毎日20万人が読んでいるビジネスコラム 平成進化論

日本最大級・毎日20万人が読んでいるビジネスメルマガ
「平成進化論」のバックナンバーをご紹介しています。

メールマガジン「見本」はこちら

5055号 【可塑性という概念】「年間プログラム」という人畜無害なネーミングの理由(わけ)


■いつもメルマガで書いていることですが、
 人間は

 【一足飛びに別人になれる】

 ことなど、絶対にありません。


 一年前の私が、今年の私を作り、
 今年の私が、来年の私を作るのです。

 三年前の私が、今年の私を作り、
 今年の私が、三年後の私を作るのです。


 五年前の私が、今年の私を作り、
 今年の私が、五年後の私を作るのです。

 十年前の私が、今年の私を作り、
 今年の私が、十年後の私を作るのです。



■もちろん、


 昨日の私が、今日の私を作り、
 今日の私が、明日の私を作り、

 先週の私が、今週の私を作り、
 今週の私が、来週の私を作り、

 先月の私が、今月の私を作り、
 今月の私が、来月の私を作っている、


 のもまた、間違いないことですが、

 【その変化に過度の期待をしてはならない】

 と思っています。



■なにせ、言っても人間、

 【1日や7日や30日で
  劇的に変わるものではない】

 からです。複利の効果も享受できないし。


 もし仮に、そんな人があったとしたら、

 その人はその前、何年、あるいは十数年、
 場合によっては数十年、

 然るべきタネを撒いてきて、

 たまたま数日ないし数週間の間に、
 一気に収穫の時期が訪れた、

 というだけの話。


 (少々、古い話になりましたが)

 ピコ太郎さんが1週間やそこらの努力で、
 突如として

 【世界レベルの芸人!?】

 に飛躍したと思いますか、ということです。



■ご存知の方も多いと思いますが、

 氏はその昔(今から十数年前)、
 「マネーの虎」に出たことがあり、

 そのときから

 【世界を音楽で驚かしたい、と
  ハッキリ明言していた】

 のです。


 ※ご興味のある方は、

  「ピコ太郎 マネーの虎」

  で検索したら、確認頂けるかと。



■そのときからずっと、

 さんざん、試行錯誤を重ね、
 パスツールの

 【幸運は用意された心のみに宿る】

 ではありませんが、


 例のPPAPが、ジャスティン・ビーバーに
 取り上げられたのをきっかけとして、

 世界にその名を知らしめたわけですが、
 それはやっぱり

 【昨日の私が、今日の私を作った】

 というよりは、

 【十年前の私が、今年の私を作った】

 ということなのではないでしょうか。


 「ローマは一日にして成らず」とも
 言うではありませんか。



■でも、

 急激に変化・変容を遂げた人を
 外から見ていると、


 (高杉晋作の

  「(実があるなら今月今宵)
   一夜明くればだれも来る」

  ではありませんが)


 「一夜明けたら、みんな来た」

 的な部分しか見えませんから、


 「自分もそんな風になりたい」

 みたいな大いなる勘違いによって
 ついつい、

 【超・短期の取り組みから生まれる
  圧倒的な成果】

 を求めてしまう人が多くなるのでは
 ないでしょうか。



■もちろん、

 【人間の信念や思考や習慣や行動には
  可塑性(かそせい)がある】

 ことは間違いありません。


 ※可塑性とは

  物体に力を加えて形を変えること
  すなわち歪みを作ったとき,

  力を取り除いても変形がそのままになる性質.

  すなわち永久にひずみが生じて
  物体の形や体積が変化する性質.

  力を取り除いたとき変形がもとにもどる性質は
  弾性という.

        (朝倉書店 栄養・生化学辞典)


 ただし、その可塑性は、
 こと人間(人生)においては、

 【じっくりと負荷をかけていくと、
  じわじわと変化していく】

 という形での可塑性であり、


 針金を折り曲げるような感じに
 一気にグイッと、

 ということにはなりにくいのではないかと
 感じています。



■それは私(鮒谷)自身の経験でもあり、

 あるいは、数多くのコンサルクライアントさんや
 友人、知人、後輩たちを見てきての結論、

 です。


 逆に言えば、

 【じっくりと、時間をかけて、
  然るべきことを学び、然るべき行動を行う】

 ことが継続できれば、


 自ずから

 【信念や思考や習慣や行動の可塑性を
  味方につけて、

  はじめはゆっくりと、やがては急激に、
  変化・変容が雪崩のように起こり始める】

 ものなのです。



■そして、これもまた、

 私(鮒谷)自身の経験でもあり、

 あるいは、数多くのコンサルクライアントさんや
 友人、知人、後輩たちを見てきての結論、

 なのですが、


 そうした変化は

 【絶対に一人では成し得ない
  (「場」あるいは「環境」が必要)】

 ということもまた、間違いないと
 確信しています。



■こうした構造を理解していれば、

 継続的に何度でも、変化・変容を
 繰り返していけるようになるし、


 理解していない人は、いつまで経っても
 ミラクルを求め続け、その姿勢は

 【時間の経過とともに焦りが募り、
  焦りが焦りを呼び、

  性急な行動が、筋の悪い行動を引き起こし、
  ますますドツボにハマっていく】

 こととなるのです。


 つまり、

 【変化・変容についての本質的な理解を
  しているかどうか、が、

  変わり続けられる人となれるか否かの
  分水嶺となる】

 とも言えるでしょう。



■これまでに、メルマガはもちろん、

 放談会、セミナー、音源提供、
 個別コンサル、等々、

 「変化・変容のためのツール」

 をたくさん提供してきましたが、


 そこからの学びと行動を
 強烈に下支えするのが

 【リアルに集う場であり、環境である】

 と思っていますし、


 毎日、メルマガの冒頭で謳っているように

 ------------------------------------------------
  骨太かつ卓越した<本物の教育サービス>を通して
  「変容の喜び」を提供し続ける
 ------------------------------------------------

 ためには、どうしたって

 【継続的にお客さまと関わり続け、
  史劇を提供し続ける場】

 が必要であると思い、

 「年間プログラム」

 をご提供させて頂いているということに
 なります。



■実のところ、これまでは、

 (いちいち、上のような説明を
  ことさらにしなくても)


 【何も説明しなくても、分かる人だけ
  来てくれればいい。

  察しのいい人は、
  言わなくても、分かって下さるだろう。

  そういう洞察力のある人とだけ、
  お付き合いしていければいいや】

 くらいに思っていて、


 (だからこそ、集客的には何の意味もなさない、
  どころか、むしろ害しかない(!?)

  「年間プログラム」

  という人畜無害なネーミングを、
  あえて採用したのですが)



 同時に、常日頃より、


 【お客さんが、

  自分の商品やサービスについて
  考えてくれているというのは全くの幻想で、

  説明しなければ分かってもらえない。

  だからこそ、何かを案内するときには、
  きっちりと説明責任を果たすべし】


 と言っていたこともあり、


 私自身、ひそかにこのダブルバインドに
 苦しんでいたことに今さら気が付き(汗)

 この自己内矛盾を解消するべく、
 まずは今日、このような形で

 「年間プログラムの説明責任」

 を果たさせて頂いた次第です。



■その上で、

 勢い余って申し込みたい、という
 向こう見ずな勇者がいらっしゃれば、

 ぜひ


 <年間プログラム>
 https://eipo.jp/2nd-stage/seminars/view/21


 からお申込み頂ければと思いますし、


 その前に、

 せめて質問や問い合わせを行いたい、
 という常識的な考えをお持ちの方(笑)は、

 こちらから、お気軽にどご連絡頂ければと思います。


 <年間プログラムのご質問やお問い合わせは
  こちらから>

 http://www.2nd-stage.jp/contact/



■お申込みはいつでも可能で、

 「そこから1年の受講期間」

 となっているため、
 随時、卒業される方が出られ、

 現在は

 【幸か不幸か(汗)、10名ほどの少人数で
  丸一日をご一緒する】

 形となっているので、ひょっとしたら
 個別コンサルとかよりお得かもしれません。



■現在、当社にてご案内中の音源は、
 以下からお求め頂けます。


 -------------------------------------------

 <先週の売れ筋音源 BEST5はこちら
           ※7月2~7月9日・本数ベース>


 【1】鮒谷周史の、圧巻!『物語』を自在に操れる者だけが、
    人生を思い通りに生きられる」放談会音源
   https://shinkaron.buyshop.jp/items/6536488

   <当音源をお聴きくださった方から
    お寄せいただいた100ページにおよぶご感想紹介>
   http://ssdlfiles.s3.amazonaws.com/170627_testimonials_monogatari.pdf

 【2】鮒谷周史の圧巻!「転落続きの人生を、
   日記を書いて蘇生させた話」放談会音源
   https://shinkaron.buyshop.jp/items/5955812

   <当音源をお聴きくださった方から
    お寄せいただいた133ページにおよぶご感想紹介>
   http://ssdlfiles.s3.amazonaws.com/170630_testimonials_nikki.pdf


 【3】鮒谷周史の「圧巻!目標設定&目標達成」放談会
   &<フォローアップ編>&<Q&A>音源3本セット
   https://shinkaron.buyshop.jp/items/5162715

      ※<当音源をお聴きくださった方から
     お寄せいただいた370ページにおよぶご感想紹介>
   http://ssdlfiles.s3.amazonaws.com/170412_testimonials_mokuhyou.pdf

 【4】鮒谷周史の、圧巻!
   「極小リスク、ミドルリターン起業」放談会音源
    https://shinkaron.buyshop.jp/items/4931004

   <当音源をお聴きくださった方から
    お寄せいただいた80ページに及ぶご感想紹介>
   http://ssdlfiles.s3.amazonaws.com/170621_testimonials_kigyou.pdf


 【5】ブックライター上阪徹さん音源<聞く力&書く力編>
   https://shinkaron.buyshop.jp/items/5362691

   <当音源をお聴きくださった方から
    お寄せいただいた203ページに及ぶご感想紹介>
   http://ssdlfiles.s3.amazonaws.com/170704_testimonials_uesaka.pdf


  ▼その他の音源はこちらからお求め頂けます。
   https://shinkaron.buyshop.jp/


  ▼音源ダウンロード等でのトラブル、その他、
   ご不明な点については、どうぞお気軽に

   http://www.2nd-stage.jp/contact/


   あて、お問い合わせ頂ければと思います。

 -------------------------------------------




 今日も人生とビジネスを楽しみましょう!


 【今日のピークパフォーマンス方程式】   ■ローマは一日にして成らず。   ■本質的な変化・変容も、    一日にしては成らず、    しかし人には一定の可塑性があるので、    継続される刺激や負荷によって、    徐々に、やがては怒涛のごとくに、    急激な変化が生まれることとなる。   ■こうした構造を理解しているかどうかが、    継続的に変化・変容を遂げられるか否かの    分水嶺となる。

カテゴリ:



※現在、20万1602名が購読中。