毎日20万人が読んでいるビジネスコラム 平成進化論

日本最大級・毎日20万人が読んでいるビジネスメルマガ
「平成進化論」のバックナンバーをご紹介しています。

メールマガジン「見本」はこちら

4873号 「微差の重畳 × 超速スピード × 時間を味方に」が逓増人生をもたらす


■自分の人生、あるいはビジネス、キャリアを

 「右肩上がりの逓増傾向」

 にしていきたいと思うなら、


 【 微差の重畳 × 超速スピード × 時間を味方に 】


 この積を最大化させることを心がければ、
 自ずから

 「資産(生活習慣や人間関係、ビジネスの仕組み等)」

 を創り出し、さらには強化・増大させることが
 できるでしょう。



■一つの例を出すならば、

 私(鮒谷)がこのメルマガを創刊したとき
 強く意識したのが、


 イエローハット創業者、
 鍵山秀三郎氏の言葉である、

 「微差の積み重ねが絶対差となる」

 という言葉でありました。


 過去のバックナンバーを辿ってみても
 幾たびも引用しているのが分かります。


 <0809号 小さな積み重ねの繰り返しが、
    圧倒的な差を生み出すこととなる>


 <3145号 微差を重ねて
      絶対差を創り出すプロセス>


 <4682号 超高速で
  「凡事」「平凡」「微差」を積み上げる!>



■ただし、微差を積み重ねるのは重要ですが、
 だらだらと微差を積み上げても仕方ないので、

 猛烈な速度でPDCAを回すことを心掛け、


 さらにそれを短期間しか続けなければ
 大したことは成し遂げられませんので、

 これも同じく、鍵山秀三郎さんの

 「10年偉大なり 20年畏るべし
  30年で歴史になる」

 という言葉を指針として、

 少なくとも10年、20年、30年、
 出来うるならば死ぬまで日刊、一日も休まず、

 メールマガジンを書いていこうと
 思ったものでした。



■そんなことを心がけつつ、
 メルマガを書き続けていると、

 創刊号と100日後のメールマガジンは
 全く違う体裁、内容となりました。


 さらにそこから13年以上の歳月が経つと、
 創刊当初とは

 「似ても似つかぬもの」

 となったのです。



■それが進化なのか、退化なのかは
 読み手の皆さまのご判断に任せるとして、

 ただ、

 「メディアとしての破壊力」

 という言葉があるとするならば、
 当時からは想像できぬほどの、

 「破壊力」

 を持つようになったのは、ひとえに

 「微差を超高速で積み重ね、
  さらにはそれを長期間、継続し続けてきた」

 からだろうと分析しています。



■冒頭、記した式でいえば、

 【 微差の重畳 × 超速スピード × 時間を味方に 】

 ということになりますね。


 ここまでお読み下さった方は、

 「そんな10年以上も前の話をされても」

 と思われるかもしれませんので
 直近の話をすると、

 皆さまご承知の通り、私(当社)は最近

 「音源販売事業」

 を立ち上げました。



■いつもセミナーにお越し下さる方や、
 個別コンサルのクライアントさんには

 「どうせ立ち上げるのであれば、
  挑戦的な目標を掲げるべし」

 とお伝えしているので、
 私も率先垂範を、ということで

 「定量目標としては、18ヶ月以内に、
  安定的、継続的に日商(≒利益)100万円」

 という目標を立てました。

 あくまで、自らのポテンシャルを引き出す
 目的のために掲げた、挑戦的目標です。


 18か月後、すなわち、
 2018年の6月時点でその売り上げを達成し、

 かつ、それが瞬間風速ではなく、
 継続してそのレベルの事業を行い続けられている、

 という目標です。



■その上で、みたび、

 【 微差の重畳 × 超速スピード × 時間を味方に 】

 の式を思い出して頂きたいのですが、


 実は今、私(鮒谷)が行っていることは
 メールマガジンを創刊した当初と、

 表面的には全く異なることを行っているようで、
 本質的には、

 「全く同じことをしている」

 ことになるのです。



■実のところ、ほんの2か月前までは、
 このページ


 <『平成進化論』セミナー音源ご案内ページ>

 https://shinkaron.buyshop.jp


 は影も形もありませんでした。


 それが、現在では、
 14個の商品・サービスを告知している、

 曲がりなりにも、

 「コンテンツ提供事業」

 っぽい?形のものに仕上がってきました。


 もちろん、

 デザイン性もなければ、
 個別のリンク先の見栄え、体裁、

 あるいは文言そのものについても

 「膨大な改善余地」

 があることは自覚しています。



■けれども、

 「前倒し、前のめり、
  さらには、つんのめりの精神」

 で、


 毎日毎日、大量の、

 「微差の重畳(積み重ね)リスト」

 を5個も10個も20個も潰しているうちに

 (それでも潰すべき微差のリストの方が
  圧倒的な速度で増えていくわけですが)


 わずか2か月ほどの間にサイトが出来、
 そこから相応の売り上げが立つようになってきた、

 ということは間違いありません。



■もちろん、このペースを持続させながら、

 さらに1か月、2か月、3か月、半年、
 1年も経つと、

 (皆さまにもご想像頂ける通り)

 商品ラインナップは今より
 圧倒的に増えているはずですし、

 それに伴い、さらに売り上げも「爆増」している
 であろうことは想像に難くありません。



■こうした小さな取り組みを
 超速で回転させ、

 さらに1日も休むことなく、
 膨大なエネルギーを投入し、

 長い目で時間を味方につけているうちに、
 気がついたら

 「とてつもない速度で進化を遂げていた」

 ということになるのです。


 実はこのメールマガジンは
 一定期間、継続してお読み頂くと、

 このプロセスを間近に見て、さらには、
 リアルに体感しながら学んで頂ける、

 という立て付けになっているわけです。



■もちろん、

 こうして行間に込めたメッセージの
 主たる対象者は

 「セミナー受講者や個別コンサルや
  年間プログラムのお客さま」

 あるいは

 「音源をお求め下さった方」

 に向けてのメッセージです。

 これらの方であれば、ここまでに
 記したことをご理解頂けるはず。



■以前、

 セミナー、コンサル、音源と
 メールマガジンを組み合わせることによって、

 「日々、立体的な学びを提供する」

 とお伝えしたことがありますが、


 <4839号 各種媒体の有機的発信によって、圧巻の教育効果を狙う>


 ここまでに記したことは
 まさにこの目的のために行っていることです。



■微差の積み重ねを超速のスピードで行い、
 時間を味方に付けて、資産の逓増を目指す、

 ということは、言葉でお伝えしても、
 それはただの概念の伝達に過ぎませんから、

 究極のところ、イメージがつきません。


 そのイメージをリアルに体感頂くために、

 「表も見せ、裏も見せながら、
  失敗し、恥もかき、時々、うまくいき」

 という、

 泥にまみれる私(鮒谷)の姿そのものが、

 「お客さまの変化・変容に資するコンテンツ」

 であるという位置づけで発信しているのです。



■だからこそ、

 (あなたもも日々のメールマガジンをご覧頂き、
  良くお分かりのことと思いますが)


 このメルマガは決してお上品ではなく、
 オシャレでもなければ、泥臭く、

 しかしながら、圧倒的に高い熱量だけは
 おそらく感じて頂ける、


 そんな私の取り組み、試行錯誤の姿を
 あえて全て晒しながら、

 「それも含めてコンテンツ」

 という形で発信し続けているわけです。



■こうしたナマの姿を身近に感じることで、

 「起業の実際」

 あるいは

 「ビジネスにおいて成果を出す」

 ことについて、真の理解を深めて頂ける
 のではないかと確信しています。



■こうした猛烈なPDCAサイクルの延長線上に、

 「エレガントに何の努力もなく、
  ものを売っているように見える」

 という世界が現出するわけですが、


 私(鮒谷)がこれまでに、
 メルマガ広告事業の「垂直立ち上げ」を行い、

 広告代理店業務を「垂直立ち上げ」し、
 (そして数年後に某上場企業に営業譲渡)


 その後、セミナー事業を「垂直立ち上」げ、

 さらに、個別コンサル事業を同じく、
 「垂直立ち上げ」、


 (垂直立ち上げ=事業立ち上げから数ヶ月、ないし
  1年以内に、月商ではなく、「月の利益」で、

  いずれの事業も、数百万から(最大)2千万の
  利益をあげられるようになりました)


 この間、意識して行ってきたことは、
 ただただ、

 【 微差の重畳 × 超速スピード × 時間を味方に 】

 でありました。



■ただし、そうした言葉だけを聞いても、
 何のイメージも湧かないであろうから、

 (特に当社セミナーや年間プログラムの受講者、
  個別コンサルのお客さま、

  あるいは音源をお求め下さった方に対して)


 その空気感や雰囲気までを含めてお伝えする

 「(リアルに売られつつ感じる)
  体感型実践型の学習メルマガ」

 の立ち位置を意識してきたわけです。



■逆から言うと、

 「当社と一度もお取引のない方
  (=私の話をお聴きくださったことのない方))

 が、ただ、特に昨今のメルマガを
 読んで下さったとしても、おそらくは

 「激しく売り込んでいる」

 としか見えないかもしれません。

 (いや、きっとそうでしょう)



■ここまで記してきたことは、

 「分かる人には分かるし、
  分からない人には全く何も分からない」

 ことなのだと思いますが、


 特に、本日のメルマガは
 私(鮒谷)自身が、

 何をどのように考えながら
 メルマガを書いているのか、

 「ご理解下さるであろう、ごくごく限られた
  真のお客さま、真の読者さん」

 を対象として、お伝えさせて頂きました。




 今日も人生とビジネスを楽しみましょう!


 【今日のピークパフォーマンス方程式】   ■微差を積み重ねることで、あなたには    様々な資産が積み上がっていくだろう。   ■しかしながら、何かを立ち上げるためには    それだけでは不十分であり、    挑戦的な目標を掲げ、高速かつ、継続的な    PDCAを長期に渡り、実践することによって    実現させられるようになる。

カテゴリ:



※現在、20万1602名が購読中。