毎日20万人が読んでいるビジネスコラム 平成進化論

日本最大級・毎日20万人が読んでいるビジネスメルマガ
「平成進化論」のバックナンバーをご紹介しています。

メールマガジン「見本」はこちら

4904号 あらゆる個人もまた「通販化の波」から逃れられない


■あらゆる個人もまた、

 ネットを介して、
 ますます通販化していくのでしょう。

 それが時代の趨勢です。


 何ごとによらず、

 時代の流れに乗る者は富み、
 逆行すると

 「労多くして功少なし」

 ということになるものです。



■だからこそ、

 自分が今やっていること、あるいは、
 これからやろうとしていることは、

 「昇りのエスカレーターに乗っているのか、
  下りのエスカレーターに乗っているのか」

 を自問自答する必要があるでしょう。


 どうせなら、

 昇りのエスカレーターに乗り、
 かける労力を最小限度に抑えつつ、

 目的(上層階を目指す)を果たしたい。


 子どもじゃないのだから、わざわざ、

 「下りのエスカレーターを、
  全力で駆け上る」

 必要などないのです。

 時代の趨勢を見極めさえすれば、
 それが可能になるでしょう。



■もちろん横着者の私(鮒谷)は、

 以上のような理由から、つねに
 流れに乗る方向へ、追い風が吹く方向へ、

 ただただ、それだけを考えてきました。

 (無駄な苦労はしたくないですからね 笑)



■ネットの普及により、

 弱者(個人や中小零細企業)の力が
 拡張されていく状況は、

 ある時点以降、もはや疑いようのない、
 ドラッカー流にいえば、

 「すでに起こった未来」

 となりました。


 その変動は、
 これで一段落ついたわけではなく、

 これからますます加速していくで
 あろうことは間違いありません。



■一人一台、スマートフォンを持つようになり、
 24時間、常に傍らに置いている。

 いや、置いているだけではなく、
 朝な夕な、チェックせずにはいられない、

 そんな状態になっている人も
 少なくないのではないでしょうか。



■冒頭に記した

 「あらゆる個人もまた、ネットを介して、
  ますます通販化していく」

 というのは、

 まさにこうした環境下にあっては
 必然的な帰結となるのです。


 ある発信者(個人ないし法人)と、
 受信者の保有端末が直でつながれば、そこに

 「ダイレクトな関係」

 が生まれることとなり、結果として

 「中抜き(=利益率の極大化)」

 も図られることとなるでしょう。



■ですから私(鮒谷)が販売するものは、

 ほぼ全て、利益率が100%となるのも
 むべなるかな、

 というわけですが、


 こうして一個人(発信者=鮒谷)が、

 スマホやPCといった端末保有者(受信者)と
 直接つながることによって、


 セミナーやコンサル、音源、
 あるいは晩餐会(!?)といった、

 「各種サービスの通販販売化」

 が行われているということになるのです。



■こうした

 「個人や中小零細企業の通販化」

 を行うにあたって決定的に重要なのが

 (これまで幾たびも記してきたように)

 「書く能力」

 であり、だからこそ、

 「『通販力』は『書く能力』に依存する」

 ということになるのです。



■このようなことを書くと

 「これからは動画の時代ですよ!」

 といわれる向きもあるかもしれませんね。


 けれどもここで考えて頂きたいのは、

 そもそも、ある人に、動画をクリックして
 見ようという気になってもらうためには、

 なにをどうしたって

 「言葉によって興味・関心を喚起する」

 ことが必要になるのでは、ということ。



■つまり、

 これまでの時代もそうでしたが、
 これからの時代はますます、

 「言葉(&物語)を自在に操る能力こそが、
  至高の能力」

 ということになるはずです。



■さらに言うと、

 「言葉(ならびに物語)を操る能力」

 とは、そのための素材を集める
 (=インプットする)ための

 「聞く力」

 ならびに、

 その力によって収集してきた概念や知識、
 エピソード、表現力といったものを編集し、

 さらにはアウトプットする能力、
 すなわち

 「書く力」

 のことであるわけだから、


 この2つの能力(聞く&書く力)を
 どのレベルまで高められるかどうかが、

 これからの、あなたや私(鮒谷)の人生を
 大きく規定していくことになるでしょう。



■私(鮒谷)自身、ネットを介して

 「インプット&アウトプット」

 にレバレッジがかかる世界(≒通販世界)を、

 一般的、平均的な人に先だって
 経験してましたし、


 そんな、ある意味、特異な経験を
 15年近く前から行ってきたからこそ、

 今ここで、あらためて、これからの時代を
 生き抜くために大いに武器になる能力が

 【 聞く能力 & 書く能力 】

 であることを強く主張したいのです。



■逆からいうと、

 「書く力」ならびに、それを支える
 「聞く力」を鍛えることなくして、

 個人、あるいは中小零細企業は
 レバレッジをかけられず、


 始める人はとっとと始めて、
 とっとと結果を出しているわけですから、

 その流れに乗れなければ
 良くてジリ貧状態、

 あるいはもっと悪く言えば
 座して死を待つべし、

 ということにもなりかねないのでは
 ないでしょうか。

 恐ろしい話ではありますが。



■ある時点においていち早く(?)、こうした

 「すでに起こった未来」

 に気づいてしまった私は、


 だからこそ、そのとき以降、
 これらの能力を磨くための投資は怠らず、

 お金も時間も含め、
 大々的な積極投資行ってきました。

 (結果として、こうして毎日、何の苦もなく
  大量に読み、聞き、書けるようになりました)



■また、

 「すでに起こった未来」

 が時間の経過とともに

 「すでに起きている現在の現象」

 となりつつあるのを目の当たりにするにつけ、
 危機感が募り、


 だからこそ、疑うべくもなく

 「その道の達人」

 と呼んでもよいであろう、
 ブックライターの上阪徹さんを、

 超ご多忙の中、お招きし、2日間にわたり
 セミナーを行って頂いたわけなのです。



■そういう意味で、
 上阪さんのセミナーを企画したのには、

 何を隠そう、私(鮒谷)自身の能力伸長が
 第一義的な目的であった(!?)

 といってもよいかもしれません(汗)


 と同時に、

 そこで教わることは私のみならず、
 それ以外の皆さまにもお役に立つと思い、

 セミナーという形で開催し、さらには
 音源という形で頒布させて頂いた次第です。



■先日よりご案内している
 ブックライター上阪徹さんの音源は

 こうして企画された
 2日間にわたるセミナーを

 【 一切、無編集 = 源泉掛け流し的コンテンツ 】

 としてお届けする貴重な音源となります。


 ここまでの話に

 「なるほど!」「そうか!」「そうだよな!」

 と首肯される方であれば、
 必ずや価値を感じて頂けると思います。

 是非これを機に、

 「今、行うべき投資」

 として検討されてみられてもよいのでは
 ないでしょうか。



■また、あと少しで、予定していた
 音源モニター様の定員に到達しそうですので、

 あと数日内(遅くとも日曜くらいまで)には
 販売終了となろうかと思います。


 それ以降にお求めの方は
 価格が上がってしまいますので、

 もし「音源モニター版」での購入を
 検討して下さっている方がありましたら、

 モニター価格が終了となる前に
 早めのお求めをお薦めいたします。


 お求めは以下のサイトより、今すぐ!

 -------------------------------------

  ブックライター上阪徹さんセミナー
   <「聞く力」編>&<「書く力」編>

              音源セット】


  ▼全収録時間:約542分(9時間2分)

  ▼価格:48,000円+税


 ※カード・コンビニ決済はこちらから

 https://shinkaron.buyshop.jp/items/5362691


 ※お振込・宅配版(携帯型オーディオプレイヤー送付)は
  こちらから

 https://form.os7.biz/f/ebe103c6/


 -------------------------------------



■その他、当社にてご案内中の音源は、
 以下からご覧頂けます。

 -------------------------------------------

 <現在、当社にてご案内中の音源・セミナーは
  こちらからご確認頂けます>

 https://shinkaron.buyshop.jp/


 -------------------------------------------




 今日も人生とビジネスを楽しみましょう!


 【今日のピークパフォーマンス方程式】   ■ネット環境が、あまねく行き渡り、    あらゆる個人もまた    「通販化の波」    から逃れられない時代となった。   ■ということはつまり、    「書く力」並びにそれを支える「聞く力」    を鍛えることなくして個人、あるいは    中小零細企業はレバレッジをかけられず、    ジリ貧状態、あるいはもっと悪く言えば    座して死を待つべし、    ということにもなりかねない。   ■今、何をさておいても投資するべき対象は    「圧巻のインプット&アウトプット能力」    を身につけることではないだろうか。

カテゴリ:



※現在、20万1602名が購読中。