毎日20万人が読んでいるビジネスコラム 平成進化論

日本最大級・毎日20万人が読んでいるビジネスメルマガ
「平成進化論」のバックナンバーをご紹介しています。

メールマガジン「見本」はこちら

5057号 【多様な依存先が自立をもたらす】依存対象を増やすことで、未来に備える


■昨日から今日にかけては


 <誰もボクを見ていない
  :なぜ17歳の少年は、祖父母を殺害したのか >


 という本を読みました。


 同書の内容について気になる方は、
 上記のURLを辿って頂ければと思いますが、

 この本の中に

 【自立とは多様な依存先があること】

 という言葉が紹介されていました。



■この言葉は非常に含蓄に富んでいるように
 思われます。


 自立とは、

 「依存しない」

 ことではなく、

 「多様な依存対象がある」

 そんな定義が与えられているところが
 気になったのです。



■たしかに、

 依存している対象が一つであれば、
 その対象との関係が消滅すれば

 【頼れるものが何もなくなる】

 こととなります。


 依存している対象はさまざまで、


 「夫(あるいは妻)」

 「親(あるいは子)」

 「自分の健康」

 「所属している組織」

 「預貯金をはじめとする資産」

 「未来に期待している退職金や年金」

 「自分の専門性」

 「帰属している国家」


 など、いろいろありそうです。



■それぞれ確かに

 【頼れるものであるならば心強い】

 対象ですが、

 逆に、全力で頼ってきたものが
 あるとき、突如として失われたら、

 意識的にであれ、無意識的にであれ、
 それ一つに依存してきた分だけ、

 衝撃は大きくなるものです。



■また、それが予感されるから、

 「単一のなにか」

 に依存していることに気づいている人は
 つねに

 【喪失感や不安感や恐怖感や焦燥感を
  内在させている】

 ことともなるのでしょう。



■極端な話、

 【単一の依存対象
  (夫や妻、勤務先、預貯金、能力等)】

 の存続を信じていたにも関わらず、


 (本当のところは、それが失われるのは
  恐怖だから、

  喪失可能性について、見て見ぬふりをする、
  ということも往々にしてあろうかと思われ)


 ある時、本当にそれが失われたとき、
 そのまま

 【一切の人生、生活の下支えが喪失された】

 こととなるのでしょう。

 これは恐怖ですし、地獄です。



■だからこそ、自立した生を志向するのなら、


 (語義的には、一見矛盾するようにも思われる)

 【依存対象】

 をできるだけたくさん増やし、
 さらには深め、


 【一撃で(人生や生活を)詰まされる】

 ことのないよう、備えておかねば
 ならないのではないでしょうか。



■そういえば、先日、


 <定年後 50歳からの生き方、終わり方>


 という本を読みました。


 私(鮒谷)自身は、もう、

 「定年退職を迎えたくても迎えられない、
  死ぬまで働き続ける人生」

 を選んでしまったので(汗)

 ここに記されていることは
 ほとんど自分の人生とは関係ありませんでしたが、


 この本には

 【金銭的にも人間関係的にも精神的にも、
  所属企業に(単一)依存してきた、

  定年退職を迎えた人たちの行く末】

 が赤裸々に記されていました。


 (私がいうのもなんですが、特に

  「終身雇用系の会社」

  にお勤めの方は、将来のイメージを作って
  おくためにも、一読されるとよいのでは)



■この本にたくさんの、
 退職経験者の事例(?)が出てきますが、

 何十年かけて培ってきた

 「帰属してきた会社への依存」

 からは簡単には離れられなくて


 【退職後は悠々自適で、
  と言っていたにも関わらず、

  落ち着かず、やることもなく、
  その状態そのままがストレス】

 となってしまう人が多いという話は、
 なんとなく分かるような気もしました。



■さらに今は

 【長生きリスク】

 (長生きすることが寿(ことほ)がれない、
  悲しい言葉ですね)

 と言われるように、備えておかねば


 【貯金+退職金+年金を徐々に食いつぶしていき、
  長生きするほど

  「老後破産」「無縁死」

  が近づいてくる】

 というリスクまである、と言われます。



■リンダ・グラットンの


 <LIFE SHIFT(ライフ・シフト) >


 を読まれた方も多いと思いますが、


 今、このメルマガを読まれている方は
 (私も含め)

 【望む望まぬにかかわらず、

  最低でも100歳まで生きることを前提として、
  人生設計を行う必要がある】

 そんな時代に生きていると考えたほうが
 良いのかもしれませんね。



■一般的には、歳月を重ねるごとに

 【依存している対象が失われることが
  増える傾向がある】

 ようにも思われ、


 (たとえば肉親や友人知人の死去、
  自身の健康、金銭、

  AIの進展で専門性も危ないし、
  医療費高騰、インフレ亢進や、
  最終的には国家による棄民も怖いですね)


 だとするならば、

 【平時において、いかに多種多様な依存対象との
  関係性を構築ならびに深化させておくべきかが、

  人生を詰まされるにくくする、
  現実的な解答となってくるのではないか】

 そんな風にも思われます。



■こうして時間をかけて積み上げていくべき、

 「たくさんの依存すべき対象」

 こそが、これまでに私(鮒谷)が
 用いてきた言葉でいうと、

 【無形資産】

 ということになるわけです。



■最後になりますが、

 GEのジャックウェルチは

 「社内の既存の事業部をつぶすつもりで
  『アンチ事業部』をつくれ」

 と言ったといわれます。


 この考えを自分の人生や生活に引き当て、
 見たくない現実を直視し、

 【自分の人生や生活を「破滅」させるには
  どうすればよいか、との道筋をあえて考え、

  その上で、備えを万全にする】

 ことこそが、


 逆説的ではありますが、

 【「安心、安定、安寧、平穏の精神状態」を
  手に入れるために必須のプロセス】

 となるのではないでしょうか。



■現在、当社にてご案内中の音源は、
 以下からお求め頂けます。


 -------------------------------------------

 <先週の売れ筋音源 BEST5はこちら
           ※7月9~7月16日・本数ベース>


 【1】鮒谷周史の、圧巻!『物語』を自在に操れる者だけが、
    人生を思い通りに生きられる」放談会音源
   https://shinkaron.buyshop.jp/items/6536488

   <当音源をお聴きくださった方から
    お寄せいただいた100ページにおよぶご感想紹介>
   http://ssdlfiles.s3.amazonaws.com/170627_testimonials_monogatari.pdf


 【2】鮒谷周史の圧巻!「転落続きの人生を、
   日記を書いて蘇生させた話」放談会音源
   https://shinkaron.buyshop.jp/items/5955812

   <当音源をお聴きくださった方から
    お寄せいただいた133ページにおよぶご感想紹介>
   http://ssdlfiles.s3.amazonaws.com/170630_testimonials_nikki.pdf


 【3】鮒谷周史の「圧巻!目標設定&目標達成」放談会
   &<フォローアップ編>&<Q&A>音源3本セット
   https://shinkaron.buyshop.jp/items/5162715

      <当音源をお聴きくださった方から
    お寄せいただいた370ページにおよぶご感想紹介>
   http://ssdlfiles.s3.amazonaws.com/170412_testimonials_mokuhyou.pdf


 【4】鮒谷周史の、圧巻!
   「極小リスク、ミドルリターン起業」放談会音源
    https://shinkaron.buyshop.jp/items/4931004

   <当音源をお聴きくださった方から
    お寄せいただいた80ページに及ぶご感想紹介>
   http://ssdlfiles.s3.amazonaws.com/170621_testimonials_kigyou.pdf


 【5】ブックライター上阪徹さん音源<聞く力&書く力編>
   https://shinkaron.buyshop.jp/items/5362691

   <当音源をお聴きくださった方から
    お寄せいただいた203ページに及ぶご感想紹介>
   http://ssdlfiles.s3.amazonaws.com/170704_testimonials_uesaka.pdf


  ▼その他の音源はこちらからお求め頂けます。
   https://shinkaron.buyshop.jp/


  ▼音源ダウンロード等でのトラブル、その他、
   ご不明な点については、どうぞお気軽に

   http://www.2nd-stage.jp/contact/

   あて、お問い合わせ頂ければと思います。

 -------------------------------------------




 今日も人生とビジネスを楽しみましょう!


 【今日のピークパフォーマンス方程式】   ■単一の依存対象に頼って生きるとは、    それが失われた瞬間、真っ逆さまに墜落    してしまう、    ということと同義である。   ■一見矛盾するように見える    【多様な依存対象の確保】    こそが自立をもたらす、と知るべきだ。   ■生きるほどに依存対象は喪失されていく    のだから、    平時より、依存対象を増やすことによって    未来に備えておく必要があるのでは。   ■こうした取り組みが    【安心、安定、安寧、平穏の精神状態】    を担保してくれるはずである。

カテゴリ:



※現在、20万1602名が購読中。