毎日20万人が読んでいるビジネスコラム 平成進化論

日本最大級・毎日20万人が読んでいるビジネスメルマガ
「平成進化論」のバックナンバーをご紹介しています。

メールマガジン「見本」はこちら

4780号 人工知能が拓く未来を予測し、自らを律し、躾け、陶冶する


■先日、

 高井・岡芹法律事務所様、
 ならびに、労働新聞社様主催の、

 「AI(人工知能)が拓く未来
  ~人事労務分野への影響を探り可能性を考える~」

 というタイトルのセミナーに
 参加させていただきました。



■昨今、AIという言葉を聞かない日は
 ないくらい、

 人工知能のことについては
 各種話題に上っていますが、


 今回、2名の講師

 (ユカイ工学株式会社代表の青木氏、
  リクナビNEXT編集長の藤井氏)

 よりお話しを伺い、改めて、
 大きく視野が広がりました。



■なかでも、今回、話を伺って、
 私(鮒谷)が強く感じたのは、


 私自身、十数年の長きに渡り、

 莫大な量のコンテンツを
 ネット上に発信し続けてきたわけで、

 それが

 「私自身の思索のすべて」

 とまでは言わないにせよ、
 それらをすべて吸い上げ、解析すれば、

 「私がどのような人物であるか」

 いう存在が、おおよそ理解されてしまう
 時代が遠からず、

 そしておそらくは間違いなく、
 訪れるであろうということです。



■とはいえ、

 (以下、異論もあるかとは思いますが)

 これから時代において、
 それを恐れて、

 一切の情報を発信しないという選択は
 許されなくなりつつある、

 のではないでしょうか。



■あるいは、もし、

 その選択(発信しないという選択)を
 取ったとすれば、

 「伝えなければ、伝わらない」

 わけだから、

 その分、発信することに対する報いが
 少なくなるのも仕方ない、

 と自らを納得させるしかない、

 という二律背反状態に置かれることに
 なるのかもしれません。



■とはいえ、考えてみるとやはり、

 「社会に対して何らかの貢献をする」

 「仕事上で成果を残す」

 ことを心がけようと思ったら、

 やっぱり、どうしたって、
 一切の発信を止めることはできないわけで、


 とするならば、

 やがて、発信してきた情報から
 解析されるであろう、

 「(私の)性格、価値観、思考、態度、姿勢」

 等々について、
 解析されても問題ないように(!?)

 今から自らを律し、躾け、陶冶していく
 しかないのではないか、

 と思われた次第。



■そのようなことは以前より、
 漠然とは考えておりましたが、

 この度の講演を聞いて、
 漠とした思いが確信に変わりました。


 どのみち、鮒谷という人間は近い将来、

 (もちろん私だけでなく、
  あなたもそうです)

 外面のみならず、
 内面も含めて丸裸にされるわけだから、

 「(永遠の理想であるところの)
  本物の存在」

 になれる日は永久に訪れないとはいえ、
 目指すべき北極星として、

 「本物」

 を目指し、日夜、
 精進を重ねていくことが

 来るべき将来に向けて、
 今からできる最適、最善の準備、

 といえるのかもしれません。



■もちろん、

 私を含め、あなたも、
 あるいはこの世の全ての人間は、

 これからも、そしてこれまでも
 不完全であり続けるわけであり、


 それがAIの発展とともに、白日の下に
 曝け出されることとなるわけだから、

 この大局的な流れの中で、
 それなりの時間をかけて

 「新たな人間観」「新たな倫理観」

 が構築されていくのでしょう。



■だからこそ、

 (以下は仮説ですが)

 どうしたって人間、
 聖人君子たり得ないわけであり、

 濁りから逃れることはできませんが、


 多少濁っているけれども
 相対的に許容できる、

 あるいは濁りきっていて
 とても社会的に許容されうる存在ではない、

 といったことが見透かされる時代が
 遠からず訪れるのであるとするならば、


 そうした未来が訪れる前提で、今から

 「自らを律し、躾け、陶冶する」

 日々を過ごすことが

 (一見、大変なように見えて
  その実)

 「安寧の未来を手に入れる最善の道」

 なのではないかということを、
 改めて考えた次第。



■以上、

 「ド素人が勝手に立てた仮説」

 であり、予測が当たるかどうかも
 分かりませんが、


 少なくとも、私(鮒谷)は、

 この仮説に基づき、
 自らの意思決定基準を新たに策定し、

 その基準に従い、
 行動に落としていくつもり。



■こうした日常が習慣化されたレベルで
 実現できるようになれば

 「仮説が当たっても、当たらなくても、
  未来の泰平が約束される」

 ように思われます。


 以上、対してまとまりのない文章ですが、

 今後の思索につなげるため、
 一旦、仮の形で言語化して、

 ここに記しておきました。



 今日も人生とビジネスを楽しみましょう!


 【今日のピークパフォーマンス方程式】   ■人工知能の発達によって、自らが    どのような存在であるのか、    白日のもとに曝け出される可能性が    現実のものとなりつつある。   ■どうせそのような時代が訪れるのである    ならば、    今のうちから自らを律し、躾け、陶冶して    いくことが、長期的に見ても、    理にかなう振る舞いとなるのではないか。

カテゴリ:



※現在、20万1602名が購読中。