毎日20万人が読んでいるビジネスコラム 平成進化論

日本最大級・毎日20万人が読んでいるビジネスメルマガ
「平成進化論」のバックナンバーをご紹介しています。

メールマガジン「見本」はこちら

4888号 復習なき学びは、単なる時間の浪費になりかねない


■売っている自分で言うのも何ですが、

 「学びの定着化には、音源は最適」

 であると考えています。


 今回、DVDよりも「音源」で提供したのは、

 「気軽に、何度でも何度でも、
  繰り返し反復できる」

 という理由から。



■ノウハウ系のものはDVDでも有効だと思いますが

 (むしろ、内容によってはそのほうが良いと
  いうこともあるでしょう。

  たとえばWeb関連のコンテンツなどであれば、
  音源だけ聴いても何がなんだか分かりません)

 私(鮒谷)が提供しているコンテンツは、
 むしろ

 「原理原則」

 に近いもの。



■テレビやPCの前に座って、
 DVD拝聴!という感じのものではなく、

 むしろ、いつでも、どこでも、
 思いついたとき、気が向いたときに、

 何かを行いながらでも聴くことができる
 (というか、聴いて頂きたい)

 内容であるといって良いでしょう。


 じっくり時間を取って
 お聞きいただくのもいいですが、案外、

 「BGM代わりにして、適当に聴き流す」

 というのも有効です。



■その昔、

 ことわざやら、故事成語やら、俳句などを
 音声に吹き込み、

 「カセット(!)」

 で聴き続けたことがありますが、


 今から考えれば、この繰り返しが、

 語彙を増やし、表現の幅を広げるために
 大きく役立ってくれたように思われます。



■同様に、

 特に起業前から起業後しばらくも、

 ありとあらゆる音源を購入しては
 朝起きてから、夜寝るまで、

 暇さえあれば、聴き続けていました。
 (ときに睡眠学習も笑)


 その取り組みが無意識レベルまで落ちてきて

 「いつのまにやら」

 つつがなく商売を行うにあたっての
 常識が刷り込まれたように思われます。



■人生やビジネス、キャリア構築における
 意思決定基準は、

 (いつも書いてきたように)

 知っていた、聴いたことがある、
 では何の意味もなく、

 然るべき事態が訪れたとき、
 即座に取り出せなければ役に立たず、

 だからこそ反復、刷り込みが
 非常に重要となるのです。



■そういう意味では

 「復習なき学びには、意味がない」

 とすら言えるのではないでしょうか。


 そこで音源、なのです(笑)

 いや、笑っている場合ではありませんね。
 本当の話です。



■たとえば私(鮒谷)であれば、


 「先送りは、雪だるまのごとくに増えていく」

 だからこそ、

 「手元にあるボール(処理すべき案件)を
  すべて寝る前までに手放す」

 という言葉(意思決定基準)を持っているから、

 「先送り癖が、前倒し習慣へと
  切り替わっていく」

 こととなりました。

 今も修行中の身ではありますが。



■人と出会っているときにも

 「一期一会だからこそ、気を入れて接する」

 という高井伸夫先生からの教えを
 言葉として持っている(刷り込まれている)から、

 人と接するときの姿勢も
 変わってきたわけです。

 今も修行中の身ではありますが。



■こんな風な言葉をたくさん学び、

 さらには学ぶだけではなく、
 いつでも取り出せるよう定着されれば、

 自ずから人生も変わっていくものです。


 その刷り込み、またの名を「漆塗り」を
 行うことによって、

 自らの思考の鋳型が形成され、
 それが思考習慣ならびに行動習慣に発展し、

 そこから生まれる大量の行動が人生に

 「持続的、かつ甚大な影響」

 を与えることとなるわけです。

 考えてみたら当たり前の話だと思いませんか?



■だからこそ、

 「学びと復習はセットで捉えられなければ
  ならない」

 わけです。


 逆からいうと

 「復習なき学びは(下手をすると)
  単なる時間の浪費になりかねない」

 ということも言えるかもしれません。



■セミナーや講演会に参加したり、

 数日後、ないし一週間後に
 すべて忘れて何も覚えていない、

 という経験はないでしょうか。

 (私(鮒谷)は無数にありますが、、)


 これなどは本当に

 「何の意味もない」

 わけで、せめて、
 無理やり意味を見出すとするならば、

 「コンサートに行ったようなもの」

 というくらいのものかもしれません。



■つまり、

 娯楽や、癒やしや、友人・知人との
 コミュニケーションのためのイベントであった、

 という程度の話であり、

 それだったらわざわざ
 セミナーなんかに行かなくても、

 「本物のコンサートにでも、
  行けばよかったじゃん」

 という話。



■そんなくらいだったら、
 カネも時間もムダにしているだけだから

 「行かなかったほうがマシ」

 ということにすら、なりかねず、


 だからこそ、

 「復習を織り込んだ上での学び」

 でなければならないということに
 なるわけです。



■つまり、ここまでの話をまとめると

 「成果を出し続ける人間は、
  同じ話を聴き続ける」

 し、反対に、

 「一向に成果を出せない人に限って
  何かに憑かれたように、

  新しいものを、新しいものを、と
  追い求め続ける」

 ということです。

 あなたは前者?後者?どちらでしょう。



■後者だとすれば、おそらくはそれは、

 「永遠に、新ネタを追い続けなければ
  飽き足らぬ」

 という「病気」であり、


 その状態のままでは、一向に

 「(質の高い、そして大量の)
  意思決定基準が定着されることはなく」

 だからこそ、

 「行動の質が高まらぬまま、
  十年一日の生活を繰り返し、

  期待する成果も一向に現れない」

 こととなるわけです。


 厳しい言葉かもしれませんが、
 これが真実です。

 否定できる人はいないと確信しています。



■だからこそ、しつこいようですが、

 「学ぶことと復習することは
  セットで考える必要がある」

 ということになるわけです。


 そしてそれには

 「音源」

 が最適ということになるわけです(笑)

 いや、笑っている場合ではありませんね。
 本当の話です。



■音源をお求め下さった方とお話をしていると、
 車でお聴き下さっている方も多いようですが、


 車から電源を取り、
 スマホのスピーカーから聴かれたり、

 人によっては、スマホに外付け?の
 スピーカーまで接続して、

 聴かれている方もいらっしゃるようです。



■特に地方の方にとっては、

 通勤その他で車での移動が多い方も
 大勢いらっしゃるでしょうし、

 その間の時間を無駄にせず、
 車中の時間を最大限、有効に活用するためにも、

 ぜひご提供している各種音源を
 ご活用頂けましたら幸いです。



■昔から

 「ちりも積もれば山となる」

 と言われますが、


 移動時間やスキマ時間を活用した
 反復、復習、刷り込み、漆塗り、が、

 「(質の高い、そして大量の)
  意思決定基準の定着を促す」

 ことは絶対に間違いのないことです。


 以下のお好きな音源を刷り込んでみられては
 いかがでしょう(笑)

 いや、笑っている場合ではありませんね。
 本当の話です。


 -------------------------------------------

 <現在、当社にてご案内中の音源・セミナーは
  こちらからご確認頂けます>

 https://shinkaron.buyshop.jp/

 -------------------------------------------




 今日も人生とビジネスを楽しみましょう!


 【今日のピークパフォーマンス方程式】   ■復習なき学びには、意味がない。   ■意思決定基準の質が上がらず、量も    増えない学びに何の意味があるのだろう。   ■然るべき質の意思決定基準を、大量に    手に入れ、    かつ無意識レベルで実践できるように    なったときが、    自動操縦で結果を出せるようになるとき。   ■学びの定着(復習)に、音源という    「文明の利器!?」    をフルに活用するというのは、    限られた時間の中で結果を求められる    ビジネスパーソンにとって、    有効かつ意味のある選択ではないか。

カテゴリ:



※現在、20万1602名が購読中。