毎日20万人が読んでいるビジネスコラム 平成進化論

日本最大級・毎日20万人が読んでいるビジネスメルマガ
「平成進化論」のバックナンバーをご紹介しています。

メールマガジン「見本」はこちら

4889号 徒手空拳でラスボスに臨むというコント、あるいは悲喜劇


■昨日は、

 「復習なき学びは、
  単なる時間の浪費になりかねない」

 というタイトルで、


 学ぶことも大切だけれども、

 復習し、いつでもどこでも取り出せるように
 なってこその学習である、

 そんな話をいたしました。

 今日も続けます。



■上に記した通り、


 学ぶ目的は、単に知識として覚えるところに
 あるのではなく、

 最終的には、無意識レベルで実行できる
 ところまで、

 「自家薬籠中の物
  (完全に身につける)」

 とならなけば、意味がありません。



■だからこそ、

 学ぶことそのものよりも、
 むしろ徹底した復習が大切なのですが、


 本気で復習を行うとしたときに
 現れてくるのが、

 【調子のいい時は復習できるけれども、

  調子が悪くなると、
  復習する気力そのものが湧いてこない】

 という致命的な問題。


 思い当たる節のある方もいらっしゃるのでは
 ないでしょうか。



■その対策として、あらかじめ

 「やる気が湧いてこなくても
  学んでしまうシステム」

 を自分のために整えておくことが大切です。


 調子のいいときもあれば、
 調子の悪いときもあるのが人間で、

 だからこそ

 「調子のいいときにこそ、
  調子が悪くなったときのことを考え、

  【未然に必要な手を売っておく】

  ことが重要」

 なのです。



■調子が悪くなってから
 自らを鼓舞しようとしても、

 それは自分が座っている椅子を
 自分で持ち上げるようなものであり、

 持ち上がるはずがありません。


 「無い袖は振れない」ことは、
 これまでの人生で承知しているはずなのに、

 なぜ同じことを繰り返してしまう人が
 後を絶たないのか、

 実のところ、不思議でなりません。



■どうせすぐにやる気が落ちてくるのが
 人間で、

 それが分かっている人であれば

 「落ちるのは仕方ないけれども、
  どうにかしてそのときにも学び続けられる、

  そんな環境を作り出し、自らを縛ろう」

 と考えるのが

 「成果を出すための考え方」

 であると思うのですがいかがでしょう。



■ここまで書いて私(鮒谷)は

 特に、起業前から起業直後についての
 自分のことを思い出しました。


 その頃は、起床の音楽は、

 「ビジネスセミナー音源」

 でした。


 通勤のときに持ち歩くのは

 「ビジネスセミナー音源が収録された
  ウォークマン、

  後、MDウォークマン(死語!?)に」

 でした。



■朝起きて、

 CDコンポにはセミナー音源しか入れず

 (音楽CDは、入れておいたら
  聴いてしまうので隠しておいて)

 「起きたら → セミナー音源再生」

 「起きたら → セミナー音源再生」

 「起きたら → セミナー音源再生」


 を毎日、繰り返しているうちに
 それが習慣化されました。



■通勤時には、

 ウォークマンを持ち歩き、
 テープはもちろん、セミナー音源、

 (音楽テープは、持ち歩いたら
  聴いてしまうので、持ち歩かず)

 満員電車に揺られているときは
 どうせ本も読めないので、

 「セミナー音源が自動的に耳に入ってくる」

 そんな環境を整えているうちに、
 それが習慣化されました。



■こうした環境づくりへの取り組みが、

 「意識を向こう側の世界に留めおくための
  私なりの方法論」

 であり、

 調子の良いときに、そういうシステムを
 作っておいたから、

 一定以上に調子を落とし、
 一気に行動レベルが下がる、

 ということもなく、行動し続けることが
 できるようになりました。



■これがすなわち、

 「学びの環境を整える」

 「学ぶためのハードルを下げる」

 「学びを習慣化する」

 ということであり、


 こうしたことを自分の頼りない意志に
 任せなかったことが、

 「後々、効いてくることとなった」

 わけなのです。



■こうした

 「学びの環境を整える」

 「学ぶためのハードルを下げる」

 「学びを習慣化する」

 ことは、もちろん今でも心がけており、


 ▼元気なときに、未来の会食予定を入れ続ける

 ▼元気なときに、未来のコンサル予定を入れ続ける

 ▼元気なときに、未来の目標を公言しまくる

 ▼元気なときに、目標振り返りの仕組みを作っておく

 ▼元気なときに、セミナーやコンサルを申し込む
  (受ける方として)


 といったことを徹底して行っているから、

 常にテンション高く、
 毎日を生きていけるのです。



■さらにいうと、

 「自らに対する縛り」は一つや二つでは、
 あっという間に破られてしまうから、

 「多重縛りで、がんじがらめ」

 することによって、ようやく

 「望む未来に臨場感を感じ、
  その世界に到達するための闘志が湧いてくる」

 こととなるでしょう。



■自身を縛る環境を用意することなく、

 それによって良い習慣を定着させる
 努力も行わず、ただただ

 「ないに等しい、自らのやる気」

 だけを頼りにして、

 自分を変えることなど不可能であると、
 そろそろ知るべきではないでしょうか。



■「ないに等しい、自らのやる気」だけを頼りとして
 変わろうとしている人の姿は、

 見る人が見れば

 「徒手空拳でラスボスに臨んでいる」

 ように感じられるわけで、その状態は

 「コント」

 までとは言わないまでも

 「悲喜劇」

 といっても良いのではないでしょうか。



■そんな「コント」あるいは「悲喜劇」状態から
 抜け出すための

 「強力な環境づくりのための武器、
  としての音源」

 と捉えられてみてはいかがでしょう。


 ぶっちゃけ、別に真剣に聴く必要なんかありません。

 いや、真剣に聴ければ聴くに越したことは
 ありませんが、なんといっても

 「はなはだ当てにならない意志力」

 しか持っていないのだから、

 長時間、音源を真剣に聴き続けることなど
 できるはずがありません。



■でも、

 寝起きの寝惚けた状態でも、
 満員電車の不快極まりない環境の中でも、

 「BGMとしてのセミナー(放談会)音源」

 が流れているのと流れていないのとで、

 向こう側の世界に意識が向きますか、
 向かないですか、

 という話。

 (向くに決まっています)



■これが意志力に頼らないということであり、
 環境を作り出す、ということなのです。

 それには「道具」「武器」が必要。


 その道具、武器の中でも、

 (会食の予約には相手がいるし、
  それなりのコストがかかるし

  あるいはコンサルやセミナーに行くにも
  同じくそれなりのコストがかかるし)

 なんといっても手っ取り早く、
 大した労力もかからず、

 何度も繰り返し聴けば、時間あたり単価も
 どんどん下がってくるから、

 「最も簡単な環境づくりのツールであり、
  かつ、コストパフォーマンスの高いのが音源」

 と断言してもよいのではないかと
 思うのです。



■だからこそ、

 日々、音源をお聴き下さった方から、多くの
 感想をお寄せ頂けるのだと考えております。

 なかでも、上にご紹介した、この音源↓

 -------------------------------------

 【鮒谷周史のフォローアップセミナー音源
  (全6回セット)】

 ▼収録時間:16時間10分

 ▼76,800円(+税)※感想送付は必須ではありません

 https://shinkaron.buyshop.jp/items/5162715

 -------------------------------------

 は、コスパ(コストパフォーマンス)が
 最高であると思います。

 なんといっても


 ▼圧巻の収録時間(16時間10分)!

 ▼1日2時間聴いても、
  聴ききるまでに一週間以上!

 ▼単位時間の単価が圧倒的に安い!

 ▼いつでも、どこでも、音源を再生するだけで
  向こう側の世界に飛べる!

 ▼BGMとして聴き流すだけでも、
  無数のヒントが湧いてくる!


 そんな効果効能満載の音源です。

 今まであまりご案内してきませんでしたが、
 今日はがっつりご紹介させて頂きました。


 (同じ音源ばかり聴いて、飽きてきたときの
  入れ替え要員としての音源、

  という位置づけでもOK)



■以前、他の音源がない時代に
 お求め下さった方からは、

 (昔は3日間セミナー参加者のみ、
  お求め頂けました)

 暗記するくらいに聴き続けました、

 という声も多数頂戴してきた、
 評価証明済みの音源です。


 ぜひ、あなたの耳でも内容をお確かめ下さいませ。

 -------------------------------------

 【鮒谷周史のフォローアップセミナー音源
  (全6回セット)】

 ▼収録時間:16時間10分

 ▼76,800円(+税)※感想送付は必須ではありません

 https://shinkaron.buyshop.jp/items/5162715

 -------------------------------------


■その他、当社にてご案内中の音源は、
 以下からご覧頂けます。

 -------------------------------------------

 <現在、当社にてご案内中の音源・セミナーは
  こちらからご確認頂けます>

 https://shinkaron.buyshop.jp/

 -------------------------------------------




 今日も人生とビジネスを楽しみましょう!



 【今日のピークパフォーマンス方程式】   ■学びは繰り返し、復習することによって    定着、完成される。   ■けれども学びを自分の意志で行おうと    すれば、調子のいいときはいいけれども、    調子が悪くなったときに、一気に崩れて    しまうこととなる。   ■だからこそ、調子の良いときに、学びの    環境を整え、    未来、どんな状態になっても    学び続けられる環境を作っておき、    学びを習慣化させておくことが重要だ。   ■そのための最も費用対効果が低く、かつ、    導入のハードルが低いシステムとして    「セミナー音源の活用」    は極めて効果的ではないか。

カテゴリ:



※現在、20万1602名が購読中。