毎日20万人が読んでいるビジネスコラム 平成進化論

日本最大級・毎日20万人が読んでいるビジネスメルマガ
「平成進化論」のバックナンバーをご紹介しています。

メールマガジン「見本」はこちら

5056号 【調子を上げる、よりも、落とさない】調子が落ち切らない仕組みづくりが大事


■いつも、私(鮒谷)がいろんなところで
 話をしていることに


 【調子を上げるよりも、

  調子を落とさない(気持ちを切らさない)ことの
  ほうが、はるかに大事】


 というものがあります。


 やる気は、きっかけがあれば、
 すぐに湧いて出てくるものです。

 やる気をかきたてるのは、
 実はそんなに難しいことではありません。

 やる気を注入してくれる本を読んだり、
 単発でセミナーに行けば良いのです。



■けれども、

 そうしてやる気を喚起するよりも
 大変だけれども、大切なのは、

 せっかく湧いてきたやる気を
 いかにして持続させるか、

 です。



■そのための

 【工夫、仕掛け、仕組みやシステム】

 を随所に生活の中に埋め込み、組み込み、
 それがスムーズに稼働するところまで、

 徹底的に、細部に至るまでの改善を繰り返すことで


 【気持ちが落ちそうになっても、
  落ち切らない仕組み】


 の精度が高まっていくでしょう。



■こうした

 【工夫、仕掛け、仕組みやシステム】

 を構築するにあたっても、

 いつもお伝えしている通り、即効性のある、
 ミラクルな魔法はどこにもないと、

 【ある意味、諦めて】

 生きていったほうが長い目で見たら合理的。



■日々、小さな工夫を凝らし、

 進んでは退き、進んでは退き、
 三歩進んで二歩下がる、

 的な継続した取り組みを重ねて、

 それが定着されるところまで
 地道に歩みを進めることによって、


 やがて多くの人に見えないダメージを
 与え続けてきた、


 【(諸悪の根源であるところの)

  やる気が生まれては、すぐに消え、
  一向に成果につなげられない、

  という繰り返し=生活習慣=負の引力】


 から、ようやく抜け出せるようになるのです。



■いくら自分に

 「落ちないようにしよう」

 と言い聞かせても、

 どうしたって万人に対し、普遍に、
 負の引力は働くので、

 落ちてしまうのは仕方がありません。



■だから自らに問いかけるべき、
 適切な質問は

 【放っておけば、落ちるより他にない人間が、

  落ちないようになるためには、
  どんな仕組みを作ればいいのか】

 ということになるでしょう。



■そのための

 【具体的な方法論
  (落ちないための仕組みづくりの方法)】

 をたくさん持ち、


 のみならず、

 【その方法論を如何にして自らの生活に
  インストールするのか】

 まで理解できれば、自ずから、


 【気持ちが落ちそうになっても、
  落ち切らない強固な仕組み】

 が構築されることとなるはずです。



■ここまで到達できれば、

 ちょっとやそっとのことで、
 やる気が減衰、減退、消滅する、

 ということはなくなり、あとは

 【勝手に時間が味方になってくれる】

 ようになるのです。



■そこから先は過去から現在にかけて
 膨大な数の人たちを苦しめ続けてきた


 【(諸悪の根源であるところの)

  やる気が生まれては、すぐに消え、
  一向に成果につなげられない、

  という繰り返し=生活習慣=負の引力】


 から逃れられるようになる実感を感じられる
 ようになっていくでしょう。



■では、気になる

 【具体的な方法論
  (落ちないための仕組みづくりの方法)】

 をたくさん持ち、


 のみならず、

 【その方法論を如何にして自らの生活に
  インストールするのか】

 についての具体的な話は、
 ということですが、ここで誌面が尽きました。



■機会があれば、
 また詳しくどこかでお伝えしたいと思いますが、

 できるだけ早期に

 【その仕組みを自らの生活習慣の中に
  完全インストールしたい】

 と希望される方があれば、ぜひ


 <年間プログラム>
 https://eipo.jp/2nd-stage/seminars/view/21


 からお申込み下さい。



■その前に、

 せめて質問や問い合わせを行いたい、
 という常識的な考えをお持ちの方(笑)は、

 以下より、お気軽にご連絡頂ければと。


 <年間プログラムのご質問やお問い合わせは
  こちらから>

 http://www.2nd-stage.jp/contact/



■お申込みはいつでも可能で、

 「そこから1年の受講期間」

 となっているため、
 随時、卒業される方が出られ、

 現在は

 【幸か不幸か(汗)、10名ほどの少人数で
  丸一日をご一緒する】

 形となっているので、ひょっとしたら
 個別コンサルとかよりお得かもしれません。


 <以下、過去の年間プログラムに参加下さった方
  よりお寄せ頂いたご感想集です>

 http://www.2nd-stage.jp/houdankai/testimonials/np.html




■現在、当社にてご案内中の音源は、
 以下からお求め頂けます。


 -------------------------------------------

 <先週の売れ筋音源 BEST5はこちら
           ※7月9~7月16日・本数ベース>


 【1】鮒谷周史の、圧巻!『物語』を自在に操れる者だけが、
    人生を思い通りに生きられる」放談会音源
   https://shinkaron.buyshop.jp/items/6536488

   <当音源をお聴きくださった方から
    お寄せいただいた100ページにおよぶご感想紹介>
   http://ssdlfiles.s3.amazonaws.com/170627_testimonials_monogatari.pdf

 【2】鮒谷周史の圧巻!「転落続きの人生を、
   日記を書いて蘇生させた話」放談会音源
   https://shinkaron.buyshop.jp/items/5955812

   <当音源をお聴きくださった方から
    お寄せいただいた133ページにおよぶご感想紹介>
   http://ssdlfiles.s3.amazonaws.com/170630_testimonials_nikki.pdf


 【3】鮒谷周史の「圧巻!目標設定&目標達成」放談会
   &<フォローアップ編>&<Q&A>音源3本セット
   https://shinkaron.buyshop.jp/items/5162715

      ※<当音源をお聴きくださった方から
     お寄せいただいた370ページにおよぶご感想紹介>
   http://ssdlfiles.s3.amazonaws.com/170412_testimonials_mokuhyou.pdf

 【4】鮒谷周史の、圧巻!
   「極小リスク、ミドルリターン起業」放談会音源
    https://shinkaron.buyshop.jp/items/4931004

   <当音源をお聴きくださった方から
    お寄せいただいた80ページに及ぶご感想紹介>
   http://ssdlfiles.s3.amazonaws.com/170621_testimonials_kigyou.pdf


 【5】ブックライター上阪徹さん音源<聞く力&書く力編>
   https://shinkaron.buyshop.jp/items/5362691

   <当音源をお聴きくださった方から
    お寄せいただいた203ページに及ぶご感想紹介>
   http://ssdlfiles.s3.amazonaws.com/170704_testimonials_uesaka.pdf


  ▼その他の音源はこちらからお求め頂けます。
   https://shinkaron.buyshop.jp/


  ▼音源ダウンロード等でのトラブル、その他、
   ご不明な点については、どうぞお気軽に

   http://www.2nd-stage.jp/contact/


   あて、お問い合わせ頂ければと思います。

 -------------------------------------------




 今日も人生とビジネスを楽しみましょう!


 【今日のピークパフォーマンス方程式】   ■【調子を上げる、よりも、落とさない】    ことのほうが、はるかに大事。    なぜならば、調子を上げるのは    簡単だけれども、    上がった調子を保ちつづけるのは    困難極まりない取り組みだからである。   ■だからこそ、そのための仕組みづくりを    意識して行うべきである。   ■そのためには    【具体的な方法論    (落ちないための仕組みづくりの方法)】    をたくさん持ち、のみならず、    【その方法論を如何にして自らの生活に     インストールするのか】    についての理解を深め、さらには実践    していく必要があるのである。   ■その取り組みを、自分だけで一から行う    のが大変であると思うなら、    既にそういった知見を持つ人の力を借りて    構築することも検討してみてはどうか。

カテゴリ:



※現在、20万1602名が購読中。