毎日20万人が読んでいるビジネスコラム 平成進化論

日本最大級・毎日20万人が読んでいるビジネスメルマガ
「平成進化論」のバックナンバーをご紹介しています。

メールマガジン「見本」はこちら

5017号 やめられない止まらない、の世界までお客さまを導く


■何度か書いて来ましたが、


 商売において大切なことは


 【どうすれば売れるかを考えることではなく、

  どうすれば買わずにおれなくなる状態に
  入って頂くか】


 その方策を考えること。



■どこまでいっても

 「どうすれば売れるか」

 を考えるのは、

 【こちら都合の目線】

 です。

 お客さまからすれば、何の関係もありません。


 反対に、

 「どうすれば買わずにおれない状態に
  入って頂くか」

 という問いは

 【お客さま都合の目線】

 です。



■油断するとすぐに

 【自分中心目線】

 になりますが、その傾向に気がつくたびに

 【お客さま中心目線】

 に転換させなければなりません。


 これを毎日、毎日、来る日も来る日も、
 繰り返すうちに

 【商売繁盛は、向こうから近づいてくる】

 こととなるのです。



■私(鮒谷)は日々、

 コンテンツ提供に明け暮れていますが、
 その目的はひとえに

 【お客さまが、提供サービスを欲しくて欲しくて
  たまらない状態に入って頂く】

 ため。


 どんな傾向のコンテンツを
 セミナーや音源等で発信しているのか、

 あるいは何をコンサルで伝えているのか、
 どんな強みを持っているのか、

 といったことは相当程度のボリュームの
 コンテンツを発信することによってしか、

 イメージしていただくことができないのです。



■ダラダラと、月に一度、週に一度くらいの
 頻度で、コンテンツを発信していても、

 その程度では、
 お客さまの熱量が上がりません。


 だからこそ、毎日、毎日、
 膨大な量のコンテンツを発信し続けています。



■私(鮒谷)は日々、

 お客さまの声の提供に明け暮れていますが、
 その目的はひとえに

 【お客さまが、提供サービスを欲しくて欲しくて
  たまらない状態に入って頂く】

 ため。


 まだ購入していない人が一番気にするのは、

 「支払った代価以上の価値を、
  果たして提供してもらえるのだろうか」

 ということですが、

 その判断のためには実際の利用者の体験談を
 ご覧頂くのが、最も有効です。



■売り手がいくら一生懸命、

 「うちの商品、サービスは凄いよ!」

 と連呼しても、

 「そりゃ、自分の商品を売りたいだけでしょ」

 といわれたら、ぐうの音も出ません。


 そこに実際のユーザーからの、

 儀礼的、義務的な感想ではない、
 体温を感じられる感想が紹介されていたら、

 いやがうえにも

 【お客さまが、提供サービスを欲しくて欲しくて
  たまらない状態に入って頂く】

 ことが促進されるでしょう。



■私(鮒谷)は日々、

 自分の活動報告を発信することに
 明け暮れていますが、

 その目的はひとえに

 【お客さまが、提供サービスを欲しくて欲しくて
  たまらない状態に入って頂く】

 ため。


 元気も活力も向学心も向上心も賑わい感も
 感じられない人や会社から、

 商品を買いたい人がいますかね、

 という話。



■どうせ何かを買うなら、毎日、凄い勢いで
 変化している人や会社から買いたくないですか。

 少なくとも私(鮒谷)は、そう思っています。

 だから横着せず、手を抜かず、毎日、
 圧倒的なボリュームのメルマガをお届けしています。



■私(鮒谷)は日々、

 たくさんの方との出会いに明け暮れていますが、
 その目的はひとえに

 【お客さまが、提供サービスを欲しくて欲しくて
  たまらない状態に入って頂く】

 ため。


 リアルに対面することによってのみ、
 お客さまの真のニーズ(潜在ニーズ)が分かります。

 机に向かって、椅子に座っているだけで
 お客さまの不満や欲求は分かりません。



■徹底した対話や傾聴を通してのみ、
 真に求められている価値が見えてくるのです。

 だから、毎日、毎日、
 放談会、セミナー、会食、面会等を通して、

 出来る限り、多くの方と会い、
 対話を重ねることに尽力しています。



■私(鮒谷)は日々、

 出来る限り大量の活字に触れることに
 明け暮れていますが、

 その目的はひとえに

 【お客さまが、提供サービスを欲しくて欲しくて
  たまらない状態に入って頂く】

 ため。


 普通の人よりも圧倒的に良質の情報に
 接し続け、インプットし続けることによって、

 お客さまの求める価値を提供できると
 信じているからです。



■こうしてインプットしたコンテンツを、

 セミナーや放談会、音源、コンサルといった形で、
 お客さまの喜ばれる形で提供できれば、

 (次の商品、サービスにおいても)

 【お客さまが、提供サービスを欲しくて欲しくて
  たまらない状態に入って頂く】

 ことが可能になるでしょう。



■いずれもいずれも、

 【自分目線ではなく、お客さま目線で
  考え、さらには行動する】

 ことを目的として行っていることであり、
 これらを継続して取り組むことによって

 【自然と売れていく状態】

 を作り上げることができるようになるのです。



■他にもまだまだ、

 【お客さまが、提供サービスを欲しくて欲しくて
  たまらない状態に入って頂く】

 ための取り組みをしていますが、
 長くなりすぎるので、これくらいで。


 ドラッカーの有名な言葉に

 【マーケティングの理想は、
  セリング(販売)を不要にする】

 というものがありますが、

 私の頭の中で
 いつもグルグルと回し続けている言葉です。



■この言葉を

 (誤解を恐れず、あえて、
  もっと直感的に分かる言葉で表現すれば)

 【お客さまが「陥落」せざるを得ない状態に
  導くところまで全力を尽くす】

 ことがビジネスの肝ではないかと思います。



■もちろん、その結果として

 【一度目の購入(陥落)】

 を頂いても、その商品・サービスが
 ゴミのようなものなら

 【次はない】

 わけですから、


 【一度目の購入の次に、
  必ずやってくる一度目の評価】

 をクリアするために、全力で商品・サービス開発を
 行う必要があるでしょう。



■この試験に合格すれば、次は

 【二度目の購入(陥落)】

 となるでしょう。


 もちろん

 【二度目の購入の次に、
  やってくる二度目の評価】

 も合格点を頂くことができ、

 【三度目、四度目、五度目、、、】

 をひたすらクリアし続けると、
 やがては


 【かっぱえびせんの如き、
  やめられない止まらない状態

 (=攻撃される前に、
   自らの意志で門を開く=継続的陥落)】


 という、ビジネスにとっての理想状態が
 生み出されることとなるでしょう。



■この状態は、

 【顧客が価値を感じて下さっているから、
  継続的に購入頂けることとなり、

  同時に、もちろん、
  提供者は然るべき代価を頂戴できている】

 という、

 【商売の王道】

 とでもいえる状態です。


 商売人は、
 この世界を目指さなければならない、

 ということが今日の結論。



■そして実は、ここまでの話は

 「どうせ商売人の話だし、
  サラリーマンの俺には、私には関係ない」

 と思われている方もあるかもしれませんが、


 抽象度を高めて考えてきたら、

 【人間関係全般においても適用される、
  普遍的な法則であり、目指す世界】

 ともいえるのではないかと思います。



■そんなことも考えつつ、この機会にぜひ、
 改めて、

 【自分都合の目線】

 【他者都合の目線】

 について、思いを巡らせてみられては
 いかがでしょう。



■その他、現在、当社にてご案内中の音源は、
 以下からお求め頂けます。


 -------------------------------------------

 <先週の売れ筋音源 BEST5はこちら
           ※5月29~6月4日・本数ベース>


 【1】鮒谷周史の圧巻!「転落続きの人生を、
   日記を書いて蘇生させた話」放談会
   https://shinkaron.buyshop.jp/items/5955812

 【2】ブックライター上阪徹さん音源<聞く力&書く力編>
   https://shinkaron.buyshop.jp/items/5362691

 【3】鮒谷周史の、圧巻!
   「極小リスク、ミドルリターン起業」放談会
   https://shinkaron.buyshop.jp/items/4930966

 【4】鮒谷周史の「圧巻!目標設定&目標達成」放談会
   &<フォローアップ編>&<Q&A>音源3本セット
   https://shinkaron.buyshop.jp/items/5162715

 【5】(3日間セミナー参加者向けにご案内していた)
   3日間セミナーフォローアップ音源・全6回セット

   ※当該セミナーに参加していない方も
    お求め頂けるようになりました
   https://shinkaron.buyshop.jp/items/5005270


  ▼その他の音源はこちらからお求め頂けます。
   https://shinkaron.buyshop.jp/


  ▼音源ダウンロード等でのトラブルについて、
   ご心配な点などありましたら、どうぞお気軽に

   http://www.2nd-stage.jp/contact/

   あて、お問い合わせ頂ければと思います。


 -------------------------------------------




 今日も人生とビジネスを楽しみましょう!


【今日のピークパフォーマンス方程式】  ■「どうすれば買ってもらえるか」ではなく   「どうすれば欲しくてたまらない」状態に   入って頂けるか、   それを考えるのが「商売」である。  ■買わずにおれなくなって購入し、   さらにその商品の満足度が高ければ、   二度目、三度目も継続購入の流れとなる。  ■これが四度、五度、かっぱえびせんの如き   「やめられない止まらない状態」   に入って頂く、そこまで商売に全力を   傾注しなければならないということ。  ■お客さまがハッピーで、結果として販売者   もハッピーになる。   商売の理想形ではないか。  ■この考え方は商売のみならず、広く、   人間関係全般にも適用できるだろう。  ■いずれもポイントは「自分目線」ではなく   「他人目線」を中心に置くことだ。

カテゴリ:



※現在、20万1602名が購読中。