毎日20万人が読んでいるビジネスコラム 平成進化論

日本最大級・毎日20万人が読んでいるビジネスメルマガ
「平成進化論」のバックナンバーをご紹介しています。

メールマガジン「見本」はこちら

4882号 あなたの成果は「過去に集積してきた意思決定基準の質と量」に規定される


■昔から、このメルマガを
 お読み下さっている方は、

 先刻、ご承知のことと思いますが、
 私(鮒谷)は言葉を重視しています。


 特に、

 「意思決定を助けてくれる
  質の高い言葉」

 を集め、編集し、
 それをストックすることは、

 20年以上も続けてきたわけですから
 もはやライフワークと言ってもよいでしょう。



■言葉を集め、編集し、ストックしてきた
 私のこれまでの人生の中において、

 特に重視してきたことは、


 1、できるかぎり高い質の言葉を

 2、できるだけ数多く集め

 3、さらには自らに定着させ(記憶し)

 4、定着させた言葉を行動に転換する


 ことを意識してきました。



■どうしたらこの4つそれぞれを、
 より次元の高いレベルに到達させられるか、

 ただそれだけを考え、実践してきたと
 いっても過言ではないかと思います。


 そもそも、私たちが上げる成果の多寡は
 おおよそ上に記した、


 1、集めた言葉の質

 2、集めた言葉の数

 3、質の高い、大量の言語の定着(習慣化)

 4、成果の上がる習慣から生まれる大量行動


 によって規定されるもの。



■だからこそ、

 短時間でこの4つが満たされる
 学びの機会があれば、

 最優先でそこに時間を天引きして
 投下してきたつもりです。


 そのための出会いであり、交流であり、
 セミナーや講演に参加することであり、

 あるいは音源を聞かれることであったり、
 本を読むことであったりしたわけです。



■こうして定着した質の高い言葉と、
 その言葉によって定着した習慣に導かれて、

 「大量の行動」

 を繰り返している内に、

 時間の経過とともに
 徐々に成果が出ることになるのです。



■もちろん、私(鮒谷)も、まだまだ
 この取組みは緒についたばかりですが、

 ただ、ここまでに記してきたことを
 自分なりに20年ほどの間、

 意識して実践してきたことによって、


 少なくともそれ以前の生活と比べ、
 大きな変化がもたらされましたし、

 また、これから先、さらに変化の速度が
 加速していくのではないか、

 そんな確信めいたものも
 持てるようになってきました。



■そんな私(鮒谷)が
 これまでの人生において、

 収集、編集、蓄積、定着、さらには実践を
 心掛けてきた中でも、

 ドラッカーの言葉は
 決して無視できるものではありません。


 いつ、何度、読み返してみても、

 生き方や、態度、姿勢を骨太な問いで、
 鋭く内省させてくれるのが、

 ドラッカーの言葉です。



■常に自らを

 「原理原則」「正統性」

 というスタート地点に
 引き戻してくれるのが、

 ドラッカーの言葉の魅力であると
 思っています。



■そんなことを、

 先日、以前より親しくお付き合いしてきた、
 ドラッカー専門のマネジメントコンサルタントの、

 トップマネジメント株式会社代表取締役、
 山下淳一郎さんと会食したことを契機として、


 山下さんが最近、著された著書

 <日本に来たドラッカー 初来日編>


 ※以下、同書概要。
 -------------------------------------


 ドラッカーをはじめて日本に招いた、
 一般社団法人日本経営協会の協力を得て、

 当時の記録と録音テープをもとに、
 ドラッカーの講演とセミナーの内容をまとめた。


 実際にあったことを知るということは、
 何かを変えようとした人間を学ぶことになる。

 たまたま起こったかのように見える
 歴史の動きの背景には、
 たまたまでは語れない人間の意志がある。


 ドラッカーは、「違う自分になること」よりも、
 「今の自分を高めること」の大切さを教えてくれる。

 そして、「明日のために今日何をすべきか」を
 気付かせてくれる。


 この本を読むと、
 「明日のために今日何をすべきか」を
 見出すことができる。


 -------------------------------------
 (ここまで)


 を読ませて頂き、思い返した次第。



■ちなみにこの本もまた、

 (ドラッカの講演・セミナーの
  まとめなのだから当然といえば当然ですが)

 高い言葉の質を伴う、
 記憶にしておきたい言葉の数、

 が高いレベルで満たされ、


 さらには、

 本質を付く言葉が、
 きわめて平易で分かりやすく、

 かつ、鼓舞される表現で
 記されているから繰り返し読みたくなるし、

 だからこそ、定着が促されることとなる、

 という良書の条件を揃えている、
 といって良いでしょう。


 ※それゆえでしょう、Amazonのレビューも
  熱い声がたくさん載せられています。



■こうした

 「本質的な(=波及効果の高い)
  記憶に遺したい言葉」

 を頭の中に刷り込んでおくと、


 場面場面において、意思決定を
 助けてくれることになり、

 その言葉の通りに実践に移さずには
 おれなくなるわけで、

 そこから成果が現れ始めることとなる、
 というのは、ここまでに記した話。



■私自身、

 ドラッカーの言葉によって、
 相当程度、自らが作り変えられてきた、

 という自覚も自負もありますし、


 その昔、

 <ドラッカー名著集(1~15巻)>

 も2年ほどかけて読了しましたから、

 そういった意味では、ドラッカー思想は
 それなりに理解しているつもりですが、


 この本は、

 初めてドラッカーが来日した時の講演録6篇、
 ならびにドラッカーからの手紙、

 という構成となっていて読みやすく、
 それが格調高く、まとめられており、

 ドラッカーの考えを改めて復習、徹底、
 刷り込みをする、

 大変ありがたい機会となりました。



■冒頭に記した通り

 (あるいは、目標設定音源でも
  確か(!?)お話をしました通り)


 1、できるかぎり高い質の言葉を

 2、できるだけ数多く集め

 3、さらには自らに定着させ

 4、定着させた言葉を行動に転換する


 ことこそが、

 「人生を変革させるために
  必要不可欠な取り組み」

 となるわけですが、

 こうした本を読み、質の高い言葉を集め、
 さらにはメモを取り、暗記し、

 その言葉に従い、行動してみることによって
 人生は作り変わっていくわけです。



■私(鮒谷)は、

 「仕事をする意義」

 をドラッカーから教わりましたが、


 たとえばこうした本を読めば、

 「仕事=生活のために仕方なくやること」

 という概念が根本から破壊されるはず。


 (ドラッカーの本に限りませんが)

 そんな衝撃を伴ってもたらされる
 世界観の変化は、

 やがて必ず行動に波及し、
 人生が作り変わっていくこととなるのです。



■意思決定を助けてくれる、
 質の高い言葉に触れ、定着され、

 やがて実践できるようになってきたときに
 何が起きるのか、

 そんなことを考える一つの例として


 <日本に来たドラッカー 初来日編>


 を読んでみられるとよいかもしれませんね。



■せっかくなので、明日は、

 「同書に記されていた、私(鮒谷)が記憶し、
  更には刷り込んでおきたいと思った名言」

 をご紹介しつつ、

 今日のテーマを深掘りして
 お伝えしたいと思います。




 今日も人生とビジネスを楽しみましょう!


 【今日のピークパフォーマンス方程式】   ■質の高い意思決定を助けてくれるのは    「質の高い言葉」以外にない。   ■あなたの内面にある言葉の質や量、    さらには定着度合い、実践レベルが、    あなたの成果を規定する、と言っても    過言ではないだろう。   ■だからこそ、これらを出来る限り短時間で    習得できる学びの機会があれば、    何をさておいても、時間を天引きし、    最優先して取り組むべきなのである。

カテゴリ:



※現在、20万1602名が購読中。