毎日20万人が読んでいるビジネスコラム 平成進化論

日本最大級・毎日20万人が読んでいるビジネスメルマガ
「平成進化論」のバックナンバーをご紹介しています。

メールマガジン「見本」はこちら

4881号 能力開発は「必勝フォーマットの学習×反復訓練」によって実現される


■何かの分野において、

 上達をしよう、
 能力を身に付けよう、

 と思うのならば、

 「まずは学ぶべきことを学び、
  その後、しつこく反復練習する」

 以外の道はありません。



■学ぶべきことを学ばず、
 我流で反復練習をしていても、

 勘所を外したままのトレーニングとなるから、
 上達するはずがありません。


 反対に、

 学んでいるけれども反復練習しない、
 ということであれば、

 学びは身体知化されることなく、
 どころか、徐々に揮発していき、

 最終的には学ぶことに投じたコスト
 (時間やお金)は一切無に帰してしまう、

 こととなるわけです。


 ※自動車の運転技術を身につけることを
  想像されてみてはいかがでしょう。

  学ぶべきことを学ぶ必要があり、

  と同時に、相応の練習をしなければ、
  運転できるようにはなれません。

  当然のことですね。



■だからこそ、

 何かの分野において上達を目指すには、

 学ぶべきことを学び、かつ、
 継続したトレーニングが絶対に必要、

 ということになるわけです。



■ところで、このメルマガ(平成進化論)を
 お読み下さっている方においても、

 「対人コミュニケーション能力を強化し、
  さらには発信力を強化したい」

 とお考えの方は少なくないと思います。


 また、これまでに幾たびも記してきた通り、

 今の時代にあって、成果を上げたいと
 思うのならば、

 「両者は(あったらいい、どころではない)
  必須の能力」

 であり、

 その能力を上達させる必要がない人など
 あるはずがありません。



■ただし、その能力は、我流で練習して
 鍛えられることはありません。


 独学、我流ではなく、

 「しかるべき必勝フォーマット」

 を学び、その上で、

 「繰り返し練習する」

 ことによってのみ、能力を伸長させられます。



■ただ念ずるだけで、能力の花が
 開花するのならば、いくらでも念じますが、

 実際のところは、能力の花を開花させるには
 やはり

 「一定のフォーマット」

 に従う必要があるわけで、


 そのフォーマットを深く理解するために学び、
 その上で、練習し続けられる人こそが、

 さまざまな能力を
 次々と開花させていくこととなるのです。



■そのフォーマットが自分の中にインストール
 されていない人は、どれだけ頑張っても、

 あるところまではいけても
 あるところから先は、

 「十年一日の繰り返し」

 となってしまうことでしょう。



■もちろん、

 あなたはどの分野であれ、
 学ぶ自由があるわけですが、


 ビジネスマンに携わる人にとっての

 「読み・書き・そろばん」

 ともいえる、


 圧巻の成果を発揮するための
 必須リテラシー(基礎的素養)としての

 「対人コミュニケーション能力、
  ならびに、伝達力、発信力」

 は、何をさておいても最優先で身につける
 必要のある能力である、

 といっては言い過ぎでしょうか。



■そのように考えているからこそ、

 私(鮒谷)自身、意識して、それらの能力を
 磨き上げてきたつもりですし、

 またこれからも油断なく、レベルを引き上げて
 いきたいと思っているわけです。


 今週末、そんな学びの場を
 私自らに対して用意し、さらに

 「おすそ分け」

 ではありませんが、

 「同じく、私も学びたい」

 という方があれば、門戸を解放いたしますので、

 以下のご案内をさせて頂きます。



■もちろん、

 「対人コミュニケーション能力、
  ならびに、伝達力、発信力」

 がビジネスにおいて決定的に重要、

 という基礎的な認識が共有されていない人に
 起こし頂くわけにはいきませんが、


 「本当にそうだよな」

 と思う方であれば、

 今回、お招きさせて頂く上阪徹さんの
 2日間のセミナーは、

 必ずやあなたの人生やビジネスを大飛躍させる
 ための大いなる武器となるはずです。

 (そう確信しているからこそ、
  お招きするわけですが)



■ちなみに、ブックライターとして著名な
 上阪さんのことは、

 既にご存じの方も多いと思いますが、
 上阪さんは1989年、早稲田大学商学部を卒業後、

 アパレルメーカーのワールド、
 リクルート・グループを経て、

 94年よりフリーランスのライターとして
 独立された方。



■経営、経済、就職などをテーマに、

 長きに渡り、雑誌や書籍などで幅広く
 執筆やインタビューを手がけてこられ、

 広範囲に及ぶ取材相手は
 軽く3000人を超えています。

 また、自らが聞き出した、大きな実績や成果を
 あげられた方のエッセンスを伝える講演活動も。


 気づかずに上阪さんの記した書籍や
 記事を読んだことのある方は多い

 (読んだことのない方のほうが、
  むしろ少ない!?)

 と思います。



■著書に、


 『〆切仕事術』(左右社)

 『「聞き方」を変えれば、
  あなたの仕事はうまくいく』(文響社)

 『成功者3000人の言葉 人生をひらく99の基本』

 『ビジネスマンのための 新しい童話の読み方
  人生の壁を破る35話』(飛鳥新社)

 『職業、ブックライター
  毎月1冊10万字書く私の方法』(講談社)

 『書いて生きていく プロ文章論』(ミシマ社)

 『できる人の準備力』(すばる舎)

 『ライザップはなぜ、結果にコミットできるのか』

 『なぜ気づいたらドトールを選んでしまうのか?』

 『なぜ今ローソンが「とにかく面白い」のか?』

 『成城石井はなぜ安くないのに選ばれるのか?』
              (いずれもあさ出版)

 『「胸キュン」で100億円』(KADOKAWA)

 『リブセンス』(日経BP社)


 などなどがあります。


 インタビュー集には累計40万部を突破した
 『プロ論。』シリーズ、

 『外資系トップの仕事力』シリーズなども。

 インタビューで書き上げる
 ブックライター作品も60冊以上、

 という膨大な仕事量を、長期に渡って、
 一度も納期に遅れることなく、

 高い品質を伴わせながら行ってこられた方。



■昨年末、そんな上阪さんと食事をご一緒した時に
 ぜひ、上阪さんの「主戦場」であるところの

 【聞く力&書く力を強化するための方法論】

 について、学びたい、お話を伺いたい、

 「必勝フォーマットを伝授下さい」

 と思い、セミナーを依頼したところ、

 超ご多忙の中、快諾いただき、
 皆さまにご案内できることとなった次第。



■内容は現時点でのものですが、
 以下のようなものとなる予定です。

 (2日間連続のセミナーです
  ※1日だけの参加も可能です)

 -----------------------------------------------


 <初日>

 コミュニケーション力は「聞く力」で変わる
 →「話す」以上に「聞く」重要性が知られていない

 ●相手が何を求めているかは、
  聞かないとわからない

 ●仕事のクオリティが高い人、顧客の評価が高い人は
  「聞く」のがうまい

 ●相手がつい話したくなる、
  という人にはスキルがある

 ●聞きにくいことを聞く方法、緊張しない方法、
  苦手な人とのコミュニケーション

 ●ビジネスで信頼されるメモ術

 ●「聞く」のがうまくなる習慣

 ●聞く力は相手からしっかり見られている


 <2日目>

 スラスラ書ける、早く書ける。
 ワンランク上の文章の「書き方」

  →月に一冊本を書く著者が説く
   「速く」「伝わる」文章術

 ●間違いだらけの「書く心得」。
  文章をめぐる多くの人の勘違い

 ●植え付けられた呪縛を解く。
  文章は単なる道具に過ぎない

 ●文章は素材でできている。
  「素材」を意識すればうまくなる。速くなる

 ●「素材」を認識するトレーニング

 ●伝わらない文章、時間がかかる文章の原因。
  「形容詞」の間違った使い方

 ●文章には「目的」がある。
  ゴールのない文章は入ってこない

 ●スマホで雑感を常にメモしていく、
  という文章スキルアップ術


 -----------------------------------------------



■たった2日間を学びに投じるだけで、
 上に記した

 「一生モノの財産となる、
  聞く力&書くためのフォーマット」

 が身につけられるとするとどうでしょう。


 私(鮒谷)も、それなりの努力を払って、

 この2つの力を身につけることに
 力を尽くしてきましたが、

 さらにレベルアップを図るべく、

 (なによりも自分のために!?)

 上阪さんをお招きして、今回の企画を
 立てさせて頂いた次第です。



■ご関心をお寄せくださった方と共に、

 「一生モノの能力」

 を身につけるために
 学ばせて頂ければと思います。

 お申込みは下記よりお願いいたします。


 -------------------------------------------


 < 少人数制 上阪徹さん
  「聞く力&書く力」セミナー >


 【講師】

 上阪徹さん


 【日時】

 2017年1月28日(土曜日)「聞く力」編
 2017年1月29日(日曜日)「書く力」編

 の2日間

 各日 午後1時30分~午後6時(両日とも4時間半づつ)

  ※今回は終了後の懇親会の予定はありません。

  ※当日は内容を収録し、
   後日音源販売させて頂く予定です。


 【場所】

 東京・飯田橋の当社セミナールーム

  ※詳細はお申し込み下さった方に、
   改めてご案内いたします。


 【参加費】

 (2日間で)88,000円+税

  ※いずれか1日のみの参加も可能です
   ^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
  (下記サイトより、リンクに従って下さい)

  ※分割払いもご相談に応じます。


 <両日にてお申し込みの方は、今すぐこちらから>

  カード決済をご希望の方はこちら
  https://shinkaron.buyshop.jp/items/5133115

  銀行振込でのお支払いをご希望の方はこちら
  https://eipo.jp/2nd-stage/seminars/view/4742


 <聞く力編のみお申込みの方は、今すぐこちらから>

  カード決済をご希望の方はこちら
  https://shinkaron.buyshop.jp/items/5133212

  銀行振込でのお支払いをご希望の方はこちら
 https://eipo.jp/2nd-stage/seminars/view/4818


 <書く力編のみお申込みの方は、今すぐこちらから>

  カード決済をご希望の方はこちら
  https://shinkaron.buyshop.jp/items/5133231

  銀行振込でのお支払いをご希望の方はこちら
  https://eipo.jp/2nd-stage/seminars/view/4819


 ※お申し込みは先着順にて承っておりますが、

  少人数制につき、定員となり次第、
  受付を締め切ります。

 -------------------------------------------


 あなたと会場でお会い出来るのを
 楽しみにしております。




 今日も人生とビジネスを楽しみましょう!


 【今日のピークパフォーマンス方程式】   ■何かの分野で上達したいのであれば、    学ぶべきことを学び、    その上で反復練習することが不可欠だ。   ■学ぶべきことを学ばず、反復練習だけを    繰り返していても勘所をつかめず、    かといって、実践なき学びでは、    学びが身体知化されることはない。   ■だからこそ、何かの分野で相応の能力を    発揮したいと願うのならば、    「正しく学び、続けて練習する」    ことが欠かせない。

カテゴリ:



※現在、20万1602名が購読中。