毎日20万人が読んでいるビジネスコラム 平成進化論

日本最大級・毎日20万人が読んでいるビジネスメルマガ
「平成進化論」のバックナンバーをご紹介しています。

メールマガジン「見本」はこちら

4890号 「惰性でも利益が生まれるシステム作り」に必要不可欠な、着想・実装という考え方


■このたび、

 倒産可能性を極小としつつ、
 高収益化を図るには何に気をつければよいか、

 「チェックリスト方式(?)」

 でお伝えした放談会の音源


 【鮒谷周史の圧巻!
  「極小リスク、ミドルリターン起業」放談会音源】

 をお求め下さったTさまより、
 以下のご感想を頂戴いたしました。


 (ここから)
 -------------------------------------

 早速聞きまして、半分も聞かないうちから、

 これはあかん、行動に移さないと、と
 固定費削減、お店の構造転換などに取り組みました。


 固定費などは、あるわあるわで、
 一万円は下がりましたね。

 串カツ屋をやっているのですが、
 単価が低い割に客席が少ない、そらあかんわと
 言うことで、片付けて席数を増やしたりと。


 半分聞いてこれですから、(元は取ったかと)
 全部聞いて繰り返して血肉にしていきます。


 (Tさまより)

 -------------------------------------
 (ここまで)


 Tさん、ご感想ありがとうございます!



■この音源においてお話をさせて頂いたのは、

 リスクを極小化しつつ(借り入れや
 身の丈以上の投資をすることなく)、

 「商売で利益を出すための基礎、土台、足腰、
  原理原則、キホンのキ」

 ですから、


 音源を聴く中で閃いたアイデアを
 実践に移すだけで、

 「相応の利益が生まれてくる」

 のは間違いありません。



■しかも、瞬間風速ではなく、

 「商売で利益を出すための基礎、土台、足腰、
  原理原則、キホンのキ」

 をお伝えしているので、

 一度、思いついたアイデアを自らのビジネスに
 実装させられれば、その仕組みは

 「永続的に収益を生み出し続けてくれる」

 はず。



■長い間、商売をやっていると、段々と

 「惰性」

 でも、たいていのことは、つつがなく、
 流れていくようになります。


 「惰性」と聞くと悪いイメージを
 持たれる方もあるかもしれませんが、

 ある側面から言うと、

 「何も考えなくても、勝手に一定の成果を
  もたらしてくれるシステム」

 とも言えるわけですから、
 それはそれで悪くないわけです。



■たとえば、このメルマガだって、

 (誤解を恐れずに言ってしまうと)

 「惰性で配信している」

 わけであり、


 特段の強い意志を持たなくても、

 「いつも通り閃き、いつも通り執筆し、
  いつも通り配信している」

 だけで、

 労力のかかる新奇なことを行わなくても、

 「何も考えなくても、勝手に一定の成果を
  もたらしてくれるシステム」

 になっているわけです。



■こうしたシステムが、

 ビジネス、あるいはプライベートの
 生活の中においても一つ、できれば複数、

 組み込まれていれば、

 「事業も人生も大いにラクになる」

 と思われないでしょうか。

 (実際に、大いにラクになるのです)



■では、そうした

 「惰性で仕事をしていても
  成果が上がり続けるシステム」

 を作るにはどうすればよいかというと、


 惰性でも成果が上がるシステムを

 「着想を得る → 実装させる、という
  定型化されたプロセス」

 を通すことによって
 作り上げていけばよいのです。



■Tさんの例でいうならば、

 -------------------------------------

 【音源を聴いて、着想を得る】

        ↓

 【固定費削減 & 席数増やすという、
  ご自身のビジネスへの実装】

 -------------------------------------

 によって、システムの質を高めれば、
 あとは、

 「それ以降、惰性で商売をやったとしても」

 ダラダラと(?)これまで以上の収入を
 もたらしてくれることとなるわけです。



■挙げて頂いた例に補足をすると、

 「固定費削減、月額1万円(まるまる利益)」

 に加えて、

 「席数増加による売上向上、利益増大
  (仮に月額2万円の利益増大)」

 が生まれるとすれば、


 一発、音源を聴き
 (しかも全編ではなく、いまだ半分)

 そこで得た着想をビジネスに乗せるだけで
 瞬間風速ではなく、継続的に

 【月に3万円、年に換算すると36万円、
  5年続いたら180万円の(売上ではなく)利益】

 が手元に残ってくるのですから、
 これはデカいです。



■商売の上手な人(あるいは圧巻レベルで
 仕事を推し進めていく人)は、

 こうしたことを体を通して
 理解しているからこそ、

 一見、高いように思える
 セミナーやら講演やらに参加したり、

 コンサルを受けたり、
 音源や書籍を購入したり、

 を継続的に行っているわけです。


 こうした取り組みを通じて、

 (知識ではなく)さらなる成果をもたらす
 アイデア、ヒントを求めている、

 ということですね。



■商売の規模にもよりますが、

 こうした活動から、将来、
 累計して、もたらされる価値を考えたら、

 「アイディア一発、10万円」

 どころではなく

 「アイディア一発、100万円」

 「アイディア一発、1000万円」

 あるいは、

 「アイディア一発、億単位」

 なんてことも普通にあるわけです。



■そこまでいけば、もとを取る、
 どころの話ではなく、

 投下資金の数倍、数十倍、
 さらには数百倍超、

 といったリターンになることも
 往々にしてあるわけですから、


 分かっている人にとっては、

 「これほど美味しい投資先はない」

 ということになり、
 じゃんじゃん資源を投下するのです。



■私(鮒谷)も、ビジネス人生の早い段階で、
 この構造に気付いてしまい、

 「学びに投資するなんかもったいない、
  カネが惜しい」

 と言っている人を尻目に、


 新しい着想を誘発してくれそうな
 あれやこれやに

 「じゃんじゃんバリバリ、
  じゃんじゃんバリバリ」

 資源の全投入を行い、

 「じゃんじゃんバリバリ、
  じゃんじゃんバリバリ」

 投資回収をしていったわけです。


 その利回りを計算してみたことがありますが、
 ちょっとここでは記せぬくらい。



■こうした構造を理解することができるように
 なった人から順番に

 「着想 → 実装」

 に役立つものは、カネに糸目をつけずに
 どんどん手に入れ、

 「(惰性でやっていても)収益を生み出す
  システム」

 を強化し、あるいは複線化し、

 どんどん人生やビジネスや生活を安定化させ、
 どんどんラクになっているのです。



■さらには、そうした人は、

 このサイクルから生まれた
 余剰の資金や時間を、ふたたび、みたび、、、と

 「着想を得る → 実装させる、という
  定型化されたプロセス」

 に何度も何度も戻してくるわけですから、
 結果として

 「成果を上げる人は、上げ続け、
  成果を上げられない人は、永遠に上げられない」

 こととなり、時間の経過とともに

 「とても挽回できないくらいの格差」

 が生まれてくるのです。



■良いことかどうかはおいておいて、
 気づいているかどうかはともかくとして、

 こういうメカニズムが発動しているのが、

 人生であり、社会であり、
 ビジネスの世界である、

 そのように私(鮒谷)は解釈しているし、
 またそれが現実であろうとも思います。



■こうしたプロセスを既に回している人、
 あるいはこれから回したい、

 と思われる方に、着想の手助けをするための
 あれやこれやのサービスを提供するのが、

 私の生業(なりわい)の一つです。


 ただし、私(鮒谷)は、


 「原価のかからない音源に、
  あるいはセミナーに、

  3万とか5万円とか払えとか、
  そんなのにカネを払う奴はバカだろう。

  俺は、私は、絶対に騙されないぞ」


 と思う人に、買ってもらおうとは
 さらさら思っておりません。



■そのようにしか捉えられない人は、
 どのみち


 「聴かれた人に、圧倒的な質&量の
  着想を与えられるようになるためには、

  どれだけのカネと時間と体力と精神力を
  投入し、失敗経験を重ねる必要があるのか」


 について、想像もできないと思います。



■そして、そのような想像力を持てぬ方
 (=聴いても価値を感じて頂けないであろう方)

 に間違って購入頂いてしまい、

 「くだらないコンテンツだった」

 と思われるのは嫌だから、


 そういう方には、たとえ販売して
 売上が上がるとしても、

 売ろうとも売りたいとも思っておりません。



■あくまで、

 「一発の着想&実装」

 で、どれほどの価値が生み出されるのかを
 理解し、


 「永続的に価値をもたらし続けてくれる
  無形資産としてのシステム」

 を作るきっかけとしてご活用頂ける方

 (=有形無形の資産家への道を歩まれている方、
   ないし、これから歩もうとされている方)

 にのみ、各種音源はお求め頂ければと
 考えているだけです。



■そういった意味で、今回、
 Tさんより頂戴したご感想


 (ここから)
 -------------------------------------

 早速聞きまして、半分も聞かないうちから、

 これはあかん、行動に移さないと、と
 固定費削減、お店の構造転換などに取り組みました。


 固定費などは、あるわあるわで、
 一万円は下がりましたね。

 串カツ屋をやっているのですが、
 単価が低い割に客席が少ない、そらあかんわと
 言うことで、片付けて席数を増やしたりと。


 半分聞いてこれですから、(元は取ったかと)
 全部聞いて繰り返して血肉にしていきます。

 (Tさまより)

 -------------------------------------
 (ここまで)


 は、まさに私(鮒谷)が狙っていた

 「効果効能(着想 → 実装)」

 をまさに手に入れて頂き、


 「何も考えなくても、勝手に一定の成果を
  もたらしてくれるシステム」

 を構築して下さりつつあるわけですから、

 こうしたご感想を頂けると
 大いなる喜びを感じられるのです。



■商売は

 「お客さまに価値をお渡しし、
  喜んでもらってナンボ」

 なわけですから、そういう意味では
 価値をお渡しできたようでホッとしている、

 ということでもあります。



■この4時間43分に及ぶ音源を

 (BGM代わりの聴き流しでもいいので)

 聴いて頂くことで1つでも2つでも、
 できれば5、10、20の着想を得て頂ければ、

 もとを取る、どころか、
 とてつもないリターンを手にできる、

 と考えております。



■なんといっても私自身が自分の人生や
 ビジネスを通して立証済みのコンテンツですから、

 自信を持ってお届けできますし、
 だからこそTさんに続き、次は、

 「ここまでお読み下さったあなたにも
  価値をお渡しし、喜んでもらいたい」

 と思っているわけです。



■そんなTさんがお求め下さった音源は
 こちらとなります。


 既に商売を行われている方にとっては
 この音源を聴くことで、即効性のある

 「着想 → 実装 →無形資産(の構築)」

 という流れを何本も作って頂けるはず、
 と確信しております。


 -------------------------------------


 【鮒谷周史の圧巻!
  「極小リスク、ミドルリターン起業」放談会音源】

 ▼収録時間:4時間43分

 ▼48,000円(+税)

 は以下よりお申込み頂けます。


 起業を志されている方、起業直後の方、
 すでに商売をなされていらっしゃる方、

 に特にお聴き頂きたい音源です。


 <お求めは以下よりどうぞ>


 ※ご感想をお送り頂ける方限定(カード決済)
  https://shinkaron.buyshop.jp/items/4930966

 ※ご感想の送付を見送られる方(カード決済)
  https://shinkaron.buyshop.jp/items/4931004

 ※銀行振込、あるいは携帯型プレイヤーの
  宅配版を希望の方は以下よりお願いします

  https://form.os7.biz/f/2bcaac43/


 -------------------------------------


 ※少なからぬ方は

  【惰性でも、高収益】

  という言葉に惹かれると思いますが、

  そんなシステムを手に入れたい方には、
  必聴の音源と言えるでしょう。



■その他、当社にてご案内中の音源は、
 以下からご覧頂けます。

 -------------------------------------------

 <現在、当社にてご案内中の音源・セミナーは
  こちらからご確認頂けます>

 https://shinkaron.buyshop.jp/

 -------------------------------------------




 今日も人生とビジネスを楽しみましょう!


 【今日のピークパフォーマンス方程式】   ■ビジネスにおいては    「惰性でも売上が上がり続ける」    システムを作り、さらには複数、所有する    ことによって安定性が増す。   ■このシステムは    「着想 → 事業への実装」    によって生み出されたり、強化されたり    するわけだが、    肝心の着想は、然るべき環境に    身を置かない限り、生まれてはこない。   ■だからこそセミナー、講演、コンサル、    書籍、音源、なんでもいいけれども、    「自分の持たない世界認識や方法論」    に触れ、継続的に閃きが生み出される    状態を作り出しておく必要がある。

カテゴリ:



※現在、20万1602名が購読中。