毎日20万人が読んでいるビジネスコラム 平成進化論

日本最大級・毎日20万人が読んでいるビジネスメルマガ
「平成進化論」のバックナンバーをご紹介しています。

メールマガジン「見本」はこちら

4877号 起業のキモは「リスクを限定し、利益が約束された構造」をいち早く作り、そこにレバレッジをかけること


■商売はシンプルであればあるほど、
 うまくいくものです。

 逆に、

 「複雑で、何度聞いても頭に入ってこず、
  ビジネスのイメージも全く湧かない」

 そんな商売がうまくいくはずがありません。



■利益が約束されている
 シンプルな構造に、

 「各種のレバレッジ」

 をかけることによって、
 ビジネスは一気に離陸するのです。


 ここで大切なのは、先に

 「リスクを最小に限定し、さらに、
  利益が約束されたシンプルな構造」

 を確立することが重要です。



■たとえるならば、これは

 「雪だるまの芯」

 のようなものであり、

 この芯さえ、しっかりと固めておきさえすれば
 あとは雪だるまを転がせば転がすほど、

 「どんどん雪だるまが、デカくなっていく」

 こととなるでしょう。


 (これがビジネスにレバレッジをかける、
  ということ)



■反対に、横着して、


 1、リスクが限定されておらず

  (事業がこけたら借入金を返せず、
   自己破産まで一気に)


 2、収益を生み出す構造が複雑で
   変数が多すぎたり


  さらには、


 3、念ずれば花開く、的発想で、
   利益が出る保証はないけれども、

   ポジティブシンキングで、一生懸命、
   願っているから大丈夫だろう的な発想で


 4、そんな感じで利益も約束されておらず、
   成り行き任せ、出たとこ勝負な、

   「博打的感覚」で商売を捉えている


 そんな状態のまま、
 起業に突っ走ったら、おそらくは十中八九、

 数ヶ月から、せいぜい数年のうちにあ、
 首が回らなくなっているはずです。



■これが、

 雪だるまの芯をテキトーに作り、
 途中で雪だるまは割れてしまい、

 みじめ、あわれな姿になってしまった、
 成れの果て、

 ということになるのです。



■そんな状態に陥ってしまったのは、
 ひとえに

 「知るべきことを知っておく」
 「学ぶべきことを学んでおく」

 という最低限の準備すら怠っていたからだから、
 当然といえば当然、

 とまで言ってしまえば、
 言い過ぎになるのかもしれませんが、


 でも、個別コンサルを通して、

 「安易に起業を考えている人が多すぎる」

 と、つくづく思うことでもあり、


 特にコンサルのお客さまには
 転んでしまってから、

 「なぜ早めに言ってくれなかったんだ」

 と言われても困るので、
 厳しくても言うべきことは言う、

 そんな風に決めているのです。



■これまで無数の起業した人を見てきて、

 これをすれば絶対にうまくいく、
 とまで断言することはできませんが、

 これをやってしまうと絶対にうまくいかない、
 ということは断言できるようにもなり、


 そのあたりの話を

 「極小リスク・ミドルリターン放談会」

 にて昨年末にお話させて頂いた、
 ということになるわけです。



■ここで話をしたことは個別コンサルにおいて、

 起業志望者に向けて
 必ずお伝えしてきたことですが、

 「単位時間あたりで見ると、
  個別コンサルの単価はそれなりに高いし、

  さらには、人が変わっても、毎回、
  同じ話を繰り返し伝え続けるのもどうか」

 との思いが募ってきて、


 個別コンサルと較べて
 相対的に安価に、

 さらにはじっくりと時間をかけて、

 「転ばぬ先の杖の起業思考」

 を学んで頂ければと思い、
 今回、放談会を音源化させて頂きました。



■正直、

 自ら商売を立ち上げる(起業する)のは、
 そんなに難しいことではありません。


 そもそも、この狭い日本に、
 曲がりなりにも

 「代表取締役」「社長」

 と名前が付いている人は、
 それこそ何百万人単位でいるわけで、

 そう考えると、

 「こんな兄ちゃん」

 「こんな姉ちゃん」

 「あんなオッサン」

 「あんなオバハン」

 「こんな爺さん」

 「こんな婆さん」

 でも、

 数年、十数年、長い人だと数十年も
 商売を続けているのだから、

 向上心旺盛で、勉強熱心な、
 あなたにできないはずがないのです。



■とはいえ、みな、

 周りからのアドバイスとか、
 自分で導き出した経験則、

 あるいは読書やセミナー参加など、
 自分なりの学習で、

 ノウハウを蓄積し、厳しい競争を勝ち抜いて
 きたわけです。



■つまり、

 商売はそんなに難しいものでは
 ありませんが、

 そんなに簡単なものでもない、
 ということになるでしょうか。


 どんな競技にもルールがあり、
 いくらなんでも

 「最低限のルール」

 すら知らずにゲームを始めても、さすがに
 勝利を収められるはずがありません。



■だからこそ、

 「この音源を聞くだけで完璧!」

 なんて厚顔無恥なことをいうつもりは
 ありませんが、


 「この音源は聴かなくてもいいけれども、

  最低限、これくらいは知っておかないと
  どう考えても、まずいっしょ」

 くらいの話は、

 これでもか、というくらいに密度濃く、
 叩き込んでおきました。



■すでに、

 そのレベルの学習は終わっているよ、

 という方であれば、
 それでいいのですが、

 「ちょっと心配、ちょっと不安」

 という方は、あらかじめ、

 「転ばぬ先の杖」

 「自分の未来に対する保険」

 として、投資をされてみてもよいのでは
 ないでしょうか。



■私(鮒谷)は今度、
 恒例の人間ドック入をいたしますが、

 そこにかかる数万円とか十数万、
 あるいはフルセットで数十万、

 となると、一見、高いようにも見えますが、
 そこで

 「不治の病の早期発見、早期治療」

 ができたとすれば、むしろ

 「安すぎだった」

 ということになるわけです。



■起業準備に当たっての学習においても
 同じでしょう。

 音源を聴くことで

 「討ち死に必至の、博打的起業」

 であったと

 「早期発見、早期対策」

 を打つことができれば、
 それこそ大きな価値があった、

 と言えるのではないでしょうか。



■そんな問題提起を行いつつ、

 「極小リスク・ミドルリターン起業放談会」

 音源のインデックスを以下にご紹介して、
 本日のメルマガはおしまいにしたいと思います。


 ※音源には、以下、
  90項目の内容が含まれています。


(ここから)
 -------------------------------------------


 ▼要注意!ビジネス経験が浅いと
  安易に○○を増やしてしまうことになる

 ▼商売を上手に回せる人とは
  ○○をコントロールできる人

 ▼鮒谷からみた顧客の分類(!?)とは

 ▼指先一つで崩壊!
  ガラス細工の盆栽ビジネスとは?

 ▼ミシュラン一つ星のお店が開店早々、
  危うく閉店に追い込まれかけた理由とは?

 ▼起業で何よりも大切なのは○○○しないこと

 ▼飛行機の計器のごとく、ビジネスで
  絶対にチェックすべきポイントとは?

 ▼正社員は2名のみ!
  鮒谷の超高収益ビジネスの構造について語る

 ▼「築城3年、落城3時間の時代」を生き残るために
  必要な心構えとは?

 ▼会社は原則○○と考えるべし

 ▼年商13億、利益6億の○○、
  年商150億、利益70億の○○○○○○など、

  「構造的に利益が出ざるを得ない」
  ビジネスモデルの研究

 ▼鮒谷のビジネスの急所とは?

 ▼○○○○を極小化することも重要

 ▼鮒谷のコンサルは安い、と言われる理由とは?

 ▼コンサルタント志望者必聴!
  鮒谷のコンサルビジネスの売上が
  安定している理由とは?

 ▼その席であなたは勝負に勝てますか?
  ポーカーと起業の共通点とは?

 ▼あなたは真冬の北極圏で
  アイスを売りますか?

  それとも真夏の須磨海水浴場で
  アイスを売りますか?

 ▼ビジネスは製薬会社のごとくあれ

 ▼起業の前にちょっと待て、これだけは
  押さえておきたいチェックポイントとは?

 ▼サラリーマンからの起業は
  ○○○で行うべき理由とは?

 ▼ニーズを知るためにはまず○○○みよ

 ▼メルマガをわずか10分で書き上げる
  鮒谷流タイムマネジメント術

 ▼日々満足して眠りに就ける、鮒谷流仕事術

 ▼「マジックセミナー」が瞬く間に
  満席になった理由とは?

 ▼鮒谷のコンテンツラインナップについて語ってみた

 ▼鮒谷が考える「事業の定義」とは?

 ▼安全性を高めるなら、まずは○○○で開業せよ

 ▼固定費は○○○○○○○のごとくであるが故に
  起業直後は蛇蝎の如く嫌うべし恐るべし

 ▼○○○費用の3回値下げに成功した
  鮒谷のテクニックとは?

 ▼常に○○○圧縮を考える

 ▼商売を加速させるレバレッジの使い方

 ▼鮒谷がわざわざ別府温泉にまで
  足を運んだ理由とは?

 ▼撤退障壁に阻まれて、
  人生凍結モードに陥った人のお話

 ▼コマネズミのごとく新規集客に明け暮れるビジネスと
  リピーターを安定的に確保できるビジネス

 ▼飛び出してからはもう遅い。
  慣性の法則の恐怖とは?

 ▼ビジネス安定のキーワードは誰もが知っている
  四字熟語で表せる

 ▼○○○○ネットなどに出ているビジネスは千三つ

 ▼ビジネスは芸術のごとくに創り上げること

 ▼会食も、ビジネスも読書も全て同一線上!
  鮒谷の投資姿勢とは?

 ▼別府温泉、ヨット合宿、全てがビジネスへ通ずる道

 ▼経営者必聴!値下げ交渉に必須の3項目とは?

 ▼鮒谷がメルマガ上で激怒した値上げ交渉のお話

 ▼「いい人」と「人のいい人」の違いとは?

 ▼まずは何より○○○

 ▼鮒谷のビジネス創世記

 ▼高粗利を確保したいなら、〇〇を消費してもらえ

 ▼○○○極小、○○極大から始めよ

 ▼〇〇〇〇〇〇〇の市場価格変動に見える、
  昨今のビジネスの高度化とは?

 ▼事業を立ち上げる前に
  ○○○○○○を立ち上げよ

 ▼お得意様依存ではいけない理由とは?

 ▼ビジネスの必須栄養素ならぬ、
  必須思考実験とは?

 ▼最悪を想定し、最善を尽くすべき必要性

 ▼特定顧客に振り回されないための
  ビジネスマル秘構築法

 ▼高収益ビジネスはすべからく皆、
  〇〇〇〇〇〇ビジネス

 ▼まだ、お客さまとの関係で消耗してるの?
  あなたを消耗させない、
  お客さまとの責任分界点の引き方とは?

 ▼売上を立てながら営業する構造とは?

 ▼メルマガ登録の瞬間にロックオン!
  メルマガ上で決して語られぬ営業の真実とは?

 ▼音速で営業ノウハウを身に付けたいなら、
  まずは〇〇〇〇〇〇を体験せよ

 ▼売られた時に自らに問いかけるべき質問とは?

 ▼マンモスを追いかける狩猟型営業から、
  自然と落ちてくるマカダミアナッツ型営業へ

 ▼サルガッソー海のごとくにお客さまを絡めとる
  ○○○○○○コストを意識せよ

 ▼ビジネス発展の秘訣は○○に始まり○○に終わる

 ▼紹介が○○○業界、〇〇○○を構築するために
  鮒谷のとった方法とは?

 ▼〇〇〇を活用して、紹介の力を爆発させよ

 ▼売らなくても売れていく、
  トロイの木馬セールスとは?

 ▼伝染病のごとくに強力に販売推進するためには
  〇〇〇〇のニーズをつかむこと

 ▼見せた瞬間、「○○○○○○○」と
  言われる商品を作るべし

 ▼何をしたらいいのかわからない、という層に
  刺さるサービスを開発できたお話

 ▼売らずとも売れていく真骨頂とは、
  ○○○の○○○○○を提示するところにあり

 ▼見込み客に刺さる、破壊力抜群の最終兵器とは?

 ▼ぼんやりとした不安ならぬ、
  ぼんやりとした〇〇〇〇を言葉の力で明確化せよ

 ▼価格競争を回避したいならすべきこととは?

 ▼中小企業は○○○一択

 ▼起業するなら目指すべき商売のスタイルとは?

 ▼やる気ゼロ。。。
  泥沼のような倦怠期からのモチベーションの
  上げ方とは?

 ▼総額60億の美術品を買い取った個人のお話

 ▼ビジネスとは高等な〇〇〇に同じ

 ▼起業前にこれから始めるビジネスを俯瞰し、
  ボトルネックを把握しておくべき理由とは?

 ▼一見、時間の切り売りに見える、
  個別コンサルに秘められた鮒谷の意図とは?

 ▼弱者は〇〇〇の〇〇にて進出せよ

 ▼地方にこそ商機あり?!

 ▼背水の陣を敷いても頑張れない

 ▼会社を辞める前に○○○を見つけ出せ

 ▼創業2年も経たずに
  時価総額30億の企業を築いた人のお話

 ▼シンプルな構造ほど強い、その理由とは?

 ▼最後に効いてくるのは○○

 ▼需要があるのは〇〇〇〇〇〇〇〇

 ▼ご縁を作るにはまず○○な人であれ

 ▼カネなし、コネなし、
  そんな人でもできるご縁の作り方とは?

 ▼鮒谷の個別コンサル誕生秘話


 (以上、90項目について学べます)


 -------------------------------------------
 (ここまで)


 ここまでお読み下さり、
 ありがとうございました。

 あとはご随意に。

 音源のお求めは、以下から行って頂けます。


 ---------------------------------------------


 【 鮒谷周史の、圧巻!
  「極小リスク、ミドルリターン起業」放談会

 ~鮒谷が倒産不可能、かつ、
  超高収益のビジネスを生み出すために、

  起業前から意識してきた、90個の考え方】


 <収録時間>約283分(4時間43分)

 <料金>48,000円+税(ご感想を頂ける方)
     51,000円+税(ご感想を見送られる方)


 <お求めはこちらから※カード決済専用
 (ご感想をお送り頂ける方用)>
 https://shinkaron.buyshop.jp/items/4930966

 <お求めはこちらから
 (感想送付は見送られたい方用)>
 https://shinkaron.buyshop.jp/items/4931004


 ※銀行振込でのお支払をご希望の場合は、
  下記フォームからご注文をお願い致します。

 (ご感想をお送り頂ける方用)
 https://form.os7.biz/f/2bcaac43/

 (感想送付は見送られたい方用)
 https://form.os7.biz/f/cb72cc22/


 ---------------------------------------------


 後になってから

 「あのとき、ああしていれば」

 と悔いることを「後悔」というわけですが、


 後悔しないためにも、
 ぜひとも、この音源で

 「転ばぬ先の杖」

 を手に入れておいて下さい。


 今日も人生とビジネスを楽しみましょう!


 【今日のピークパフォーマンス方程式】   ■起業のキモは、いち早く   「リスクを限定し、利益が約束された構造」    を作り、そこにレバレッジをかけること。   ■例えるならば「雪だるまの芯」を作り、    高速で転がしていくイメージ。   ■その芯をしっかりつくっておかないと、    途中で雪だるまは無残に割れてしまい、    みじめ、あわれな姿になってしまうのだ。   ■起業に際しては「転ばぬ先の杖」の精神で    学ぶべきことは事前にしっかりと学んで    おくべきではないか。   ■後になって悔いることを「後悔」と呼ぶが    そうなってからでは手遅れだ。

カテゴリ:



※現在、20万1602名が購読中。