毎日20万人が読んでいるビジネスコラム 平成進化論

日本最大級・毎日20万人が読んでいるビジネスメルマガ
「平成進化論」のバックナンバーをご紹介しています。

メールマガジン「見本」はこちら

5053号 【頑張る、というのは逃げの口上】頑張らないで済む方法を頑張って考える


■以前からメルマガをお読み下さっている方は、
 私(鮒谷)が、その思考において、

 松井証券の松井道夫社長に
 大きく影響を受けていることを、

 ご存知のことと思います。



■今日はたまたま必要があって、

 私が、これまでに記してきた

 「時々刻々の記」

 の中の

 「松井道夫語録」

 をひもといていたのですが、
 そこにはいくつもの名言が残されていました。



■その中のいくつかを紹介いたしますね。


 --------------------------------


 ▼企業の有用性責任。
  社会から有用だと思われるから利益がついてくる。


 ▼引き算の経営でいくべき。
  2-1=3、2+1=3。

  世の中が変化するほど
  捨てなければならないものが増えてくる。

  そのマイナスを排除すれば伸びるのは
  当たり前、それが経営。


 ▼マイナスする前にプラスを加えるな。
  捨てた余白に初めて新しいものが入ってくる。


 ▼(松下幸之助の言葉)
  執念のあるものは可能性から発想する。
  執念のないものは困難から発想する。


 ▼(それに触発された松井社長の言葉)
  不満は従属性からくる感情。
  不安は主体性からくる感情。


 ▼企業の最大のコストは時代とのギャップ。
  ギャップを生むのは社長の頭の中。
  したがって企業の最大のコストは社長の頭の中。


 ▼これまでの成功ルールと、
  これからの成功ルールは全く異なる。


 ▼企業の最大のコストは社長の頭の中にある


 ▼社長の頭の中が時代にフィットしなければ、
  あっという間に会社は潰れる。

  社長が若いとか、頭がいいから、とか、
  そんなものは一切、無関係。


 ▼哲学する(自分の頭で考えられる)人間で
  なければ、経営はできないのではないか。


 ▼頑張る、というのは逃げの口上。

  社員にはどうか皆さん、がんばらないように、
  といっている。

  頑張らないで済む方法を、
  頑張って考えてください、と(笑)


 ▼頑張って2割3割売上を伸ばすよりも、
  5倍、10倍、100倍、1000倍の変化をもたらすことを
  発想しろと。

  世の中は変化しているのだから、
  それに対応できればそのようになる。


 ▼実際に松井証券の扱い高は、
  私(松井道夫氏)が社長になってから
  300倍になっている。

  しかし従業員は減っている。

  頑張ってできることではない。
  発想を変えたからできたこと。


 ▼社長の仕事は時代のベクトルが
  どちらの方向を指しているか。

  どのくらいのスピードで進んでいるのか。
  それを察知するのが社長の仕事。


 ▼冷静に考えれば、ビジネスモデルなんて
  時が経てばカビが生えコモディティー化して
  過当競争に陥っていくのは世の中の常識。


 ▼会社を存続させるのに、
  最も重要なのがイノベーション。

  これを果たして、
  企業は生き延びることができる。


 ▼イノベーションにより企業は爆発的に発展します。

  商売の本質とはイノベーションを
  日々の商売の中で探し求め、
  実行することだと思っています。

  私はそれをこれからもやりたい。


 ▼今ある不要なものを否定し排除してこそ
  イノベーションは生まれます。

  不安と同居した強烈な危機感こそ
  イノベーションを生む原動力になるのです。


 --------------------------------


 いかがでしょう。


 やっぱり

 【成果に導いてくれる言葉】

 には、常に触れ続けておく必要がある、


 と改めて思われるのではないでしょうか。

 (私はそう思いました)



■以上に挙げた言葉中でも
 私(鮒谷)が記憶に残っている言葉は、


 (これは松井道夫さんの講演後の懇親会で
  直接、聞いた話ですが)


 --------------------------------


 ▼頑張って2割3割売上を伸ばすよりも、
  5倍、10倍、100倍、1000倍の変化をもたらすことを
  発想しろ。


 ▼会社を存続させるのに、
  最も重要なのがイノベーション。

  これを果たして、
  企業は生き延びることができる。


 --------------------------------


 との言葉でした。



■時代の趨勢を捉える。時代の流れに乗る。

 身体に汗をかくのも大事だけれども、
 頭に汗をかく。

 そして発想を転換させて、
 新しいビジネスの創造に取り組む。


 そんなことを継続的に続けていかないと、

 【この激動、激変の時代において、
  気がついたら完全に時代に取り残されていた】

 ということになりかねません。



■もはや

 【根性論とか気合いとか頑張りで
  なんとかなる時代】

 ではないとみんな気づいているから、
 猫も杓子もみな、

 「生産性、生産性、生産性、、、」

 と急に唱えるようになったのだと
 思いますが、


 極論いえば、

 【生産性と頑張りは無関係】

 なわけで、


 ※松井さんは上述の通り、これを


 --------------------------------

 ▼頑張る、というのは逃げの口上。

  社員にはどうか皆さん、がんばらないように、
  といっている。

  頑張らないで済む方法を、
  頑張って考えてください、と(笑)

 --------------------------------


 と言われていたわけですが。


 だからこそ、イノベーション志向を持たないと
 本当に

 【ビジネスの世界、経営の世界から、
  叩き出されてしまう】

 そんな恐怖感があります。



■またドラッカーも

 【企業の目的は顧客創造である以上、

  企業の基本的な機能は、
  マーケティングとイノベーションの2つしかない】

 と言っています。


 では、それほどビジネスに携わるものにとって
 大切な

 「イノベーション」

 について、その言葉はよく聞くけれども、
 あるいは、自ら

 「イノベーションを起こさなければ」

 などと偉そうに語りながら、

 おそらくその実、ほとんどの人は、
 イノベーションについて、

 真面目に勉強したことがないのではないでしょうか。


 (恥ずかしながらワタクシも、、汗)



■あるいは、社員や後輩から、

 「イノベーションって何ですか?」

 「どうしたら起こせるんでしょうか?」

 と尋ねられて、自信を持って答えられる人が
 どれほどあるでしょうか。

 (恥ずかしながらワタクシも、、汗)



■でも、そんな状態(イノベーションについて無知)
 だからこそ、

 「ついつい、
  不毛な頑張りに力を入れてしまう」

 という傾向も出てきてしまうのでは
 ないか、

 そんな風にも反省するのです。



■ここまで記したようなことに、

 「???」

 あるいは

 「!!!」

 といった形で心が揺さぶられた方は、

 【ハイか、イエスか、よろこんで!の精神で
  即申込み】

 なのではないかと強くお勧めしておきます(↓)


 ※少なくとも私(鮒谷)は、自らの過去の
  不勉強を恥じ、ここで勉強させて頂きますよ。

 -------------------------------------------


 【少人数・双方向性セミナー

  早稲田大学商学学術院教授をお招きしての、
  井上達彦さんプライベートセミナー

  「模倣の経営学」から読み解く
   イノベーション思考法 】


 【日時】2017年7月22日(土曜日)
     午後1時~午後5時半

     午後1時~4時半まで井上先生セミナー

     その後、休憩を挟んで5時半頃まで、
     井上先生の話を受けて鮒谷が放談いたします。

     ※終了時間はおおよその目安であり
      若干前後する可能性があります。

      予めご了承ください。


 【場所】東京・飯田橋の当社セミナールーム

     ※詳細はお申し込み下さった方に、
      改めてご案内。


 【参加費】35,000円(税込)


  <お申し込みは、今すぐ、こちらから(カード決済)>
  https://shinkaron.buyshop.jp/items/7411405

  <銀行振込でのお支払い希望の方はこちら>
  https://form.os7.biz/f/d7bddad6/


 ※お申し込みは先着順にて承ります。
  定員となり次第、受け付けを終了いたします。


 -------------------------------------------



■最後に、もう一つだけ、

 私(鮒谷)の好きな、ドラッカーの
 イノベーションにまつわる名言を紹介しておきます。


 --------------------------------

 企業家はイノベーションを行う。
 イノベーションは企業家に特有の道具である。

 イノベーションは、
 富を創造する能力を資源に与える。

 それどころか、
 イノベーションが資源を創造する。


 (ドラッカー名著集(5)『イノベーションと企業家精神』)

 --------------------------------


 イノベーションについて、

 まとまった時間をとって、勉強する機会なんて
 次にいつ来るか分からないのだから、

 いつ勉強するの?今でしょ!

 という流れで、以下からお申込み頂ければと
 思います。



■私の口車に乗せられて、参加してしまった、
 という方も、

 決して、後悔されないことをお約束します。


 (参加されなかった方は、その後、ずーっと、

  参加すべきだったとの後悔を
  抱え続けられるかもしれませんが、、)


  <お申し込みは、今すぐ、こちらから(カード決済)>
  https://shinkaron.buyshop.jp/items/7411405

  <銀行振込でのお支払い希望の方はこちら>
  https://form.os7.biz/f/d7bddad6/



■現在、当社にてご案内中の音源は、
 以下からお求め頂けます。


 -------------------------------------------

 <先週の売れ筋音源 BEST5はこちら
           ※7月2~7月9日・本数ベース>


 【1】鮒谷周史の、圧巻!『物語』を自在に操れる者だけが、
    人生を思い通りに生きられる」放談会音源
   https://shinkaron.buyshop.jp/items/6536488

   <当音源をお聴きくださった方から
    お寄せいただいた100ページにおよぶご感想紹介>
   http://ssdlfiles.s3.amazonaws.com/170627_testimonials_monogatari.pdf

 【2】鮒谷周史の圧巻!「転落続きの人生を、
   日記を書いて蘇生させた話」放談会音源
   https://shinkaron.buyshop.jp/items/5955812

   <当音源をお聴きくださった方から
    お寄せいただいた133ページにおよぶご感想紹介>
   http://ssdlfiles.s3.amazonaws.com/170630_testimonials_nikki.pdf


 【3】鮒谷周史の「圧巻!目標設定&目標達成」放談会
   &<フォローアップ編>&<Q&A>音源3本セット
   https://shinkaron.buyshop.jp/items/5162715

      ※<当音源をお聴きくださった方から
     お寄せいただいた370ページにおよぶご感想紹介>
   http://ssdlfiles.s3.amazonaws.com/170412_testimonials_mokuhyou.pdf

 【4】鮒谷周史の、圧巻!
   「極小リスク、ミドルリターン起業」放談会音源
    https://shinkaron.buyshop.jp/items/4931004

   <当音源をお聴きくださった方から
    お寄せいただいた80ページに及ぶご感想紹介>
   http://ssdlfiles.s3.amazonaws.com/170621_testimonials_kigyou.pdf


 【5】ブックライター上阪徹さん音源<聞く力&書く力編>
   https://shinkaron.buyshop.jp/items/5362691

   <当音源をお聴きくださった方から
    お寄せいただいた203ページに及ぶご感想紹介>
   http://ssdlfiles.s3.amazonaws.com/170704_testimonials_uesaka.pdf


  ▼その他の音源はこちらからお求め頂けます。
   https://shinkaron.buyshop.jp/


  ▼音源ダウンロード等でのトラブル、その他、
   ご不明な点については、どうぞお気軽に

   http://www.2nd-stage.jp/contact/


   あて、お問い合わせ頂ければと思います。

 -------------------------------------------




 今日も人生とビジネスを楽しみましょう!


 【今日のピークパフォーマンス方程式】   ■頑張らないで済むように、頑張りたい。    そのためにはイノベーションで    生産性を劇的に向上させる必要がある。   ■けれども、そもそも「イノベーション」が    何であるかを知らなければ、    イノベーションの起こしようもなければ、    生産性の劇的な向上が図れるはずもない。   ■頑張って2割、3割、    売上を伸ばすのではなく、    5倍、10倍、100倍、1000倍の    変化をもたらす発想が重要で、    その実現は、まさに「イノベーション」    からしか、もたらされないのだ。

カテゴリ:



※現在、20万1602名が購読中。