毎日20万人が読んでいるビジネスコラム 平成進化論

日本最大級・毎日20万人が読んでいるビジネスメルマガ
「平成進化論」のバックナンバーをご紹介しています。

メールマガジン「見本」はこちら

4895号 顧客・非顧客で「区別」するのは、資源が有限なのだから当然のこと


■昨日のメルマガでお届けした


<人の『売り』見て、我が『売り』直せ>


 の記事についてのご感想を、

 個別コンサルのクライアントでいらっしゃる
 竹内さんより頂戴しましたので、

 以下にご紹介いたします。


 (ここから)
 -------------------------------------


 いつもお世話になっております。
 コンサルでお世話になっております竹内です。

 本日のメルマガ

 『人の「売り」見て、我が「売り」直せ』

 の感想でメールをさせていただきました。


 冒頭に、

 「このところのメルマガは、音源の販売ばかり
  行っていて、読む時間がもったいない」

 という読者からのご意見が載っていましたが、
 無理もないかもしれません。


 が、私が鮒谷さんの最近のメルマガを読んでいて
 強烈に感じるのは、

 鮒谷さんの販売プロセス、手法、アプローチ方法、

 あり得ないほどの高速の展開を
 まざまざと見せつけられ、

 言葉ではなく、態度行動で
 示していただいているという実感です。

 それは、鮒谷さんがコンサルで話をして下さっている
 内容を自ら実践されているということ。


 私がコンサルを受けた時に、
 鮒谷さん自身が、

 これから音源販売を行っていく予定で
 実体験に基づいたアドバイスもしますので

 (表現は違いますが)、

 竹内さんも頑張ってやってみてください、

 とおっしゃっていましたが、
 音源販売し始めたらなんと早い早い。


 1日1日超高速で実践に移され、
 株価に例えるならば、

 買いたいと思う株が急上昇して
 その勢いについていけないがごとく、

 焦りや敗北感すら感じるほどのスピードで
 進んでいかれて、

 追いつこうにも追いつけない、まさに圧巻すぎる
 超セールスを目の当たりにしたのです。


 こんな生きた教材が他にありますでしょうか。

 最近メルマガを読んでずっと感じていたことを
 勢いのまま書かせていただきました。

 改めて今後ともよろしくお願いいたします。


 (竹内さま)


 -------------------------------------
 (ここまで)


 竹内さん、ご感想、ありがとうございました!



■おっしゃって下さった通り、まさに
 竹内さんをはじめとする

 「『現在のお客さま』に向けて
  皆さんを触発、啓発、啓蒙、鼓舞する目的で」

 日々の活動をリアルタイムで発信しています。


 ですので私(鮒谷)は、

 メルマガを配信するにあたって
 最も強く意識している読者対象者は


 ▼個別コンサルのクライアント

 ▼年間プログラムの参加者

 ▼放談会、セミナー等の参加者

 ▼音源購入者


 つまり、

 「鮒谷に代価をお支払下さっている方」

 であると考えています。



■いつもメルマガで書いているように

 「頂戴した代価の10倍返し」

 を私はコミットしているわけですが、

 さまざまな手段(コンサルや放談会、音源等)を
 通して価値提供するのは当然として、


 それに加えて、毎日、

 「向う側の世界に意識を持っていって頂く」

 ためのフォローアップとして、
 このメルマガを最大限活用したい、

 と考えているわけです。



■すなわち、

 「リアル、バーチャルを含めた
  各種メディアを有機的に活用し、

  お客さまの実践につなげていただく目的で
  メルマガを通した情報発信をしている」

 ということです。


 ですから

 「メルマガ読者だけれども、直接、
  鮒谷と接点は持ったことがない」

 という方についても、

 もちろんメルマガをお読み下さっているのは
 有り難いことですが、


 私が「最優先の読者対象」として
 徹頭徹尾、意識しているのは、

 あくまで

 「現在、お客さまとして、
  接点をお持ち下さっている方」

 であるわけです。



■支払いの有無によって、差別するのか、
 という声なき声もあるかもしれませんが、

 (以下、誤解を招くかもしれませんが)

 そりゃ、当然でしょう、と思っています。


 真剣に自ら、あるいは自らの事業を
 作り変えたいと思い、

 代価をお支払下さり、痛みを伴いつつ、
 足をお運び下さったり、音源をお求め下さる方と、

 そうでない方があったとして、

 「限られた資源しかないのであれば、
  いずれに優先的に振り向けるのか」

 という話。


 安くもない各種代金をお支払い下さっている
 お客さまからしても、

 そこで区別がなく、一律、同様に扱われたら
 いい気はしないでしょう。



■特に時間資源については、

 手元に無制限にあるならば、
 優先順位など考える必要もありませんが、

 現実にはそうではない(=限りがある)
 わけだから、


 私(鮒谷)は、限りある資源を、

 積極投資して下さっている
 お客さまに向けて、

 最大限の感謝の念を持ち
 最大限の価値提供をしていくつもりです。


 それは「差別」ではなく、
 当然の「区別」だと考えています。



■そんな風な思いを持って
 メルマガを書いているので

 「非顧客からの『鬱陶しい』という声」

 と

 「顧客からの

  『触発されました』
  『私も頑張ります』

  との声」

 あるいは

 「『なるほど、そうやるんですね、
  私もやってみます』との声」


 のいずれに耳を傾けるかというと、
 もちろん、後者に意識を向けるし、

 そのために、メルマガを書いている、
 ということです。



■たとえそれによって

 「非顧客のメルマガ解除」

 がバンバンあったとしてさえ、同様です。


 非顧客に迎合し、刺激の乏しいメルマガを
 読んで頂くことよりも、

 顧客に尽くすために、顧客となった方のみが
 理解下さる、刺激を伴う価値を提供する、

 ことに資源を投下したいと
 考えているわけです。



■こうしたスタンスで発信している
 メルマガに対して、

 諸般の事情によって、今、
 顧客になっているわけではないけれど、

 その内容を日常の学びや実践に
 活用して頂いている方があるとするならば、

 もちろんそれは大歓迎ですし、
 むしろ、とても嬉しいこと。



■そういう意味での「非課金」であれば

 「課金」「非課金」

 の有無にかかわらず、
 ぜひ引き続き、ご活用頂きたいと思います。


 ソシャゲと一緒で、非課金でも十分に
 お楽しみ頂けるコンテンツだと考えています。

 (とはいえアイテム課金(もとい音源課金w)
  すれば、なお早くキャラ成長するはずですが笑)



■ただし、それはあくまで

 「メルマガ発信における(嬉しい)副産物」

 であり、発信の主たる目的は

 「お客さまへの徹底フォロー」

 であるという立ち位置を、
 改めてここで表明しておきたいと思います。



■この価値をご理解下さるお客さまからは、

 先にご紹介した竹内さんからの
 ご感想もそうですし、

 こうした部分について言及下さることが
 よくあります。


 寺内動物病院の寺内宏光さんからも
 以下のご感想を頂戴いたしました。


 (ここから)
 -------------------------------------


 鮒谷周史さま


 目標達成3部作の仕上げとして、
 気付けば買っていました。

 3つ揃って一つの概念が
 きちんとセットアップされたように思います。


 たとえるならば目標達成ノウハウについて
 目標設定音源で概念がダウンロードされ、

 フォローアップ音源で
 インストールしたつもりになったものの、

 使い方はQ&Aでやっと理解できたような感覚です。


 あとは実践、つまり自分のPDCAサイクルを
 高速回転させる中で、

 頭でわかったことが初めて腑に落ちるのでしょう。


 今回心に強く響いたことは

 ・時間でお金を買うのか、お金で時間を買うのか

 ・理想と現実を埋めるために何をしたのかを
  記録、定点観測するために日記を使う

 ・日記は一日に何度書いてもいい

 ・わずかな余裕が生まれた時こそ、
  自分へのご褒美ではなく、未来へ投資する

 ・あらゆる手段で自分を縛るほど、
  自尊心と充実感が満ちる

 ・焼畑農業はやらないと決めておくことで、
  将来的には楽になっていく

 ・beingは更新し、言葉を増やし、文脈を豊かにしていく

 ・成果は思考だけでは生まれない。行動の数×質

 ・to doはわずかでも抽象的では行動に移らない。
  サルでもわかるレベルに落とし込んで、
  todoを潰していく

 ・目標は箇条書きではなく、文章で鮮明に描く

 ・目標があるから心がけが生まれ、意思決定基準となる。
  自分の意思と行動の不文律が打ち立てられる。


 抜粋すると以上が主なところです。

 私のメモをもとに書いているので、
 音源の中の表現とは異なる部分もあるかと思います。


 フォローアップ音源を聴いた際の
 鮒谷さんbeing目標の音読が衝撃的で、

 散文詩を朗読されているような美しさは
 言葉の千手観音をイメージさせる優雅さでした。


 私も文章化せねばと考えながらも、

 箇条書きのまま後回しにしていたところを
 今回の音源で

 「ただ箇条書きにしていませんか?」

 と痛いところを突かれ、
 現在、鮮明なストーリーを描写中です。


 音源はQ&A音源を3周聴いたところで、

 再び目標設定音源およびフォローアップ音源へ
 戻って全体を再インストールしております。

 意図が見えたあと同じ言葉を聴くと、

 また意味合いも心への浸み方も変わり、
 噛むほど味わい深いスルメイカのようですね。

 (良い意味です!)


 音源を聴くだけ、目標を書くだけにならず、

 すでに複数のPDCAは回り、正月から考え続ける、
 行動し続けるモードには入っていますが

 まだまだ速度が低ギアなので、
 日々加速度的に意識に磨きをかけ

 マッハの巡航速度へ向かっていきます。


 その意味でも、音源で仰っていた通り、

 メルマガが(音源等の)購入者のために
 書かれているんだと今ではよく分かります。


 音源を購入してから、

 メルマガの存在感と浸透度が増し、
 日々の無料のメルマガの価値が逓増していく、

 という意味では、音源購入は

 「イニシャルコスト」

 でしかなかったのではないでしょうか。


 毎日無料で燃料の追加注入や、軌道の微調整をして
 くれるオプションの恩恵を実感できるようになりました。

 今回も、

 「高物(なようで安価)買いの、銭もうけ」

 をさせて頂き、ありがとうございました。


 (寺内動物病院 獣医師 寺内宏光さま)


 -------------------------------------
 (ここまで)


 寺内さん、いつもありがとうございます。

 また長文のご感想をお寄せ下さり、
 ありがとうございました!



■お書き下さった


 -------------------------------------


 音源を購入してから、

 メルマガの存在感と浸透度が増し、
 日々の無料のメルマガの価値が逓増していく、

 という意味では、

 「音源購入はイニシャルコスト」

 でしかなかったのではないでしょうか。


 毎日無料で燃料の追加注入や、軌道の微調整をして
 くれるオプションの恩恵を実感できるようになりました。


 -------------------------------------


 という箇所などは特に、

 私(鮒谷)の、伝えたいけれども伝えにくい
 ことを代弁して下さっているところ(笑)

 であり、

 まさにそのつもりで発信しているので
 ご理解頂けていることが分かり、

 「売りに走るな」

 という声に、ときに挫けそうになる私も
 救われた気持ちにもなりました(笑)



■まさに、


 「音源購入はイニシャルコスト」

 「毎日無料の燃料追加注入 & 起動微調整」


 という解釈をして頂ければ、
 如何に音源が安価であるか、

 についてもご理解頂けるのではないかと
 思っております!



■これからも

 「毎日無料の燃料追加注入&起動微調整」

 に力を入れてまいります。


 ※以下、寺内さんがお聴き下さった
  音源(3部作)です。


  リンク先をたどれば、単品での音源購入も
  して頂けるようになっています。

 -------------------------------------

 【鮒谷周史の「圧巻!目標設定&目標達成」放談会
  &<フォローアップ編>
  &<Q&A>音源3本セット】

 ▼収録時間:約7時間55分

 ▼49600円(+税)※感想送付は必須ではありません

 https://shinkaron.buyshop.jp/items/5162715

 -------------------------------------


 ※3部作全てをお聴き頂いて「完結」する
  音源となっております。




■その他、当社にてご案内中の音源は、
 以下からご覧頂けます。

 -------------------------------------------

 <現在、当社にてご案内中の音源・セミナーは
  こちらからご確認頂けます>

 https://shinkaron.buyshop.jp/

 -------------------------------------------




 今日も人生とビジネスを楽しみましょう!


 【今日のピークパフォーマンス方程式】   ■「不特定多数」ではなく、「お客さま」に    強く意識を持ち、価値提供を行うのは、    「差別」ではなく「区別」である。   ■もちろん様々な事情で「お客さま」には    なって下さっていなくとも、    お客さまに提供している価値が波及して、    そこに価値を見出して下さる方があれば、    その方々は歓迎すべき方である。   ■常に顧客の方を向いて仕事をしていれば、    お客さまはもちろんのこと、    非顧客(の中の一定の方)もそこに価値を    見出してくださるものである。   ■とはいえ、本末を転倒させてはならず、    常に    「お客さまに向けての価値提供」    を最優先にして考えなければならないのは    いうまでもない。

カテゴリ:



※現在、20万1602名が購読中。