毎日20万人が読んでいるビジネスコラム 平成進化論

日本最大級・毎日20万人が読んでいるビジネスメルマガ
「平成進化論」のバックナンバーをご紹介しています。

メールマガジン「見本」はこちら

4900号 真の商売人は、自らの誇りのために生きる者


■今日は特に、

 経営者や直接、営業に携わっている人に
 対して


 「営業する人は、躊躇なく、
  売っていかなければならない」


 という厳しくも愛のある(?)メッセージを
 お届けしようと思います。



■一般的な人はみんな、

 「営業」

 と聞くとビビるんですよね。


 あろうことか、

 大多数の学生さんにとって、
 絶対に就きたくない職種が

 「営業」

 であると聞いたこともあります(悲)



■でも、本当は営業って最高ですよ。


 お客さんと直接、接して、やりとりをして、
 信頼を勝ち得ることができれば、

 その結果(ご褒美)として

 「売り上げという目に見える成果」

 がもたらされるという、


 これ以上ないほど過酷だけれども、

 これ以上ないほどやりがいがあり、
 楽しい仕事なのです。



■そもそも、私(鮒谷)は営業が大好きですが

 「今の売りなど、
  まだまだ、まだまだ生ぬるい」

 と思っているのです。


 なぜならば、

 「自分の提供している商品やサービスは
  素晴らしいものである」

 と心の底から信じているからです。



■逆に、

 「自分の提供している商品やサービスは
  素晴らしいものである」

 と信じられない

 (=だから売りに徹することができない)

 商品やサービスを提供している
 会社は廃業したほうがいいし、

 そんな会社を経営している
 社長は退任したらいい。


 そんな商品やサービスを垂れ流すのは
 社会にとって害悪だから。



■あるいは、

 そういう会社に勤めていて
 営業やっている(やらされている)のなら、

 とっとと辞めたほうがいい。

 なぜなら売れば売るほど、
 人さまに迷惑をかけることになるわけで、

 その片棒を担ぐことになるのだから。



■もしあなたが経営者で、

 「人さまに役立つサービスを売っている」

 そんな自覚や自信があるのなら、


 売ることに躊躇する必要など
 サラサラなく、なんなら

 「首根っこ捕まえてでも、
  その価値の分からん奴に分からせてやる」

 くらいの気迫があってもいいと思うのです。


 というよりも、

 それくらいの気迫(自信、自覚)がないのなら
 商売なんかやめてしまえ、

 という話。



■とはいえ、

 「買え、買え、買え、買え」

 と連呼していても、
 いい加減、鬱陶しいだけだから、


 「売らなくても売れていく」

 すなわち、

 顧客から、頼むから売って欲しいと言われる
 状態を作り出す

 (=最高の商品を作り、
   その上で、きちんと説明責任を果たす)

 ことが必要です。



■それがマーケティングです。

 「究極のマーケティングは
  セリング(販売)を不要にすること」

 というドラッカーの有名な言葉がありますが、


 「販売者絶対

 (=顧客に媚を売ったり、頭を下げて売る
   ようなことは絶対にしない)」

 そんな状態を作るために
 知恵を絞り、汗をかくのが、経営者の仕事。



■その上で、


 「売らずに売りつつ
  (売らなくても売れていく状態を作りつつ)、

  売って売る
  (営業努力を怠らないことによって
   顧客に購買の意思決定を助けて差し上げる)」


 ことを行うのが、私(鮒谷)いうところの

 「圧巻セールス」

 です。



■つまり、

 「圧巻セールス」

 とは手練手管の話ではなく、

 「真に素晴らしい物を販売しているという
  確信を持つものの、魂からの叫び」

 からしか生まれないものです。



■その前提で、各種ノウハウやテクニックを
 乗せていくことが重要です。


 顧客が自社の商品、サービスを購入すれば、
 それがお客さまのためになる、

 と信じているからこそ、

 「販売のための各種ノウハウやテクニック」

 も必要になるわけであり、


 ときにそれらを総動員して、

 「売らずに売りつつ、売って売る」

 ことに邁進することになるわけです。



■そんな圧巻セールスが実現できるだけの
 商品価値があるのか否か、

 もし自分で分からなければ、臆せず、
 お客さまに問えばいいのです。


 もし問えないとするならば、
 自信がないのだろうから廃業すればいいし、

 問えるのならば
 安心して顧客に問うと良いでしょう。

 お客さまはきっとその問いに
 きちんとお応え下さることでしょう。



■もちろん私(鮒谷)は、

 自分が提供している商品やサービスに
 圧倒的な自信を持っているし、

 それが自惚れでないことを確かめ、
 さらには常に緊張感を持って顧客に向き合うため、

 ずーーっと、はるか以前から、

 「お客さまの声を頂き続けてきた」

 わけです。



■その上で、

 「この商品は躊躇なく、売り切っていいのだ

  (それで離れていく人があったら仕方ない。
   ご縁がなかったのだろう。アデュー!)」

 と心の中で叫び、
 売りまくっているわけです。

 これが私(鮒谷)の、偽らざる心象風景。



■それが嫌な人は購読解除頂ければいいし、

 それでこそ、と思って下さる「奇特な方」が
 いらっしゃるようであれば、

 どうせ短い人生なのだから、
 そういう人とのみ、
 お付き合いをしていきたいと思っています。



■真の商売人は

 売上や利益のために生きるのではなく、
 自らの誇りのために生きるし、


 それを実現させるため、

 自らを怠けさせぬよう戒め、律し、縛り、
 さらには自分の潜在能力を全開放させるために、

 (定量的指標であるところの)

 売上・利益を重視するのも、
 当然の話です。



■そんな心象風景のもと、

 こうして毎日、
 「音源」を売りまくっているわけです。


 ぶっちゃけ、正直なところ、

 『平家物語』の「平家にあらずんば人にあらず」
 ではありませんが、

 たとえば、この音源(3部作)

 -------------------------------------

 【鮒谷周史の「圧巻!目標設定&目標達成」放談会
  &<フォローアップ編>
  &<Q&A>音源3本セット】

 ▼収録時間:約7時間55分

 ▼49600円(+税)※感想送付は必須ではありません

 https://shinkaron.buyshop.jp/items/5162715

 -------------------------------------

 すらも聞かざるもの、
 『平成進化論』の読者にあらず、

 くらいに思っているのです。


 刺激の強すぎる表現かもしれませんが、

 それくらいの思いを込めて伝えている音源だ、
 ということをご理解頂けましたら幸いです。



■その他、当社にてご案内中の音源は、
 以下からご覧頂けます。

 -------------------------------------------

 <現在、当社にてご案内中の音源・セミナーは
  こちらからご確認頂けます>

 https://shinkaron.buyshop.jp/

 -------------------------------------------




 今日も人生とビジネスを楽しみましょう!


 【今日のピークパフォーマンス方程式】   ■真の商売人は、自らの誇りのために    生きる者。   ■自らの思いや意志を、商品やサービスに    仮託して案内するのが商売人なのだから、    自社商品を躊躇なく営業できない者は、    そもそも商売人の資格がないのである。    それゆえ、速やかに廃業すればいい。   ■本当に良いものを提供しているという自覚    ある者は、    自社の商品、サービスを買うべき理由を    徹底して伝え、販売し続けられる者。

カテゴリ:



※現在、20万1602名が購読中。