毎日20万人が読んでいるビジネスコラム 平成進化論

日本最大級・毎日20万人が読んでいるビジネスメルマガ
「平成進化論」のバックナンバーをご紹介しています。

メールマガジン「見本」はこちら

4829号 高い自尊心は、仕事に基準を設けて取り組む姿勢から生まれる


■以前にも書いたことがありますが、

 私(鮒谷)がメールマガジンを
 執筆、配信するときに、

 いつも留意していることがあります。


 それは、その記事が、


 「自分が読んでみても、

  『我ながら、けっこういい話、
   してるやん』

  と感銘を覚える」


 あるいは、最低でも、

 「自分が記録に残しておきたいと思える」

 「メルマガバックナンバーとして、
  外部への公開に耐えうるコンテンツである」

 かどうか、ということ。



■以前、記した別の表現で言うならば、

 その号の内容が、書籍化の際、
 収めるに値すると思われる品質、

 と自ら納得できるかどうか、


 <4792号 日々の取り組みに
  「品質管理基準」を設けているか>


 を基準にしています。



■そしてもし、
 自分が読み返してみて感銘を覚えない、

 あるいは、

 記録に残しておきたいと思えない、
 バックナンバーとして対外公開が恥ずかしい、

 書籍化するときに使い物にならない、

 そんな内容は

 「失敗作」

 として、お蔵入りさせることとなります。


 あたかも、

 陶芸家が満足のいかない、
 あるいは、納得のいかない作品を、

 「叩き割る」

 がごとくに、

 「悪くはないけど、良くもないよね」

 と思われるコンテンツについては
 問答無用で破棄することとしています。



■こうした基準を設けることによって、

 (お読み下さっている方が、どのように
  思われているかは分かりませんが、

  私(鮒谷)自身としては)

 一定の満足も納得もできるコンテンツが
 量産されていくこととなるのです。



■もちろん、

 それを日々実践するための負荷は
 少なからず、

 というよりも、正確にはそれなりに
 かかってくるわけですが、


 それは自分自身を鍛えるための

 「毎日、必ず行うことを自ら義務付け、
  継続しているトレーニング」

 だと思い、

 発信コンテンツのクオリティには
 妥協せぬことと決めているのです。



■ここまでの話を、
 言葉を換えてお伝えするならば、

 「理想のコンテンツ発信」

 は、出来うるならば、お読み下さった方が
 生涯、折に触れ、思い起こすような、

 記憶に残るコンテンツの配信であると
 考えており、


 とはいえ、

 たとえ、そのクオリティを日々、
 配信し続けることが難しかったとしても、

 「一定の余韻(読後、数秒から十数秒)が
  残らないメルマガは世に出さない」

 というレベルのクオリティは守りたい、

 と考えているのです。



■もちろん、

 お読み下さる方の興味・関心によっては、
 余韻が残るどころではなく、

 「読んでも何の気付きも、
  学びも、感情の変化も伴わない」

 ということもあるかもしれません。


 こうしたことが続き、

 やがて、読まれなくなっていかれる方も
 あるでしょうけれども、

 私としては、日々、そのような気持ちを持って
 メールマガジンを発信してきました。



■こうした姿勢を堅持することは
 大変ではありますが、

 (お読み下さる方のみならず)

 発信する側にとっても
 自尊心が高まることとなり、


 継続していくと
 自信の増大にもつながってくるし、

 ひいては人生の質を高めることに
 直結することにもなるのです。



■私のように(ある意味)発信を
 生業としている者にはもちろんのこと、

 そうでなくても、

 人間、あらゆるところでメッセージの
 発信を行っているわけですから、


 「外部にメッセージを発信するたびに
  『一定の水準』を超えているか」

 という自問自答を行うことによって、
 ビジネス上の成果はもちろんのこと、

 人生自体にも大きな影響を及ぼすことは
 間違いないことであると考えているのです。



 今日も人生とビジネスを楽しみましょう!


 【今日のピークパフォーマンス方程式】   ■高い自尊心は、仕事に基準を設けて    取り組む姿勢から生まれる。   ■仕事に基準を設けると、一定の負荷が    かかる(かかり続ける)こととなるが、    それをクリアするために努力し続ける    うちに「筋力」がついてくる。   ■継続した取り組みの姿勢(習慣化)、    ならびに、そこから鍛えられる能力、    この両者によって自尊心が高められて    いくこととなる。   ■「高い自尊心(=人生、生活の質)」は、    仕事に基準を設けるところから。

カテゴリ:



※現在、20万1602名が購読中。