毎日20万人が読んでいるビジネスコラム 平成進化論

日本最大級・毎日20万人が読んでいるビジネスメルマガ
「平成進化論」のバックナンバーをご紹介しています。

メールマガジン「見本」はこちら

5022号 【安定は退屈、変化は恐怖】幸福感をコントロールするための3つの変数とは


■人の幸福感を決定づける要素の一つに、

 【安定と変化の最適バランス】

 というものがあると考えています。


 (人によって多少の差はあるでしょうけれども)

 一般的には、人は

 【完全なる安定の世界には、退屈を覚える】

 ものだし、


 反対に

 【完全なる変化の世界には、恐怖を感じる】

 ものではないでしょうか。



■たとえば、


 仕事にしても、決してリストラはない会社で、
 9時から5時で仕事はおしまい。

 さしたる高給ではないけれども、
 生活できないレベルではない。

 仕事の内容そのものはルーチンワークを
 ただひたすらに回すだけ。


 そんな生活が40年続き、
 さらにはプライベートにおいても、

 代わり映えのしない、固定化された生活が
 延々と続く、

 ということであれば、


 たいていの人は、その生活には面白みがなく、
 退屈で息が詰まり、

 幸福感を感じられることはほとんどない、

 といった状態になるのではないでしょうか。



■反対に、


 何をやるのも自由だけれども、
 全く生活の安定感がなく、

 うまく当たれば大飛躍できるし、
 失敗すれば路頭に迷う、

 そんなエキサイティングな環境に身を置いて
 ドーパミンがドバドバ放出される人も、

 中にはあるかもしれませんが、


 たいていの場合、

 「そこまでの変化の振れ幅には、
  さすがに恐怖感を覚える」

 という人も少なくないのではないでしょうか。



■すなわち、

 平均的な人にとって、幸せを感じながら
 生きていきたいのであるならば、


 【完全なる安定と、完全なる変化の間にあるはずの、
  幸福をもたらす均衡ポイントの存在】


 を意識されるとよいのではないでしょうか。


 私(鮒谷)自身、

 【完全なる安定はあまりにも退屈だし、
  完全なる変化はむしろ恐ろしい】

 と感じます。



■だからこそ、

 自分で会社を設立し、ビジネスを興し、
 メディアを運営し、

 (このビジネスは、
  おおよそ変化をコントロールできる

  = 一定の安定を手に入れることができる)

 という基盤を作ったうえで、


 その上に、

 「向こう数年ないし十数年、数十年という
  人生を見据えて、

  自らリスクを取って、未来に向けての
  変化の種を今から蒔いていく」

 ことを意識的に行っているのです。



■さらにいうと、人間、


 【ある年代までは変化を求めて、
  失敗しても再起ができる可能性が高い】

 けれども、


 やがて、どこかのタイミングで、

 【むしろ、最低限の安定を手に入れた上でなければ、
  変化を追い求めることは危険】

 という時期に入ったことを理解するときが
 訪れることでしょう。



■こうしたことを理解し、


 【長期の時間軸を意識して、

  一定の安定を手に入れた後、そこからさらに
  アクセルを踏み、変化を求め、

  そこでさらなる安定を手に入れたら、
  再び加速して変化の世界に入っていく】


 ことを繰り返すと良いのではないでしょうか。



■つまり、車の運転には

 【アクセルとブレーキ】

 の両方を適度に調整する必要があるように、


 意識的に、

 【長期の時間軸を意識しつつ、変化と安定の
  バランスを取ろうという意思を持つ】

 ことによって、

 実際にその方向に向かって車(=自分の人生)を
 楽しく安全に進めていくことができるのではないか、

 と考えているのです。



■ここまでの話をまとめると、

 【安定と変化、そして時間軸という、
  3つの変数を意識する】

 ことにより、

 自らの幸福感をある程度まで
 コントロールできるのでは、

 という仮説を立てましたよ、ということです。



■こうした、

 「QOL(人生や生活の質)を意識し、
  幸せを感じるために生活する」

 といった目的から逆算し、
 人生設計を行うことは、

 少なくとも私(鮒谷)にとっては
 極めて大切な考え方であり、


 であるがゆえに、

 これまでもそのようなことに心がけて
 日々を生きてきたつもりです。



■そんな話を先日、

 個別コンサルの席にてクライアントさんに
 お伝えしたところ、


 それは斬新な考えである、
 といたく驚かれ、

 むしろ、そのことについて、
 私(鮒谷)のほうが驚いたこともあり、


 これは一度、メルマガでお伝えしておこうと思い、
 以上の通り、記した頂いた次第です。


 あなたの人生、ビジネス、キャリア構築にとって
 一つのヒントになりましたら幸いです。



■現在、当社にてご案内中の音源は、
 以下からお求め頂けます。


 -------------------------------------------

 <先週の売れ筋音源 BEST5はこちら
           ※5月29~6月4日・本数ベース>


 【1】鮒谷周史の、圧巻!『物語』を自在に操れる者だけが、
    人生を思い通りに生きられる」放談会音源
   https://shinkaron.buyshop.jp/items/6536488

 【2】鮒谷周史の圧巻!「転落続きの人生を、
   日記を書いて蘇生させた話」放談会音源
   https://shinkaron.buyshop.jp/items/5955812

 【3】鮒谷周史の「圧巻!目標設定&目標達成」放談会
   &<フォローアップ編>&<Q&A>音源3本セット
   https://shinkaron.buyshop.jp/items/5162715

      ※<当音源をお聴きくださった方から
     お寄せいただいた370ページにおよぶご感想紹介>
   http://ssdlfiles.s3.amazonaws.com/170412_testimonials_mokuhyou.pdf

 【4】鮒谷周史の、圧巻!
   「極小リスク、ミドルリターン起業」放談会音源
    https://shinkaron.buyshop.jp/items/4931004

 【5】ブックライター上阪徹さん音源<聞く力&書く力編>
   https://shinkaron.buyshop.jp/items/5362691


  ▼その他の音源はこちらからお求め頂けます。
   https://shinkaron.buyshop.jp/


  ▼音源ダウンロード等でのトラブル、その他、
   ご不明な点については、どうぞお気軽に
   
   http://www.2nd-stage.jp/contact/
   
   あて、お問い合わせ頂ければと思います。

 -------------------------------------------




 今日も人生とビジネスを楽しみましょう!


 【今日のピークパフォーマンス方程式】   ■人の幸福感を規定する要素に、    【安定と変化の最適バランスを保つ】    ということが挙げられるのではないか。   ■このバランスは人それぞれ異なるため、    個々人で見つける必要がある。   ■長期の時間軸を意識しつつ、    両者のバランスを保ちながら    最低限の基盤(安定)を構築したうえで、    再び、新たな変化を求め、未来への播種を    行うことで日常の満足度は向上し、    更には充実した未来も約束されるだろう。

カテゴリ:



※現在、20万1602名が購読中。