毎日20万人が読んでいるビジネスコラム 平成進化論

日本最大級・毎日20万人が読んでいるビジネスメルマガ
「平成進化論」のバックナンバーをご紹介しています。

メールマガジン「見本」はこちら

4924号 鮒谷が「ビジネス百科全書」を編もうと思ったわけ


■私(鮒谷)は、


 (今は大変であっても)
 生きている間に徐々に逓増する人生、

 すなわち、時間の経過とともに
 だんだんと良くなっていく人生を送りたい、


 と思っています。



■ある程度の年齢になったときに、
 人生を振り返ってみても、

 「致命的な後悔はなく、
  相応に満足できる人生であった」

 と回顧できるように。


 間違っても、この反対、


 「こんなはずではなかった」

 「この年になって、
  こんなことになるとは思いもよらなかった」

 「まさか自分がこんな状態に置かれるとは」


 という言葉を使いたくはありません。



■ビスマルクは

 「愚者は経験に学び、
  賢者は歴史から学ぶ」

 という言葉を遺していますが、


 人生においては幾多の人が
 自分の先を歩いてきた

 (生まれ、生き、そして亡くなってきた)

 わけですから、
 その歴史に学ばない手はありません。



■何度も書いてきたように、

 私は自伝、評伝を読むのが子供の頃から
 大好きでしたが、

 なにも、いわゆる「偉人伝」だけを
 読んできたわけではありません。


 むしろ、たとえば日経新聞最終面の「文化欄」に
 登場する市井の人に共感を覚えることも大、

 なのです。



■さらにいえば、

 ノンフィクション等で紹介される無名の人の、
 千差万別、多種多様な人生に触れることも、

 自分のこれからの生き様について
 強烈に自問自答を促す貴重な機会となっています。


 そんな中、特にここ数年のあいだ、

 関心(と恐怖)を持って触れることの
 多かったのが、

 「老後破産」「無縁社会」「下流老人」

 関連の書籍でした。



■これらの本には、幾たびも


 「こんなはずではなかった」

 「この年になって、
  こんなことになるとは思いもよらなかった」

 「まさか自分がこんな状態に置かれるとは」


 といった言葉が登場しています。



■そんな人生に触れるたび、
 どれほど備えていても、

 「(そういう状態に)なるときはなる」

 という緊張感を持ちつつも、


 同時に、

 「備えあれば憂いなし」

 「転ばぬ先の杖」

 「最悪を想定して最善を尽くす」

 という姿勢だけは失わないようにしたいと
 私は思っています。


 自身に何が起きたとしても

 「他責(自分以外の他人を責める)の姿勢」

 は取りたくないと考えているからです。



■その前提で、

 自分なりに納得や満足のいく人生を
 過ごすために必要なことはなにかを考えると、

 それはもう、

 「逓増する人生へと導いてくれる
  可能性の高い言葉で脳内を埋め尽くす」

 に尽きると思っています。


 言葉を換えれば

 「質の高い意思決定基準に従い、
  毎日(というよりも時々刻々を)生きる」

 ということです。



■そのためには

 「大量のインプット」

 が必要になるでしょう。


 なんといっても

 「(賢者は)歴史から学ぶ」

 ための教材は、

 たとえば書店や図書館に行けば
 無数にあるわけですから、

 あとは、その気になるかどうかの問題です。



■歴史に学ぶことの重要性を知り、
 大量のインプットを行い、

 インプットした意思決定基準を実践し、

 自分に適合するものは取り入れ、
 適合しないものは捨て去る、


 といった微調整を無数に繰り返しながら、

 「逓増するシステム」

 を作り上げていく。



■これによって(あくまで確率論ではありますが)

 「心身ともに豊かに、希望に満ちた人生を
  送ることができる可能性が高まる」

 と思って、これまで生きてきました。


 そして今のところは、

 「おおよそのところ、方向性は外していない」

 という確証があるわけです。



■こうした

 「逓増するシステム」

 を作り上げるための中枢機能を担うのが

 「日記を書く習慣」

 であり、


 これによって

 「先人の経験を効率よく、
  自らの中に取り込むことができる」

 ようになっているのです。



■小難しく言えば、

 適切な方法論に従い、日記を書くことで


 -------------------------------------


 1、大量の(意思決定基準の)インプットが
   促される

 2、インプットに基づく実践が起こる

 3、その結果を見て、意思決定基準を取捨選択
   (フォードバックの輪を高速回転)

 4、(自らに適合する形で)より磨き上げられた
   意思決定基準が一つ、また一つと確立される

 5、無数の意思決定基準が有機的に結合する
   (=相乗効果をもたらす生活システムの確立)


 -------------------------------------


 というプロセスが回るようになるのです。



■これをさらに別の言葉でいうと

 「日記を書くことによって、
  守・破・離のプロセスが促進され、

  自分オリジナルの成果を出すための
  教科書編纂が可能になる」

 ということです。


 -------------------------------------


 1、大量の(意思決定基準の)インプットによって
   型を作る→「守」

 2、インプットに基づき実践する

 3、その結果を見て、意思決定基準を取捨選択
   →「破」

 4、(自らに適合する形で)より磨き上げられた
   意思決定基準が一つ、また一つと確立される

 5、無数の意思決定基準が有機的に結合する
   (=相乗効果をもたらす生活システムの確立)
   →「離」

 -------------------------------------


 ということになるのです。



■私(鮒谷)は、長年に渡って
 この5つの過程を

 「意図を持って、意識的に」

 回してきまたした。


 そして、その結果(仮説の検証)について、
 一定の満足を得ています。



■こうした経緯を経て、ある時点から


 「言語化された(成果を出すための)
  意思決定基準が網羅された

  『ビジネス百科全書』

  を作る」


 という野望が生まれました。


 これからまさにその事業に取り掛かろうと
 しているわけであり、

 これまでは助走で、
 これからが本番だと思っています。



■百科全書の中に記されている言葉
 (=普遍性・汎用性・再現性の高い言語)

 を自らのものにすれば、


 たとえばビジネスの世界では
 トップ1%に入り、

 さらにはそこから先、

 「0.1%(一騎当千)」
 「0.01%(一騎当万...造語)」

 という世界に至る、

 そんな『百科全書』作りに心血を注ぎたいと
 考えているのです。



■この取組みを通して、

 (自分で自分を高速で陳腐化させるくらいの
  猛烈な進化を遂げつつ)

 「前人未到の、圧巻の価値提供」

 を行っていくつもり。


 こうしたことは、

 「目標設定&達成フォローアップ音源」

 でも一部、鮒谷の目標としてお伝えしましたが、
 そういうことなのです。



■そして、こうした

 「オリジナルの教科書づくり」

 を一人ひとりが行われれば、

 もっと楽しい楽しい人生、成果を出せる人生に
 なるのではないか、

 とも提案したいのです。



■ここまでに記したようなことも、
 今度開催する、

 「鮒谷式・実証済み・
  圧巻レベルの日記の書き方放談会」

 でお伝えできればと思っています。


 あなたの人生が一大転換する転機となる、
 かもしれません。

 -------------------------------------------

 【  あなたの人生がバラ色に生まれ変わる!

   鮒谷式・実証済み・
   圧巻レベルの日記の書き方放談会 】

 -------------------------------------------

 <大阪開催>

 【日時】2017年3月12日(日曜日)
     午後1時30分~午後5時(3時間半)

     ※多少の(場合によっては大幅に)
      延長があるかもしれません。

 【場所】大阪駅界隈の某ラグジュアリーホテル
     (スイートルーム)

 【参加費】35,000円+税


  <お申し込みは、今すぐこちらから>

   ※カード決済をご希望の方はこちらから
  https://shinkaron.buyshop.jp/items/5562650

   ※銀行振込をご希望の方はこちらから
  https://eipo.jp/2nd-stage/seminars/view/5675

 -------------------------------------------

 <東京開催>

 【日時】2017年3月20日(月曜日・祝日)
     午後1時30分~午後5時(3時間半)

     ※多少の(場合によっては大幅に)
      延長があるかもしれません。

 【場所】東京・飯田橋の当社セミナールーム

 【参加費】35,000円+税


  <お申し込みは、今すぐこちらから>

   ※カード決済をご希望の方はこちらから
  https://shinkaron.buyshop.jp/items/5564931

   ※銀行振込をご希望の方はこちらから
  https://eipo.jp/2nd-stage/seminars/view/5688

 -------------------------------------------


 お申し込みは先着順にて承っております。
 定員になり次第、締め切りとさせて頂きます。


 あなたと会場でお目にかかれることを
 楽しみにしております!



■現在、当社にてご案内中の音源は、
 以下からご覧頂けます。

 -------------------------------------------

 <現在、当社にてご案内中の音源・セミナーは
  こちらからご確認頂けます>

 https://shinkaron.buyshop.jp/

 -------------------------------------------


 今日も人生とビジネスを楽しみましょう!


 【今日のピークパフォーマンス方程式】   ■日記を書くことによって、    守・破・離のプロセスが促進され、    自分オリジナルの成果を出すための    教科書編纂が可能になる。   ■つまり    1、大量の(意思決定基準の)インプット      によって型を作る→「守」    2、インプットに基づき実践する    3、その結果を見て、意思決定基準を      取捨選択→「破」    4、自身に適合する形で磨き上げられた、      意思決定基準が一つづつ確立される    5、無数の意思決定基準が有機的に      結合する      (=相乗効果をもたらす       生活システムの確立)→「離」

カテゴリ:



※現在、20万1602名が購読中。