量に点を打ち、

  どこかの段階で、どういう形でかで
  結びつくであろうという可能性に価値を見出す人】


 この両者の姿勢の差が、

 結果を出せない人と
 結果を出し続ける人の間の、

 本質的な差となっている、
 と言ってよいかと思われます。



■だからこそ、私(鮒谷)自身、

 目についた、面白そうだと思ったことには
 目先の利益は捨てて、

 飛びつき続けてきましたし、


 その回収は十数年、ないし、
 数十年先でも構わない、

 そう考えているからこそ、

 (他の人からはどのように見えるだろうかとか、
  短期的なことはどうでもよくなってきて)


 今、仕事をして、そこで得られた
 時間的、金銭的、精神的な余裕はすべて、

 今、目の前を通り過ぎていこうとしている、

 【これは!?と思われる機会】

 に、これからも投じ続けていくつもり。


 ※こうしたことを続けていると
  案外、

  【人の目を気にせず、信念の赴くままに、
   やりたいことしかやらない姿勢が、

   QOL(人生や生活の質)に直結する】

  のだと、改めて知らされます。



■そんな人体実験を、

 これまでもさんざん続けてきて、
 これからも続けていくわけですが、

 そのようにして打ってきた小さな点が

 【将来、どのように形となって現れるのか、
  あるいは現れないのか、、、】

 それはあなたが向こう十数年、
 ないし数十年、

 このメールマガジンを読み続けて下されば
 答えに目にすることができるはずですので、

 ぜひ、これからも当メルマガ(平成進化論)を
 ご愛顧いただけましたら幸いです(笑)




■現在、当社にてご案内中の音源は、
 以下からお求め頂けます。


 -------------------------------------------

 <先週の売れ筋音源 BEST5はこちら
           ※7月9~7月16日・本数ベース>


 【1】鮒谷周史の、圧巻!『物語』を自在に操れる者だけが、
    人生を思い通りに生きられる」放談会音源
   https://shinkaron.buyshop.jp/items/6536488

   <当音源をお聴きくださった方から
    お寄せいただいた100ページにおよぶご感想紹介>
   http://ssdlfiles.s3.amazonaws.com/170627_testimonials_monogatari.pdf


 【2】鮒谷周史の圧巻!「転落続きの人生を、
   日記を書いて蘇生させた話」放談会音源
   https://shinkaron.buyshop.jp/items/5955812

   <当音源をお聴きくださった方から
    お寄せいただいた133ページにおよぶご感想紹介>
   http://ssdlfiles.s3.amazonaws.com/170630_testimonials_nikki.pdf


 【3】鮒谷周史の「圧巻!目標設定&目標達成」放談会
   &<フォローアップ編>&<Q&A>音源3本セット
   https://shinkaron.buyshop.jp/items/5162715

      <当音源をお聴きくださった方から
    お寄せいただいた370ページにおよぶご感想紹介>
   http://ssdlfiles.s3.amazonaws.com/170412_testimonials_mokuhyou.pdf


 【4】鮒谷周史の、圧巻!
   「極小リスク、ミドルリターン起業」放談会音源
    https://shinkaron.buyshop.jp/items/4931004

   <当音源をお聴きくださった方から
    お寄せいただいた80ページに及ぶご感想紹介>
   http://ssdlfiles.s3.amazonaws.com/170621_testimonials_kigyou.pdf


 【5】ブックライター上阪徹さん音源<聞く力&書く力編>
   https://shinkaron.buyshop.jp/items/5362691

   <当音源をお聴きくださった方から
    お寄せいただいた203ページに及ぶご感想紹介>
   http://ssdlfiles.s3.amazonaws.com/170704_testimonials_uesaka.pdf


  ▼その他の音源はこちらからお求め頂けます。
   https://shinkaron.buyshop.jp/


  ▼音源ダウンロード等でのトラブル、その他、
   ご不明な点については、どうぞお気軽に

   http://www.2nd-stage.jp/contact/

   あて、お問い合わせ頂ければと思います。

 -------------------------------------------




 今日も人生とビジネスを楽しみましょう!


 【今日のピークパフォーマンス方程式】   ■成果を出せない人と、出せる人の差は、    【分からないこと、確信を持てぬことに     チャレンジし続けられるか否か】    の一点に尽きるだろう。   ■分からないことにあえて取り組めば、    それが、一見失敗に終わったとしても    知見や土地勘が得られるものである。   ■そういった知見や土地勘は、たとえ、    個々のものは小さな点であろうとも、    無数に点を打ち続けているうちに、    どこかのタイミングで相互に連関し合い、    有機的に結合し始める。   ■これらの点が一挙に結びついたとき、    人生やビジネスの文脈は、    質的な大転換を遂げることとなるだろう。

カテゴリ:



※現在、20万1602名が購読中。