毎日20万人が読んでいるビジネスコラム 平成進化論

日本最大級・毎日20万人が読んでいるビジネスメルマガ
「平成進化論」のバックナンバーをご紹介しています。

メールマガジン「見本」はこちら

5034号 【幸せの青い鳥】環境を変えても、同じことが繰り返される理由とは


■今日は

 【他者からの評価】

 について、

 私(鮒谷)が考えていることについて
 記そうと思います。



■私が思うには、

 目の前にいる人に評価されたり、
  認められずして、

 より遠くにいる多くの人から評価されたり、
  認められることはありません。


 往々にして、

 目の前にいる人が評価してくれないから
 他のところに行って正当な評価をしてもらおう、

 という人がありますが、

 それでうまくいく人は少数派です。



■そのように思っている人の大半は、


 【自分は頑張っているし、
  成果を上げる能力もあるし、

  もっと評価されてよい、認められて良い】


 と認識しているわけですが、現実には、


 【それは自惚れや勘違いに過ぎず、

  周りにいるほとんどの人、あるいは全員から、
  特筆すべき何かを持っていると思われていないから、

  評価されず、認めてももらえていない】


 ことのほうが多いように思われ、
 とするならば、

 【(そもそも自分の能力や経験が乏しいという)
  不都合な真実】

 に向き合うところから、
 スタートしたほうがいいのかもしれません。



■もちろん例外的に、


 周りの人が自分の能力や才能や経験の凄さに
 気づいておらず、

 場所を変えたら、一気に頭角を現して
 その場所で評価される、認められる、

 ということもあるでしょう。



■でも、たとえば、


 普段から関わっている人が数人とか10人くらい
 といった閉じられた環境ではなく、

 相応に人付き合いをしている
 開かれた環境の中で

 認めてくれる人がいない、
 あるいは少ないということであれば、


 それはきっと、

 【周りの人の見る目がないというよりは、
  自分の至らなさに原因がある】

 と素直に認めたほうがよいのでは
 ないでしょうか。



■もちろんそれは自分にとって

 認めなくない現実であり、
 そこに焦点を合わせるのは痛みが伴うので、


 【自分の能力不足、才能不足、努力不足を
  棚に上げ、

  周りの人に見る目がない、と
  他者を断罪する】


 ほうが楽だし、簡単です。



■でも、そうしている間は一向に

 能力も高まらず、才能も強化されず、
 努力も行わないので、

 (ただ、人の短所を見つける視点のみが
  強化されることでしょう)


 ますます評価も尊重もされなくなり、
 さらに


 【自分の能力不足、才能不足、努力不足を
  棚に上げ、

  周りの人に見る目がない、と
  他者を断罪する】


 という

 【悪循環強化サイクル】

 に、はまり込むこととなるでしょう。



■おそらくは私(鮒谷)も含め、
 たいていの人は、

 (自分かわいさのあまり)

 自分の能力や経験は2倍にも3倍にも
 5倍にも10倍にも見積もり、


 反対に、


 他人の能力は経験については二分の一、
 三分の一、五分の一、十分の一、

 程度にしか見積もらないから、

 【彼我の能力についての、認識の差】

 が生まれてくるのです。



■その認識のギャップが、

 【他のところに行けば、
  きっと自分は然るべき評価をされるだろう】

 という大いなる勘違い、錯誤、思い込みを
 誘発するのです。



■でも、そもそも、

 自分に卓越した能力や経験がなければ、
 環境を変えても何も変わりません。


 どこかの段階でこの事実に気づかないと、
 永遠に


 【幸せの青い鳥

 (=幸せをもたらしてくれると思われる
   新しい会社(転職先)や新しい環境)】


 を探し続け、ずーっと不幸な状態に
 据え置かれたままとなるのです。



■あなたの周りにも、

 こうした行動が癖になってしまった人
 (たとえば、転職が常態となっている人)

 はいないでしょうか。

 ひょっとしたら、あなた自身がそうなっている
 かもしれませんね。



■こうした人は、いい加減、
 どこかで気づかなければなりません。

 真実を見つめる勇気を持たねばなりません。


 どうして私(鮒谷)がこんなことを
 偉そうに語る資格があると思っているかというと、

 何を隠そう、私自身に

 【幸せの青い鳥を求めての転職経験】

 があるからです。



■この会社は(上司は、同僚は)、

 俺の底知れぬポテンシャルを認識せず、
 理解もできず、引き出してくれないし、

 という壮大な勘違いが、

 幸せの青い鳥(=転職先)を探し求める
 大きな動機となったわけですが、


 (そもそも能力も経験もないし、
  そこまで努力もしてこなかったのだから、

  当然のごとくに)

 転職先でも、評価してくれる人も
 認めてくれる人も現れませんでした。



■今から考えると当たり前の話ですが、

 転職先において、自分の価値創出能力が
 あまりの乏しいことに気付かされ、

 ようやくそこで、

 【幸せの青い鳥は外部にいるのではなく、
  自分を磨くことによってしか手に入らない】

 ことと理解させられました。



■あなたが私(鮒谷)のように、
 こうした愚かな回り道をしないためにも、

 いま、もし、あなたが評価されたり、
 認められたり、褒められたり、

 といったことから縁遠いのであれば、


 それはきっと、

 (周りの人が、人間を見る目がないのではなく)

 単純にあなたが、

 評価されたり、認められたり、褒められたり
 するに足りる男(あるいは女)ではない、

 と素直に認めたほうがよい。



■まずはそこを受け入れて、

 これまでの2倍、3倍、あるいはそれ以上の
 努力を重ねない限り、

 【幸せの青い鳥を探し求め続けている
  夢見る夢子ちゃん】

 で人生を終えていくこととなるでしょう。

 、、、といったら言い過ぎでしょうか。



■でも私(鮒谷)自身の経験からすると、


 あまりにも狭い世界に、
 それなりの期間、閉じこもっていると

 【自分の身の程が分からくなってしまう】

 から、自分は頑張っているとか能力があると
 勘違いしてしまうのです。



■話は変わりますが、

 実は昨日から今日にかけて、私(鮒谷)は
 弁護士の高井伸夫先生と、萩市を訪れていました。


 私は十数年前、高井先生とご縁を頂き、以来、
 長い時間を共有する機会を頂戴してきました。

 (先月には鶴岡、その前の月は花巻、といった
  感じで、いろいろご一緒しています)



■そんな経験を長年、繰り返して、
 ようやく、

 【幸せの青い鳥がどこかにある】

 のではなく、

 圧巻レベルで仕事をされている高井先生を
 間近で拝見することによって

 【自分は単純に、圧倒的に努力が足りないから、
  報われてこなかっただけ】

 ということが身体で知らされました。



■そうなのです。

 圧倒的なレベル感を持つ人が身近にいないから


 【自分の能力不足、才能不足、努力不足を
  棚に上げ、

  周りの人に見る目がない、と
  他者を断罪する】


 といった行為に走ってしまうだけの話。



■そういう人が身近にいないと、

 【とんだ勘違いして、自分が優秀だと自惚れる】

 という恥ずかしいことになってしまうからこそ、


 【常に自分自身を相対化して眺める視点】

 を持っておく必要があるのです。


 私(鮒谷)は、いつも、
 高井先生とご一緒させて頂くことによって

 【常に自分自身を相対化して眺める視点】

 を頂戴しています。


 以上、余談を交えつつ、
 思うところをお伝えしましたが、

 参考にして頂けるところがありましたら
 幸いです。




■現在、当社にてご案内中の音源は、
 以下からお求め頂けます。


 -------------------------------------------

 <先週の売れ筋音源 BEST5はこちら
           ※6月12~6月18日・本数ベース>


 【1】鮒谷周史の、圧巻!『物語』を自在に操れる者だけが、
    人生を思い通りに生きられる」放談会音源
   https://shinkaron.buyshop.jp/items/6536488

 【2】鮒谷周史の圧巻!「転落続きの人生を、
   日記を書いて蘇生させた話」放談会音源
   https://shinkaron.buyshop.jp/items/5955812

 【3】鮒谷周史の「圧巻!目標設定&目標達成」放談会
   &<フォローアップ編>&<Q&A>音源3本セット
   https://shinkaron.buyshop.jp/items/5162715

      ※<当音源をお聴きくださった方から
     お寄せいただいた370ページにおよぶご感想紹介>
   http://ssdlfiles.s3.amazonaws.com/170412_testimonials_mokuhyou.pdf

 【4】鮒谷周史の、圧巻!
   「極小リスク、ミドルリターン起業」放談会音源
    https://shinkaron.buyshop.jp/items/4931004

   <当音源をお聴きくださった方から
    お寄せいただいた80ページに及ぶご感想紹介>
   http://ssdlfiles.s3.amazonaws.com/170621_testimonials_kigyou.pdf

 【5】ブックライター上阪徹さん音源<聞く力&書く力編>
   https://shinkaron.buyshop.jp/items/5362691


  ▼その他の音源はこちらからお求め頂けます。
   https://shinkaron.buyshop.jp/


  ▼音源ダウンロード等でのトラブル、その他、
   ご不明な点については、どうぞお気軽に

   http://www.2nd-stage.jp/contact/

   あて、お問い合わせ頂ければと思います。

 -------------------------------------------




 今日も人生とビジネスを楽しみましょう!


 【今日のピークパフォーマンス方程式】   ■環境を変えても、一向に評価が変わらない    とすれば、その理由は明白で、    【自分のことを棚に上げて、     他人の人物鑑定眼のせいにする】    そんな他責の精神に原因がある。   ■結局のところ、環境を変えても、自分が    変わらなければ、    どこにいっても同じような評価しか    受けないのは当然の話。   ■圧倒的レベルの人と出会うことによって    自分の基準が破壊されたときに初めて、    自分を作り変えないと、自らの運命も    変わらないのだ、    と気づけることとなる。

カテゴリ:



※現在、20万1602名が購読中。