毎日20万人が読んでいるビジネスコラム 平成進化論

日本最大級・毎日20万人が読んでいるビジネスメルマガ
「平成進化論」のバックナンバーをご紹介しています。

メールマガジン「見本」はこちら

4902号 「伝わる文章を書く力」は超・希少な、各所から引っ張りだこになる能力


■先日、大阪で開催した

 「題名のない晩餐会」

 において、株式会社フククルの阪中さんから、

 「メルマガ執筆」

 について尋ねられました。


 (阪中さんは以前より
  頻繁にセミナーに参加下さり、

  不定期で個別コンサルもご活用下さって
  います(先週も!)

  いつもありがとうございます!)



■メルマガは、各種ビジネスを行うにあたって

 「絶対にやるべき」

 とまでは言いませんが、

 「できるのであれば
  やったほうがいい」

 のは間違いありません。


 なぜなら、やろうと思ったら、毎日でも

 「メールマガジンを通して
  つながりを維持する」

 ことができるから。



■今の時代、

 商売するにしても、個人のキャリアを
 望む方向に持っていくにしても、


 一番重要なのは

 「顧客(や関わる人)との接点を築き、
  さらには絶やさない」

 ことなんじゃないでしょうか。

 一番大切であり、一番難しいのが、これ。



■みな、

 分かることには
 分かっているんだけれども、

 現実問題としては、なかなか

 「顧客(や関わる人)との接点を築く」

 ことができず、


 さらには

 「顧客(や関わる人)との接点を絶やさない」

 ことはなお難しい、

 という状態ではなかろうかと思います。



■だからこそ、

 情報発信を行っている人は数少なく、

 あるいは、せっかくチャレンジしても
 続けられる人は、なお少ない、

 ということになるのでしょう。


 とするならば、

 最初から諦める、あるいは、取り組んでも
 バタバタと倒れていく人たちの中、

 「メルマガ執筆に取り組み、完遂する」

 ことができれば、

 「とてつもない有形・無形の富」

 を蓄積できるでしょう。



■私(鮒谷)などは、日々、

 「情報発信を継続する価値」

 を感じながら生きています。


 こうした種まきによって、先日開催した

 「題名のない晩餐会」

 でも10年以上、

 メルマガをお読み下さるのみだった方が
 お越し下さいました。

 (こういうことは、頻繁にあります)



■それは、ただひたすらに、

 「情報発信を継続してきた」

 ことにより、

 「顧客(や関わる人)との接点を築き、
  さらには絶やさない」

 という取り組みから生じた出来事。



■常に新しい関係性を求め続けるよりも、

 誰がどう考えたって、

 「一度築いた関係を、保ち続け、
  さらには深め続ける」

 ほうが無形資産の増大に資する、

 と分かることでしょう。

 でも、それがなかなかできない、と。



■ハッキリ言いますが、できない理由は明確で、

 「書く力が乏しい」

 からです。


 文章の書き方を知らないから、

 文章を書いても伝わらないし、
 伝わらないから書くのもつまらないし、

 さらには苦痛にすらなるのです。



■そんな状態にあって、

 「私(や自社)のことを忘れられないよう、
  定期的に情報発信を」

 なんて、

 たとえ思っても、取り組めないし、

 あるいは取り組めても、
 すぐに挫折してしまうのは関の山。



■書く力を所有できれば、とてつもない価値を
 もたらしてくれるけれども、

 所有できなければ、いつまでたっても

 「隣の芝生が青く見える」

 状態が続いてしまいます。


 だからこそ、もしあなたが

 「跳躍レベルの成果」

 を求めたいのであれば、

 人生、どこかの段階で、どうしたって

 「書く力」

 を手に入れておく必要があるのでは
 ないでしょうか。



■別にメルマガを書くために

 「書く力を手に入れましょう」

 と言っているのではなく、


 これからの時代、メルマガに限らず、

 メール、手紙、あるいは各種SNSを活用して


 「他者に振り向いてもらい
  (=関心を示してもらい)、

  さらに振り向き続けてもらう
  (=関心を示し続けてもらう)」


 能力は、【超・希少な能力】となり、

 (良くも悪くも)

 格差を生み出す一つの要因となるのではないか、

 そんな問題提起をしているだけの話です。



■現に、あなたがパッと思い出す、

 うまく世の中を渡っている人は
 多かれ少なかれ、

 「書く力を備えた人」

 なのではないでしょうか。


 通常であれば、

 この能力は膨大な読書体験から
 身につけるべきもの、

 といえるのかもしれませんが、

 残念ながら我々にはそんな時間は
 なかなか取れません。



■だからこそ、もし

 「書く力」

 を体系的に学び、
 身につける環境があるならば、

 そしてそこで身につけられるなら、
 その能力は、上述の通り、

 「超・希少な能力」

 であるわけですから、

 あなたの価値は、いやが上にも
 上がらざるを得ない、

 ことになるのではないでしょうか。



■いや、

 「なるのではないでしょうか」

 どころの話ではありませんね。


 これまでプライベート発行時代を含めれば、

 実に5,000日以上、一日も休まずに
 メルマガ発行を続けてきた私(鮒谷)は、

 ここでハッキリ

 「あなたの価値は、いやが上にも
  上がらざるを得ない」

 と断言しておきたいと思います。



■そもそも、

 知的な能力を要求される仕事に
 従事する者は

 「文章を書く能力が乏しい」

 というだけで、


 (往々にして、当人の気づかぬうちに)

 「購買や昇進の際、意志決定権者の選択肢から
  真っ先に排除されてしまう」

 こともあるわけです。



■ここまで書いてしまったので、

 筆の勢いでこれまたハッキリと
 言ってしまいますが、


 少なくとも私(鮒谷)は、


 「最低限の文章(伝わる文章)も書けない
  相手からは、モノは絶対に買わない」


 逆から言えば、


 「相応の伝わる文章を書ける人
  (あるいは、そうした人を擁する会社)から、

  モノやサービスを購入する可能性は
  極めて高くなる」


 ということです。



■それが日用品ではなく、

 付加価値の高いものであればあるほど、
 そうですね。


 全員が全員とは言いませんが、

 「一定レベル以上の文章を書けない人からは、
  モノを買いたくない」

 という感覚を持たれている読者さんは
 少なくないのではないでしょうか。


 そのように、
 他者を見ているということは、

 裏を返せば、

 あなたもそのように、
 他者から見られている可能性がある、

 ということにもなりますね。



■だからこそ、

 商売をしている人や、
 自分のキャリアを伸ばしたい人は、

 なにをどうしたって、

 「書く力(伝わる文章を記す力)」

 を手に入れる必要があるということです。


 そんな、向上心溢れるビジネスパーソンたる
 あなたの、

 「未充足の潜在ニーズ」

 を理解し、

 「あなたが真に必要だったものは、
  ひょっとして、これじゃないですか?」

 と強く問題提起する音源、それが


 -------------------------------------

 【 音源モニター様限定・ご感想必須 】

  ブックライター上阪徹さんセミナー
   <「聞く力」編>&<「書く力」編>

              音源セット】


  ▼全収録時間:約542分(9時間2分)

  ▼価格:

   【音源モニターとして、
    感想をご送付下さる方に限り】

   「45,000円+税」にてご提供

  ▼予定モニター数に到達し次第、
   当音源セットは販売終了とさせて頂きます。


 ※カード・コンビニ決済はこちらから

 https://shinkaron.buyshop.jp/items/5362691


 ※お振込・宅配版(携帯型オーディオプレイヤー送付)は
  こちらから

 https://form.os7.biz/f/ebe103c6/

 -------------------------------------


 の音源であったわけ。



■ここまでの話をご理解下さる方が
 取るべき行動は

 「一択」

 であり、

 「ハイか、イエスか、喜んで!」

 しかないのではないでしょうか。


 (半分冗談ですが、半分本気です)



■ちなみに今回の音源は、

 「音源モニター様」

 になって下さる方にのみ、

 【 販売本数限定・ご感想必須 】

 でご案内しています。



■正規版のご案内は、
 改めてということになりますが、

 (音源の感想送付を必須とする)
 モニター価格よりも、

 「金額は高くなる」

 ので、こちらもその旨、ご了承願います。


 -------------------------------------

 【 音源モニター様限定・ご感想必須 】

  ブックライター上阪徹さんセミナー
   <「聞く力」編>&<「書く力」編>

              音源セット】


  ▼全収録時間:約542分(9時間2分)

  ▼価格: 48,000円+税


 ※カード・コンビニ決済はこちらから

 https://shinkaron.buyshop.jp/items/5362691


 ※お振込・宅配版(携帯型オーディオプレイヤー送付)は
  こちらから

 https://form.os7.biz/f/ebe103c6/


 -------------------------------------



■発売と同時にお求め下さり、

 既にこの音源をお聞き下さった
 Oさんからは、

 以下のようなご感想を頂戴いたしました。


 (ここから)
 -------------------------------------


 鮒谷様


 まさに

 「一生ものの買い物」

 をした,そんな気分です。

 たったの48,600円(税込み,モニター価格)で
 一生役に立つ学びが得られました。


 私が上阪さんの音源を購入した経緯は,

  今年からブログに挑戦しており,
 もっと文章力を上げたいと思ったからです。


 なので今回の感想は「書く力編」で
 印象に残ったものを述べます。


 【印象に残ったもの】

 ・自分の良い文章を「定義」する。

 ・中身がつまらなかったらそもそも読まない。

 ・文章を書く「目的」と「ゴール」を決める。

 ・何を書くかは自分の頭の中ではなく「外」にある。

 ・文章が書けないのは「素材」がないから。

 ・取材7割,文章3割。

 ・文章は「寝かせる」ことにより,読者目線になる。

 ・読者がどれくらい「相場観」があるかをイメージする。

 ・雑誌売り場の特集記事で世の中をつかむ。

 ・自分の立ち位置,相場観を理解する。

 ・この文章で一番何を伝えたいかを書き出してみる。

 ・出だしが大事。

 ・しゃべるように書く。

 ・文章を書くということはひねり出すものではなく,
  「すでにある事実をつむぐ」こと。

 ・文章は感想ではなく,事実を書く。

 ・具体的な事実,エピソード,数字を書く。

 ・五感を使った文章は深みがある。

 ・形容詞を使わなければ,事実を書くしかない。

 ・事実や数字が形容詞の代わりになる。

 ・文章を書くうえで意識する10のポイント。

 ・文章を書く目的を明確にすること。


 まだまだたくさん学びました。

 そして何より,文章を書くための
 具体的な方法だけでなく,

 文章を書く「心得」を学べたことが、私の今後の
 ブログ活動に大きな影響を及ぼすこと間違いなしです。


 文章力を取り上げたハウツー本は山ほどありますが,
 上阪さんの音源に勝るものはないのではないでしょうか。


 上阪さんの講義はとにかく「実例が豊富」です。

 R25の話,成城石井の話,恋愛ゲームの話,カルビーの話,
 ドトールコーヒーの話,郷ひろみの話,ローソンの話,
 メルセデスベンツの話,ネスカフェアンバサダーの話,
 マイクロソフト話,瞬足の話、

 などなど。


 驚くことに,これらの実例がそれぞれ,
 今回の「文章を書く」という議題につながっているのです。

 しかも一つ一つの話がおもしろいので,
 時間を忘れて楽しんで音源を聴くことができます。


 これが本の知識だけでは絶対に得られない,
 音源ならではの強みだと思いました。


 あと私は,鮒谷さんの「目標設定放談会」の
 音源も購入したのですが,

 上阪さんの音源を聴いていたら

 「あれ?この話,鮒谷さんが言っていたことと
  合致するところがあるぞ...」

 というような気づきがいくつかありました。


 気づいたことにより,鮒谷さんの音源で得た学びが
 確信に変わった瞬間を味わうことができました。

 両氏の音源を聴いたからこそ,
 得られる気づきや学びもあるということですね。


 いやぁ,買ってよかったです。


 (H.Oさま)


 -------------------------------------
 (ここまで)


 Oさん、大変うれしいご感想、
 ありがとうございました!



■「一生ものの買い物」とまで
 おっしゃって頂けましたこと、

 主催者冥利、販売者冥利に尽きる、
 というものです。

 ぜひ今後のブログ執筆の活用にも
 お役立て頂けましたら幸いです。


 これからも、間違いのない、良質の学びを
 提供して参りたいと思います!



■Oさんのお聴き下さった音源は
 以下の音源となります。


 -------------------------------------

 【 音源モニター様限定・ご感想必須 】

  ブックライター上阪徹さんセミナー
   <「聞く力」編>&<「書く力」編>

              音源セット】


  ▼全収録時間:約542分(9時間2分)

  ▼価格:48,000円+税


 ※カード・コンビニ決済はこちらから

 https://shinkaron.buyshop.jp/items/5362691


 ※お振込・宅配版(携帯型オーディオプレイヤー送付)は
  こちらから

 https://form.os7.biz/f/ebe103c6/

 -------------------------------------


 追伸:予定モニター数に到達し次第、

    当プログラムは販売終了といたしますので、
    お申込みはお早めに。


 書く力さえ手に入れれば、冗談抜きで、
 あらゆる世界から引っ張りだこになりますよ。

 (体験者S.F氏談)



■その他、当社にてご案内中の音源は、
 以下からご覧頂けます。

 -------------------------------------------

 <現在、当社にてご案内中の音源・セミナーは
  こちらからご確認頂けます>

 https://shinkaron.buyshop.jp/

 -------------------------------------------




 今日も人生とビジネスを楽しみましょう!


 【今日のピークパフォーマンス方程式】   ■これからの時代、文章を書ける人と、    書けない人の差は大きく広がるのでは。   ■文章を書ける人は、容易に人との関係性を    築き、さらには深めていくし、    書けない人は、いつまでたっても関係性を    作り出せず、もちろん継続させられない。   ■だからこそ人生、どこかの段階で、    本腰を入れて「書く力」をつけるべき。   ■書く力は、超・希少な能力であるから、    一度身につけられれば、どこの世界からも    引っ張りだこになるだろう。

カテゴリ:



※現在、20万1602名が購読中。