毎日20万人が読んでいるビジネスコラム 平成進化論

日本最大級・毎日20万人が読んでいるビジネスメルマガ
「平成進化論」のバックナンバーをご紹介しています。

メールマガジン「見本」はこちら

4997号 「物語を紡ぎ、世界観が構築されていく」に従って、人生が楽しくなっていく


■誤解を恐れずに言えば

 【人間関係においては、互いの間で、
  常に「世界観の提示」が繰り広げられている】

 といえるでしょう。


 言葉で表すこともあれば、

 (明確に言葉で発することはなくても)
 態度や立ち居振る舞いによって、

 「俺(私)の世界観は、
  ○○で、□□で、△△である」

 と日々、提示し続けているのです。



■人はみな、世界に二つとない、
 自分独自の

 【世界観】

 を持って生きています。


 違う言葉でいえば(強弱はあれども)

 【信念】【信条】【確信】

 を持って生きているということです。



■これらの強固さ、堅固さ、強大さから生まれる

 【各人の一貫性】

 の交流によって、

 【影響を与えたり、影響を受けたり】

 を繰り返していることを


 【人間関係においては、互いの間で、
  常に「世界観の提示」が繰り広げられている】

 という言葉を用いて表したつもりです。



■ちなみに言っておくと

 【物語なき、世界観】

 はありません(ありえません)。


 あなたが

 【(この小説の、この漫画の、このアニメの)
  世界観に惹かれる】

 というときには、必ず、


 【物語を通じて、伏流水のごとくに流れている
  世界観】

 を感じているわけです。



■ちなみに私(鮒谷)であれば、

 こうして毎日、メルマガを記しては
 発信することによって、


 【鮒谷の、日々のほんの少しの歩み】

 をお届けし、


 【それらの蓄積、累積、継続が、

  『NHK朝の連続テレビ小説』のごとくに
  物語化されていくことを狙っており、

  物語を編み続けることによって、
  一貫性を持った世界観が生み出され、


  その世界観に共鳴下さる方と、

  ご厚誼を結ぶようになったり、
  お客さまになって下さったり、

  といったことが起こる】


 ことを狙って、
 発信を重ねているということになります。



■この話が後付けでないことは
 今から13年ほど前、

 「2004年8月27日号」

 のメルマガバックナンバーが
 お手元にある方であれば、

 以下の文章を見つけることによって
 ご確認頂けるかと思います。


 (ここから)
 -------------------------------------


 ストーリーをもって、生き様、人生を語り、
 そこに感情が付与されることによって、

 より親近感が湧くものなのかもしれませんね。


 この「感情」というのは共感かもしれませんし、
 同意かもしれませんし、

 気付きや発見、であるかもしれません。

 あるいは、ひょっとしたら疑問であったり、
 否定であるのかもしれませんが。


 いずれにしても、感情が伴うから、
 「情報を発信する人」に対する注目が集まる。

 そんな風にも感じています。


 「平成進化論」は
 NHK朝の連続ドラマ、のようなもの。

 それは筋書きのない、
 いまだエンディングの定まっていない、

 毎日毎日、実況中継でお届けするドラマ、
 というイメージを持っています。


 -------------------------------------
 (ここまで)




■ここまでお読み下さったあなたであれば


 生きていく上で

 【物語を紡ぐ】

 【世界観を構築する】

 という言葉を意識していくのと、
 そうでないのとでは、

 時間の経過とともに、
 大きく結果が異なっていくのであろう、


 ということは、
 既にもうお分かりのことと思います。



■日々、物語を紡ぎ、世界観を確立することを
 意識し、日常を営んでいけば、


 (察しの良いあなたであれば、
  既にお気付きの通り、

  実は、物語の創造や世界観の確立は
  【時々刻々の記】と密接不離の関係にありますが、

  それはまた別の話)


 自ずから、自身の意識も変容するから、
 行動も変わっていくこととなるでしょう。



■その延長線上には、

 【他者への世界観の提示】

 を行う際の

 【圧倒的、かつ、強靭な世界観の披露】

 が可能になるわけですから、


 【『物語』を自在に操れる者だけが、
  人生を思い通りに生きられる」】

 と言い切っても良いのです。



■本日は限られた誌面ゆえ、
 ほんの少ししかお伝えできませんでしたが、

 先にご案内した

 【物語放談会音源】

 においては、ここに記した以外の

 【あなたが「物語」を意識して
  生きなければならない40個の理由】

 について、詳(つまび)らかにしています。


 【創刊5000日・記念発売

  ※5月31日(水曜日)23時59分59秒までは
   期間限定 特別価格】


 にてお届けする、


 【『物語』を自在に操れる者だけが、
  人生を思い通りに生きられる」

  ~あなたが「物語」を意識して
   生きなければならない40個の理由とは~

  放談会音源】


 は以下からお求め頂けます。



■ぜひ、当音源を

 【圧倒的な世界観を構築し、
  圧巻レベルの物語の紡ぎ手】

 となるための契機として、
 ご活用頂くことを願っております。


 そして、これはもう、
 ハッキリ申し上げますが、

 【「物語」を意識することなくして
  人生を生きるとか、仕事をするとか、

  もはや想像することすらできない】

 という

 【世界観】

 の中で、私(鮒谷)は生きています。



■こうした世界観に

 【賛同、共鳴、共感、関心、興味】

 を覚えて下さる方があれば、

 まさに、そうした方の琴線に間違いなく、
 確実にヒットするであろう音源であることは、

 お約束しておきたいと思います。



■ちなみに。これまでいろんな人を見てきましたが、

 【即断・即決・即実行】

 さえすれば、大きな結果を残せますよとは、
 口が裂けても言えませんが、


 【即断・即決・即実行】

 の習慣を持たずに大きな成果を上げている人を
 私は見たことがありません。



■即断・即決・即実行で(↓)


 -------------------------------------

 <カード決済を希望される方はこちらから>
 https://shinkaron.buyshop.jp/items/6536488

 ※カード決済であれば、お申込後、
  即、お聴き頂くことも可能です。


 <銀行振込ならびに携帯プレイヤー版を
  ご希望される方はこちらから>

 https://form.os7.biz/f/08b65f49/

 -------------------------------------


 あなたのお申込みをお待ちしております。




■現在、当社にてご案内中の音源は、
 以下からお求め頂けます。


 -------------------------------------------

 <先週の売れ筋音源 BEST5はこちら
           ※5月8~5月14日・本数ベース>

 【1】鮒谷周史の圧巻!「転落続きの人生を、
   日記を書いて蘇生させた話」放談会
   https://shinkaron.buyshop.jp/items/5955812

 【2】ブックライター上阪徹さん音源<聞く力&書く力編>
   https://shinkaron.buyshop.jp/items/5362691

 【3】鮒谷周史の、圧巻!
   「極小リスク、ミドルリターン起業」放談会
   https://shinkaron.buyshop.jp/items/4930966

 【4】鮒谷周史の「圧巻!目標設定&目標達成」放談会
   &<フォローアップ編>&<Q&A>音源3本セット
   https://shinkaron.buyshop.jp/items/5162715

 【5】(3日間セミナー参加者向けにご案内していた)
   3日間セミナーフォローアップ音源・全6回セット

   ※当該セミナーに参加していない方も
    お求め頂けるようになりました
   https://shinkaron.buyshop.jp/items/5005270


  ▼その他の音源はこちらからお求め頂けます。
   https://shinkaron.buyshop.jp/


  ▼音源ダウンロード等でのトラブルについて、
   ご心配な点などありましたら、どうぞお気軽に

   http://www.2nd-stage.jp/contact/

   あて、お問い合わせ頂ければと思います。

 -------------------------------------------




 今日も人生とビジネスを楽しみましょう!


 【今日のピークパフォーマンス方程式】   ■人間関係においては、互いの間で、常に    「世界観の提示」が繰り広げられている。   ■世界観を提示し合うことによって、    影響を与えたり、受けたり、が    繰り返されている。   ■またその繰り返しから共感、共鳴、反発、    敵意といった感情も生まれてくる。   ■自らを鼓舞し、さらには他の人にも関心を    持ってもらうためにはどうしたって    【物語を編み続け、世界観を構築する】    必要があるのは、もはや、いわずもがなの    こと。   ■であるにも関わらず、意識していない人は    全く意識していない。   ■物語や世界観といった言葉に意識を払い    ながら生きている人と、そうでない人、    時を経て、果たして同じ結果であり続ける    のであろうか。

カテゴリ:



※現在、20万1602名が購読中。