毎日20万人が読んでいるビジネスコラム 平成進化論

日本最大級・毎日20万人が読んでいるビジネスメルマガ
「平成進化論」のバックナンバーをご紹介しています。

メールマガジン「見本」はこちら

4956号 内面に刺さるように、書くべし!書くべし!


■今のような

 「情報過剰社会」

 にあっては、


 どれだけ優秀であったとしても、

 他者に見つけてもらい、
 価値を見出してもらえなければ、

 価値提供を行う機会すら与えてもらえません。



■丹下段平はジョーに向かって

 「内角をえぐるように、打つべし!打つべし!」

 と教えましたが、


 なかなかチャンスを掴めないと嘆いている諸兄に
 向かって、私(鮒谷)は、

 情報過剰社会にあっては、
 何をさておいても、

 「(読み手の)内面に刺さるように、
  書くべし!書くべし!」

 と声を大にしてお伝えしたいのです。



■来る日も来る日も、自分の価値を高め続け、

 さらにはその価値を認めてくれるであろう、
 未だ見ぬ、その人に向けて、

 「書くべし!そして発信すべし!」

 なのです。


 ここに、いくら能力の高い人があったとしても、
 黙っていて、誰が見出してくれるのかという話。



■誰かに認められ、
 自身の価値を感じてもらうためには、


 「自分が何者であるのか、
  何ができるのか、できないのか、

  自分の強みは何か、
  自分の弱みは何か、

  何をやりたいのか、
  やりたくないのか、

  何を大切にしているのか、
  していないのか」


 といったことを考え、逐一、言葉に落としたものを
 外部に伝達する必要があります。


 すると、

 発信情報に興味を示してくれる人は集まり、
 興味のない方は離れていかれる、

 といったことが起こるようになるのです。



■離れていかれる人があったとしても
 それでいい。

 一人ひとり、
 求めているものが違うわけだから、

 そもそも、万人に適合するものなど、
 渡せるはずがないからです。


 そのように理解すれば、発信への躊躇など
 一切、なくなります。



■これを徹底して行っていくと、

 もしあなたが何らかのビジネスを
 しているのであれば、

 徐々に競争とは無縁の世界に入っていく
 こととなり、高い利益率も約束される、

 面倒なクレームに悩まされることも
 なくなります。



■クレームとは、事前の期待とかけ離れたものを
 提供されたときに生じるものだから、

 何ができ、何ができず、
 何を大切にし、何には重きをいていないのか、

 といったことを事前にハッキリと伝えてさえ
 おけば、クレームはほぼ皆無になるのです。


 必然的にビジネスもシンプルになるでしょう。



■だから私(鮒谷)も、

 もちろん私にはこれができる、
 これはできない、

 といったことを明確に記し、伝えています。


 たとえば、

 「放談ですよ、レジュメないですよ、
  高いですよ」

 と伝えた上で、さらに


 「でも、どんな内容を話すか、

  おおよそのイメージをつけて頂くための
  情報は多量に発信していますし、

  実際にお越し下さった方のお声も
  お渡ししているので、そちらを参考にして、

  『安全地帯』に身を置いたまま、
  吟味を重ね、ご決定下さい」


 と発信しているから、
 一切の面倒ごとが起こりません。



■こんなことを書いていて改めて思ったのですが、
 一昔前には想像もできなかったような、

 大企業であってもバタバタと倒れていく、
 何が起きるか分からない、

 「常在戦場の時代」

 であるからこそ、


 これからは一人ひとり、

 「何が起きても、個人として生き延びられる力、
  自活能力、生存能力」

 を平時のときから鍛えておくべきなのでは
 ないでしょうか。



■そして個人として生き残るために、

 必要不可欠の能力にして、
 最優先で鍛える必要があるのが


 「他者に関心を示してもらい、
  次いで、価値を感じてもらい、

  やがては声をかけたくなってしまう、
  そんな文章を書ける力」


 です。



■一朝、ことが起きたとき、普段から、
 こうした能力を意識的に鍛えてきたのか、

 あるいは、

 先送りし、逃げ続けてきたのかによって
 その後の運命が決定づけられる、

 ということもあるわけです。

 特にこれからの時代はますますそうでしょう。



■そんな

 「発信習慣」

 の準備としての

 「日記習慣」

 に、まずは取り組んでみることは
 文字通り、転ばぬ先の杖になるのでは。


 自身の思考をまとめるための
 日記も書けないのに、

 いきなり情報発信を始めるのは

 「100年早い」
 「無謀にも程がある」

 といったら言い過ぎでしょうか。



■でも本当に、よく見聞きする話が、

 「情報発信はビジネスに有効」

 と聞いて、

 能力も磨かず、何の準備もできていない人が
 いきなり発信に取り組み、討ち死にする、

 (あっという間に折れて、脱落してしまう)

 という事例。



■そんなことにならないためにも

 「急がば回れ」

 ではありませんが、


 これからの時代の必須リテラシーともいえる

 「何が起きても、個人として生き延びられる力、
  自活能力、生存能力(=個人としての発信力)」

 を身につけるためも、


 まずは、

 【基本的な日記の書き方=型】

 を身につけた上で、

 ぜひ次のステップ(外部への情報発信)に
 踏み出されるとよいのではないでしょうか。



■気になる

 【基本的な日記の書き方=型】

 はこちらの音源をお聴き頂くことによって
 手に入れることができるでしょう。


 私(鮒谷)が、長年かけて編み出した、

 「効果効能を体感いただける、
  日記の書き方講座」

 をぜひ聴いてみて下さい。


 -------------------------------------


 【鮒谷周史の圧巻!

  「転落続きの人生を、
   日記を書いて蘇生させた話」放談会

  <大阪開催分>&<東京開催分>音源セット】


 ▼全収録時間:約8時間5分

  ※大阪:3時間44分、東京:4時間21分


 ▼価格:今なら【 実質39,000円(+税) 】


  定価48,000円+税のところ、

  【 4月28日(金)までの期間限定 】

  で「42,000円+税」にてご提供させて頂きます。


  さらに、ご感想を頂戴できましたら、

  当社音源販売にてご利用いただける

  【 3,000円分の割引クーポン(6ヶ月間有効)】

  をご提供致します。


 ※カード・コンビニ決済はこちらから

 https://shinkaron.buyshop.jp/items/5955812


 ※銀行振込でのお支払い、携帯オーディオプレイヤー版を
  をご希望の場合は、下記フォームからご注文願います。

 https://form.os7.biz/f/7e5b8a66/

 -------------------------------------


 既に大勢の皆さまがお求め下さっております。

 毎度、ありがとうございます!

 始める人は始めています。



■その他、当社が提供している各種音源となります。


 -------------------------------------------

 <先週の売れ筋音源 BEST5はこちら
           ※3月27~4月1日・本数ベース>


 【1】ブックライター上阪徹さん音源<聞く力&書く力編>
   https://shinkaron.buyshop.jp/items/5362691

 【2】鮒谷周史の、圧巻!
   「極小リスク、ミドルリターン起業」放談会
   https://shinkaron.buyshop.jp/items/4930966

 【3】鮒谷周史の「圧巻!目標設定&目標達成」放談会
   &<フォローアップ編>&<Q&A>音源3本セット
   https://shinkaron.buyshop.jp/items/5162715

 【4】鮒谷周史の目標設定Q&A放談会音源(3部目)
    https://shinkaron.buyshop.jp/items/5205372

 【5】鮒谷周史の目標設定フォローアップ音源(2部目)
    https://shinkaron.buyshop.jp/items/5133777


  ※その他の音源はこちらからお求め頂けます。
   https://shinkaron.buyshop.jp/

 -------------------------------------------




 今日も人生とビジネスを楽しみましょう!


 【今日のピークパフォーマンス方程式】   ■今のような情報過剰社会にあっては、    「適切に発信することによって、     認識され、さらに価値を感じてもらい、     遂には声をかけてもらえる存在になる」    世界を実現させる情報発信能力は、    生きるための、必須の武器である。   ■一寸先は闇、次の瞬間に何が起きるか    分からぬ常在戦場の時代であるからこそ、    個人として生き延びる力の源泉となる    「書いて、発信する力」    を転ばぬ先の杖ではないけれども、    平時のときから鍛えておくべきだ。   ■全くそうした取り組みを行ったことのない    人は、文字を認(したた)める習慣、    端的に言えば、日記を書くところから    訓練を始めるのが良いだろう。

カテゴリ:



※現在、20万1602名が購読中。