毎日20万人が読んでいるビジネスコラム 平成進化論

日本最大級・毎日20万人が読んでいるビジネスメルマガ
「平成進化論」のバックナンバーをご紹介しています。

メールマガジン「見本」はこちら

4918号 目標設定の次は、目標の把持(はじ)である


■これまでに身につけてきた習慣の中で、

 「これは効いているなあ」

 と思うものの一つに

 「日記を書く習慣」

 が挙げられます。


 毎日欠かさず、日記を書くことによって
 得られた価値は、まさに

 「プライスレス」

 であると日々、実感しています。



■日記を書く効用を挙げれば、
 それこそ無数に挙げられるわけですが、


 今日はその中でも重要な一つであるところの

 「未来に(強制的に)
  思いを致させるためのツールである」

 という点についてお伝えいたします。



■私(鮒谷)は、かれこれ25年近く、
 日記を書き続けてきました。

 実はこのメルマガも、
 昔から書いてきた日記から派生した

 「スピンアウト系(!?)習慣」

 です。



■日記は約9000日、
 メルマガも約5000日、

 一日も休まず書き続けてきたわけですが、
 これが習慣化されると何が起きるかというと、

 上述の通り、

 「未来に向けて、
  強制的に意識が向けさせられる」

 のです。


 眠かろうが、酔っていようが、体調悪かろうが、
 予定が詰まっていようが、なんだろうが、

 書くと決めて、書き続けると、
 当然、疑問が湧いてくるのです。

 「そもそも、俺、
  なんでこんなことやってんのかな?」

 という疑問が。



■実にこの問いこそが、

 「過去と未来の綱引き」

 「現在と未来のシーソー」

 において、

 目標(未来)に重み付けをするために
 決定的に強力な武器となるのです。



■普段、生きていると、どうしても

 「まあ、自分はこんなものなんだろう
  (過去の履歴から生まれる現状追認)」

 ならびに

 「今、目の前で起きていることの対応で
  精一杯(現状維持に留める力)」

 が働きます。



■そうした「過去ならびに現在」から生まれる
 日常の引力に打ち克つための、

 「未来(目標)に向けて意識を飛ばし、
  自らを鼓舞し、行動に駆り立てさせる」

 原動力になってくれるのが、
 日記を書くという行為なのです。



■日記を書くことが習慣化されると、

 「一日に最低一度は(慣れてくると何度も)、
  強制的に未来を意識向けさせられる」

 という機会が生まれます。


 こうした習慣を持って生きている人と、
 ただ、流れに身を任せて生きている人と、

 「行動は同じであると思われますか?」

 「3年後、5年後、10年後、
  同じ結果であると思われますか?」


 という話。



■つまり、

 現状を打破して、自らの望む人生や生活を
 手に入れたいのなら、

 まずは目標を設定しなければ始まらないのは
 いうまでもありませんが、

 (目標を立てずに生きるのは、
  目的地を定めずに車に乗るようなもの。

  動いていても、どこにも到達するはずが
  ありません、当たり前ですね)


 ※参考音源
  https://shinkaron.buyshop.jp/items/5162715


 ただ、せっかく目標を立てても

 (カーナビだったら、一度目的地を設定すれば、
  到着するまで導いてくれますが)

 それ以降も人間の場合は、繰り返し、
 反復更新して、意識を向け続けておかないと、

 「あっという間に、忘れてしまう
  (日常の喧騒に巻き込まれてしまう)」

 のです。



■だからこそ、

 「自分はどこに向かって
  毎日を過ごしているのか」

 「今日は少しでも目標に近づく活動が
  できたのだろうか」

 といった自問自答を強制的に発動する
 日記というツールを活用することを、

 昔からお勧めしてきたわけなのです。



■実は私(鮒谷)自身、
 こうした効果効能に本当に気づいたのは、

 日記を書き始めて、
 かなり時間が経ってからのことでした。


 ただ、このことに気づいて、

 一日を振り返り、その取り組みや気付きや
 工夫や努力に思いを致すたび、

 より、自覚的に目標を思い出すように
 なりました。



■結果として、

 より未来が鮮明なものとなり、
 自らの精神が鼓舞され、

 前倒し精神が発動され、
 行動量も増加し、

 人生が大きく変わり始めたのは
 間違いのない事実です。



■そんなわけで、

 今日は、無数にある日記の効用の一つに
 ついてお伝えいたしましたが、

 せっかくの機会ですので、しばらくの間、

 「日記習慣の効果・効能シリーズ」

 を連載していこうと思います。



■そして興味をお持ち頂けましたら、

 -------------------------------------

 ▼3月12日(日曜日)
  13時半から17時(大阪会場)

 ▼3月20日(月曜・祝日)
  13時半から17時(東京会場)

 ※いずれも延長の可能性あり

 -------------------------------------

 にて開催予定の、

 「日記の書き方放談会」

 にご参加頂けましたら幸いです(笑)



■正式なご案内は、改めて行いますが、

 よろしければ今すぐ、手帳を取り出して
 予定をブロックしておいて下さい。


 「目標設定と目標把持
  (把持:しっかりと握り続けること)」

 を一体化させるのが、

 目線を引き上げ、
 行動を持続させる秘訣であり、

 「目標把持のためには、
  日記習慣を身につけること」

 こそが至高であると、

 自身の体験から断言できることを記して、
 今日は筆を置きたいと思います。



■現在、当社にてご案内中の音源は、
 以下からご覧頂けます。

 -------------------------------------------

 <現在、当社にてご案内中の音源・セミナーは
  こちらからご確認頂けます>

 https://shinkaron.buyshop.jp/

 -------------------------------------------


 今日も人生とビジネスを楽しみましょう!


 【今日のピークパフォーマンス方程式】   ■目標を設定しなければ、何も始まらない    けれども、    設定するだけでは、すぐに日々の喧騒に    巻き込まれ、忘却してしまう。   ■だからこその「日記習慣」である。    毎日の日記習慣を身につけることが    できれば、    日記を書くたびに未来をイメージすること    となり、未来の臨場感がかき立てられる。   ■こうして意識が未来に幽体離脱するように    なると、逆算思考で行動が促され、    時間を味方につけつつ、徐々に理想の未来    が出来(しゅったい)することとなる。

カテゴリ:



※現在、20万1602名が購読中。