毎日20万人が読んでいるビジネスコラム 平成進化論

日本最大級・毎日20万人が読んでいるビジネスメルマガ
「平成進化論」のバックナンバーをご紹介しています。

メールマガジン「見本」はこちら

4954号 「成功する人は皆、決断が早い」の真の意味


■あなたも

 【成功する人は皆、決断が早い】

 という言葉を聞いたことがあるでしょう。

 これは本当にその通りだと思います。


 いろんなジャンルのトッププレーヤーを
 観察してきましたが、

 いずれもいずれも、みな、決断が
 やたらと早いのです。



■反対に、

 何ごとにつけ逡巡するクセのある人は、
 どんな意思決定を迫られても

 「また、今度」
 「また、明日」
 「また、来週」
 「また、来月」

 といった形で決断を先送りしています。

 (思い当たる節のある方も多いのでは)



■「行動」の前には
 必ず「決断」があるのだから、

 決断を先送りすることはそのまま
 行動の先送りにつながります。


 ここで考えて頂きたいのは

 「行動して失敗するリスク」

 と

 「行動せず機会を損失するリスク
  (「不作為の損失」と呼びましょう)」

 いずれがが大きいかという話。



■前者のリスクを取ったことによって
 ときに生じる損失は可視化されますが、

 後者のリスクを取ることにより
 生まれる損失は永遠に可視化されません。


 だから前者は強調され、
 後者は無視されがちとなるのです。

 (↑ここ、超重要!)



■けれども考えてみれば、

 行動して、たとえ失敗したとしても、

 後日、それは様々な形で
 経験や学びとして転換されるもの。


 たとえ、一時的に
 経済的な損失を被ったとしても、

 爾後、その出来事を

 「頂門の一針」

 として、自らの戒めとするならば、
 それは意味ある失敗であり、

 「長い目で見れば、
  安い買い物であった」

 となることも往々にしてあるものです。



■反対に

 「やらなかったがゆえに、
  気付かず、垂れ流している損失」

 は何の経験にも学びにもつながらず、
 ただただ、

 時間の浪費につながるだけ。



■さらにはその時間は、
 経験にも学習にも成長にも寄与せず、

 ただ、

 「いこか、もどろか」
 「やろか、やるまいか」

 の逡巡によって脳内メモリが消費され、

 ただでさえ前に進めないのが
 ますます前進を阻まれるようになり、


 最終的には

 「自らの不作為から生まれる後悔により、
  自尊心が毀損される」

 ことにすらなりかねません。



■目標設定3部作をお聴き下さった方は
 お分かりのことと思いますが、

 「こうした人がまさに
  『毒素系の人』となる」

 わけです。


 この状態に完全にはまり込んでしまってから
 復活するのは容易ではないので、

 まだ、決断と行動を行うエネルギーが
 残されているうちに

 「迷ったら即決断」

 の習慣を身につけなければなりません。



■たとえば私(鮒谷)であれば、

 「ランチをどの店で食べるか」

 「メニューの中で何を選ぶか」

 「この本を買うか、買わぬか」

 といった些細な意思決定も、
 数秒以内で行うように決めています。


 それは、せっかちから来るものではなく、

 「油断すると、あっという間に
  先送りしてしまうという悪癖」

 が復活するのを恐れるゆえ、

 「日々、自らを躾ける」そんな意味合いで、
 即断即決を自身に課しているわけです。



■こうした即断即決の意思決定を
 日々、繰り返していると、いつの間にか

 「(無意識レベルで)
  決断が早まっていく」

 ことともなるでしょう。


 はじめは意識レベルで
 決断を早めていたのが、

 徐々に、無意識レベルで
 決断が早まっていくことになるのです。



■ここまでいくと、放っておいても

 「不作為の損失が極小化され」

 その上で、

 「行動してうまくいくこともあり、

  反対に、たとえ失敗したとしても
  貴重な経験や学習や成長を遂げられる」

 というサイクルに身を置けるように
 なるはずです。



■このサイクルが回り始めた人から順番に
 どんどん結果を出していくことになるから、

 「成功する人は皆、決断が早い」

 と言われるのです。


 ただ、この言葉は、
 結果から言えば、そうとも言えますが、

 実際のところは、


 (ここまで記してきたようなことを
  深く理解したことにより)

 【意識して自身に即断即決の姿勢を
  躾けることによって、

  決断が早くなり、行動量も増え、
  経験、学び、成長の速度が加速する。

  その結果として成功した】


 というのがより正確な物言いでありましょう。



■だから、目の前に

 「これは!という学びの機会」

 が訪れたときもまた、
 即断即決の姿勢を貫くべき。


 世に

 「迷う理由が値段なら買え、
  買う理由が値段ならやめとけ」

 という言葉もありますが、


 値段で迷っているということは、

 「値段相応(あるいは、それ以上の)
  価値がある」

 とは理解しているということ。



■けれども、もし、
 この意思決定を先送りすると、上述の通り、

 「その後も悩み続けるという
  時間の浪費」

 「あそこで購入しなかったという後悔」

 のいずれか、あるいは両方のダメージを
 受けるのです。



■だからこそ、

 自らの変革、変容を志す人であるならば
 すべからく

 「ハイか、イエスか、喜んで!」

 の三択(実質、一択ですが)

 であるべきと私(鮒谷)は思います。


 「迷う理由が値段なら買え、
  買う理由が値段ならやめとけ」

 の2行は、

 「購買の意思決定における
  最強の言葉(最強の意思決定基準)」

 なのです。



■昨日よりご案内を開始した、


 【鮒谷周史の圧巻!

  「転落続きの人生を、
   日記を書いて蘇生させた話」放談会

  <大阪開催分>&<東京開催分>音源セット】


 についても、

 「迷う理由が値段なら買え」

 と自信を持って、お伝えしておきます。



■なんといっても、

 【鮒谷25年に及ぶ日記人生
  (日記を書いて自らを蘇生させた話)
  の集大成的な、

  日記を書く意義&ノウハウ・ドゥハウ】

 を、わずか8時間という時間に
 濃縮・凝縮・圧縮して語っている自信作。



■中国のことわざに

 「三年勤め学ばんよりは、
  三年師を選ぶべし」

 という言葉がありますが、


 このことわざの意味は、

 「三年かけて独学で勉強するより、
  三年かけて師匠を探したほうが良い」

 といったようなもの。



■何ごとを教わるにしても、

 (ど素人から教わるより)

 「経験者・熟達者であり、加えて

 (天才肌の人は案外、感覚で実行するから
  言語化できず、聴いても分からないから)

  当該分野の言語化能力を鍛えてきた人」

 から学ぶべきなのはいうまでもないこと。



■政治や経済やワードやエクセルや
 数学や化学や武道や華道については、

 もちろん私(鮒谷)から
 学ぶべきではありませんが、

 「日記を書いて、人生を刷新する」

 ことについては、25年の日記人生を通して
 一家言を持っているつもり。


 ここまでお読み下さり、迷っている理由が
 値段であるならば、ぜひ、お求め下さい。

 そうでなければ、あなたが当音源を
 お求めになる必要はないでしょう。



■以下より、お求め頂けます。

 「ハイか、イエスか、喜んで!」

 の三択で、どうぞ。

 -------------------------------------


 【鮒谷周史の圧巻!

  「転落続きの人生を、
   日記を書いて蘇生させた話」放談会

  <大阪開催分>&<東京開催分>音源セット】


 ▼全収録時間:約8時間5分

  ※大阪:3時間44分、東京:4時間21分


 ▼価格:今なら【 実質39,000円(+税) 】


  定価48,000円+税のところ、

  【 4月28日(金)までの期間限定 】

  で「42,000円+税」にてご提供させて頂きます。


  さらに、ご感想を頂戴できましたら、

  当社音源販売にてご利用いただける

  【 3,000円分の割引クーポン(6ヶ月間有効)】

  をご提供致します。


 ※カード・コンビニ決済はこちらから

  https://shinkaron.buyshop.jp/items/5955812


 ※銀行振込でのお支払い、携帯オーディオプレイヤー版を
  をご希望の場合は、下記フォームからご注文願います。

 https://form.os7.biz/f/7e5b8a66/

 -------------------------------------


 既に大勢の皆さまがお求め下さっております。

 毎度、ありがとうございます!

 もう始める人は始めています。



■その他、当社が提供している各種音源となります。


 -------------------------------------------

 <先週の売れ筋音源 BEST5はこちら
           ※3月27~4月1日・本数ベース>


 【1】ブックライター上阪徹さん音源<聞く力&書く力編>
   https://shinkaron.buyshop.jp/items/5362691

 【2】鮒谷周史の、圧巻!
   「極小リスク、ミドルリターン起業」放談会
   https://shinkaron.buyshop.jp/items/4930966

 【3】鮒谷周史の「圧巻!目標設定&目標達成」放談会
   &<フォローアップ編>&<Q&A>音源3本セット
   https://shinkaron.buyshop.jp/items/5162715

 【4】鮒谷周史の目標設定Q&A放談会音源(3部目)
    https://shinkaron.buyshop.jp/items/5205372

 【5】鮒谷周史の目標設定フォローアップ音源(2部目)
    https://shinkaron.buyshop.jp/items/5133777


  ※その他の音源はこちらからお求め頂けます。
   https://shinkaron.buyshop.jp/

 -------------------------------------------




 今日も人生とビジネスを楽しみましょう!


 【今日のピークパフォーマンス方程式】   ■「成功した人は皆、決断が早い」と    と言われる。   ■これはその通りであるが、    「意識して自身に即断即決の姿勢を     躾けることによって、     決断が早くなり、行動量も増え、     経験、学び、成長の速度が加速する。     結果として成功した」    というのがより正確なところではないか。   ■即断即決のリスクは可視化されやすく、    先送りのリスクは可視化されにくいゆえ、    尚のこと、論理的な思考を働かせ、自らに    「決断と実行」の回路を埋め込むべし。

カテゴリ:



※現在、20万1602名が購読中。