毎日20万人が読んでいるビジネスコラム 平成進化論

日本最大級・毎日20万人が読んでいるビジネスメルマガ
「平成進化論」のバックナンバーをご紹介しています。

メールマガジン「見本」はこちら

4942号 続・「ど素人」にアドバイスを求め、教えられたことを聞くの愚


■昨日は

 【「ど素人」にアドバイスを求め、
   教えられたことを聞くの愚】

 という(過激な?)タイトルで、


 未経験、専門外、ど素人であるにもかかわらず
 アドバイスをしたがる人に対して、

 どのような心持ちで接すればよいかについて、
 思うところを記しました。


 今日も続けます。



■ビジネスにおいては、

 (おそらくは、
  あなたが考えている以上に)

 誰からアドバイスを得るかに
 注意を払うべき。


 今の時代は

 「一億総評論家時代」

 ともいえる時代で、


 何か意見を求められたら、あるいは、
 意見を求められてもいなくとも、

 (質はともかくとして、情報の量だけは
  豊富に流通しているから)

 「耳年増的感覚でもって、

  何にでも首を突っ込み、
  アドバイスしたがる人が激増中」

 そんな社会的な背景があるからです。



■こうしてなされるアドバイスが、
 つねに的を射たものであれば良いのですが、

 いつの時代も

 「その道のプロ」

 といえる人は100人に1人もありません。



■いや、一流クラスを求めるならば、

 1000人に1人、それ以上に低い割合でしか
 存在しないと考えておくべきです。


 つまりは身近に人に
 下手にアドバイスを求めても

 「ど素人の講釈」

 を聞かされることのほうが
 圧倒的に多いであろう、

 ということ。



■何の意思も持たず、努力もせず、

 「(その道のプロフェッショナルとの)
  棚ぼたの邂逅」

 を求めても、


 (確率論的に出会いの可能性がないわけでは
  ありませんが)

 おそらくはたいていの場合、

 「然るべき人」

 と出会う前に、

 テキトーなアドバイスに従い、手持ちの資源
 (時間や精神力、体力、経済力等)

 を使い果たしてしまっていた、
 となるのがオチでありましょう。


 だからこそ、どんな道を求めようとしても、
 誰につき、どんなアドバイスを受けるかについて、

 吟味、精査する必要があるのです。



■ここで大きく話題を変えますが、
 私(鮒谷)は

 「本物」

 という言葉が好きです。


 「然るべき、適切なアドバイスを
  してくれる人(=本物)」

 は、当該分野の知識を持っているのは
 当然のこととして、


 「持てる知識を相手の状況に応じて
  自在に組み合わせ、

  (外から見れば)都度、全く新しい創造性を
  発揮しているように見える人」


 と定義しています。



■そうした能力を持つ、プロのアドバイザーは、

 顧客に対して、徹底してヒアリングをし、
 相手の状況に応じて

 「(杓子定規で画一的ではない)
  最適と思われる解」

 を臨機応変、当意即妙、きわめて柔軟な形で
 提示することが出来る人、

 と、言えるでしょう。



■そのような

 「本物の人」

 は、つねに学び続けているのみならず、
 実践し続けている人と言えるでしょうし、

 だからこそ、たとえハードルが高くても、
 そうした人を探しあて、

 直接の学びを得るべきです。



■また、逆の立場から言うと、

 何かの分野において
 アドバイスを行おうとする人は、

 上に記したようなレベルで
 戦う決意と覚悟をしなければ、お客さまに

 「期待を上回る価値」

 をお出しし続けることは、
 到底できるものではありません。



■つまり、本日お伝えしたかったのは、

 教えを請うときには
 然るべき経験と知識をあわせ持つ、

 「真のプロフェッショナル(本物)」

 を頼るべきであり、


 と、同時に、

 自分自身が何かの分野において
 アドバイスをする立場にあるならば、

 同じく、誰に、どんな状況に対しても、
 ただ同じ回答を渡すということではなく、


 相手のコンテクスト(文脈)に
 合致する解を都度、生成しては、

 理解いただける形で提示できる腕を
 持たなければならない、

 ということです。



■私(鮒谷)は

 「教えを受ける立場」

 にあると同時に、

 「アドバイスをする立場」

 にもあるわけですが、


 そのいずれの立場においても
 ここまで記してきたような高い基準を持ち、

 妥協することなく、意識を払って
 取り組んできたつもりですし、

 もちろん、これからもそのつもり。



■以下は当社でご提供させて頂いている
 音源です。


 -------------------------------------------

 <現在、当社にてご案内中の音源・セミナーは
  こちらからご確認頂けます>

 https://shinkaron.buyshop.jp/

 -------------------------------------------




 今日も人生とビジネスを楽しみましょう!


 【今日のピークパフォーマンス方程式】   ■ビジネスにおいては誰からアドバイスを    受けるかは、決定的に重要である。   ■いついかなる時代にも、どんな分野でも、    一流のプロは1000人に1人、いや、    それ以下の割合でしか存在しないからだ。   ■だからこそ、教えを請う際には、    誰からどのようなアドバイスを受けるか、    徹底的に吟味、精査した方がよいだろう。   ■反対に、自身が何かの分野において、    アドバイスをする立場にあるのなら、    知識の提供は当然として、それに加え、    相手の状況に応じた解を自在に生成し、    提示できるレベルにまで至っていなければ    顧客の期待を満足させられるはずもない。

カテゴリ:



※現在、20万1602名が購読中。