毎日20万人が読んでいるビジネスコラム 平成進化論

日本最大級・毎日20万人が読んでいるビジネスメルマガ
「平成進化論」のバックナンバーをご紹介しています。

メールマガジン「見本」はこちら

【解禁!】鮒谷周史の『転落続きの人生が、日記を書いたら蘇生した話』


■こんにちは、鮒谷です


 先日、東京と大阪において、

 「日記の書き方放談会」
 
 を開催しました。


 タイトルには

 「日記の書き方」
 
 とつけましたが、その実質的な内容としては、
 

 【日記を書くことによって、
  転落傾向にある人生を蘇生させる方法】


 をお伝えしたものとなります。



■これまでメルマガでも触れてきたように
 私(鮒谷)は中学入学以来、社会人になるまで

 (いや社会人となってからも)


 ▼病的な責任感の欠如

 ▼病的な学習意欲欠乏症
 
 ▼病的な先送り癖

 ▼病的な敵前逃亡癖

 ▼病的な責任転嫁癖

 ▼病的なまでの成り行き任せ思考

 ▼病的な仕事遂行能力の欠如

 ▼病的なまでの場面糊塗思考(志向)
  →その場を凌ぐための嘘偽り癖
   嘘で嘘を塗り固めてドツボにはまるタイプ

 ▼病的なまでの短期的思考

 ▼病的なまでの未来志向の欠如

 ▼病的なまでに現状から目をそらす傾向
 
 ▼病的なまでの他人に対する無関心

 ▼病的なまでの、なんとなかる思考
  →結局、なんともならず、強烈なストレスに
   さいなまされる

 ▼病的なまでの「何かしたいのに、何もしていない」
  ところから生じる毒素の蓄積量


 等々、無数の「病気」に苦しんできました。



■小学生の頃は「神童」と持て囃された
 私(鮒谷)なのに(!)

 中学入学と同時に、この病気が発病し、
 山上から転がり落ちる岩のごとく、

 転落の一途をたどる人生が始まりました。

 
 「いつになったら止まるのか」
 
 「そのうちきっと止まるだろう」

 と思っていましたが、
 いつまで経っても転がり続け、

 いや、むしろ加速度を増しつつ、
 激突するまで、転がり続けるかと思われ、

 「人生が詰む恐怖に支配された、そのとき」

 一筋の光明が見えたのです。



■セミナー中にもお伝えした

 「ある出来事」

 をきっかけとして、まずは名言集を作り始め、
 次に、日記を書くことを始め、

 やがて「時々刻々の記」へと
 進化させることにより、

 徐々に人生が作り変わり始めることと
 なりました。



■ご存知かもしれませんが、

 「STORYS.JP」

 という有名なサイトがあり、
 そこからたくさんの書籍化がされたわけですが、


 (例)

 『学年ビリのギャルが1年で
  偏差値を40上げて慶応大学に現役合格した話』

 『強烈なオヤジが高校も塾も通わせずに
  3人の息子を京都大学に放り込んだ話』 
 
 『うつ病で半年間寝たきりだった僕が、
  PC1台で世界を自由に飛び回るようになった話』 

 『社長が逮捕されて上場廃止になっても
  会社はつぶれず、意思は継続するという話』

 『Fラン大学生が英語を猛勉強して
  日本のトップ商社に入る話』


 まさにここに紹介されているほどの、
 
 「劇的な出来事」

 が、

 日記を書くことによって紡ぎ始めた言葉から
 私の体を通して体現されることとなりました。



■いつかこのサイトに

 【 転落続きの人生が、
   日記を書いたら蘇生した話 】

 として書きたいと思っているくらいに。


 実は、そんな話を先日、

 東京ならびに大阪にて、
 話をさせてもらったわけなのです。


 
■両者のうち、より反響の大きかった方の
 収録音源をご案内しようと思っていたところが、

 両方の音源をお聴き下さった方々から
 お話を伺ったところ、

 
 「大阪開催分は、日記を書くことの効果効能が、
  分かりやすく、非常によくまとまっている」

 けれども、

 「それゆえ本線から脱線した、
  余談、放談が東京よりも少ないのが残念」


 そして、

 「東京開催分は、余談、放談が多く、
  日記にフォーカスしきれていないように感じる」

 けれども

 「それゆえ、豊穣な文脈の中から
  日記を書く意義、意味を捉えられる」


 といったご意見が拮抗する状況に。
 


■そんなこともあり、

 「どちらかをご案内」

 ではなく

 「いずれもをご案内」

 することとさせていただいた次第です。


 2つ合わせると、収録時間は

 ▼全収録時間:約8時間5分
  ※大阪:3時間44分、東京:4時間21分
 
 という大部なものとなりますが、

 「正真正銘、レジュメなしの放談会」

 ゆえ、両者の内容の重複は
 半分ほどしかありません。



■また、同じ内容でも切り口を変えて
 伝えているのでむしろより理解が深まる、

 とテスト的にご案内した方々からは
 好評を博しておりますので、

 両方を楽しみながらお聴き頂くことで
 一層の定着を促すことができるはずですし、

 きっとご満足頂けるものと確信しております。



■そしてもし、お求め下さる方があるならば

 -------------------------------------

 「先に東京音源をお聴き頂き、

  大量の余談、放談で多方面からの
  学びを入れて脳をほぐし」
 

 「次に大阪音源を聴いて、

  ピンポイントで語られた日記の効果効能を、
  より鮮明な形で理解する」

 -------------------------------------

 という順番でお聴き頂くと良いのでは
 ないかと考える次第です。



■以下は実際に、両方の音源をお聴き下さった、
 
 株式会社アーチ・コア インコーポレーテッド
 代表の多陀賢二さんより頂戴したご感想となります。

 ※多陀さん、ありがとうございます!

 (ここから)
 -------------------------------------


 鮒谷さんのメルマガはもう十年以上
 愛読させていただいており、

 ただの愛読者ではなく、
 「鮒谷さんファン」というレベルだと
 思っております。


 今回の放談会。

 普段から自分も、日々の気づきと発信は、
 ビジネスにおいても重要項目と考えていて、

 またクライアント様にも
 何度もお伝えすることなので、


 鮒谷さんの「日記」が、
 ボクの気づき&発信に絶対に勉強になる、

 と確信し、お申し込みさせて頂きました。

 が、、なんと当日に
 ギックリ腰を発症してしまい、

 もう泣く泣く断念。


 「まぁ、また音源を購入しよう」

 と思っていたら、なんと!次の日に
 音源を送って来ていただきました!

 (寝たきりの間、ヘビーローテーションで
  聴かせていただき、助かりました!)


 その後、メルマガで
 東京の音源販売のお知らせがあり、

 その中で鮒谷さんが、

 「4~5割は大阪と違い、
  オリジナルになっております」

 みたいなことを書かれていたので
 即申し込み。


 ということで、

 大阪と東京の日記放談会の「聴き比べ」という、
 とても貴重な機会を得ることができました(笑)



 ~以下、簡単なまとめメモより~


 ▼(どんな些細なことであっても)
  日々の気づきを日記に書くことで、
  頭にインプットする

 ▼書いたことで、整理される

 ▼とある社会人と会ったことがきっかけ

 ▼「やる気」と「その気」だと、「その気」が大切

 ▼言葉というのは「意思決定基準」である

 ▼言葉により、思考が洗練される

 ▼習慣化を習慣化する

 ▼どうせ出来ないも、出来るも勘違い、
  どうせ勘違いなんだから出来る!

 ▼過去の解釈を書き換える

 ▼苦しい時代があったからこそ、
  上から目線にならず、クライアントと
  同じ目線で共感、共有できる

 ▼同時に未来にも意識を飛ばす

 ▼日記を書くことで、未来への目標に対して、
  確実に意識できる時間となる

 ▼そうすることで、日々現実的、臨場感が増していく

 ▼そして、自尊心も確実に上がっていく仕組み

 ▼成功者に「なりきる」ことから始めてみる

 ▼そうすると、クライアントさんに
  「ミラクルな結果」が起きるようなる

 ▼理不尽なクレームも「ありがたい」を
  言い続けていくと、本当にありがたくなってくる

 ▼情報解釈装置を上質にしていく

 ▼コミュニケーション能力は正規分布である

 ▼人は「一貫性のある」「ブレない」人に惹かれる


 両方の音源を聴き比べると、

 鮒谷さんが言われる通り、
 感覚的に5~6割の内容は同じですが、

 枝葉に分かれる話や、例えの話は
 同じ内容であっても、

 聴いていると全然違う印象!

 これは新しい発見でした。


 今まで、違う放談会を聴き比べすることは
 もちろんなかったわけですが、

 正直こういう勉強の仕方もあるな、
 と思いました。


 今回の日記放談会を聴いて、

 普段の発信が大切であることは
 言うまでもありませんが、

 発信には必ず「言葉」がのっていくわけで、

 その言葉をいかに洗練させていくか?
 ということについて、

 この日記放談会の中にヒントがありました。


 他にも鮒谷さんのお話の中で、

 いまちょうど考えているビジネスのヒントも多くあり、
 参考になりました。

 ただ、ひとつ残念なのは、
 鮒谷さんの「日記」を直に見れなかったこと(笑)


 で、両方聞き比べて、個人的な感想ですが、
 本編はもちろんのこと期待値120%のものなのですが、

 枝葉の部分は言ってみれば、
 その場のタイミングというか、ライブという感じ。


 それが大阪と東京とで違っていて、

 「気を入れる」の経験談が
 東京の方がより細やかな?描写で、

 具体的で、赤裸々で、共感できる内容で、
 また特に面白かったので(笑)

 鮒谷さんにも直接メッセージを
 送ってしまいました!


 是非、両方の音源を販売していただき、

 大阪に出た方は東京の音源を、
 東京に出た方は大阪の音源を聴き比べると、

 新たな発見があると思います。


 次回は(放談会の中でもおっしゃっていた)
 「発信の放談会」を期待しています。

 鮒谷さん、貴重な機会を与えていただき、
 ありがとうございました!


 (株式会社アーチ・コア インコーポレーテッド
           代表 多陀賢二さま)


 -------------------------------------
 (ここまで)


 ということで、

 まだまだ当音源について、書きたいことは
 山のようにあるのですが、まずは

 【本日、解禁!】

 のご案内を急ぎ、行うべきであるかと思い、
 発信させて頂きました次第です。



■お申込みは以下より、お願いいたします。


 「人生に起死回生の一発を!」

 と願われている方にとっては、
 
 「最強に効く音源」

 に仕上がっていると自信を持って
 お届けいたします。



■なんといっても、聴きどころは、

 私(鮒谷)が如何にダメな人間であったのかを、
 隠すところなく、赤裸々に語り、

 さらに、そんな私が、どのようにして
 日記を書いて「蘇生」を果たしたのか、

 「具体的事例ならびに、理論的根拠」
 
 そして

 「あなたは具体的に、何をどのようにして
  日記を書くべきか」

 を語っているところ。



■これまで日記を書いたことがない、
 という方に向けてお伝えした

 「初級編」

 から、日々、日記を書いている人向けの

 「上級編」

 まで、レベルに応じた処方箋もお渡ししています。



■お聴き頂ければ分かると思いますが、


 こんな奴(鮒谷)でも「蘇生」したのだから、

 根が真面目なあなたが「蘇生」できない
 はずがない、


 と信じられると思いますし、
 音源をお聴き頂いた後は、いきなり

 「明日からの活力と、具体的な実践法」

 が手に入るはず。



■1日早く取り組めば、1日早く

 「蘇生の旅」
 
 を歩み始められます。

 ぜひ、急ぎ、お聴き頂ければと思います。

 
 ちなみに、今回は、

 「定価48,000円+税」のところを、
 早期割引として

 【 4月28日(金)までの期間限定 】

 で「42,000円+税」にてご提供させて頂きます。
 

 また、ご感想をお寄せ頂ければ、なんと

 【 実質39,000円(+税) 】

 で音源をお求め頂けることとなりますので、
 この機会にぜひお求めくださいませ。



■お申込みは、以下より、今すぐ。


 -------------------------------------


 【鮒谷周史の圧巻!

  「転落続きの人生が、
   日記を書いたら蘇生した話」放談会
 
  <大阪開催分>&<東京開催分>音源セット】


 ▼全収録時間:約8時間5分

  ※大阪:3時間44分、東京:4時間21分


 ▼価格:今なら【 実質39,000円(+税) 】


  定価48,000円+税のところ、

  【 4月28日(金)までの期間限定 】

  で「42,000円+税」にてご提供させて頂きます。


  さらに、ご感想を頂戴できましたら、

  当社音源販売にてご利用いただける

  【 3,000円分の割引クーポン(6ヶ月間有効)】

  をご提供致します。


 ※カード・コンビニ決済はこちらから

 https://shinkaron.buyshop.jp/items/5955812


 ※銀行振込でのお支払い、携帯オーディオプレイヤー版を
  をご希望の場合は、下記フォームからご注文願います。

 https://form.os7.biz/f/7e5b8a66/

 -------------------------------------


 追伸、

 セミナーに参加下さった方から
 以下のようなご感想も頂戴しております。

 ※蔵本さん、ありがとうございます!
  
 (ここから)
 -------------------------------------


 本日はありがとうございました。


 今回はじめて、鮒谷さんの放談会に
 参加させていただきました。


 とはいえ、

 目標設定音源の三部作の音源の素晴らしさに
 圧倒され、

 その勢いでフォローアップセミナー音源まで購入し、

 この3ヶ月ほど脳に染み入るまで
 聞き続けていましたので、

 こちらは全く初めてお会いした気が
 しませんでした。


 鮒谷さんの思想を学ばせて頂いて
 一番認識が変わったのが、

 「書く」ということについての意味づけでした。


 ここ10年くらいで人生が好転してきた実感が
 ありましたが、(大変スピードの遅い変化ですが...)

 それがなぜなのかは
 自分自身つかみきれていませんでした。


 しかし、鮒谷さんのお話をお聞きして、
 ブログを書くことや

 本を読んで印象的な文を抜き出す作業を行う中で、
 自分の思考のOSが切り替わってきたこと。


 そして、その中でつきあう人が変化してきて、
 自分のステージが変わってきたのだと理解できました。


 そんな中でご案内いただいた

 「日記放談会」

 でしたので、

 鮒谷さんの「書く」思想の集大成が
 あるものと期待して、

 迷わず参加させていただきました。

 結果は期待をはるかに上回るものでした。


 日記は目標を達成するためのツールと定義する、
 というところから、

 目標と日記の関係が明らかになり、
 書くことのパワフルさを改めて認識しました。


 ここで、最も感じたことが、

 日記をパワフルなものするためには、
 目標は高くなければいけない、

 ということ。


 今までは高くても良い、

 くらいの認識だったので、

 これは年始に立てた目標を見直さなければ
 いけないと感じました。


 さらに、「過去」「未来」「現在」に対しての
 日記の効用、

 特に日記により「過去」まで変えられるのだ、

 ということ、

 そして、初級、中級、上級と分けられた
 日記の書き方は、本当にわかりやすかったです。


 そして、なんといっても今回の一番大きな収穫は、

 長年、悩み続けていた目標の精度の問題の
 答えが得られたことでした。


 事前にかなり長文の質問をお送りさせて
 頂いていたのですが、

 「やりたいことは書ける、
  やりたくないことは書けない」

 という一言の答えに、
 今までのモヤモヤが吹き飛び、

 叫びたくなるような高揚感を感じました。


 筋トレはどこの筋肉に効いているか
 意識しながら行うと、効果が高くなるといいます。

 私は脳のトレーニングも同じことだと
 思っています。


 今回、鮒谷さんにメカニズムをお教え頂いたので、
 
 これから自分の成長が
 さらに加速することを確信しています


 この度は良い機会を頂きまして、
 本当にありがとうございました。


 (半導体エンジニア 蔵本 貴文 さま)


 -------------------------------------
 (ここまで)


 お申込みはこちらから、いま、すぐ(↓)


 -------------------------------------


 【鮒谷周史の圧巻!

  「転落続きの人生が、
   日記を書いたら蘇生した話」放談会
 
  <大阪開催分>&<東京開催分>音源セット】


 ▼全収録時間:約8時間5分

  ※大阪:3時間44分、東京:4時間21分


 ▼価格:今なら【 実質39,000円(+税) 】


  定価48,000円+税のところ、

  【 4月28日(金)までの期間限定 】

  で「42,000円+税」にてご提供させて頂きます。


  さらに、ご感想を頂戴できましたら、

  当社音源販売にてご利用いただける

  【 3,000円分の割引クーポン(6ヶ月間有効)】

  をご提供致します。


 ※カード・コンビニ決済はこちらから

 https://shinkaron.buyshop.jp/items/5955812


 ※銀行振込でのお支払い、携帯オーディオプレイヤー版を
  をご希望の場合は、下記フォームからご注文願います。

 https://form.os7.biz/f/7e5b8a66/

 -------------------------------------


 <今日の名言>


 自分の考え、経験、思いつき、学んだことなどを
 記録として日記につけることは、

 知力の明瞭性、正確さなどを向上させるだろう。
 
 (スティーブン・コヴィー『7つの習慣』著者)



 始める人は、もう始めていますよ。

 あなたのお申込みを
 心よりお待ちしております。


          鮒谷周史拝

カテゴリ:



※現在、20万1602名が購読中。